モンスターカレンダー

« 2015年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

04 観光・レジャーの最近のブログ記事

201501191602.jpg

201501191600.jpg

201501191529.jpg

201501191530.jpg

201501191532.jpg

201501191528.jpg

201501191531.jpg

201501191821.jpg

以前大阪ヤクルト工場の見学に訪れた事があり、そちらはボトリング工場でしたが(大阪ヤクルト工場は2015年1月いっぱいで閉鎖)、中身のヤクルト原料液はこちら兵庫三木工場で作っている事を教えてもらっていたので、いつか兵庫三木工場を見学したいと思っていました。
今回こちら方面に足を伸ばし、念願の工場見学が叶いました。
ただ訪れてみてビックリ!何と私達が参加した時間は、他のお客さんがおらず私達だけの為に案内して頂けると。
いや~自分達以上の人数で案内して頂くとは...。^^;微妙な緊張感があったり、何だか申し訳なかったり。^^;
まずはいきなりメインイベント!工場内部を案内して頂きます。
工場内部は写真撮影禁止なのが残念でしたが、銀色の大きなタンクやヨーグルト・ソフール、ミルミルの生産ラインをじっくり見られて楽しかった!
特にソフールの空容器が透明なパイプの中を吹っ飛んでいくのが、見応えがありました。
PRホールではミルミルSを試飲しながら映像を拝見したり、展示ホールではビフィズス菌・乳酸菌を顕微鏡で見られたり、ヤクルト商品の年表を見たり...。
私達だけの為に、付きっきりで、それも私達の倍の人数で案内や段取りをして頂いて...いやはや恐縮です!^^;;;
その上、ヤクルト容器をリサイクルして作った「ペットボトルキャップ開け」と乳性飲料ミルージュまでお土産に頂いちゃって...。
充実した工場見学でした。

近畿

株式会社ヤクルト本社兵庫三木工場

 〒673-0514 兵庫県三木市志染町戸田字中尾1838-266

 0794-89-8960

米田大師寺 参拝

| コメント(0) | トラックバック(0)
201501191311.jpg

201501191823.jpg

2013年の夏に初めてお参りに伺い、その際お大師さまのかわいらしい御朱印に感動しました。
それからも心のこもった年賀状を頂いたり...で、久しぶりにお参りに立ち寄らせて頂きました。
事前にご在宅を確認の上、大体の到着時間をお知らせしてお伺いしました。
お大師さまとお不動さまに手を合わせた後、ご住職様にお声をかけると「お待ちしていました。寒いのでどうぞ中へ。」とお宅の中にお招き頂き恐縮。
1年半前と比べ御朱印の種類が増えていて、選ぶ楽しさもプラス♪
その中から、今回はお不動さまの御朱印を賜りました。
「干支の未もお入れしましょうか?」とお言葉を下さりましたので、正面向きの未さんを入れて頂きました。ほっこりかわいらしい~♪
ご住職様と楽しくお話させて頂いたり、おとなしくクールな猫ちゃんを愛でたり、そして紅茶やお菓子のご接待まで頂き、すっかり長居してしまいました。
自宅からは遠いので再々訪れる事は出来ませんが、ぜひまたお邪魔して違う種類の御朱印を賜りたいものです。

