モンスターカレンダー

« 2015年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

04 観光・レジャーの最近のブログ記事

201311181603.jpg

201311181554.jpg

201311181555.jpg

201311181559.jpg

201311182254.jpg

夕方到着なのでお徳用うなぎパイは無いかな~と諦め半分で訪れました。
うっ;;やはりお徳用は無く、レギュラー商品ばっかりだった。
仕方がない。せっかくココまで来たのだから、ささっと見学だけさせてもらいましょ。
ドコにも写真撮影禁止と書いてなかったので、大きな窓から製造ラインをパチリ。
手すりの所にいるうなぎクンもパチリ。
見学者が頂けるおみやげは、ミニうなぎパイ3枚入り。

東海

うなぎパイファクトリー

 〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町1347-5

 053-482-1765

201311181340.jpg

201311181333.jpg

201311181338.jpg

201311181322.jpg

201311181330.jpg

201311181332.jpg

201311181334.jpg

201311181337.jpg

201311181336.jpg

201311191903.jpg

今回の「静岡・浅間神社巡り」の最後は、駿河国総社静岡浅間神社。
堂々と立派な朱色の楼門。
こちらの神社はちょっと変わっていて、楼門をくぐったすぐ奥には舞殿、更にその奥に極彩色の大拝殿がありますが、お賽銭箱は舞殿の前にあるので、そこで手を合わせます。
いや~、大拝殿は本当にキレイ。鮮やかな彩りが豪華です。
社務所へ向かい御朱印をお願いすると、御朱印帳をお預けしてその間お参りをとの事。
ではでは、境内を散策しましょう。
こちらは浅間神社・神部神社(二社同殿)と大歳御祖神社の三社を総称して静岡浅間神社と言われていて、その三社以外に境内社として麓山神社・八千戈神社・玉鉾神社・少彦名神社があります。
ぐるりと散策した後、御朱印を受け取りに行きました。初穂料300円。

東海

駿河国総社静岡浅間神社

 〒420-0868 静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1

 054-245-1820

201311181112.jpg

201311181117.jpg

201311181119.jpg

201311181115.jpg

201311181116.jpg

201311181114.jpg

201311191902.jpg

お次にやって来たのは富知六所浅間神社。
クレヨン○んちゃん?七五三の看板が笑えます。
ふと目を移すと随所に石像。これまたアヤシいキャラクター達が。ワハハ。
若年層の神社離れを食い止める為なのかしら。
あらこちらの七五三看板は、これまたメジャーな子供向けアニメキャラですね。^^;
狛犬さんは獅子のように強そう!
こちらの神社は笑えてしまう石像がいっぱいだけど、静かで落ち着いて参拝できて良かった。
最後に御朱印を賜りました。初穂料300円。

東海

富知六所浅間神社

 〒417-0073 静岡県富士市浅間本町5-1

 0545-52-1270

201311181049.jpg

201311181048.jpg

201311181043.jpg

201311191901.jpg

浅間神社廻り・静岡編。富士山本宮浅間大社にやって来ました。
駐車場はゲート式の有料駐車場。但し参拝30分以内なら無料です。
歴史のある神社なのですがそれ故なのか、バスでやって来た団体さん達の喧噪が...。
お参りしていても、背後でピャーピャーといい大人が大騒ぎ。
げんなりしつつ御朱印を賜りました。
初穂料は300円。

東海

富士山本宮浅間大社

 〒418-0067 静岡県富士宮市宮町1-1

 0544-27-2002

201110031541.jpg

201110031544.jpg

201110031700.jpg

201110031657.jpg

こちらの工場見学は事前に電話で申し込んだ後、送られてきた申込書に必要事項を記入して返送するという、結構細かい過程を踏むことが必要です。
ガイドも、他の工場でありがちなシュッとしたお姉さんではなく、総務課長?のおじさまと異色。
私が見学した日は残念ながらラインのメンテナンスと重なって、製造工程はVTR紹介ばかり。
どちらかと言うと、大塚製薬の企業理念や社会貢献、文化活動などを朗々延々と説明されるばかりで、まるで入社説明会のような...。
工場間近に新幹線の線路があるので、今度東京方面に出張する際は、袋井近辺を通過するときに新幹線の中から目をこらして見てみようと思ったぐらい。
お土産はポカリスエット、ポカリスエットの粉、ソイッシュ、ソイジョイ2本と豪華版だったけど、工場見学の醍醐味は少なかったかな。

