モンスターカレンダー

« 2015年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

01 温泉の最近のブログ記事

無人の施設ですが料金箱の上には監視カメラらしきモノが...。
お金を払わない輩がいるのでしょうね。
意外とキレイな建物なので、ちょっとビックリ。
湯船が2つに仕切ってあり、寒い時には小さい湯船が加熱されるようです。
とにかく湯量がスゴイ!
ザバザバダバダバ溢れまくっていてウレシイ限り。
ほのかに硫黄臭がある、温く透明のお湯に浸かると細かい泡がビッチリと体に付着して、ホント気持ちイイ~♪
底には石が敷き詰めてあります。
昔、奴さんを留めたと名付けられたという奴留湯。
KAKUKAKUもしっかりと留められ、ゆっくり浸かってまったりしました。

 

九州

共同浴場

 単純硫黄泉

 〒869-2505 熊本県阿蘇郡小国町北里2248

 小国町商工観光課 0967-46-2111

 

入湯料:200円

 

温泉>熊本005

この日泊まる所を決めていなかったKAKUKAKU。
ガイドブックに掲載されていた、お手頃価格のこちらに決めました。
最近改装されたばかりか立派で綺麗な施設。
お部屋も値段の割には広く快適でした。
お湯の方はと言いますと、「亀の湯(赤湯)」は褐色の色は残っているものの、バリバリ循環。
素性の良さをあまり感じられなくて、とても残念です。
せめて源泉浴槽を造ってくれればなぁ~と思いました。
「鶴の湯(白湯)」は無色透明で内湯はやっぱり循環のようでしたので、洗い場で体を洗うことに専念しました。
しかし意外にも、露天はザバザバお湯があふれています。
湯の行き先は不明ですが、軽い硫黄臭もしたので、もしかしたら掛け流しかな!?(未確認)
お湯目当てであれば、お隣の元湯旅館なんでしょうねぇ。たぶん。

 

九州

長命館

 <亀の湯(赤湯)>単純炭酸鉄泉

 <鶴の湯(白湯)>アルカリ性単純泉

 〒861-0111 熊本市植木町宮原292

 096-274-7777

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>熊本004

場所が分からなくてちょっと迷いましたが、無事到着!
...といきなり~♪~演歌でお出迎えです。(^_^;
あまり広くない浴室はそれなりに混んでいましたが、芋洗いではなくて良かったです。
透明のお湯は、ほのかにゴムっぽい臭い。
シュワシュワ細かい泡が付着してきて、気持ちイイ~!
泡を拭えば、スルッ。でもすぐに泡付き開始!
温めのお湯とアワアワが心地よく、思わず長湯をしてしまいました。

 

九州

華まき温泉

 ナトリウム-炭酸水素塩泉

 〒868-0086 熊本県人吉市下原田町1518

 0966-22-6981

 

入湯料:300円

 

温泉>熊本003

阿蘇山にほど近い静かな町にある、ビジネスホテルに湧く温泉です。
ビジネスホテルなのに露天風呂もあります。
まぁ露天風呂といっても、天井部分はプラスティックの波板で覆われていますが。
2つの露天風呂は貸し切り可なので、ゆっくりと入浴できます。
お湯の色は薄い褐色でヌルつきがあり、お肌しっとり!
浴槽の底がヌルヌルしていたのは温泉成分のせいかな?
とにかく足下に気を付けて入りましょう。
リーズナブルに温泉を楽しめるお宿です。

 

五岳ホテル

五岳ホテル

 ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉

 〒869-2301 熊本県阿蘇市内牧264

 0967-32-1151

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>熊本002

混浴露天風呂「すずめの湯」があまりにも有名な温泉です。
私が行った時も、湯治客や日帰り客でにぎわっていました。
いさぎよい混浴初体験のKAKUKAKU(いさぎよくない混浴は、鹿児島県平内海中温泉で経験済み)、内湯でかけ湯をしたあと「すずめの湯」に挑戦!
えいやっ!とタオルを取って、泥で濁ったお湯に体を沈めます。
柔らかなお湯が気持ちいいー!!
泥湯といっても、そんなにドロドロしていないお湯です。
その後、白濁した元湯、男湯が見下ろせる露天風呂「仇討ちの湯」を体験し、どれもいいお湯で満足。
その他、新湯などあり、逗留してゆっくりと入りたい温泉でした。

 

清風荘

清風荘

 単純硫黄泉

 〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2327

 0967-67-0005

 

入湯料:400円

 

温泉>熊本001

熊本 入湯済み地図


より大きな地図で 熊本 入湯済み地図 を表示


カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)