近畿

米田大師寺

 〒676-0828 兵庫県高砂市阿弥陀町地徳271-4

 079-447-1038

201501190951.jpg

201501191108.jpg

201501191013.jpg

201501191015.jpg

201501191017.jpg

201501191018.jpg

201501191042.jpg

201501191037.jpg

201501191038.jpg

201501191043.jpg

201501191041.jpg

201501191059.jpg

201501191100.jpg

201501191105.jpg

201501191104.jpg

201501191818.jpg

201501191110.jpg

前々から興味はあったのですが、かなり人気の施設(工場)で尚且つ電話予約しか受け付けていなかった事もあり、予約を試みるに至りませんでした。
ある時ふとグリコピア神戸のウェブサイトを見てみると、なぬ?ネット予約出来るようになっているじゃあないの!
土日はさすがに一杯だけど、平日なら空いているじゃん♪って事で、今回グリコピア初体験。
工場の敷地内に入った途端あま~い匂いが風に乗って...、う~んよだれよだれ。
お客さんは個人グループ、バスを乗り付けての団体さん、はたまた子連れのママ友グループと多彩です。
まずはオリエンテーションホールで映画「チョコレート誕生」を視聴。
この間もお子ちゃまの泣き声やぐずり声、そしてはしゃぎ声が。
映画上映後は1階ホールで昔の自動販売機の実演を見たり、広告の歴史のパネルを見たり。「あ~そういえばこの人CMに出てたなぁ」と昔の記憶が蘇りました。
そしていよいよポッキー・プリッツの工場見学へ!
工場内は撮影禁止で写真が撮れなかったのは残念でしたが、長~いプリッツ・ポッキー生地が焼き上がり、ラインの傾斜の所で決まった長さに折れていく様子を自分の目で見られて楽しかった~。
工場見学の後は4階へ。こちらはお菓子の知識を高めるアトラクションコーナーと言った所でしょうか。
チョコレートハウスやビスケットハウス、アイスクリームハウス、マジックシアターなど、お子ちゃまには人気。大人は...ちょっと手持ち無沙汰。^^;
その後3Dシアターでオリジナル3Dアニメを見た後自由解散。
グリコのおもちゃコーナーで「懐かしいぃ~」!
あの街この街、ジャイアントシリーズの展示を見て「ああ~旅先で見た事ある」!
グリコピア神戸ショップで「1600円相当が1000円の福袋?本日最終日?ほんまかいな?」と言いつつ1袋購入し、最後には「グリコピア神戸特別パッケージプリッツ」をお土産に頂き、大満足しました。

近畿

グリコピア神戸

 〒651-2271 兵庫県神戸市西区高塚台7-1

 078-991-3693

201404051310.jpg

201404051239.jpg

201404051257.jpg

201404051258.jpg

201404051243.jpg

201404051255.jpg

201404051252.jpg

201404051248.jpg

201404051251.jpg

201404051250.jpg

201404051259.jpg

201404051300.jpg

201404051826.jpg

関西の自動車によく貼ってある、成田山不動尊のステッカー。
京阪電車に乗っていると聞こえる「まもなく香里園~成田山不動尊前です」と言うアナウンス。
身近な様でなかなか訪れることがありませんでしたが、今回初めて訪ねてみました。
駐車場に車を停めて先に進むと、交通安全祈願が行われる祈祷殿が。
更に先に進み本堂へ。
本堂の中に上がらせて頂き、ご本尊の不動明王に手を合わせました。
本堂を出て大師堂の先、奥の院へ向かいます。
トンネルの中は蝋燭の光のみ。幻想的な雰囲気です。
トンネル内の左右には干支の守護本尊が祀られているので、自分の干支の守護本尊に手を合わせ、一番奥の大日如来に手を合わせた後引き返し外へ。
再び本堂方面に戻り咲き誇る桜などを眺めながら、祈祷受付口へ行き、御朱印を賜ります。
ダイナミックですばらしい筆運びの御朱印でした。
御朱印お布施は300円でした。

近畿

成田山大阪別院明王院(成田山不動尊)

 〒572-8528 大阪府寝屋川市成田西町10-1

 072-833-8881

201403181223.jpg

201403181222.jpg

201403181220.jpg

201403181219.jpg

201403181218.jpg

201403181209.jpg

201403181217.jpg

201403181216.jpg

201403181543.jpg

せっかく赤穂まで足を伸ばしたのだからと、大石神社に立ち寄りました。
城壁内にあり、当然と言えば当然なのですが忠臣蔵一色。
ご祭神が大石内蔵助さん達だから当然ですよね。
お参りを済ませた後、御朱印を賜りました。
流れるような筆遣い。初穂料は300円でした。

近畿

赤穂大石神社

 〒678-0235 兵庫県赤穂市上仮屋旧城内

 0791-42-2054

鹿嶋神社 参拝

| コメント(0) | トラックバック(0)
201307231543.jpg

201307231544.jpg

201307231546.jpg

201307231550.jpg

201307241814.jpg

参道を進み石段を上がると、立派な拝殿がありました。
平日なので他に参拝客も無く静かに参拝を...と社務所の奥から女性の賑やかな話し声が。^^;
「御朱印を...」と声をかけると「御朱印はこちらの坂を下りた所にある建物で」と教えられそちらへ向かいます。
そこで御朱印をお願いすると、何だか横柄でぞんざいな宮司さん。
口ぶりが何だか偉そうだし、御朱印帳の扱いが荒い。
御朱印を軽く見ているような感じがして、なんとも。
こんなんだったら御朱印を請わなきゃ良かったな。
愛想良くしてくれとは言わないけれど、御朱印帳は丁寧に扱って欲しいし、応対も最低限の丁寧さが欲しい。
ハード(器)は立派で整っているけれど、ソフト(心)は...?と感じました。

