モンスターカレンダー

« 2013年3月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013年3月アーカイブ

201303132315.jpg

関空到着。
帰りも後方座席だったので、なかなか飛行機から降りられず。
帰りももちろんボーディングブリッジ無しのタラップ...だけど雨ザンザンぶり。
タラップの出口に傘が置いてあり、ターミナルの建物まで傘を差してダッシュ!
((( 三( -_-)
ターミナルに着いたらリムジンバス乗り場までダッシュ!
((( 三( -_-)
なかなかハードな旅の終わりでした。

近畿

関西空港第2ターミナル

 〒549-0011 大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1

 

201303132019.jpg

201303132020.jpg

デター!ディレイ!!
飛行機の到着が遅れて35分遅れ決定!
やれやれ。┐(´-`)┌

北海道

新千歳空港ターミナル

 〒066-0012 北海道千歳市美々987-22

 0123-23-0111

201303131938.jpg

201303131944.jpg

「お得なスイーツキャンペーン」チケット利用2店目!
月寒あんぱんパフェ500円を半額の250円で。
昨年の秋に食べ損ねた月寒あんぱんソフトがやっと食べられる!(パフェだけど)
一口ぱくり。
おー、あんこだぁ~。
味は美味しいのですが、モッタリ重いテクスチャでかなりハード。
まあ、ラーメン+ソフトクリーム半分を食べた後ですから、余計にハードに感じたのかもしれませんが、1人1個だと食べきれなかっただろうなぁ。
これだけしっかりした味わいならば、パフェでなく普通のソフトクリームで十分かも。

北海道

月寒あんぱん本舗ほんま新千歳空港店

 〒066-0012 北海道千歳市美々987-22

 0123-25-3082

201303131934.jpg

201303131947.jpg

私が利用した時は「お得なスイーツキャンペーン」が行われていて、北海道ラーメン道場のお店を利用すると新千歳空港内対象店のスイーツが特別価格で食べられるチケットが貰えたのです。
1人1枚貰ったので、まずはジャージーブラウンでメロンとバニラのミックスソフトクリームを。350円の半額で175円。
バニラ部分はジャージー乳を使用したクリームらしいですが、重すぎずスルスルッと美味しく頂きました。

北海道

ジャージーブラウン

 〒066-0012 北海道千歳市美々987-22

 0123-46-2236

201303131912.jpg

201303131923.jpg

前々から中島公園にある本店に行ってみたいと思いつつもなかなか訪れる事がありませんでしたが、新千歳空港に支店が出来たと言う事で今回寄ろう!と決めていました。
北海道ラーメン道場の中でも一番の混みよう。
隣の人との距離も近っ!
スープはそのまま、えびしおの太麺でオーダー。750円なり。
えびの香りがガツン!
こってりして美味い。
なにぶん混んでいるので落ち着いて食べられなかったのがちょっと残念でした。

北海道

えびそば一幻新千歳空港店

 〒066-0012 北海道千歳市美々987-22

 0123-45-6755

201303131749.jpg

中央バス札幌ターミナルから苫小牧行きのバスに乗った理由は、バスの1日乗車券を無駄なく使う為。
大谷地までなら1日乗車券の範囲内なのでした。
大谷地からならば空港連絡バスもちょっと安いしねっ!

北海道

大谷地バスターミナル

 〒004-0041 北海道札幌市厚別区大谷地東3-2-1

 011-891-6388

201303131702.jpg

旅ももう押し迫ってきているのに、何故苫小牧行きのバスに?
さあ何故でしょう。(o^-^o) ウフッ
高速バスも到着が遅れました。

北海道

北海道中央バス札幌ターミナル

 〒060-0041 北海道札幌市中央区大通東1-3

 011-231-0500

201303131525.jpg

201303131524.jpg

201303131507.jpg

201303131520.jpg

201303171414.jpg

路線バスに乗って、清田の地までやって参りました。
コカコーラの工場見学は初めてなので楽しみ!
写真撮影は残念ながらNG。
ジョージアのラインの所では甘~いコーヒーの香りを感じました。
圧巻だったのが大型立体自動倉庫!
見学する時にだけ電気を点灯してくれて、機械が黙々と荷捌きをする様を覗く事が出来ます。
工場見学の後は飲み物を飲みつつVTRを見ながらアンケートを記入。
飲み物は数種類の中から選べ、私は北海道限定のミニッツメイド大人の贅沢りんごを、ツレはシュウェップスブリティッシュレモントニックを頂きました。
おみやげは瓶のコカコーラの形をしたキーホルダーでした。

