モンスターカレンダー

« 2015年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

01 温泉の最近のブログ記事

201409141359.jpg

201409141404.jpg

201409141405.jpg

201409141406.jpg

「まっとうな温泉」(西日本版)の無料温泉入浴手形で入浴させてもらいます。
建物の中に入り受付を見ると...無人?
さてどうしたものかと思っているとおばさまが小走りで戻って来られたので、「まっとうな温泉」を預けて浴室へ。
木造の湯船が1つ、ただそれだけのシンプルな作り。
透明のお湯はコレと言った浴感はありませんが、飲泉も可の新鮮なお湯がドンドン注がれているのは良いですね。
素朴な雰囲気の中、暫しお湯を楽しみました。

中国

関の湯共同温泉

 単純弱放射能泉

 〒682-0411 鳥取県倉吉市関金町関金宿1227-1

 0858-45-3186

 

入湯料:200円

 

温泉>鳥取006

雑誌「温泉博士」の温泉手形でこちらにも浸かれると言う事で、今回体験させてもらいました。
しっとり落ち着いた雰囲気でイイ感じです。
泊まったらゆったりした時間を過ごせそうだなぁ~。
今回ラッキーだったのは、名物の「源泉長寿の湯」が女湯の日だった事!
高い天井、直立しても胸までお湯に浸かる深い湯船、底から湧き出る温泉。
広い浴室をほぼ貸し切り状態!
澄んだお湯がサラサラ。静かにまったり...。
飲泉も出来るように柄杓が置いてあったので飲んでみましたが、まったく癖がなく飲みやすいお湯でした。
露天風呂もありましたが、やはり内湯の雰囲気がピカイチ!
しっとりと落ち着けました。

 

中国

岩井屋

 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉

 〒681-0024 鳥取県岩美郡岩美町岩井544

 0857-72-1525

 

入湯料:750円

 

温泉>鳥取004

新施設オープン後なかなか再訪する事が出来ませんでしたが、今回は雑誌「温泉博士」の温泉手形で浸からせてもらいました。
おおー!立派な施設!駐車場も広くなってる~。
大きく立派になっても、お湯遣いはイイまま。
無加熱、非循環、掛け流し!(寝湯はジェットなので循環はしていますが)
歩行浴はプール並。大きな浴槽にザブザブ掛け流しです。
冷泉を利用した水風呂もあるので、交互浴も楽しめます。
いつまでもイイお湯とお湯遣いを守り続けて頂きたいです。

 

中国

宝喜温泉館

 弱アルカリ性単純泉

 〒689-0213 鳥取県鳥取市気高町下光元690

 0857-82-6010

 

入湯料:420円

 

温泉>鳥取002

雑誌「温泉博士」を見てたまには遠出もしたいと思い、温泉手形を利用して浸からせてもらいました。
本館1階の大浴場、露天、新館4階の展望浴場すべてかけ流しと言う事で、まずは展望浴場へ!
...と、まだお掃除の〆が終わっていないらしく、仕切直しで本館1階の大浴場へ。
少し温めなので私にとっては浸かりやすい温度です。
気持ちスベっと柔らかいお湯かなぁ。
脱衣室から外へ出て露天に浸かって見たところ、大浴場のお湯よりは熱め。すぐ大浴場に戻りました。(・・*)ゞ
新館4階のお風呂も気になるので、服を来て新館へ。お掃除も終わっていました。
熱めのお湯がジェットで勢いよく吹き出していたので、背中がちょっとピリピリしました。
掲示物などを見ると温度調整の為加水をしている模様で源泉100%ではないようです。
私にとってはやっぱり、本館1階の大浴場が落ち着いたかな。

 

国民宿舎 山紫苑

国民宿舎 山紫苑

 単純泉

 〒689-0425 鳥取県鳥取市鹿野町今市972-1

 0857-84-2211

 

入湯料:500円

 

温泉>鳥取005

前々から「温泉利用」という事で気になっていた、ココ。
鳥取の温泉に行く"ついで"に利用しました。(*´ェ`*)
週末は宿泊料がUP、そしてチェックイン・アウト時間も短くなってしまうのが悲しいですが、とりあえずは空室があって良かったです。
ホテルを囲む外壁には「掛け流し温泉」の文字が踊っております。
「そりゃ~掛け流しだろうよっ!ラブホテルのお風呂で循環なんて怖すぎ!!」と心の中でツッコミを入れつつチェックイン。
お部屋全体はコンパクトですが、いろんなサービスがありおトクです。
宿泊の場合はチェックインから1時間は生ビール飲み放題!
カレーは時間制限なしで食べ放題!
ソフトドリンクも時間制限なしで飲み放題!
ケーキかプリンかアイスはどれかを1人前づつ注文OK!
深夜2:00までに予約をすれば、和食・洋食から選べるモーニングも無料!!
...さてはて肝心のお湯ですが、薄い緑褐色で軽く濁っています♪
放射能泉と言う事で強い浴感はありませんでしたが、若干スベッとしたかな?
洗面所と浴室にしっかりと分析表が掲示されており、施設側も温泉という事にこだわっておられるようです。
「色が温泉成分により薄い青緑色をしておりますが、主にイオン成分によるものでございますので、あえてにごり湯として使用しておりますのでご了承くださいませ」「飲用にしていただく為塩素殺菌処理をしております」との掲示もあります。
塩素使用の割には、カルキ臭も気になりませんでした。

