モンスターカレンダー

« 2012年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2012年9月アーカイブ

201209232028.jpg

201209232016.jpg

201209252110.jpg

「『えびせんべいの里』があったのは、確か多賀SAだっけなぁ」とのツレの言葉で寄ってみる事にしました。
お~、あったあった!
商品各種が試食OK!ザクザク食べながら選ぶ事ができます。
バリバリと頂いた上で選んだのはやっぱり、お得な「えびせんいろいろ」350gで525円。

近畿

名神高速道路多賀SA(下り線)えびせんべいの里

 〒522-0342 滋賀県犬上郡多賀町大字敏満寺66-36

 0749-48-2278

201209231713.jpg

201209231724.jpg

201209231735.jpg

福井の名物を食べて帰りたいなぁ~と調べて、かつ丼(ソースかつ丼)を食べる事に。
大食漢の私達にピッタリのこのお店を選びました。
かつ丼735円は、薄くて大きなロースかつがドーンと乗った一品。
他の地域の普通のとんかつと比べると厚みが無いので、あまりジューシーと言う感じではありませんが、サクサクしていて軽い口当たり。
ガガーーッと一気に食べたい所ですが、ググッと我慢してかつを残し気味にご飯を平らげる。
残したかつを丼の蓋に乗せて...「ご飯お代わりくださーーい!」。
何とご飯のお代わりを2杯まで頂けるのだ!
「ソースかけますか?かけませんか?」と聞いてくれるので、ソースありで頂きました。
んぁ~満腹満腹ーー。

北陸

とんかつ味処くら

 〒918-8205 福井県福井市北四ツ居1-1-8

 0776-53-6586

201209231655.jpg

201209231652.jpg

201209252109.jpg

17:00まで営業なので、まさに駆け込み入店!
試食品があるので、1品ずつ食べて好みのモノを選びます。
...が、貸し切りバスで来ているバスツアー客が、商品のド真ん前で買い物の相談をしていてチョーうざい!
それを押しのけながら選んだのが、チョコとマシュマロが羽二重の皮に包まれた「白いまい玉」840円ナリ。

北陸

マエダセイカ羽二重餅の古里

 〒910-1121 福井県吉田郡永平寺町松岡吉野35-21-1

 0776-61-2100

201209231320.jpg

201209231322.jpg

201209231409.jpg

201209231328.jpg

201209231412.jpg

201209231330.jpg

201209231331.jpg

201209231332.jpg

普段ならばご縁がない入湯料ですが、自遊人温泉パスポートを使えば半額の500円で利用出来るので、お邪魔してみました。
趣のある佇まいで、コレこそ和って感じです。
女湯の内湯は、サウナの水風呂代わりに使われている、冷たい源泉を満たされた小さめ浴槽と、熱めの大きな浴槽があります。
大きな浴槽の湯口付近は泡だっていましたが、循環+消毒ありの模様。
露天への扉の手前には源泉が出る蛇口があり、小さな洗面台っぽい所にちょうど洗面器が置けるようになっていたので、そこから掛け湯用のお湯を確保しました。
(宿泊の女性客にプレゼントされる、フェイスマスク<源泉パック>を浸す用の蛇口みたいです)
但し源泉そのままの温度?なので結構冷たいです。
女湯の露天風呂は目隠しの壁に囲まれているので景観無し。
外気に触れているからなのか、内湯の熱め浴槽よりは湯温が低かったので、暫しまったり。
かなり濃いめの色の黒湯はトロッとしてスベスベした感触です。
私にとっては内湯の狭い方の冷たいお湯入り浴槽が湯温的に一番好みで、尚かつその浴槽だけはドンドンお湯が溢れていたので、残りの時間はその浴槽にずっと浸かっていました。

深谷温泉 元湯石屋

元湯石屋

 ナトリウム-炭酸水素塩泉

 〒920-0165 石川県金沢市深谷町チ95

 076-258-2133

 

入湯料:1000円

 

温泉>石川019

201209231235.jpg

201209231237.jpg

201209231239.jpg

やっぱココは激安だなぁ。
店頭価格はリッター@137円、10リッター以上給油でスロット回転。最低値引きのミカンで-1円。
都合リッター@136円でした。

北陸

カナショク株式会社砺波市役所前店

 〒939-1371 富山県砺波市栄町5-28

 0763-34-6055

201209231159.jpg

201209231152.jpg

高岡文化の森駐車場に車を停めて、ショップまじまさんにやって参りました。
別名10段ソフトとも呼ばれるソフトクリームは150円とリーズナブル!
10段は...ない感じでしたがボリュームたっぷり。
お味はあっさりしていて、スルスルとアッと言う間に食べ終わっちゃいました。

