モンスターカレンダー

« 2015年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

02 宿泊の最近のブログ記事

200902180905.jpg

ご主人のこだわりを感じさせるお料理の数々。
女心をそそるお宿でした。

近畿

和のオーベルジュまつつる

 〒629-3112 京都府京丹後市網野町掛津74-1

 0772-72-3696

200902180801.jpg

200902180805.jpg

200902180804.jpg

朝ご飯も手抜き一切無し!
凄く凝った朝食です。
丹波米こしひかりのごはん
津居山産えてかれい一夜干し
醍醐鍋白味噌仕立(京のもち豚しゃぶ・鍋野菜・豆腐)
松花堂の中身は、
 弥栄産聖護院大根の柚子味噌掛け
 網野産芽キャベツのお浸し
 出し巻き
 生野菜のサラダ 自家製醤油ドレッシングで
 (久美浜産水菜・淡路島産玉葱・淡路島産レタス・トマト)
 自家製香の物
 自家製ヨーグルトパンナコッタ 丹波産苺
あまりにも豪華な朝食だったので、朝から一献いただいちゃいました。

近畿

和のオーベルジュまつつる

 〒629-3112 京都府京丹後市網野町掛津74-1

 0772-72-3696

200902172034.jpg

200902171801.jpg

200902171804.jpg

200902171805.jpg

200902171810.jpg

200902171819.jpg

200902171907.jpg

200902171946.jpg

200902172023.jpg

200902172026.jpg

200902172036.jpg

「どうせなら美味しい蟹を腹一杯食べよう」とちょっと奮発して(と言っても父が出してくれたけど)、まつつる特製蟹フルコース(地物松葉ガニを50%使用した「地カニ賞味フルコース」)をいただきました。
かにすきの材料、どーん!
茹蟹もあります。(食べきれなくて持ち帰りましたが)
食前酒は自家製梅酒、先附は加悦産菊菜の蟹味噌和え
蟹刺しと旬の地魚のお刺身(松人参・鶴大根・巻けん・自家製土佐醤油)
焼蟹は蟹味噌たっぷり!
蟹天麩羅もなかなか美味しい。
かにすきもボリューム満点。
お腹が膨れてきたけれど、蟹雑炊美味しい~♪
トッピングは手摘み岩海苔と自家製蟹味噌を。
〆の甘味は季節フルーツの赤ワインジュレ
飲兵衛親子にはちょっとオシャレ過ぎたけど、美味しくいただきました。^^

近畿

和のオーベルジュまつつる

 〒629-3112 京都府京丹後市網野町掛津74-1

 0772-72-3696

200902171624.jpg

200902171625.jpg

200902171627.jpg

200902171628.jpg

200902180727.jpg

あまり個性がないお湯ですが、掛け流しで絶えずお湯が注がれているのは気持ちイイ。
アルカリ性単純泉なのでやさしい肌触り。
泉温が48.7℃と結構高めですが、注がれているお湯は適温でした。
内湯以上にカワイイサイズの露天風呂がありますが、宿泊客は私達だけだったので問題なし。
火照った体を凍てつく北風で冷まして、長湯を楽しみました。

近畿

和のオーベルジュまつつる

 アルカリ性単純泉

 〒629-3112 京都府京丹後市網野町掛津74-1

 0772-72-3696

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>京都009

200902171554.jpg

ご主人手作りの紫芋羊羹がウエルカムデザート。
美味しいお茶も煎れていただきました。

近畿

和のオーベルジュまつつる

 〒629-3112 京都府京丹後市網野町掛津74-1

 0772-72-3696

200902171540.jpg

200902171544.jpg

200902171545.jpg

200902171546.jpg

200902171553.jpg

今日のお宿に到着~。
入ってすぐの所にある生け簀から自分達が食べる蟹を選ばせて貰いました。
柴山港であがった蟹の証であるタグ付きです。
お部屋は落ち着いた畳のお部屋、床の間付きです。

近畿

和のオーベルジュまつつる

 〒629-3112 京都府京丹後市網野町掛津74-1

 0772-72-3696



カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)