北海道

北海道コカ・コーラボトリング株式会社札幌工場

 〒004-0841 北海道札幌市清田区清田1条1-2-1

 工場見学受付 011-888-2100

201303131224.jpg

201303131204.jpg

ランチメニューがボリュームたっぷりで美味しいと言う評判をネットで見て、訪れてみました。
ランチほぼオンタイム!で座れるかどうか不安でしたがギリギリセーフで滑り込み!
焼魚定食のホッケを頂きました。680円なり。
ドドーーンと大きな身が!イイですねぇ~。
脂がのってジューシー!ホックホク♪
お味は大満足だったのですが、隣のテーブルのおっさん4人連れが食事が終わっても延々と喋っていて、4人共がタバコをスパスパ。
煙くて残念でした。
ココのお店は喫煙者天国らしく、レジの所でタバコを売っている位なので。
せめて分煙してくれれば...でもキャパ的に無理かな。

北海道

居酒屋なか川

 〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西1-1-8開運ビル2階

 011-221-0708

201303131012.jpg

201303131014.jpg

201303131020.jpg

201303131022.jpg

201303131056.jpg

201303131112.jpg

201303171413.jpg

福山醸造株式会社のすぐご近所...と言えども途中の道路はちょうど除雪作業中。
ちょいと時間がかかりましたが見学時間には十分間に合いました。
見学開始までの待合所は雪印ならではのブルーの椅子と六角形のテーブル。
記念撮影用のガセリ菌太郎がいました。
酪農と乳の歴史館・工場内は残念ながら撮影禁止。
酪農と乳の歴史館にある製造ラインのミニチュアが精巧で尚かつかわいらしく、大人も子供も目を奪われていました。
そして楽しみにしていたのが勝源(カツゲン)神社の参拝。
工場のライン部分が写らなければ勝源(カツゲン)神社の写真撮影もOK!
あまり時間がなくてゆっくり参拝出来ずに記念撮影だけで終わってしまったのは少し残念でしたが。
工場見学が終わったら試飲&試食タイム!
道外の人間には嬉しいソフトカツゲン♪
チーズはこれまた北海道限定販売品のSAPPORO MARUYAMA ZOO CHEESE。円山動物園の人気者・ホッキョクグマのピリカをデザインしたかわいらしいパッケージです。
おみやげはルービックキューブっぽい?キーホルダーでした。

北海道

雪印メグミルク株式会社札幌工場・酪農と乳の歴史館

 〒065-0043 北海道札幌市東区苗穂町6-1-1

 011-704-2329

201303131006.jpg

201303130939.jpg

201303130944.jpg

201303130947.jpg

201303130951.jpg

201303130952.jpg

201303130953.jpg

201303130954.jpg

201303130959.jpg

201303131000.jpg

201303241105.jpg

バスが遅れに遅れたので、最寄りバス停から急いで...と凍結した道で見事スッテンコロリン。;;
同じ時間に見学される1組様を数分お待たせしてしまいました。m(_ _)m
まずはVTRで味噌が出来るまで(旭川の工場の様子)と醤油が出来るまで(こちらの工場の様子)をお勉強。
今回案内して下さったおじさまに、材料の原産地や作り方などを丁寧に教えて頂きました。
座学が終われば紙製のキャップを被って(!)いよいよ工場へ!
何とも言えない独特の香りの中、熟成の終わったもろみの圧搾などを見学。
雪の間から見える北海道遺産の煉瓦蔵。
福山醸造さんのスター商品・日高昆布しょうゆに使う日高昆布がどっさり貯蔵されていました。
コンベアの上を流れドンドン箱詰めされていきます!
見学出来なかった工場からは、大豆を蒸す蒸気がドバーッと噴出されていました。
案内して下さったおじさまは「蒸す所をお見せ出来ればイイんですけどね~。ここら辺の作業はお見せ出来なくて残念。」と仰っていました。
大規模な工場でないからこその心配りや丁寧さも垣間見られて、楽しい見学でした。
おみやげはミニサイズの日高昆布しょうゆ。ありがたく頂きます。

北海道

福山醸造株式会社 北海道醤油株式会社

 〒065-0043 北海道札幌市東区苗穂町2-3-1

 工場見学申し込み 0120-120-280

201303262116.jpg

201303130822.jpg

札幌駅前バスターミナルで1日乗車券を買って、8:24発のバスに乗るために待っているのに...待てど暮らせどバスが来ない!
道路状況が悪く渋滞も発生しているからだろうけど。
結局19分遅れでバスが来たっ。
目的地着時間が遅れるのは確実だ。;;

北海道

札幌駅前(札幌東急南口前)バス停

 〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西2

 

201303130754.jpg

201303130755.jpg

日本三大がっかり名所の1つとして数えられている(?)札幌市時計台。
何度も札幌を訪れているにもかかわらず一度も見た事がなかったので、初めて行ってみました。
...まあそんなにがっかりって程ではないかな。^^;

北海道

札幌市時計台

 〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西2

 011-231-0838

201303130730.jpg

エレベーターから近かった事もありやはりモーター音が響いていましたが、昨晩はベロンベロンに酔っぱらっていたので、幸い気にならずに眠る事ができました。
何せ便利な場所にあるので、お安くて尚かつエレベーターホールから遠い部屋であればリピートもありかな。