北陸

ショップまじま

 〒933-0056 富山県高岡市中川1-3-16

 0766-23-3277

201209230913.jpg

201209230839.jpg

201209230840.jpg

201209230952.jpg

201209230956.jpg

朝方から降り続けていた雨も小降りになり、車までの荷物運びも順調に終了。
真夏じゃないので、暑くもなく寒くもなくで良かった。
照明もあるしコンセントもあるし、屋根にはトップライト(天窓)があるから昼間は明るく快適に過ごせるので、またリピートすると思います。

北陸

どやまらんど明日キャンプ場

 〒938-0172 富山県黒部市宇奈月町土山133

 0765-65-1567

201209230852.jpg

朝食は、自宅から持ってきていたしっとりサンドと、昨日の残りのシュークリームを2つずつ。
あ~ホットコーヒーが美味い。

北陸

どやまらんど明日キャンプ場

 〒938-0172 富山県黒部市宇奈月町土山133

 0765-65-1567

201209222107.jpg

デザートは昨晩眠くて食べられなかったかりんとうまんじゅうと、今日買ったシュークリームを1つずつ。
飲み物は冷たく冷やした、ファンタゴールデングレープ。

北陸

どやまらんど明日キャンプ場

 〒938-0172 富山県黒部市宇奈月町土山133

 0765-65-1567

201209221928.jpg

201209221929.jpg

さてさて、夕食タイムです。
まずはドドーンと、紅ズワイガニ1杯598円!1人1杯頂きます。
車に積んでいたハサミやペンチで分解しながら、無口になって黙々と。
かなり水分が出ますが、ミソも詰まっていて、598円なら上出来。
あとは、スーパーに売っている昔亭さんのますの寿司498円の更に20%OFF。
お出汁の中に溶き卵を流して寒天で固めた、富山名物のべっこう。
さんまの竜田揚げと若鶏もも唐揚げも食べて、満腹じゃーーっ。

北陸

どやまらんど明日キャンプ場

 〒938-0172 富山県黒部市宇奈月町土山133

 0765-65-1567

201209221859.jpg

201209221858.jpg

201209221857.jpg

201209221754.jpg

201209221755.jpg

201209221800.jpg

GWに利用して「イイじゃん!」と思ったこちらの温泉。
今回は事前に連絡して予約...と電話したのですが、キャンプ場への到着時間が未定だったので、当日改めてキャンプ場から電話をすると言う事になりました。
で、キャンプ場に着いてから電話をすると「今なら空いてますけど~」「んじゃ、今から行きます!」で徒歩1分。
お風呂は基本貸し切りで、私が利用したのは祝日だったので、日本海(私がGWに利用した内湯と内湯その2がある方)と富山湾(ひのき風呂)のどちらかを選べました。
以前私は日本海を利用したので、今回はひのき風呂の富山湾を利用します。
日本海と比べるとこぢんまりしていますが、2人で利用するなら十分。
日本海と違うな...と感じた点は、日本海の湯口は確か加熱したお湯が投入されるのみだったような気がしますが、富山湾の湯口には加熱源泉蛇口と冷たい源泉そのままが出る蛇口があり、自分の好みの湯温に調節する事が出来る所。
軽く黄色く濁ったヌルヌル感のあるお湯を、自分好みのぬる湯に調整して浸かる事が出来るのはイイっ!!
一部濾過循環有り、塩素消毒有りってのをあまり感じない所がまた良し。
私達にとってはちょうどイイぬるいお湯にして、浸かりっぱなしで約1時間湯浴みを楽しみました。
お湯から上がって、前回利用した時に疑問だった事を店の方に質問してみました。
やはり、以前の明日温泉山荘時代には、バーデン明日と同じ黒部川明日温泉源泉を利用していたのだが、オーナーチェンジ&改装し明日山荘さか栄になった時に、源泉も明日法福寺温泉に変わったとの事でした。
またいつかどやまらんど明日を利用する事があれば、事前予約して利用したいです。

北陸

明日山荘さか栄

 ナトリウム-塩化物泉

 〒938-0172 富山県黒部市宇奈月町土山31

 0765-65-2121

 

入湯料:700円*どやまらんど明日キャンプ場宿泊利用者割引価格500円

 

