モンスターカレンダー

« 2012年10月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012年10月25日アーカイブ

201210252010.jpg

201210252052.jpg

201210252247.jpg

201210252249.jpg

ストーブの点火を待っての夕食。
結局チェックインしてから2時間ほど経ってしまいました。
今日もお寿司。
野菜不足にならないように、枝豆とかぼちゃの煮物をプラス。
おつまみは明太子マヨつな揚げ。サッポロクラシック富良野ビンテージ2012がグイグイ進みます。
デザートは栗粒最中。コーヒーに合う甘さです。
コープで賞味期限近いと言う事で半額になっていたのをまとめ買いをしたので、旅中のデザートはこの最中だけでまかなえそうです。

北海道

滝の湯湯治温泉 壽苑

 〒091-0163 北海道北見市留辺蘂町滝の湯

 0157-45-2970

201210260810.jpg

201210260758.jpg

201210260759.jpg

お湯が良くて再訪しました。
今回は宿泊しての利用でしたので、晩2回、朝1回とたっぷり浸かりました。
ニュルニュルしたお湯の肌触り、軽~い硫黄臭。
体を沈めるとザバーーーーっと溢れるお湯。やっぱりイイですねぇ。
もう1組宿泊されているようで(ってか常連さんっぽい?長期滞在?)朝湯の時にかち合いそうになったのですが、浴室前にスリッパをぬいで置いておられたので、そのスリッパが無くなったのを見計らってかち合わないように利用しました。

北海道

滝の湯湯治温泉 壽苑

 単純硫黄泉

 〒091-0163 北海道北見市留辺蘂町滝の湯

 0157-45-2970

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>北海道087

201210251825.jpg

201210251826.jpg

201210251827.jpg

201210251831.jpg

以前に日帰りで利用して、湯の質にウットリとしたココ。
食事の提供は無く素泊まりのみですが、宿泊料金が安い事もあり泊まりで利用してみる事にしました。
部屋の雰囲気とか(かなり年期の入った部屋だと言う事)はネット情報で見知っていたので納得でした。
が、チェックインの時から、ん?と思う場面アリ。
まず、予約の電話を入れたのは夏だったのですが、宿泊する日も伝えた後で料金を確認した所「2200円です」と言われたので「10月はまだ夏料金扱いなんだな~」と思っていたのに、宿代を払う時に「1人2500円です」と言われた事。
最初から「暖房費込みの冬料金2500円」と言われていれば何も感じなかったのですがね。
次は、チェックイン時に部屋のストーブを宿の人がガチャガチャして「油が回ったら点火しますので」と言われたのに、全然点火するような気配なし。
我慢強く待つもダメ。
ストーブがなきゃ耐えられないほど寒いって訳では無いけれど、「暖房費取られているのだし」と自分達で触ってみるものも、やっぱりダメ。
仕方がないので、宿の人をわざわざ呼びに行って再びガチャガチャ。
同じように「油が回ったら点火しますので」で待つも...。
仕方がないので風呂に入っている間に点火する事を祈りつつ...、お湯から上がって部屋に戻ってもまだダメ。
三度目でこっちもイラッと来ながら呼びに行き、ガチャガチャガチャガチャ...。
こっちも散々待たされて早く食事もしたいし、たいして寒い訳では無いので、(暖房代返してくれればって気持ちも含めながら)「私達は別に暖房無いなら無いでイイですけどね」と言った所「いやいや!こっちは動いてくれないと困る!」と強い口調。
悪気は無いのかも知れないけれど、こちらは一応客な訳だし、早くくつろぎたいのを邪魔されて怒りたいのはこっちなんだけどねぇ。

北海道

滝の湯湯治温泉 壽苑

 〒091-0163 北海道北見市留辺蘂町滝の湯

 0157-45-2970

201210251514.jpg

今日の夕食と明日の朝食、賞味期限近い半額の最中を買い込みました。

北海道

コープさっぽろ神楽店

 〒070-8004 北海道旭川市神楽4条5-1-22

 0166-61-8226

201210251510.jpg

201210251500.jpg

旭川のローカルグルメ?らしいゲソ丼。
今まで食べる機会が無かったのですが、今回近くを通りがかるのでこちらに立ち寄ってみました。
表の貼り紙を見ると木曜日の営業時間が最近変わったらしく、今日の営業は15:00まで。入店したのが14:45頃だったので危ないトコでした。C=(^◇^ ;
「立喰いそば・うどん」となっていますがスツールがあるので落ち着いて食べられます。
先客のオーダー品を作っておられたので、暫しおあずけ。
著名人のサイン(のコピー)などが貼られたディープな雰囲気の店内を観察してみたり。
ツーリングマップルなどで紹介されているので、ライダーのお客さんが多いようです。
さてさて、オーダーしたゲソ丼ミニそばセット(380円+100円)がやって参りました!
片栗粉をまぶしたゲソをフライパンで揚げ焼きしているので、衣は柔らか。中のゲソも柔らかです。
小さめの丼ですが、ご飯もゲソもたっぷり!甘めの醤油ダレで食が進むぅ~...けど片栗粉の衣が結構油を吸っていて、かなりボリューミー。
ミニそばも+100円の割には十分。
ミニラーメンは+200円ですが、他のお客さんが食べているのを見る限り、ミニじゃなくてフルじゃん!ってサイズで、食べ盛りの若者には最適なセットだと思いました。

