モンスターカレンダー

« 2012年10月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012年10月26日アーカイブ

201210261857.jpg

201210262236.jpg

ドーンと大きなホッケフライ、コロッケとポテトサラダとキャベツの千切りとお寿司。
飲み物はサッポロクラシック。
デザートは昨日と同じく栗粒最中をコーヒーと共に。

北海道

オーロラファームヴィレッジ

 〒088-2337 北海道川上郡標茶町字栄219-1

 015-488-4588

201210261830.jpg

201210261829.jpg

201210270757.jpg

201210270753.jpg

201210270822.jpg

201210270808.jpg

201210270810.jpg

「今度は宿泊するのだから、ふやける程浸かるぞー!」と思いきや、想像した以上に寒くて、何度もお風呂に向かうのも億劫なほど。
まずは夕食前に男女別浴場のお風呂に行く事にします。
ミニログやコテージからお風呂までは少し距離があり車で移動する人も多いのですが、私達は「車を出す方が面倒!」と暗い夜道をテクテクと歩いて移動。
道々はLEDイルミなどで飾り付けてあり、一種独特の雰囲気です。^^;
男女別浴場の脱衣室の床はほんのり温かく、温泉を利用した床暖房なのかな?
内湯には先客のマダムが体を洗っておられたので、少しだけ浸かり体を温めた後、露天風呂へ。
ひゃ~極寒!でも気持ちイイ!顔は冷たく、体は温かく。
スルスルした肌触りで、やっぱりイイお湯です。
翌朝は早起きして、男女別浴場と混浴露天風呂の両方に浸かりに行きました。
お風呂へ向かう道ばたの草には霜がおりていて、空気がキンと冷えています。
男女別浴場の露天からは、会員の方?が植樹された木々が見えました。
さて、昨晩は先客がいて利用しなかった混浴露天風呂に向かいましょう。
施設としては、トイレや洗面台などがある男女別浴場の方が充実していますが、雰囲気はやはり、こちらの混浴露天風呂の方が好み!
朝の清々しい光に包まれて、お湯が贅沢にこぼれる大きな湯船に一人。
泡付きのある烏龍茶色のお湯を存分に楽しみました。

北海道

オーロラファームヴィレッジ

 アルカリ性単純泉

 〒088-2337 北海道川上郡標茶町字栄219-1

 015-488-4588

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>北海道071

201210261701.jpg

201210261700.jpg

201210261702.jpg

以前日帰り入浴で利用した際、良い湯の印象が残っていたので、今回宿泊してみる事にしました。
布団とソファとテーブルはあるけれどトイレなどは無い、ミニログを選択。
素泊まりなので1人当たり2800円+入湯税150円=2950円。
暖房費は別途1棟当たり525円かかります。
私達が利用した日は、深夜早朝には零下になろうという外気温。
チェックイン時に当然の事の様に「暖房費が525円...」と計算されておられたのを、「暖房無しの覚悟で来たので」とお断りして、暖房無しで1晩過ごしました。
トイレは、24時間開いているメインハウスのトイレ、もしくは男女別浴場の脱衣室にあるトイレを利用する事となります。

北海道

オーロラファームヴィレッジ

 〒088-2337 北海道川上郡標茶町字栄219-1

 015-488-4588

201210261525.jpg

201210261612.jpg

201210261610.jpg

201210261553.jpg

201210261532.jpg

201210261534.jpg

自遊人の温泉パスポートを使い、無料で入浴させて頂きました。
オーナーさんがプロの写真家だけあって、何だか洗練されてオシャレな雰囲気です。
内湯はタイル貼りで清潔な印象。
紅茶色のお湯が掛け流しでドンドン投入されています。
湯の表面には泡が浮いていて、湯の感触はスベスベ!
ただもう少しぬるいお湯を楽しみたかったので、扉の外の露天へ向かいます。
気温がかなり低めの日だったのですが、火照った体には心地良い。
お湯に体を沈めると、程なくして肌にアワアワが付着していく~♪
そのアワアワをぬぐうとツルリンスベスベ!
モール泉独特の良い香りがまた宜し!
幸い空いている日だったので、お湯の状態もベストだったのだと思います。

北海道

鶴居ノーザンビレッジ HOTEL TAITO

 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒085-1203 北海道阿寒郡鶴居村鶴居西1-5

 0154-64-3111

 

入湯料:500円

 