温泉>富山022

201209221733.jpg

201209221743.jpg

201209221745.jpg

201209221746.jpg

キャンプ場に到着した時間は、ちょうど夕闇迫る時。
暫し夕陽を眺めた後、事務所で手続きをしてチェックイン。
今回は1泊だけなので、6人用バンガロー1棟1泊4200円、寝具(シーツクリーニング代)1組200円×2名分=400円、合計4600円。
普通にビジネスホテルに泊まるよりも安いし、お風呂は無いけれどトイレは完備だし、独立性はあるし。
GWに利用して快適だったので、今回リピート利用となりました。

北陸

どやまらんど明日キャンプ場

 〒938-0172 富山県黒部市宇奈月町土山133

 0765-65-1567

201209221644.jpg

今日はキャンプ場のバンガロー泊なので、夕食の買い出しに。
地方のスーパーは、普段見ない商品があっておもしろい♪

北陸

大阪屋ショップアスカ店

 〒939-0744 富山県下新川郡朝日町平柳688

 0765-83-8810

201209221614.jpg

201209221612.jpg

201209221613.jpg

今まで立ち寄った事がない道の駅なので、試しに寄ってみました。
へええ!北陸道の高架下に建物がすっぽりはまっているんだ!
レストラン、売店は残念ながら興味がある商品が無かったので、お買い上げ無し。
暫し海を眺めた後、出発!

甲信越

道の駅親不知ピアパーク

 〒949-0308 新潟県糸魚川市大字外波903-1

 025-561-7288

JR平岩駅 撮影

| コメント(0) | トラックバック(0)
201209221528.jpg

201209221529.jpg

201209221520.jpg

201209221522.jpg

201209221523.jpg

201209221524.jpg

201209221525.jpg

201209221526.jpg

201209221527.jpg

「通りかかったし、田舎の風景でも撮ろうかね」と立ち寄った所、あと10分程で電車が到着するではないか!
せっかくだから電車を待ちながら、パチリ。
お、電車がやって来ました。
乗降客は1人。
さよ~なら~。

甲信越

JR平岩駅

 〒949-0464 新潟県糸魚川市大字大所字平岩829

 

201209221403.jpg

201209221407.jpg

201209221420.jpg

201209221421.jpg

201209221422.jpg

201209221410.jpg

201209221414.jpg

ノンビリとした田舎の風景の中に、忽然と表れる大規模温泉ホテル。
普段はなかなか利用出来ない入湯料ですが、自遊人の温泉パスポートで半額になるので利用してみました。
畳張りの渡り廊下を進むとお風呂の入口が。
浴室に入ると、床のタイルが湯の成分で茶色く色付き、渋い雰囲気を醸し出しています。
温泉の掛け湯口を用意されている所はポイント高し!
内湯はぬるめのお湯と熱めのお湯、2槽に分けられていますが、私はぬる湯好きなので、そちらにしか浸かりませんでした。
緑褐色のお湯がドンドン投入され溢れ出て、何とも気持ちがイイ~。
こういう雰囲気のお宿だと大抵循環+塩素ってのがセットになっていますが、掛け流しを楽しめるのは素晴らしい。
さて続いては露天風呂へ。
ゴツゴツとした巨岩を組んで造られた、ダイナミックな露天風呂です。
湯の成分で岩がしっかり茶色に染まっています。
日差しが少し強い日でしたが外気はひんやりしていたので、内湯で温まった体を冷やすのにも最適なスペースでした。
私達が利用したのは、日帰り入浴開始時間の14:00直後だったのですが、受付の時に「男湯の露天風呂は掃除直後でまだお湯が溜まっていないのですが、宜しいでしょうか?」と断りを入れられました。
内湯も露天も利用したい場合は念のため、もう少し遅い時間に利用した方がイイかも。
ロビーの囲炉裏でこんにゃくを振る舞われるようですが、その開始時間が15:30かららしいので(恐らくチェックイン時間に合わせているのでしょう)、それも含めて14:00よりもちょい後利用が吉かな。 

姫川温泉 ホテル国富翠泉閣

ホテル國富翠泉閣

 ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒949-0464 新潟県糸魚川市大字大所885-1

 025-557-2000

 

入湯料:1000円

 

