モンスターカレンダー

« 2015年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

70 工場見学の最近のブログ記事

201503021023.jpg

201503021025.jpg

201503021040.jpg

201503021041.jpg

201503021043.jpg

201503021044.jpg

201503021046.jpg

201503021105.jpg

前々から興味があったのですがなかなか訪れる事ができなかったこちら。
やっと立ち寄る事ができました。
私達が訪れた時は平日のせいか、他にお客さんの姿は無く...。
酒蔵見学に応じて下さるか心配でしたが、少人数である私達を快く案内して頂きました。
まずは昔の酒造り工程をジオラマを使っての説明があり、その後はいよいよ酒蔵見学。
「酒蔵見学と言っても、タンクとかをちょろっと見られる位だろう」と思っていたら、不織布キャップを被っての本格的なモノで嬉しい誤算!
ちょうど蒸米の作業を覗く事ができラッキー♪
お米の良い香りがたまらない~ああ、お腹が空いてくるぅ。
蒸し上がった米がベルトコンベアで次の工程に送られる様子も見ることができた!
他にも原料米が保管されている場所、
仕込みタンクは蓋を開けて中まで見せて頂け、貴重な体験ができました。
見学の後は何種類か試飲をさせてもらったのですが...この後酒瓶を抱えて散策するのはツライと購入断念。
次の機会にはぜひ買って帰るぞー!!

北海道

北の誉酒造酒泉館

 〒047-0013 北海道小樽市奥沢1-21-15

 0134-22-2176

201502261247.jpg

201502261303.jpg

201502261307.jpg

201502261309.jpg

201502261325.jpg

201502261324.jpg

201502261331.jpg

201502261334.jpg

201502261336.jpg

201502261338.jpg

201502261339.jpg

201502261341.jpg

201502261403.jpg

201502261350.jpg

201502261351.jpg

201502261352.jpg

201502261441.jpg

201502261444.jpg

201502261446.jpg

午後からはガイド付きの蒸溜所見学です。電話・FAXでなくネットで予約できるようになったので便利!
今話題の「マッサン」ネタなども織り交ぜつつ楽しくガイドして頂き、じっくり回る事ができました。
フリーで回るのは気楽で良いけれど、ガイド付きで回ると新たな発見や知識を得ることができて良いですね。
試飲会場では各種おすすめの飲み方...に近い飲み方?を試してみました。
余市10年は、ウイスキー1:水1のトワイスアップがおすすめでしたが、私は+氷1で。
鶴17年は、おすすめ通りウイスキー1:水2+氷3の水割りで。
アップルワインは氷2のロックがおすすめでしたが、私は+ソーダで爽やかに。
はぁ~美味いっ♪
駆け足でダダーッと見学するのではなく、時間をかけて蒸留所+余市の町を楽しむってのはなかなか良いかも!!