北海道

立喰いそば・うどん花ちゃん

 〒070-8004 北海道旭川市神楽4条3-2-7

 090-3019-7296

201210251402.jpg

ため得カードでリッター@137.8円、残高値引きが-0.2円で、最終的にリッター@137.6円でした。

北海道

昭和シェル石油モダ石油環状豊岡セルフSS

 〒078-8245 北海道旭川市豊岡15条6-6-17

 0166-38-6200

201210251211.jpg

201210251214.jpg

201210251242.jpg

201210251241.jpg

201210251240.jpg

201210251246.jpg

201210251243.jpg

201210251244.jpg

201210251245.jpg

201210251247.jpg

201210251248.jpg

自遊人のパスポートで、日帰り入浴施設の「神々の湯」が無料で利用できると言う事で初訪問。
もっと和風なのかと思いきや、館内は現代風に改装されたオシャレな雰囲気です。
「神々の湯」の浴室は天井が高く、湿気や熱気がこもっていなくて清々しい!
平日と言う事もあり、同浴は他に1人...で途中からは私1人の独占状態で楽しむ事ができました。
まずは内湯の「正苦味泉」と記載された、透明のお湯が満ちた湯船に浸かってみます。
あ、ぬるくて気持ちイイ~♪お湯がドンドン供給されて、ドバドバ溢れていくのがまたよろし。
湯船の底までキレイに見える、濁りのない澄んだお湯です。
次は内湯の「芒硝泉」へ。
こちらのお湯は軽く濁り、湯船の底に茶色っぽい湯の華が溜まっています。
お湯の投入は少な目で「正苦味泉」よりは少し熱めですが、熱すぎず逆上せにくいお湯です。
少し鉄分を感じ、少しスベッとした感触。
露天風呂のお湯も「芒硝泉」ですが、内湯のお湯と比べると濁りが少し濃いような感じ。
外気に触れて酸化が進んでいるからかも。
内湯の「芒硝泉」と比べお湯の投入量が少し多い気がしたので、暫し露天風呂でまったり。
本館は別源泉利用で、日帰り入浴料金は別途1500円らしいですが、さすがにちょっと高い...。
別館の「神々の湯」利用だけでイイかなーと思いました。

旭川旭岳温泉 湯元 湧駒荘

湯元湧駒荘

 <別館神々の湯内湯1・別館神々の湯露天風呂(芒硝泉)>ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
<別館神々の湯内湯2(正苦味泉)>マグネシウム・カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉

 〒071-1472 北海道上川郡東川町勇駒別

 0166-97-2101

 

入湯料:600円

 

温泉>北海道093

201210251035.jpg

201210251034.jpg

201210251056.jpg

201210251057.jpg

201210251114.jpg

201210251115.jpg

青い池からある場所を探し彷徨った後(目的地はどうも閉鎖していた模様)、次の目的地へ向かう途中に見つけた「ケンとメリーの木」への案内看板。
今までここら辺を通りかかっても、ザ・観光地!ザ・ビュースポット!ってトコには寄った事ないよね~と言う訳で、急遽寄り道。
まずは、ケンとメリーの木へ。
って言っても、ケンメリ愛のスカイラインなんて知らない世代ですわよ!
うんうん、絵になりますなぁ~。
次はマイルドセブンの丘へ。
うん、見たような事があるような無いような。
最後はセブンスターの木。
喫煙している時には見に来なくて、禁煙してから見に来るという。^^;
3カ所どこも良い風景でしたが、この近辺はどこも絵になるって感じでした。

北海道

ケンとメリーの木・マイルドセブンの丘・セブンスターの木

 〒071-0235 北海道上川郡美瑛町白金

 一般社団法人美瑛町観光協会 0166-92-4378

青い池 撮影

| コメント(0) | トラックバック(0)
201210250959.jpg

201210250946.jpg

201210250947.jpg

201210250948.jpg

201210250951.jpg

201210250955.jpg

最近ではMac OS X Mountain Lionの壁紙に採用されて、更に有名になったこちら。
近くの白金温泉に泊まった事だし、折角なので立ち寄ってみました。
平日の午前中と言うこともありそんなに人は多くなく(と言えども結構いたのですが)、ゆっくりと写真を撮ります。
青い池と言うよりは、緑っぽい色に見えました。
前夜までの雨が嘘のようにすっきりと晴れてくれたので、黄色く色づいた木々と青い(緑の)池を美しく...ま、カメラも腕もアレなんで、まぁそこそこに撮れました。
何とも幻想的で素敵な風景でした。

北海道

青い池

 〒071-0235 北海道上川郡美瑛町白金

 びえい白金温泉観光組合 0166-94-3025

201210250927.jpg

201210250929.jpg

201210250930.jpg

白金橋の上から白ひげの滝と、青く見える川(美瑛川<ブルーリバー>)を眺めます。
黄色く染まった木の葉と青い色のコントラストが美しいですね。

北海道

白ひげの滝・青い川

 〒071-0235 北海道上川郡美瑛町白金

 びえい白金温泉観光組合 0166-94-3025

201210250919.jpg

201210250921.jpg

201210250922.jpg

同宿した客が部屋出入りをする際戸の開閉が荒く、その音で何度か目を覚ます場面がありましたが、温泉(お風呂)や部屋、宿泊料金などには満足で、また(空いている時に)リピートしたい宿でした。

北海道

銀瑛荘

 〒071-0235 北海道上川郡美瑛町字白金温泉

 0166-94-3005

銀瑛荘 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201210250815.jpg

201210250817.jpg

201210250818.jpg

201210250819.jpg

201210250820.jpg

201210250825.jpg

朝湯の後には、朝食!
ロバパンのちくわパン!ちくわの中にはツナマヨ入り。
ロバパンのぷりぷりプリンパンは、プリン味のクリームとカラメル風ソースがまさにプリン!
昨晩のデザート用に買った、つぶあん豆大福とおさつあん大福もプラス。
ホットコーヒーと甘いもので満足満足。

北海道

銀瑛荘

 〒071-0235 北海道上川郡美瑛町字白金温泉

 0166-94-3005

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)