温泉>北海道095

201210261443.jpg

201210261437.jpg

201210261438.jpg

201210261442.jpg

本当はすぐ近くの他のお店目当てだったのですが、シーズンオフだから?平日だから?お休みでした。
と言う事で程近いこちらでソフトクリームをいただきます。
普通のバニラにしようかと思ったのですが、「特濃ミルクとベルギーチョコのミックスです」の文字をめざとく見つけ、ミックスをセレクト。
だって、単独で食べれば330円の摩周特濃ミルクと270円のベルギーチョコの組み合わせで、270円ってお得じゃん!
お味はフツーに美味しかった!(褒め言葉です)
店内の一角にふと目をやると...どうでしょう班(恐らくにょういずみにょうさん)筆のコピーが貼ってありました。(='m')

北海道

摩周湖のあいす

 〒088-3201 北海道川上郡弟子屈町摩周2-8-6

 015-482-6500

201210261431.jpg

...ココに辿り着くまでにいや~~~~な事がありました。
北見警察が、北海道警が大嫌いになりました。
普通に捕まるのであればまだ納得がいきますが、ノルマを達成する為にワザと餌をまいて違反を作り、捕まえるようなやり方...最低!
...話は変わって、借りたレンタカーは燃費が良く結構な距離を走りましたが、そろそろちょっと入れておいた方がイイかな~と。
ただ、ガソリンが安そうな釧路までの繋ぎなので、セルフで少量給油です。
リッター@142円でした。

北海道

ホクレン摩周セルフ給油所

 〒088-3201 北海道川上郡弟子屈町摩周2-9-16

 015-482-2090

201210261114.jpg

201210292108.jpg

201210261225.jpg

今日の夕食とビール、明日の朝食用のパンを購入。
北海道限定っぽい「北の焼きそば」は持ち帰り用に。
お腹が空いたので、鶏五目おにぎり(5個入り)395円を2人で分け、車の中で食べました。

北海道

スーパーアークス桜町店

 〒090-0804 北海道北見市桜町6-2-4

 0157-69-3100

201210261008.jpg

201210260921.jpg

201210260940.jpg

201210260941.jpg

201210260942.jpg

201210260946.jpg

201210260929.jpg

201210260947.jpg

宿泊した壽苑から程近いこちら。
壽苑とツルツルっぷりを比べてみたかったのと、自遊人の温泉パスポートを使える事もあり、立ち寄ってみました。
開業当時からあると言う「竜神の湯」に浸かりたかったのですが、残念ながら掃除中でダメ。
仕方が無いので、新大浴場に向かいます。
源泉の掛け湯口があるのはポイント高し!
広々とした浴室は、窓が大きくとってあり清々しいです。
ツルツル度は...と言うと、やはりニュルニュルの壽苑よりは弱めです。
今回浸かれなかった「竜神の湯」の方が新大浴場よりも濃いと言う事なので、そちらとの浸かり比べをしたかったなぁ~。
とは言え、広々ノビノビとした浴室でつるすべのお湯に浸かれるのはイイものです。
露天はちょうど紅葉が見頃で、更に良い雰囲気!
軽い硫黄臭も感じられ、気持ちイイ湯浴みを楽しみました。

塩別つるつる温泉

塩別つるつる温泉

 単純硫黄泉

 〒091-0163 北海道北見市留辺蘂町滝の湯201

 0157-45-2225

 

入湯料:500円

 

温泉>北海道094

201210260912.jpg

お湯はイイんだけど...、(過度な接客を求めている訳ではありませんが)客応対などに不満を持ったのと、場所柄なのか部屋には虫が異常に多く、蝿とテントウムシとカメムシだらけだったのにも閉口したので、リピートは無いです。
私達にとっては、こちらのお湯は日帰りで利用する方が幸せだったのかも。

北海道

滝の湯湯治温泉 壽苑

 〒091-0163 北海道北見市留辺蘂町滝の湯

 0157-45-2970

201210260833.jpg

以前北海道を訪れた際に初めてようかんパンを食べた時、ロクにパッケージの名前も説明も見ずに買った私は、表面の茶色いコーティングがチョコだと思いこんでいて、一口目に舌に感じた味がチョコとは異なって思わずんん!?とビックリしたのでした。
と言う事で今朝の朝食は、北海道の地菓子パン?ようかんパンにホイップクリームが挟まった、日糧製パンのジャンボようかんロール。程良い甘さがウマー。
ヤマザキのランチパックたまごは、半分ずつ食べました。

北海道

滝の湯湯治温泉 壽苑

 〒091-0163 北海道北見市留辺蘂町滝の湯

 0157-45-2970

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)