北海道

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7-6

 0135-23-3131

201502261015.jpg

201502261017.jpg

201502261018.jpg

201502261019.jpg

201502261020.jpg

201502261022.jpg

201502261023.jpg

201502261024.jpg

201502261025.jpg

201502261026.jpg

201502261029.jpg

201502261030.jpg

201502261031.jpg

201502261032.jpg

201502261033.jpg

201502261034.jpg

201502261035.jpg

201502261036.jpg

201502261037.jpg

201502261038.jpg

201502261039.jpg

201502261040.jpg

201502261041.jpg

201502261042.jpg

201502261043.jpg

201502261044.jpg

201502261120.jpg

201502261045.jpg

201502261046.jpg

201502261047.jpg

201502261048.jpg

201502261116.jpg

201502261058.jpg

201502261126.jpg

4年ぶり4回目のニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所。
午後からはガイド付き見学の予約を入れていますが、今回はゆっくり見て回ろう~とまずはフリー見学をする事に。
それにしても、歴代まれに見る人の多さ。前回冬期に訪れた時は人影まばらだったのに...。恐るべしNHK朝ドラ。恐るべしマッサン。
蒸溜棟にはポットスチルがずらり。
注連縄が特徴的ですね。
混和棟(旧リキュール棟)には樽詰め用のタンク?がありました。
旧事務所はガラス越しに...中はあまり見えませんね。
発酵棟に並ぶ銀のタンクをちらっと拝見。
リタハウスは残念ながら外観だけ。
旧竹鶴邸では他のお客さんとかち合う事が少なかったので、ゆっくり玄関ホールを見ることができたのが収穫♪
建物の奥に入れないのは残念ですが、玄関ホールだけでも和洋折衷な雰囲気を感じる事ができました。
樽(空樽)がずらりと並ぶ一号貯蔵庫。
ウイスキー博物館をサクッと見た後、ニッカ会館で試飲タイム。
余市10年・鶴17年・アップルワインを各1杯ずつ飲むことができます。
余市10年も鶴17年も結構なお値段なのに、試飲させてくれるなんて太っ腹!
余市のりんごをそのままストレートに絞ったリンゴジュース「りんごのほっぺ」がこれまた美味い!
...って結局は試飲が楽しみな訳で。(^^ゞ

北海道

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7-6

 0135-23-3131

201502251515.jpg

201502251516.jpg

201502251523.jpg

201502251536.jpg

201502251538.jpg

201502251540.jpg

201502251542.jpg

201502251543.jpg

201502251544.jpg

201502251607.jpg

201502251606.jpg

201502251615.jpg

201502251623.jpg

201502251622.jpg

201502251624.jpg

201502251650.jpg

当初はキリンビール北海道千歳工場に寄る予定はしていなかったのですが、サッポロビールの予約を繰り上げたので間に合うじゃん!と急遽予約してお邪魔しました。
こちらは3年ぶり4回目。
今回は貸切状態...ではなく、私達以外に1人いらっしゃいました。
って事は私達が予約を入れなければ、その人とガイドさんマンツーマンだったわけだ!邪魔してゴメン!^^;
こちらの工場も以前は写真撮影全面禁止だった筈ですが、サッポロビールと同じく見学通路がリニューアルされており、写真撮影も製造ライン以外はOK♪
とても見やすく、分かりやすくなっていました。
そして嬉しい企画が、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べ。
二番搾り麦汁は...へっ?こんなに水くさいの?と驚きました。
一番搾り麦汁は色は濃い飴色。カラメルの様な甘く深い味で、二番搾り麦汁との違いは歴然としていました。
そしてそして最後はお楽しみの試飲タイム~♪
サッポロビールの試飲は2杯まででしたがキリンビールは3杯まで。
1杯目はやはりこだわりの一番搾りを頂きましょう。
ぷはぁ~美味いっす。
おつまみは柿の種チーズ味と売店で販売しているスモークチーズ。ダブルチーズですなぁ。
2杯目は飲み比べをしてみようとラガーを。
うん、一番搾りと比べるとガツンと来る感じでこちらもなかなか。
キリンスタウトも試飲可能なのですが、ガイドさんに「スタウトもここ北海道千歳工場製ですか?」と聞くと「スタウトは滋賀工場製なんですよ~」との事でしたので、3杯目も北海道千歳工場製の一番搾りを。
こちらでも「ビールの美味しい注ぎ方」の見事なお手前を拝見し、更にはその美味しいビールも一口頂き超大満足。
行きは長都駅から徒歩でしたが、帰りは送迎バスで千歳駅まで送ってもらいました。

