モンスターカレンダー

« 2015年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

01 温泉の最近のブログ記事

200704301326.jpg

200704301242.jpg

200704301245.jpg

200704301319.jpg

200704301322.jpg

200704301243.jpg

200704301315.jpg

200704301320.jpg

200704301323.jpg

200704301324.jpg

200704301325.jpg

カナリあやしいと噂のこの湯。やっと訪問が叶いました。
程なくおじさま登場。
宗教施設なので非会員の場合はお賽銭として200円で入湯出来るとの事でお金を払うと「郡司さん(郡司勇さん?)がここの湯を褒めていて...坂本さん(坂本衛さん?)が車掌さんでヘルニアでココのお湯に浸かったら良くなって...」と一通りのご説明を頂く。
(^▽^;)
お風呂までには、いろんな貼り紙がペタペタで独特の雰囲気です。
さていよいよお風呂へ!
お湯がタップリ満ちています。
男湯との境に面した浴槽にお湯が注がれていて、この浴槽が一番熱いお湯です。
スベスベしたお湯は油臭も感じられイイ感じ♪
ただ、左奥の浴槽にずーっと浸かり続けると逆上せちゃう。
右奥の浴槽にもお湯は供給されていますが左奥よりは湯量が少な目で、左奥から冷めたお湯も流れ込んでくるので、湯温は少し低め。
右奥で逆上せたら最後には右手前、流れ込んだお湯のみで満たされる浴槽に移動してマッタリ。
女湯は終始貸切状態でした。
湯から上がって、男湯を覗かせてもらうと女湯と左右対称。
唯一違うのは鏡がある事だけでしょうか。
それにしても、カナリあやしい。
建物の前には3台しか駐車できませんが、第2駐車場もあるようです。

東海

みそぎの湯

 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒496-0921 愛知県愛西市大井町浦田面686

 吉野屋 0567-31-0146

 

入湯料:200円(非会員)

 

温泉>愛知011

200704291456.jpg

200704291424.jpg

200704291425.jpg

200704291455.jpg

15:00までの営業と言う事でかなり焦りましたが、無事到着~。
休憩室にはお客さんがいらっしゃいましたがお風呂は誰も利用されていなかったので、早速浸からせて頂く事に。
片方のお風呂にしかお湯が入っていないので、必然的にグループ毎の貸切になります。
基本は溜湯。冷めないように蓋をしてあります。
ぬるめで私にとっては適度な温度でしたし目に見えてお湯が減っている訳でもないし、どの蛇口からお湯を送り込んだらいいかも分からなかったのでそのまま浸かりました。
お湯はほぼ透明で目立った特徴はあまり感じられませんでしたが、ゆったりできました。

東海

木瀬老人クラブ憩の家

 単純弱放射能泉

 〒470-0411 愛知県豊田市木瀬町枇杷平1133ー18

 0565-76-1781

 

入湯料:200円

 

温泉>愛知010

残念ながら2004年4月末日をもって廃業してしまうという情報を目にし、急遽立ち寄る事にしました。
23:00過ぎにもかかわらず、大盛況。
(廃業までの3日間、入湯料が200円になっていたせいもあるかもしれませんが)
お湯に浸かっている方々の会話内容から察する所、常連さん達が大多数を占めていて、尚かつ、この温泉が無くなる事を惜しむ人が多いように感じました。
施設は老朽化が進んでいるせいか、何だか迫力満点。
天井が高いので圧迫感はありませんが、浴室全体が混んでいたのでキャパオーバーかな?
薄黄色のお湯は、高温泉でアツアツ。
浸かっているとすぐ逆上せてしまいます。
仄かに硫黄っぽいような匂いもしました。
飲むとちょっと鉄っぽさを感じます。
ダバダバ掛け流しなのが、何より嬉しい。
おばあさん達は、湯船の横でゴロゴロごろ寝のトド状態。
まさに、パラダイス的な雰囲気を醸し出していました。
この施設が無くなっちゃったのは、ちょっと勿体ないなぁ~。(>_<)

 

東海

コーワレジャーランド(廃業)

 単純泉

 〒490-1436 愛知県海部郡飛島村大字飛島新田字竹之郷ワカノ割796

 

 

入湯料:550円

 

温泉>愛知009

入湯料が高いので、ちょーーっとばかし躊躇していた温泉。
でも、茶褐色の湯色に惹かれて入ってしまいました。
入り口にゲートがあり、入湯券を入れて通るシステム。
う~ん、そこまでするかぁ?って感じですが...。(^_^;
浴室に入ってすぐの浴槽(1階部分)はアルカリ性冷鉱泉らしいのですが、あまり浴感はありません。
階段を上がって2階部分が半露天、浴槽部分には屋根、壁で囲まれています。
そちらには茶色の濁ったお湯が張られており、先客のおばちゃん達でいっぱいでした。
ちょっと熱めに沸かされていて、だんだん逆上せてきます。
たぶん循環だと思うのですが...、仕組みがよくわかりませんでした。
入湯料の高さが痛いですね~。