近畿

鹿嶋神社

 〒676-0828 兵庫県高砂市阿弥陀町地徳279

 079-447-4676

米田大師寺 参拝

| コメント(0) | トラックバック(0)
201307231600.jpg

201307241813.jpg

201307241825.jpg

今回の高砂遠征の目的ナンバー1が、こちらの御朱印を頂く事でした。
鹿嶋神社の駐車場に(後で鹿嶋神社にも参拝するので)車を停めて参道を進むと、こぢんまりとしたかわいらしいお寺が。
お住まいとも繋がっているようなので、寺院と言うよりは庫裡と言った感じでしょうか。
まずは参拝を済ませ、社務所にお声をかけます。
こちらの御朱印は、色を入れたかわいらしいお地蔵様の絵と言うことで楽しみにしておりました。
穏やかでお優しそうな住職様が、時間をかけて丁寧に描いて下さいます。
描いて下さっている間は、同じく手描きの絵はがき(300円)などを拝見し、何だかほっこりした時間。
御朱印帳に描いていただいた御朱印は、やさしいお顔のお地蔵様がカワイイ。色もほんわかしていてステキです。
何だか住職様のお人柄を写すかの様なお地蔵様ですね。
描いていただいている間待っている時間も、御朱印を頂いてからも、やわらかな時間を過ごせました。

近畿

米田大師寺

 〒676-0828 兵庫県高砂市阿弥陀町地徳271-4

 079-447-1038

201307231306.jpg

201307231321.jpg

201307231408.jpg

201307231409.jpg

201307231412.jpg

201307231422.jpg

201307231423.jpg

201307231427.jpg

201307231430.jpg

201307231432.jpg

201307232030.jpg

201307231315.jpg

201307232031.jpg

201307231505.jpg

今回高砂の事を調べていて初めて知ったのが、キッコーマンの工場が高砂にあると言う事。
で、工場見学も受け入れられているとの事で、今回初キッコーマン工場見学と相成りました。
郊外ののんびりした風景の中に、広大な敷地を持つキッコーマン高砂工場。
今回のツアーは個人客のみだったので、小ホールでのVTR上映からスタート。
VTRを見た後は、小ホールから徒歩で工場に移動します。
敷地内には工場創建時に建てられたレトロな建物があり、少し前までは事務所として使われていたとの事。
現在は耐震の関係で建物を使用する事は出来ないが、県から貴重な建造物なので保存するようにとのお達しがあって残してあるらしいです。
工場内(機械など)は写真撮影NGだったので、敷地内の大きなタンクや創建当時に作られた仕込桶などをパチリ。
工場内ではもろみの圧搾やボトルへの充填、しょうゆ麹作りを見ることが出来ました。
(2つある製麹室のうち、たまたま1つは空の状態、1つはしょうゆ麹を作っている状態を見られてラッキー♪)
工場見学が終われば試飲...と言う事は無く^^;お土産を頂きました。
大人へのお土産は、懐かしいガラス瓶のお醤油です。
「赤い蓋ですが中身は特選丸大豆しょうゆです~♪」
(ペットボトルの醤油は、赤い蓋が普通のしょうゆで金の蓋が特選丸大豆しょうゆ)
お子様へのお土産は、いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ卓上ボトルと醤油瓶型のストラップでした。
最後は売店「亀甲蔵」で、亀甲萬御用蔵醤油(500円)を買いました。
野田のキッコーマン御用蔵で作られている宮内庁御用達品醤油で、国産の丸大豆と小麦だけを使い木桶で1年間じっくりと熟成させたお醤油との事。
珍しいので進物用としても良いですね。
ガイドをしてくれた方もとても愛想が良くて、気持ちよく工場見学をする事が出来ました。