東海

大塚製薬株式会社袋井工場

 〒437-0031 静岡県袋井市愛野2402-1

 0538-44-2211

201110031216.jpg

201110031053.jpg

201110031054.jpg

201110031055.jpg

201110031056.jpg

201110031151.jpg

201110031202.jpg

201110031148.jpg

201110031205.jpg

ドライバーさんには泣いてもらって、蒸留所見学にやって来ました。
こちらは事前予約がいらず、尚かつガイドツアー以外にもフリーツアーも受け付けているので、気楽に訪れる事ができます。
工場内は撮影禁止なので写真はありませんが、他の蒸留所と比べて、何となく工場工場していると言うか...。
貯蔵庫など、ウイスキーや樽の香りをダイレクトに楽しむ場が無かったからかもしれません。
見学が終わった後は、お楽しみに試飲タイム!
ウイスキーは、「富士山麓」と「ロバートブラウン」の2種用意されています。
「20分間2杯目安でお願いします~」と言われたのですが...、サーバーから自分で注ぐ方式なので1杯がなみなみになってしまったり。^^;
「ドライバーさん用に置いてある小岩井のジュースでウイスキーを割って飲んだら美味しかったと、お客さんがおっしゃってましたー」とガイドさんが良いこと教えてくれるから...。
すみません。だいぶ酔っぱらってしまいました...。

東海

キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所

 〒412-0003 静岡県御殿場市柴怒田970

 0550-89-4909

200707161325.jpg

200707161334.jpg

200707162202.jpg

お徳用うなぎパイを再び買う為だけに、ココまで下道をひた走りました。
お土産ももらえるしね♪
前回取り損ねた、巨大うなぎパイオブジェ群をパチリ。
どっさり買い込みました。(^^;)

東海

うなぎパイファクトリー

 〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町1347-5

 053-482-1765

明徳寺 参拝

| コメント(0) | トラックバック(0)
200707141031.jpg

200707141032.jpg

200707141030.jpg

200707141028.jpg

200707141026.jpg

途中間違ってお土産物屋さんの駐車場に駐めたり...と若干迷いましたが到着。!
お寺さんの駐車場に車を停めさせてもらいます。
石段を上がって立派な門を進むとうすさま明王堂。
奥に回ると「おさすり おまたぎ」の看板。
で...、キタ━━(゚∀゚)━━!並んでますよ!
私も「おさすり」して下の健康を祈願しました。
(でも女だから「おまたぎ」の方もしなきゃいけなかったのかも!?)
雨が激しくなったのでゆっくりと見て回れませんでしたが、かなりキてるお寺さんでした。(^^;)

伊豆・箱根

明徳寺

 〒410-3205 静岡県伊豆市市山234

 0558-85-0144

200704291134.jpg

200704291741.jpg

200704291742.jpg

昨日、ふれあいの泉に置いてあったフリーマガジン「Conomity」の記事を見て急遽訪れる事にしたココ。
まずは受付後、記念のうなぎパイミニを頂きます。
工場内は撮影禁止だったので写真はありませんが、うなぎパイの表面に刷毛で甘~いのを塗っていったり、検品の人達の真剣な姿をガラス張りの外から覗いたり。
工場見学ラインが終わった所にカフェサロンがあり、うなぎパイを使ったスイーツなどが食べられるようになっていたようですが、すんごい人・人・人...。
その人混みをすり抜けて売店へ。
お徳用袋うなぎパイを購入。735円なり。
規格外や割れているうなぎパイが270g入りです。
家に帰って食べたらウマくてやめられない!

東海

うなぎパイファクトリー

 〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町1347-5

 053-482-1765

200704271625.jpg

200704271626.jpg

200704271627.jpg

夕ご飯まではまだ時間もありそうだし...と車でブブーッと行ってみました。
人工湖、畑薙湖。
風が強い!((´д`)) ぶるぶる・・・さむ~~と言う事で、早々に帰路につきました。

東海

畑薙第一ダム

 〒428-0505 静岡県静岡市葵区田代1109-1

 

12

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)