ホテルサンルートニュー札幌

ホテルサンルートニュー札幌

 〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西6-1

 011-251-2511

201303130716.jpg

昨日イトーヨーカドーすすきの店で買っておいた菓子パンを朝食として食します。

ホテルサンルートニュー札幌

ホテルサンルートニュー札幌

 〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西6-1

 011-251-2511

201303122133.jpg

201303122030.jpg

201303122048.jpg

201303122040.jpg

201303122053.jpg

201303122103.jpg

201303122115.jpg

201303122130.jpg

安くて美味しく更にホテルから近い!って事で、魚平さんへお邪魔しました。
アルコールを注文すると必ず注文しなくてはいけないお通し。
ただ、お仕着せの小鉢ではなく、お通しコーナーに置いてあるお惣菜を1人1皿1回のみ盛り放題!と言うシステムなので...ガッツリ頂いてしまいました。(#^_^#)
これで1皿300円はお得でしょ。
あら汁はお代わりOKだし!
アルコールは飲み放題を選択。60分で880円。
サッポロクラシックの樽生が選べるってあたりがウレシイ!
他にもトリスハイボール、サワー(レモン・ライム・梅・巨峰)、焼酎(水割・お湯割・番茶割)、日本酒は冷と燗(恐らく一番安いヤツだろうから多賀鶴かな)、ソフトドリンクが飲み放題!
まず頼んだのは貝三点盛り合わせ1200円。
あわび・つぶ・赤貝を選びました。
コリコリウマーー。
ホッケ焼は半身で300円。コレもうまい。
クラシックばかりお代わりしているとお腹がはち切れそうで苦しいので日本酒の冷をオーダー。升まで溢れてなみなみです。
おにぎりは、小樽の金太と比べると小振りですが、150円でこのボリュームはリーズナブル!
飲み過ぎてヘロヘロになったので、〆は烏龍茶で。
1人2000円で腹一杯、超ベロベロ~。大満足でした。

北海道

さかなや金ちゃんの店・魚平

 〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西6-7-1パストラルビルS-Ⅱ1階

 011-221-0138

201303121847.jpg

201303121848.jpg

カチカチに凍った雪とシャーベット状の雪、そして雪が溶けた泥水たまりと格闘しつつ、やっと到着。
狸小路すぐそばの立地の良さの割にはお値段が安かったので、今回利用してみました。
さすがに古さを感じさせるお部屋です。
バス・トイレも超コンパクト。
高層階なのは嬉しいですがエレベーターが近い部屋なのでウルサイです...。;;

ホテルサンルートニュー札幌

ホテルサンルートニュー札幌

 〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西6-1

 011-251-2511

201303121817.jpg

高速を下りて札幌市街地に入ると結構な渋滞に巻き込まれたりしましたが、定刻よりもちょい遅れで中央バス札幌ターミナルに到着。
足元の悪い中ホテルまでテクテクと歩く途中で、さっぽろテレビ塔をパチリ。

北海道

さっぽろテレビ塔

 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西1

 011-241-1131

201303121554.jpg

201303121558.jpg

201303121620.jpg

15時頃にスキー終了。
ロッカールームで着替えを済ませ、スキーをパッキングし宅配受付に出して、いよいよキロロともお別れです。
来シーズンも、今シーズン位お得な宿泊プランがあればリピートありかな。
リフトはよく止まるから不満だけど。^^;
さよならキロロ。高速バスで札幌に向かいます。

キロロリゾート

キロロリゾート

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 北海道中央バス小樽ターミナル 0134-25-3333

201303121216.jpg

201303121158.jpg

今日はちゃんとポケット瓶のジンビームを入れておいたので...、長峰ヒュッテクレストでの休憩時にキューッと一杯。(と言っても小さいカップで)
くーっ、染みるわ~。

キロロリゾート

キロロスノーワールド

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303121023.jpg

201303121226.jpg

何と!今日も上部リフトとゴンドラ休止って!?
ココは、長峰第2とか上の方のコースはまあ良い感じなのに、リフトやゴンドラが止まる事によって魅力が半減...いや大半ダウンするのが残念。
圧雪も毎日キチンとやっているみたいなのに、リフトが休止するために魅力がダウンするなんて、ホント惜しいスキー場だなぁ。
仕方がないのでセンターコース、余市第1Aコースを流していましたが。

キロロリゾート

キロロスノーワールド

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303120802.jpg

昨日の朝食の反省点を踏まえ、今日は小鉢を多用してみました。^^;
昨日食べた水餃子をリピート。
勝手丼の具を中心に、そばはとろろをたっぷりかけて、サラダはどっさり、煮物や揚げ物、焼きサンマもちょこっと取ってみました。

