モンスターカレンダー

« 2015年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

01 温泉の最近のブログ記事

以前から「いつか行きたいなぁ~」と思っていたこの温泉、やっと行く事が出来ました。
車で連れていってもらったので、迷う事もなく行けて良かった~♪
仮設の建物を目の前にして、思わず笑みがこぼれます。
はやる気持ちを抑えきれず浴室へGO!
檜?で作られた湯船は源泉温度(38~39℃位)そのまんまと、加熱したモノ2つに仕切られていますが、真夏ゆえほぼ全員源泉湯船に浸かっています。
あ~加熱湯船のスペースが勿体ない~。
地元の方、そうで無い方入り乱れで大繁盛で、かなり混んでいました。
しかし、それを吹っ飛ばす程お湯は素晴らしいです。
緑がかかった褐色でやや濁ったお湯は、アワアワプチプチ、肌に泡付きまくり。
ダバダバと豊富にかけ流されたお湯は最高です!
そんなに湯温は高くないのですが、じわーりじわりと体が温まってきて、額から汗がたら~り。
ずーっと源泉湯船に浸かっていたのですが、逆上せてきて...、あー!出たくないのに出なきゃみたいな感じでした。
2004年には新施設が出来上がるみたいですが、このお湯の良さはそのまま生かして欲しいなぁ~。

※2004年11月に「ほうじょう温泉 ふじ湯の里」がオープン。

 

九州

ほうじょう温泉仮設施設(旧施設)

 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉

 〒822-1212 福岡県田川郡福智町弁城1300-1

 

 

入湯料:200円

 

温泉>福岡003

出張のついでに行ったので、大荷物のKAKUKAKU。
受付のおばちゃんはその姿をご覧になって「荷物預かってあげるから」とウレシイ言葉をかけてくれました。
身軽になった所で浴室へ。
平日でもおばちゃん達で大にぎわい!
脱衣室も浴室もそんなに広くないので、譲り合いながらの入浴となりました。
源泉そのままを利用しているとの事で、湯船のお湯はアチチ!
ふわんと硫黄臭もするイイお湯が豪快に溢れて、笑みがこぼれます。
熱くて長くは浸かっていられないので出たり入ったり...。
真夏という事もあり、あっという間に逆上せてしまいました。
湯上がりは2階の大広間で。
バスやマイカーで通い続けて来られているおじいちゃん、おばあちゃんと世間話をしながら、畳の間でゆっくり休憩しました。
料金は休憩料込みなので、ゆっくり楽しむにはいい施設だと思いました。
温まりはかなりのモノ。今度は冬に行きたい~。(;^_^A

 

九州

博多温泉 元祖元湯

 ナトリウム-塩化物泉

 〒811-1311 福岡県福岡市南区横手3-6-18

 092-591-6713

 

入湯料:900円(9:00~17:00)*550円(13:00~18:00) 350円(17:00~18:00)

 

温泉>福岡002

英彦山中腹にあり大自然に包まれた温泉です。
たどり着くまでは、かなり細い道続きでした。
ヌルつきがある黄褐色のお湯は最高!
涼しい風にそよがれながら入る露天風呂は、また最高!
緑まぶしいお風呂でした。

 

九州

英彦山温泉しゃくなげ荘(旧施設)

 ナトリウム-炭酸水素塩泉

 ※新源泉の単純放射能泉がブレンドされたお湯は未湯

 〒824-0721 福岡県田川郡添田町大字英彦山1881-1

 0947-85-0123

 

入湯料:600円

 

温泉>福岡001

福岡 入湯済み地図


より大きな地図で 福岡 入湯済み地図 を表示


カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)