 

東海

八名温泉(廃業)

 単純鉄(Ⅱ)冷鉱泉

 〒441-1338 愛知県新城市一鍬田字清水野10-26

 

 

入湯料:800円

 

温泉>愛知008

「市内唯一の高温天然温泉」と謳う、都会の中の天然温泉です。
外観はちょっと場末チックでしたが、中は改装したのか思いの外キレイでした。
広々とした浴室は、地元の人でいっぱい!!
大きな浴槽は深めでちょっとビックリしました。
湯口ではほんのり硫黄臭も感じることが出来ました。
あまり広くない露天風呂も満員御礼!
こちらの方が硫黄臭も幾分強く、イイお湯の様に感じました。
16:00~ならオススメ。それ以前はちょっと入湯料が高い気がしました。

 

東海

大名古屋温泉(廃業)

 単純泉

 〒454-0915 愛知県名古屋市中川区横井2-75

 

 

入湯料:850円*16:00~550円

 

温泉>愛知007

温泉旅行の最後の最後、深夜にも開いている温泉と言うことで、この温泉に辿り着きました。
ま、想像はしていたのですが残念ながら浴感はなし、カルキ臭はあり。(T.T)
でも、400円(当時)だから許しましょう!
体も頭もしっかり洗えますしね。

 

東海

コロナの湯中川店(旧施設)

 単純泉

 〒454-0954 愛知県名古屋市中川区江松3-110

 052-303-9711

 

入湯料:400円(旧価格)

 

温泉>愛知006

ここもしっかり、ラブホテルです。
コンパクトな室内ながらカラオケあり、おまけに朝食(和食or洋食)とサービス満点。
浴室には「湯元尾張温泉より、地下1100mから湧き出た温泉を直接引いて使用しております。濾過は一切しておりません。」という表示がありました。
お湯は、微かにうっすら黄茶色でほのかにゴム臭があります。
すぐ近くの「尾張温泉観光ホテル(尾張温泉東海センター)」は1泊2食付きで11000円~程度なので、安くあげるにはイイかも!?(^^;)

 

東海

ホテルキッス

 含重曹硫化水素泉

 〒497-0052 愛知県海部郡蟹江町大字西之森字海山326-7

 0567-95-8810

 

休憩 4470円~6740円

宿泊 5940円~8710円

*料金・時間設定が曜日によって違うので、公式サイトでご確認下さい

 

温泉>恋人達の温泉004

浴室は湯気モウモウで、前が見えましぇ~ん。
全体的に健康ランドチックな雰囲気です。
お湯の色は薄黄色です。
露天風呂もあるのですが、四角いタイル製の浴槽なのでプールのようで、風情を感じられる工夫がないのが残念です。
サウナと別に塩サウナというものもありましたが、肝心の塩がありませんでした。
ま、500円(利用時)の割には施設が充実しているということで、諦めなければならないのでしょうかねぇ。

※2012年12月31日に閉館後、2015年1月15日に経営変更及びリニューアルオープンの際、「富吉天然温泉 いづみの湯」に名称変更。

 

東海

テルマ55(旧施設)

 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒497-0044 愛知県海部郡蟹江町大字蟹江新田字与太郎175

 

 

入湯料:500円(旧価格)

 

温泉>愛知005

ここは立派なラブホテルです!どっから見ても...。
女の子好みのかわいいお部屋(ディズニー・キティのお部屋♪とか)がウリみたいです。
さて、肝心の温泉の方は、浴感ほとんどなし、無色透明、味なしと、特徴がありません。
「バイブラバス」ってヤツなので、せいぜいブクブク泡を出して楽しみましょう。
お部屋はきれいですが、温泉に期待していたKAKUKAKUは、ちょっと残念でした。

 

東海

天然温泉ホテルフーバー

 低張性弱アルカリ性高温泉

 〒498-0045 愛知県弥富市稲元町江口25

 0567-68-4050

 

フリータイム 5040円~

宿泊 7350円~

*料金・時間設定が曜日によって違うので、公式サイトでご確認下さい

 

温泉>恋人達の温泉003

浴室に入っていきなり透明のお湯の浴槽が見えたので「あやっ?」と思ったのですが、その奥にさらに扉があり、その先には3・4人入ればいっぱいになってしまうような小さな浴槽があります。
その小さな浴槽には、赤褐色の鉄泉が満ちています。
底の方には析出物でしょうか、鉄の泥みたいなものと鉄の小さな固まりがありました。
お湯がぬるかった事もあり、逆上せやすい私でもゆっくりと浸かる事ができました。
晩に訪れたので、薄暗い「鉄」浴室はちょっとアヤシイ雰囲気!
毛穴という毛穴から、鉄分補給された気分になりました。

 

湯本館

湯本館

 ナトリウム鉄(II)・塩化物炭酸水素塩泉

 〒479-0809 愛知県常滑市坂井字西側1

 0569-37-0006

 

入湯料:500円

 

温泉>愛知004

12

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)