北海道

キリンビール北海道千歳工場

 〒066-0077 北海道千歳市上長都949-1

 0123-24-5606

201502251234.jpg

201502251236.jpg

201502251237.jpg

201502251240.jpg

201502251244.jpg

201502251245.jpg

201502251249.jpg

201502251305.jpg

201502251307.jpg

201502251308.jpg

201502251311.jpg

201502251357.jpg

201502251336.jpg

201502251343.jpg

201502251340.jpg

201502251341.jpg

201502251344.jpg

201502251345.jpg

201502251346.jpg

201502251349.jpg

201502251350.jpg

201502251354.jpg

千歳で岩塚製菓に振られた後急遽予約時間を変更し、1時間早めてやって参りました。
4年ぶり3回目のサッポロビール北海道工場です。
レストラン・ヴァルハラ前からゲストハウスまでは見学用バスで移動。
つり革が凝っている~!
4年前に訪れた時と比べると見学通路などがかなり見やすくなっていていました。
製造ライン以外は写真撮影が出来るようになっていたのもイイ!d(^_^o)
ガイドのお姉さんはハキハキキビキビしていてとても好感を持てました。
同じツアーに「ちいさなおともだち」軍団がいましたが、他の大人達に迷惑がかからないようその子供達に「おやくそく」を促すなど、ツアー参加者全員に心配りされていて良いなぁ~と感じました。
(それに比べその子供の親達は、暴走している自分らの子供をほったらかし...(ー_ーメ))
そして最後はお楽しみの試飲ターーイム♪
1杯目は黒ラベル。出来たてビールは美味いね!
そして2杯目はサッポロクラシック。
美味いっ!!!
黒ラベルとクラシックどちらも美味しいですが、敢えて比較するならばクラシックが好みかな。
試飲時間後半にはガイドさんが、ビールの美味しい注ぎ方をレクチャー。
上手に注いだビールは泡がしっかりクリーミーで、味わいに角がなくなりまろやか美味~い。
家でも実践せねば!と思いつつも、グラスを洗うのが面倒くさくなりついつい缶から直で飲んじゃうのよねぇ~。
見学内容も試飲も大満足!良い気持ちでサッポロビールを後にしました。

北海道

サッポロビール北海道工場

 〒069-1343 北海道恵庭市戸磯542-1

 0123-32-5811

201502151227.jpg

201502151018.jpg

201502151214.jpg

201502151023.jpg

201502151129.jpg

201502151130.jpg

201502151149.jpg

201502151135.jpg

201502151150.jpg

201502151137.jpg

201502151139.jpg

201502151151.jpg

201502151141.jpg

201502151145.jpg

201502151147.jpg

201502151153.jpg

201502151154.jpg

201502151202.jpg

201502151203.jpg

201502151206.jpg

ここ数ヶ月何度も訪れているアサヒビール吹田工場の工場見学。
今回は世界のビール講座~ベルギービール編~の予約が取れたので訪れてみました。
映写室でベルギービールの歴史や特長について学んだ後、いつもの(^^ゞアサヒビール映像視聴。
映像視聴後は工場見学ですが、日曜日なのでラインは停止。特筆する事はありませんでした。
そして楽しみにしていたベルギービールのテイスティング。
タイプの違う3種のベルギービールを味わい比べます。
まずはステラ・アルトワ。
口当たりが良くて軽い!あっさりさっぱりして癖がありませんでした。
お次はヒューガルデンホワイト。最初は酵母を攪拌せず沈殿させたまま注いだ物を試します。
フルーティーで華やかな味わいが良いですねぇ。
そして瓶を2・3回静かに攪拌した後の物を次に飲んでみます。
...舌が研ぎ澄まされていないので、違いがあまりわからない。(^0^;)
ベルギービール飲み比べの最後はレフブラウン。
おお、コクがあって香ばしい!結構好きかも。
ベルギービールのテイスティングの後は、通常の試飲タイム!
1杯目はスーパードライエクストラコールド。冷え冷えウマー。
2杯目はスーパードライドライブラック。ブラックなのにさっぱりしてますなぁ。
3杯目はスーパードライドライプレミアムで〆。
「世界のビール講座~ベルギービール編~」の修了証を頂き、今回もまたまた酔っ払いモードで気持ちよく工場を後にしました。