キロロリゾート マウンテンホテル

キロロリゾート マウンテンホテル

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303112142.jpg

201303112309.jpg

キロロ温泉の入湯券を無駄にするのも何なので^^;シャトルバスでキロロタウンまで行き、温泉には浸からず体洗いとサウナに徹し(それならばマウンテンホテルの大浴場でイイじゃないかと言う説は置いておいて)、湯上がりにはホテルピアノのショップにて、ノーメイクプラン(2泊目の部屋お掃除辞退)でもらった500円券+追い金で六花亭の「ストロベリーチョコミルク」を購入。
そんなこんなでマウンテンホテルに帰ってきた時にはお腹ペコペコ!
夕食は「どん兵衛天ぷらそば」と昨日マウンテンセンターショップで買ったチーズバンズ、飲み物はサッポロクラシック!
デザートは夕方に食べ尽くした感がありますが、キットカットオトナの甘さが残っていたので、ホットコーヒーと共に。
ビターな味わいがウマイ。

キロロリゾート マウンテンホテル

キロロリゾート マウンテンホテル

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303111747.jpg

201303111748.jpg

201303111940.jpg

やっと叶ったキロロでナイター♪
明日は札幌に移動だからナイターで滑られないし。
センターコースのみだけど、ライトオンしているお陰で雪面が見やすいし滑りやすい。
結局19:00前にあがりました。

キロロリゾート

キロロスノーワールド

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303111638.jpg

201303111646.jpg

今日はガッツリ滑ったのでさすがにお腹が減った!
なのでナイターに備えて甘いモノ補給をします。
昨日マウンテンセンターショップで買ったおつとめ品のハニーブロックと、イオン小樽店で買った小樽・花月堂製の「チョコロマン」。
「まだもう少し食べたいー!」とこれまたイオン小樽店で買った「月寒あんぱん 抹茶あん」。
これまたウマイ!

キロロリゾート マウンテンホテル

キロロリゾート マウンテンホテル

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303111151.jpg

201303111122.jpg

201303111128.jpg

長峰第1エクスプレスと長峰第2エクスプレスの間にある休憩場所。
まるでレストランのようなしっかりした造りで、自販機のみの休憩所にしておくのはもったいない位。
だけど私達にとってはありがたい施設です。
快適だったのでちょっと気が大きくなって(!)久々にゲレンデでビールなんぞを飲んでしまいました。
普段なら350ml350円なんて高額ビールには手を出さないのですが。
とは言えエビスなのは良心的かな。

キロロリゾート

キロロスノーワールド

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303111112.jpg

201303111116.jpg

201303111201.jpg

201303111213.jpg

201303111214.jpg

201303111252.jpg

昨日は、まさかナイターが中止されるとは思わずホテルチェックインタイムにあがってしまった為、何だか消化不良。
今日は晴天では無いが、上部のリフトやゴンドラは動いているし!
昨日の分まで取り返すべく滑るしかないでしょ!!
長峰第1エクスプレスから長峰第2エクスプレスに乗り継いで、長峰第2Aコース・Cコースをぐるぐる。
程よい斜度で楽しいぃ♪
長峰ばかりでも何だから下まで滑り降りて、次はゴンドラで頂上を目指す。
滑り降りて朝里第1リフトに乗ろうかと思っていたら、朝里第1ってデフォで休止しているのね!
仕方が無いので余市第2リフトであがって滑るもコースがイマイチ好みじゃないので、下まで滑り降りてセンターエクスプレスであがり、再び長峰方面へ滑り降り。
午後に長峰ヒュッテクレストで休憩している時に窓の外を見ると、段々人が減ってきているような...。
ふと見ると長峰第2が天候不良で止まっているし!
...しくしく。
仕方がないのでセンターコースをぐるぐる~でとりあえず昼の部終了。

キロロリゾート

キロロスノーワールド

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303110837.jpg

201303110757.jpg

夕食が粗食な分朝食はガッツリいただきます。
大きなお皿をお盆にのせてイザ!と意気込んだはイイが、おかずの種類が少ない!
大皿より小鉢を複数使った方が良いですな。
朝食バイキングには珍しい水餃子やお蕎麦、勝手丼が作れるコーナーもありました。
私は勝手丼の具だけを取りましたが。^^;
サラダもいっぱい食べてお野菜補給!

キロロリゾート マウンテンホテル

キロロリゾート マウンテンホテル

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303102036.jpg

キロロ滞在中の夕食は節約モードでいきます!
昨日イオン小樽店で買った北海道限定の「北のどん兵衛親子そば」。
チーズバンスはマウンテンセンターショップで、お弁当は(お弁当はツレのみ)マウンテンホテルショップで買ったおつとめ品。
飲み物はやっぱりサッポロクラシック!!
...この夕食が1週間続くのであれば侘びしいですが2晩だけだからOKさっ!