近畿

キッコーマン高砂工場

 〒676-8510 兵庫県高砂市荒井町新浜1-1-1

 079-442-2150

201307231151.jpg

201307231147.jpg

201307231132.jpg

201307231129.jpg

201307232029.jpg

201307231145.jpg

201307231144.jpg

予定よりも少し早めに自宅を出たので、ツアー開始時間までには余裕で到着すると踏んでいたら...甘かった!
結局ツアー開始時間より5分ほど遅れて到着!
ツアーの最初がオリエン・シアターでの工場概要VTR視聴だったので、合流もスムーズで良かったぁ。
(工場概要VTRで出てくるうさぎのキャラクター・エコるん&ニコるんのニコるんの声が、サザエさんに出てくるリカちゃん<タラちゃんと仲良しの女の子>の声とたぶん一緒?だった。)
工場内は撮影禁止なのがちょっと残念でしたが、三ツ矢サイダーや缶コーヒーWONDAが続々と出来ていく様を見ることができました。
見学が終わると、ゲストホールで試飲タイム!
ビール工場の様に「できたてをサーバーから」ではなく「魔法の自動販売機でお好きな飲み物を1本どうぞ!」の試飲なので、今までに飲んだことが無い「フォション フレンチミルクティー」をいただきます。
(ホントは新製品の「スパイラルグレープ」や「三ツ矢サイダーグリーンレモン」を飲んでみたかったんだけど、魔法の自販機には入っていなかった。残念。)
お土産は「魔法の自動販売機でもう1本好きなモノをどうぞお持ち帰り下さい!」だったので、三ツ矢サイダーを頂きました。
オリエン・シアター前の「三ツ矢のはじまり」コーナーは撮影OKとの事で、当時使われていた古い瓶詰めの機械などを最後にパチリ。
見学施設がリニューアルして間もないのと夏休み中と言う事もあり、お子様連れで大賑わいの工場見学でした。

近畿

アサヒ飲料明石工場

 〒674-0093 兵庫県明石市二見町南二見1-33

 078-941-2309

201208280850.jpg

201208280855.jpg

201208280856.jpg

201208280924.jpg

201208280925.jpg

201208280926.jpg

201208280927.jpg

201208280936.jpg

201208280939.jpg

201208281023.jpg

201208281029.jpg

201208281034.jpg

201208281038.jpg

201208281040.jpg

201208281103.jpg

201208281105.jpg

他のキリンビール工場と比べると自宅から比較的近いはずなのに、なかなか訪れる機会が無かった、キリンビール神戸工場。
JR三田駅前の乗り場から、ビールの缶を象ったラガーバスに乗って工場に向かいます。
工場見学受付前では金ピカの、出逢い麒麟がお出迎え。
私達が参加するのは一般ツアーではなく、一番搾りツアー。
待ち時間が少しあるので旧尼崎工場の銅釜をパチリ。
いよいよツアーが始まり、お決まりの原材料の展示やVTRでの工場紹介は通常のツアーと変わりなしの模様。
途中クイズなどを挟みながらなので、ラインの紹介は通常ツアーより端折り気味の様でした。
...で最後の方に気付いたのですが、どこにも「写真撮影禁止」と掲示されていない。
ツアー最後にガイドさんに「こちらって写真撮影は...?」「OKですよ!!」。
え~~!!過去行ったキリンビールの千歳工場や仙台工場は撮影NGだったので、てっきりココもNGだと思っていたらOKだったなんて!!
あ~ん、撮っておけば良かった~~!と後悔するも、目の前はもう試飲会場。
次の機会があれば、絶対撮るぞ!
何はともあれ、お楽しみの試飲ターーーイム!
1杯目は、一番搾りツアーならではの「一番搾り フローズン<生>」。
-5℃の細かいフローズン状の泡が蓋の役割をして、ビールの冷たさが30分キープされるそう。
...と言えど、シャリッとした食感が独特で美味しくて、アッと言う間に飲んでしまいました。
2杯目は8月22日から期間限定で販売されている、毎年おなじみの秋味を。
麦芽たっぷり1.3本分のリッチなテイストでしたが、これって缶ビールを注いでの提供だったのね。
サーバーから注いでくれるのかと思ったので、ちょっと損した気分。
3杯目は一番搾りスタウト。
コク深い味わいとクリーミーな泡がたまりませんなぁ~。
試飲は1人3杯までで、他に一番搾りやラガー、ノンアルコールビールやソフトドリンクなども選べます。
試飲タイムの間には、キリン流「缶ビールの美味しい注ぎ方」を実演して頂けます。
...でその美味しく注いだビールを...、
「飲みたい人!」「はいっ!!!(o ̄∀ ̄)ノ"」。
泡がこんもり盛り上がったグラスのビールと、缶からそのままのビールを飲み比べて感想を一言。
ほろ酔い~いやいや結構な酔っぱらいになり、ラガーバスに乗り神戸工場を後にしました。

近畿

キリンビール神戸工場(キリンビアパーク神戸)

 〒651-1516 兵庫県神戸市北区赤松台2-1-1

 078-986-8001

12

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)