近畿

アサヒビール吹田工場

 〒564-0071 大阪府吹田市西の庄町1-45

 06-6388-1943

201501191602.jpg

201501191600.jpg

201501191529.jpg

201501191530.jpg

201501191532.jpg

201501191528.jpg

201501191531.jpg

201501191821.jpg

以前大阪ヤクルト工場の見学に訪れた事があり、そちらはボトリング工場でしたが(大阪ヤクルト工場は2015年1月いっぱいで閉鎖)、中身のヤクルト原料液はこちら兵庫三木工場で作っている事を教えてもらっていたので、いつか兵庫三木工場を見学したいと思っていました。
今回こちら方面に足を伸ばし、念願の工場見学が叶いました。
ただ訪れてみてビックリ!何と私達が参加した時間は、他のお客さんがおらず私達だけの為に案内して頂けると。
いや~自分達以上の人数で案内して頂くとは...。^^;微妙な緊張感があったり、何だか申し訳なかったり。^^;
まずはいきなりメインイベント!工場内部を案内して頂きます。
工場内部は写真撮影禁止なのが残念でしたが、銀色の大きなタンクやヨーグルト・ソフール、ミルミルの生産ラインをじっくり見られて楽しかった!
特にソフールの空容器が透明なパイプの中を吹っ飛んでいくのが、見応えがありました。
PRホールではミルミルSを試飲しながら映像を拝見したり、展示ホールではビフィズス菌・乳酸菌を顕微鏡で見られたり、ヤクルト商品の年表を見たり...。
私達だけの為に、付きっきりで、それも私達の倍の人数で案内や段取りをして頂いて...いやはや恐縮です!^^;;;
その上、ヤクルト容器をリサイクルして作った「ペットボトルキャップ開け」と乳性飲料ミルージュまでお土産に頂いちゃって...。
充実した工場見学でした。

近畿

株式会社ヤクルト本社兵庫三木工場

 〒673-0514 兵庫県三木市志染町戸田字中尾1838-266

 0794-89-8960

201501190951.jpg

201501191108.jpg

201501191013.jpg

201501191015.jpg

201501191017.jpg

201501191018.jpg

201501191042.jpg

201501191037.jpg

201501191038.jpg

201501191043.jpg

201501191041.jpg

201501191059.jpg

201501191100.jpg

201501191105.jpg

201501191104.jpg

201501191818.jpg

201501191110.jpg

前々から興味はあったのですが、かなり人気の施設(工場)で尚且つ電話予約しか受け付けていなかった事もあり、予約を試みるに至りませんでした。
ある時ふとグリコピア神戸のウェブサイトを見てみると、なぬ?ネット予約出来るようになっているじゃあないの!
土日はさすがに一杯だけど、平日なら空いているじゃん♪って事で、今回グリコピア初体験。
工場の敷地内に入った途端あま~い匂いが風に乗って...、う~んよだれよだれ。
お客さんは個人グループ、バスを乗り付けての団体さん、はたまた子連れのママ友グループと多彩です。
まずはオリエンテーションホールで映画「チョコレート誕生」を視聴。
この間もお子ちゃまの泣き声やぐずり声、そしてはしゃぎ声が。
映画上映後は1階ホールで昔の自動販売機の実演を見たり、広告の歴史のパネルを見たり。「あ~そういえばこの人CMに出てたなぁ」と昔の記憶が蘇りました。
そしていよいよポッキー・プリッツの工場見学へ!
工場内は撮影禁止で写真が撮れなかったのは残念でしたが、長~いプリッツ・ポッキー生地が焼き上がり、ラインの傾斜の所で決まった長さに折れていく様子を自分の目で見られて楽しかった~。
工場見学の後は4階へ。こちらはお菓子の知識を高めるアトラクションコーナーと言った所でしょうか。
チョコレートハウスやビスケットハウス、アイスクリームハウス、マジックシアターなど、お子ちゃまには人気。大人は...ちょっと手持ち無沙汰。^^;
その後3Dシアターでオリジナル3Dアニメを見た後自由解散。
グリコのおもちゃコーナーで「懐かしいぃ~」!
あの街この街、ジャイアントシリーズの展示を見て「ああ~旅先で見た事ある」!
グリコピア神戸ショップで「1600円相当が1000円の福袋?本日最終日?ほんまかいな?」と言いつつ1袋購入し、最後には「グリコピア神戸特別パッケージプリッツ」をお土産に頂き、大満足しました。