キロロリゾート マウンテンホテル

キロロリゾート マウンテンホテル

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303101845.jpg

201303112008.jpg

201303112009.jpg

201303101850.jpg

201303101853.jpg

201303101852.jpg

201303101933.jpg

スキー場のナイター営業が悪天候につき中止と言うことで、比較的早い時間に温泉を利用することにしました。
ビジター利用入湯料は950円ですが、今回私達が利用した宿泊プランには1泊につき1回入湯券がついていたので利用した訳で。
もし入湯券が無ければたぶん利用しなかったと思います。
まずお金を払うフロントがありますが、その時点でいきなり強烈なカルキ臭攻撃!
お風呂からかそれともリゾートプールからなのか...不安が募ります。
お風呂へ進むとやはりカルキ臭。逃れられません。
内湯には大きな浴槽や寝湯などがあり温泉利用ですが、カルキ臭の方が気になってお湯の質はよくわかりません。
内湯スペースにあるドライサウナが広く、閉塞感が無くて快適。
内湯から出たすぐの所には円形の浴槽が、更に進み階段を下りると露天風呂とミストサウナがあります。
露天風呂までのアプローチには雪が残っていて、その雪を踏むと心臓が縮み上がりました。^^;
露天風呂のお湯は内湯のお湯に比べると、少しだけツルツル感があるかな?
本当に微妙な差なのですが。
ホテルピアノに宿泊していて入湯券を持っていれば利用しても良いけど、マウンテンホテルからわざわざシャトルバスに乗って利用する程ではないかもしれません。
ましてビジター利用950円では...。

キロロリゾート

キロロタウン 遊湯館・森林の湯

 含鉄(Ⅱ)-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>北海道099

201303101513.jpg

201303101519.jpg

201303101518.jpg

201303101520.jpg

201303101514.jpg

到着時に長ーーい説明を聞いたので、チェックインは鍵+αを渡されるだけの簡単なモノ。
一番狭いツインのプランだったのでお部屋はやはり手狭です。
ベッドとベッドの隙間は殆ど無いし、ヘッドボードの裏にバス・トイレってのは構造的にどうなんだろう?
同行者がトイレに行くと強制的に目が覚めてしまうレイアウトってのはちょっとねぇ。
ま、出来た当時からこのレイアウトだったのだろうから仕方ないけど。
冷蔵庫は部屋によって多少機種が変わるようですが、基本は音は小さいが冷却能力が落ちる「保冷庫」です。
ただ他に、音が大きい「冷蔵庫」設置の部屋もあります。
基本、飲み物などをキンキンに冷やす事は期待せず、生ものなどは保存出来ないと思っておいた方が良いでしょう。
バス・トイレはかなりコンパクト。
マウンテンホテルには非温泉の大浴場、ホテルピアノ横キロロタウンにはキロロ温泉森林の湯があるので、足を伸ばしてお風呂に入りたい人は部屋のお風呂は使わないかも。

キロロリゾート マウンテンホテル

キロロリゾート マウンテンホテル

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303101241.jpg

201303101244.jpg

201303101304.jpg

毎週日曜日開催の「キロロ SUNクスDAY」。
今週は「ゲレンデナンバーズ」と言う事で、自分の好きな番号をあらかじめカードにスタンプしておきました。
その発表が12:00からあったので休憩も兼ねてマウンテンセンターへ。
私は数字2個当たりだったのでうまい棒とコインチョコを1個ずつ。
昼食の足しに...と足しにならないのでセンターショップを覗いてみると、一部の菓子パンがおつとめ品になっていて半額ぅ♪
元の値段は高めだけど半額だったら良いよね~と、チーズバンズと焼きそばマヨパンをお店にあるレンジでチンして、マウンテンセンター1階の椅子に座って食べました。

キロロリゾート

キロロスノーワールドマウンテンセンター

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303121556.jpg

201303101042.jpg

201303101058.jpg

201303101335.jpg

小樽セピアライナーキロロ号は、グランドパーク小樽で乗る客待ちがかなり長かったのと、その間ドアが開いていて他のバスの排ガスが流入しまくりで気分が悪くなったのと、乗車する客がいないのに朝里川温泉にわざわざ寄ったのと...で疲れました。
「ホテルソニアはまあまあ良い印象だから、ソニアから毎日セピアライナー使ってキロロまで行くってのも有りかも」と思っていたのですが、これが連日続くのは辛いから却下。^^;
とりあえずホテルで、送り込んだスキーを受け取らなければ~とフロントに向かうと、淡い期待を持っていたアーリーチェックインならず!
その上、チェックイン時に説明する事項を聞くかと問われYesと答えたのが間違いだった。
説明するホテルマンが丁寧すぎるのか要領が悪いのか、ダラダラ長々と、延々と風呂の場所やら食事の場所やらの説明を...。
サクッと軽く最低限の事を説明して(チェックイン時の手続きなど)「あとわからない事があればフロントにお問い合わせ下さい」で良かろうと。
増してこっちがスキーを楽しみに来ているのはわかるのだろうから、その時間を無駄に割いていると言う発想が無いのだろうか。
ともあれ説明を受けた通り、スキーロッカーの奥にある宅配便窓口で荷物を受け取り、準備をしてゲレンデへ。
「強風の為ゴンドラと上部コースのリフトは運休」でテンションダウン。
この程度の風ならば、他のスキー場ならばリフト止めないだろ~?な風量。
しかし仕方がないので、とりあえず滑れるコースを順に回ってみる事に。
長峰第1コースは最後がダラダラ平坦過ぎてイマイチ。
余市第1Aコースは雪面がちょっと荒れ気味?
と言うことで、センターAコース中心に滑りました。
しかし選べるコースが少ないのと昨日からの疲れが残っている事もあり、ホテルのチェックイン可能時間の15:00でとりあえず昼の部終了。
1日券だからナイターも滑れるし、夜にまた滑ろうっと。