 

中国

ホテルキラリ

 単純弱放射能泉

 〒680-0144 鳥取県鳥取市国府町岡益520-3

 0857-37-1400

 

休憩 3990円~

フリータイム 5040円~

宿泊 7140円~

*料金・時間設定が曜日によって違うので、公式サイトでご確認下さい

 

温泉>恋人達の温泉009

新しく改装された、立派な施設です。
22:00まで営業しているので、湯巡り〆の湯として浸かりました。
ザンザカ掛け流しのお湯はちょっと熱め。
湯船が2つあるのですが、両方とも同じ位の温度でした。
熱いので、あんまし長い間浸かっていられないのが残念。
地元の方が通ってこられる「生活に根ざしたお湯」のようなので21:00でも結構混んでいて、洗い場争奪戦が繰り広げられていました。

 

中国

ゆかむり館

 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉

 〒681-0024 鳥取県岩美郡岩美町岩井521

 0857-73-1670

 

入湯料:300円

 

温泉>鳥取004

街中にある温泉銭湯で、地元のお客さんで結構混んでいました。
丸い小さな温泉の湯船と水風呂だけ。
丸い湯船を囲んで、皆様黙々と体を洗っておられます。
僅かに濁ったお湯は熱めですぐ逆上せてしまいます。
カランも温泉。水風呂は井戸水とか?
水風呂の水の方が鉄臭くて、結構特徴があったかな。

 

中国

元湯温泉(旧施設)

 含食塩芒硝泉

 〒680-0833 鳥取県鳥取市末広温泉町557

 0857-22-7617

 

入湯料:350円

 

温泉>鳥取003

従業員用のお風呂を、一般にも有料で開放されている温泉です。
人気の施設らしく、車を停めるのに一苦労!
停め終わって建物に入ると受付のおばちゃんが「お宅の車はどれ?」と聞いてこられたので「あれ」と指さすと、場所のやり繰りがあるらしく、別の所を指示され停め直してやっと入浴にこぎ着けました。
道から見て手前っ側が大露天のある浴室なのですが、その日は残念ながら女湯は奥の浴室。(>_<)
脱衣室も内湯もかなり混み合っていたのですが、とりあえず浸かってみます。
ちょっと熱めのお湯は、ツルツル感がありイイ感じ♪
ふと横に目をやると、何かドアが。
恐る恐る開けてみると、タイルで作られた細長いプチ露天が!
お湯が半分位しか溜まっていなかったのですが、手を浸けてみるとかな~り温い...というかちめたいお湯。
しかし、熱い湯と混んだ風呂が苦手のKAKUKAKUはちゃぷんと浸かっておりました。
その後何人か様子を見に来るおばさま方がいらっしゃいましたが「あら!冷たい!」と踵を返して内湯に。
程なくして脱衣室の方から「お湯溜まって無くてゴメンね~温度はどう?」と受付のおばちゃんが声をかけてくれたので、「ちょっと冷たいかも~」と返すと、いろいろ調節をして熱いお湯が出てくるようになりました。
その後内湯にいたおばさま方が入れ替わり立ち替わり。
露天の横では日帰り温泉施設建築中の音がしておりました。

※2003年12月に新しい「宝喜温泉館」がオープン。

 

中国

宝喜温泉(旧施設)

 弱アルカリ性単純泉

 〒689-0213 鳥取県鳥取市気高町下光元690

 0857-82-6010

 

入湯料:300円(旧価格)

 

温泉>鳥取002

知る人ぞ知る...?地元密着系の温泉みたいです。
「え?こんな所に?」って場所にあったので、探すのにちょっと手間取りました。
管理人さんが常駐していないのでブザーを鳴らして呼んでみると、女湯の脱衣室奥の戸が開き、お兄ちゃんが出てきてビックリ!
横の理髪店の方が管理されているようで、その扉で理髪店と繋がっている模様です。
先客はナシ。ゆっくりお湯を頂く事にします。
タイル張りの湯船からザーザーと湯が溢れていて、思わずニヤリ。
ちょっと熱めのお湯でしたが、極端に温度を下げるのも後からのお客さんに失礼かと思い、そのまんま浸かります。
深い湯船なので、肩までじっくり。
逆上せたら、湯船から出てボーッ。
静かに、有り難く、堪能させて頂きました。

 

中国

寿湯

 含弱放射能-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

 〒689-0713 鳥取県東伯郡湯梨浜町大字旭

 

 

入湯料:200円

 

温泉>鳥取001

鳥取 入湯済み地図


より大きな地図で 鳥取 入湯済み地図 を表示


カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)