近畿

グリコピア神戸

 〒651-2271 兵庫県神戸市西区高塚台7-1

 078-991-3693

201412210948.jpg

201412210949.jpg

201412211057.jpg

201412211058.jpg

201412211114.jpg

201412211119.jpg

201412211115.jpg

201412211450.jpg

20日程前に「鮮度実感ツアー」に参加したばかりなのに、今日は「クリスマスフェア」に参加しました。
だってだって...「鮮度実感ツアー」の時にもらった告知チラシがこの「クリスマスフェア」で、興味ある内容だったから!
試飲までの映像視聴、見学は通常の工場見学と同じ。
試飲タイムがクリスマスフェアならではの趣向が凝らされていました。
1杯目はスーパードライエクストラコールドですが、2杯目以降は通常見学でも提供されるスーパードライ、スーパードライドライブラック、スーパードライドライプレミアムに加えて、ブラックニッカクリアやビールを使用したカクテルが選べるようになっていました。
但し、試飲時間20分計3杯まではいつもと同じ。
私は2杯目は、ブラックニッカクリア・りんごジュース。りんごジュースの味が勝っていて、口当たりが良すぎ!こんな飲み方したら飲み過ぎそう。
3杯目は、ひげのジンジャーハイボール。ウィルキンソンのジンジャーエールってショウガの味が濃い!大人のジンジャーエールって感じでなかなか美味しい。
試飲途中にクリスマス抽選会があり、1人1枚くじを引きましたが、私もツレもはずれ。
ハズレの人には飴玉2個ずつ...とかなり寂しいクリスマスプレゼント。^^;
とは言え楽しい「クリスマスフェア」でした。

近畿

アサヒビール吹田工場

 〒564-0071 大阪府吹田市西の庄町1-45

 06-6388-1943

201411230959.jpg

201411231021.jpg

201411231233.jpg

201411231232.jpg

201411231056.jpg

201411231138.jpg

201411231139.jpg

201411231145.jpg

201411231146.jpg

201411231142.jpg

201411231155.jpg

201411231157.jpg

201411231200.jpg

201411231201.jpg

201411231212.jpg

201411231213.jpg

201411231214.jpg

今まで何度かこのアサヒビール吹田工場の工場見学に訪れましたが、特別ツアーは初めて!
今回は鮮度実感ツアーの予約が取れたので訪れてみました。
通常の見学とどう違うのか...楽しみ!
いつもだと映像視聴から始まるのですが、家庭でおいしいビールを飲むための秘訣が学べる楽しいミニ講座。
案内のお姉さんがまだ不慣れなのか、パワーポイントの文章をなぞるだけの棒読みだったのが少し残念。^^;
映像視聴後は工場見学へ。
ここら辺はいつもと変わらない感じでした。
そしてお楽しみの試飲タイム♪
1杯目はスーパードライエクストラコールド。冷たくて美味しい!冷たいウチにググッと空に。
2杯目はスーパードライドライプレミアム。う~ん、プレミアムぅ。
3杯目はスーパードライドライブラック。おつまみのOKOGESTAと合いますなぁ。
試飲時間は20分で3杯まで。って事でいつもの工場見学と同じかぁ~と思っていたら、なんと「自宅でおいしいビールを飲む為の上手なつぎ方」の実践が出来る時間が設けられ、スーパードライの350ml缶を1缶、その実践の為に使える!そして飲める!
こんもり泡を作って注いだ後、その美味いビールをグビッと!
途中でちょっとスーパードライの味に飽きてきたので、3杯目に頼んだドライブラックの残りを注ぎ、勝手にハーフ&ハーフに。^^;;;
いやぁ~今回もすっかり酔っ払ってしまいました。短時間でテンポ良く飲むので特に酔っ払っちゃいますね。
試飲時間後は今話題の竹鶴さんのパネル展を見て、売店でアサヒスタウトを買って帰りました。

近畿

アサヒビール吹田工場

 〒564-0071 大阪府吹田市西の庄町1-45

 06-6388-1943

123456789

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)