キロロリゾート

キロロスノーワールド

 〒046-0593 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1

 0135-34-7111

201303100754.jpg

「出発10分前には降りてきて下さい」と前日ホテルソニアのフロントの人に言われていたのですが、チェックアウト時には既にもうバスが到着していました。
セピアライナーの始発だしねぇ。
本来ならばホテルノルド小樽前に停まっている様ですが、ココから乗車するのは私達だけだったので、ホテルソニアⅡ前から乗車。
ちょっと早めに出発しました。

ホテルノルド小樽

ホテルノルド小樽

 〒047-0031 北海道小樽市色内1-4-16

 北海道アクセスネットワーク株式会社 011-219-4411

201303091351.jpg

201303091845.jpg

201303091425.jpg

ちょいと古いとは言え隣の部屋などがうるさくなくて落ち着いて眠れたし、冷蔵庫には「小樽の水道水」のボトルが冷えているお茶目なサービスはあったし、観光地からも近い立地なので、安い宿泊プランがあればリピートしたいホテルでした。

小樽運河前 ホテル ソニア

ホテルソニアⅡ

 〒047-0031 北海道小樽市色内1-4-20

 0134-23-2600

201303100714.jpg

朝早くに出る予定が無ければ、ホテルの朝食バイキングをゆっくりと食べたいものですが、時間がないのでようかんツイスト!
温かいお茶と共に頂きます。

小樽運河前 ホテル ソニア

ホテルソニアⅡ

 〒047-0031 北海道小樽市色内1-4-20

 0134-23-2600

201303092314.jpg

夕食をガッツリ食べたにも関わらずデザートを食します。
イオン小樽店のサザエで買った白いおやき。クリームが入ったヤツ。
関西にもサザエってあるけど、全く同じ会社って訳では無く姉妹会社なのね。
(創業は北海道のサザエが先みたい)

小樽運河前 ホテル ソニア

ホテルソニアⅡ

 〒047-0031 北海道小樽市色内1-4-20

 0134-23-2600

金太 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201303092001.jpg

201303092009.jpg

201303092018.jpg

201303092034.jpg

201303092036.jpg

201303092040.jpg

201303092038.jpg

201303092110.jpg

201303092111.jpg

201303092112.jpg

201303092128.jpg

お昼は魚だったから夕食は肉ニクにく~!
ホルモン系のお肉が充実しているこちらにお邪魔しました。
オーダーしたお肉は基本(生ラムは別盛り)ボールに一気盛り!
白くてペランとした「うまい」はクツベラ・上軟骨とも呼ばれ、豚の喉軟骨らしい。330円。
赤いのは下がりで630円。
細いホネホネのヤツは軟骨305円。
タマネギはオーダーしなくても付いてきます。
「うまい」のコリコリした歯触りがまさにうまい!
下がりも味わい深く、軟骨のカリコリ歯ごたえは何とも心地よい。
別盛りの生ラム登場。525円。
コレも美味しいけどこちらのお店ではホルモンに徹したい感じかな。
2回目のオーダーは先程の「うまい」と軟骨をリピート。
白くぷにぷにした「しびれ」はリードボーとも呼ばれる仔牛の胸腺で420円。
何だか節っぽい部分がある「いける」はのどがしら=豚の喉元らしいです。320円。
「しびれ」は柔らかくてコクがあって美味しい。
「いける」もなかなかイケます。
名物の巨大おにぎりは、お店のおかあさんが作っている様子から楽しい!
2人で分け合って食べました。
具が鮭のおにぎりはこの大きさで350円。鮭以外の具、梅・鰹・しそ昆布だとなんと300円。
大きいだけじゃなくて適度な塩加減・握り加減で美味しいー!
〆はタレにスープを注いでもらって...(スープのみは無料)、おこげ120円を軽く炙って、アツアツの所をスープにジュッ!ウマーー。
帰りのバス停には雪がこんもりと積もっていました。

北海道

金太

 〒047-0024 北海道小樽市花園3-2-12

 0134-22-9841

201303091653.jpg

明日以降の食料・アルコールを調達するために来店。
何せキロロに入ってしまうと(わざわざバスで小樽に出ない限りは)外に買い物に出る事は無いでしょうから。

北海道

イオン小樽店

 〒047-0008 北海道小樽市築港11-6

 0134-21-3100

201303091625.jpg

201303091634.jpg

201303101616.jpg

酒蔵を見学できるかな?と立ち寄りました。
見方が悪かったのかそれらしき物が見当たらずちょっと残念。
何種かお酒の試飲をさせてもらったのですが、いまいちコレと感じるお酒に出会えなかったので今回は見送り。
空くじ無しのガラポン抽選があり、1回500円で末等の4等でも定価525円の甘酒+甘納豆とお得なのでチャレンジ!
4等狙いだったのですが3等当たり~。
4等よりも高額なのでしょうが、ちょっと微妙な品々でした。
酒蔵なのに酒関係の品が1品も含まれていないからかも。

北海道

田中酒造亀甲蔵

 〒047-0016 北海道小樽市信香町2-2

 0134-21-2390

201303091604.jpg

201303091558.jpg

201303091600.jpg

小樽には何度か来た事があったものの、運河沿いを歩くのは初めて。
って事で、北一硝子やらルタオやらロイズやら北菓楼やら...ウインドーショッピングの後、六花亭へ。
1階で毎度おなじみマルセイバターサンド(他にも美味しいお菓子があるのだがコレは外せない)とコーヒービーンズチョコを購入。
歩き疲れたので、2階でスウィーツを頂きながらコーヒーブレイクをしようと。
本店は誰でも飲める環境だが立ち飲み。
こちらのお店は、2階のイートインでお菓子を買った人のみコーヒーが1杯頂けて、テーブル席・カウンター席が設けてあり座っての飲食が可能。
購入したのは「サクサクパイ新千歳発」150円ナリ。
ハスカップ味のチーズクリームをサンドした生ホワイトチョコレートを、サックサクの軽~いパイでサンド!
ヒンヤリ冷やされた生ホワイトチョコ+甘酸っぱいハスカップ味のチーズクリームがウマー♪
サクサクのパイもウマー♪
だけど一体感はあまりなかったかも。
一体感で言うと「雪こんチーズ」に軍配が上がるかな。

北海道

六花亭小樽運河店

 〒047-0027 北海道小樽市堺町7-22

 お客さま相談室 0120-012-666

201303091454.jpg

201303091439.jpg

201303091442.jpg

かま栄工場直売店では結局何も買わなかったのですが、やっぱりかま栄のかまぼこを食べたい!と言うことで、すぐ近くにあるラ・カンパネラへ。
あげかまカップ350円は、小さくカットされたかま栄のかまぼこが計7種類入りでいろんな味を楽しめるメニュー。
揚げたてってのも嬉しいですね。
アツアツフワプリでウマー。
小さく切った...と言えども7種類なので結構ボリューミー。
もう少しお腹が空いている時なら更に美味しいだろうなぁ。

北海道

灯台茶房 ラ・カンパネラ

 〒047-0027 北海道小樽市堺町3-13

 0134-27-6520

201303091455.jpg

201303091434.jpg

ホテルからバフバフの雪の中、徒歩でやって参りました!
工場見学が楽しみだったのですが...残念ながら時間が遅く、製造終了・清掃作業中でした。;;
夕食が中食ならばいろんなかまぼこを買いたい所ですが、今晩は外食の予定なので断念。

北海道

かま栄工場直売店

 〒047-0027 北海道小樽市堺町3-7

 0134-25-5802

201303091344.jpg

201303091348.jpg

201303091350.jpg

201303091349.jpg

201303091410.jpg

201303091404.jpg

とりあえず荷物だけ置いて身軽になりたいとチェックイン時間前に到着。
すると「お部屋の準備が整っておりますのでどうぞ」とのありがたい言葉が!
「部屋からの景観お任せプラン」だったので運河側ではありませんでしたが上層階なのでラッキー。
建ってからだいぶ経つホテルなので内装もそこそこ古びていますが問題無し。
静かに落ち着ける事が一番です。
お風呂も広めでゆっくり出来そう。

小樽運河前 ホテル ソニア

ホテルソニアⅡ

 〒047-0031 北海道小樽市色内1-4-20

 0134-23-2600

魚一心 昼食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201303091320.jpg

201303091256.jpg

201303091257.jpg

201303091258.jpg

小樽到着が遅れたので「もしかしたらもう閉店しているかも」と半分諦め気分でやって参りました。
と言うのもこちらのお店ランチタイムは14:00までらしいのですが、無くなり次第終了ーなのをネット情報で見知っていたので。
恐る恐る「ランチまだやってますか?」と伺うと「やってます」とのお答え♪で定食680円をオーダー。
土曜日で尚かつ大雪ってのが私達にとってはラッキーだったのかも。
焼き魚はサンマ、お刺身はマグロ・甘エビ・ホタテ・イカ・シメサバ・タラコ、これにご飯とみそ汁が付いて680円は安い!
安くて美味くて幸せ~。
私達が店を出る頃(13:20頃)に訪れた人は断られていたので、ランチ目当てならば早めの到着が吉ですね。

北海道

魚一心

 〒047-0024 北海道小樽市花園1-11-10

 0134-32-5202

201303091233.jpg

201303262117.jpg

予定よりもかなり遅れて小樽に到着!
サクッとバスターミナルに向かい1日乗車券を購入後、目的のバス停に移動。
同じ「小樽駅前」バス停でも行き先によってバス停が散らばっており、私達が向かうのは長崎屋前のバス停です。

北海道

北海道中央バス小樽ターミナル

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂2-22-10

 0134-25-3333

201303091040.jpg

相変わらずダイヤが乱れていて、快速エアポートの号数と実際の時間にも大きなズレが。
...と札幌手前で「この電車は小樽まで快速の予定でしたが、札幌より先は各駅停車になります」のアナウンスが。;;
いったい何時に小樽着になるのやら。

北海道

JR千歳駅

 〒066-0062 北海道千歳市千代田町7-7-2

 0123-23-2040

201303091014.jpg

201303171411.jpg

201303171412.jpg

歩道の除雪が追いついていないのか足元が悪く、雪バフバフの中やっと到着!
恒例となった黒豆せんべい購入です。
ダンボール箱入り2.5kg1250円×2箱。
(嵩が高いのでその場で箱から出してもらった)
これまた毎度おなじみのエビかり300g300円は配り用含め都合3袋。
試食品は米かりんと?頂きました♪

北海道

岩塚製菓株式会社千歳売店

 〒066-0034 北海道千歳市富丘2-11-7

 0123-27-4111

201303090938.jpg

空港で買い物を済ませ駅に向かうと、何だか電車のダイヤが乱れている様子。
9:37に乗車するも前の電車が詰まっていて発車出来ない。
結局10分ほど車内で待って、やっと出発!

北海道

JR新千歳空港駅

 〒066-0012 北海道千歳市美々

 0123-45-7001

201303090901.jpg

201303090907.jpg

若干遅れたような...しかし関空では「悪天候の場合は関空に引き返す条件便」だったので、着陸してくれただけでも御の字。
それにしてもこの雪まみれの滑走路に着陸するなんてスゴイわ。

北海道

新千歳空港ターミナル

 〒066-0012 北海道千歳市美々987-22

 0123-23-0111

201303090645.jpg

201303090646.jpg

201303090721.jpg

201303090732.jpg

201303090733.jpg

食事はモチロン、飲み物も有料なのがLCC。
"ピーチ"にちなんだメニューは楽しいのですが...はい、貧乏人は飲み物・食べ物共に持ち込み。
朝食を食べ終わると、眼下には雪を被った山脈が!


201303090630.jpg

201303090632.jpg

201303090633.jpg

201303090639.jpg

201303090640.jpg

201303090905.jpg

201303090642.jpg

201303090644.jpg

表示板が「民生の液晶テレビ流用?」みたいな小ささで見づらい。
出発ゲートへの誘導は完全人力。
「鹿児島便は搭乗全員を案内、北海道便は窓際席+その連れのみを案内」とか言ってても、人力では隙ありまくりなので、それをかいくぐる人も続出。
ゲート前ではチケットチェックをしっかりするので、乗り間違えって事はないのですが。
自らの足で飛行機に向かい、タラップを使って乗機するってのはちょっとテンション上がりますなぁ~♪
座席は噂に違わぬ狭っぷり!
深く腰掛けても、膝から前の座席までの隙間は拳1個分程度。
これが大柄の男性ならば、完全に膝が前座席にぶつかっちゃうだろうな。

近畿

関西空港第2ターミナル

 〒549-0011 大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1

 

201303090554.jpg

201303090609.jpg

リムジンバスはブイブイと快走し若干早着。
第2ターミナル先着の便だから楽で良いわね~。
第2ターミナルはザ・LCCのターミナル!と言った感じでとても簡素な造り。
それにしても朝早くに多くの人々がこんなにも集結...。
発券されたチケットには、ピーチ名物(?)の OOKINI!! の文字が。わかっていても笑えます。
待合のソファや椅子がカラフルでオシャレだったのだけど、人がいっぱいいたので写真は割愛。

近畿

関西空港第2ターミナル

 〒549-0011 大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1

 

201303090450.jpg

関空に早朝着しなければいけないので、こんな時間のリムジンバス。^^;
しかし乗客多し!

近畿

ハービスENT

 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-22

 関西空港交通株式会社 072-461-1371

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)