温泉>新潟046

201209221236.jpg

201209221250.jpg

201209221248.jpg

201209221242.jpg

201209221245.jpg

201209221249.jpg

細い道をえっちらおっちら。一方通行だから安心かと思いきや、細い道に入ったすぐのカーブで関係者の軽トラ?とかち合ってビックリしたけれど。
到着した時は結構車が停まっていて、皆さんえっちらおっちら来たのねーと感心。
入ってすぐの所には、蒸しおやきとお蕎麦を頂けるお食事処がありますが、私の目的は焼きおやきなので、渡り廊下を進み囲炉裏のある別棟の竪穴住居へ。
駐車場に停まっている車の台数を考えると混んでいるかな~と思いきや、囲炉裏には2人連れが1組だけ。
囲炉裏に並んだおやきも...かなり少な目です。^^;
本日の焼きおやきは、野沢菜となす。1個ずつ頂きます。1個170円ナリ。
お味噌汁はセルフサービスで、1人1杯頂けます。
お茶は各テーブルに用意してありました。
いただきま~っす♪まずは野沢菜から。ギッシリと具が詰まって美味い!
2個目はなす。なすが油を吸っているのでちょっと脂っこいけどこちらもなかなか。
アクセスがなかなか大変ですが、たまにはこういうのもイイよね。

甲信越

小川の庄おやき村

 〒381-3302 長野県上水内郡小川村高府2876

 026-269-3760

201209220929.jpg

狭いけど安いし、寝るだけなら文句なし。
駐車場代がかからないのもポイントが高いので、また松本に宿泊する機会があれば利用するかな。

スマイルホテル松本

スマイルホテル松本

 〒390-0812 長野県松本市県1-1-1

 0263-35-5175

201209220818.jpg

201209220819.jpg

201209220829.jpg

朝食は6:30~9:30(だったと思う)で、丸正製パン(MaruShoパン工房)のパン数種、飲み物はサーバーに入ったホットコーヒーや紙コップ式自販機の100円商品がフリーになっており、自由に飲む事ができます。
美味しいパンなので、モリモリ頂きました。

スマイルホテル松本

スマイルホテル松本

 〒390-0812 長野県松本市県1-1-1

 0263-35-5175

201209212026.jpg

201209212038.jpg

晩酌したら、あーーっという間に酔っぱらっちゃった~と言うか激眠。
廊下で騒ぐグループ客の声が部屋の中まで聞こえてきて閉口しましたが、それにも負けずに飲んだら寝るっ!

スマイルホテル松本

スマイルホテル松本

 〒390-0812 長野県松本市県1-1-1

 0263-35-5175

201209211955.jpg

201209211919.jpg

201209211932.jpg

201209211936.jpg

201209211947.jpg

ホテルの近くに美味しそうな店があると下調べしていたので、テクテクと徒歩にてお店まで。
フツーーの町の中華屋さんと言った感じですが、小澤征爾さんがサイトウ・キネン・フェスティバル松本の際に来店されるらしく、毎年分のサインがズラリ。
お値段もお手頃。お腹が空いているので定食を頂きます。
辛味レバーとニンニクの芽炒め定食850円と、
エビとトマト玉子定食800円ナリ。
辛味レバーとニンニクの芽炒めはしっかりした味付けで、白ご飯のおかずにぴったりと言う感じですが、全般的には上品な薄味。
かき玉スープはかなり薄味できゅうりの千切りが入っていました。
他のテーブルに運ばれていくチャーハンが美味しそう♪と言う事で、五目チャーハンもオーダー。700円なり。
こちらもウマウマ~~♪
お会計の際に消費税をプラスされて、メニューの価格と違ったのはアレですが。^^;

甲信越

中華料理美味屋

 〒390-0812 長野県松本市県1-5-4

 090-4153-5094

201209211855.jpg

201209211900.jpg

201209220754.jpg

かなり無理のあるレイアウトですが、ベッドは別だし、安いからOK!
バストイレも狭いけど、温泉に入ってきたからお風呂は使わないしOKOK!!

スマイルホテル松本

スマイルホテル松本

 〒390-0812 長野県松本市県1-1-1

 0263-35-5175

201209211751.jpg

201209211754.jpg

201209211756.jpg

201209211757.jpg

201209211758.jpg

201209211809.jpg

普段なら躊躇する入湯料の温泉でも、利用する機会ができるのが、自遊人温泉パスポートの良い所。
と言う事で私にとっては高級なこちらへお邪魔してみました。
内湯はカルキ臭が籠もっていたので、小さいジャグジーには入らず大きい湯船にもチャプンと浸かっただけで、露天へ向かいます。
露天も塩素を使用しているようですが、外気にさらされているからか臭いは気にならず、湯温もぬるめで適温。
内湯は循環のようですが、露天は完全掛け流しらしいです。塩素は入っていますが。
お湯自体に何かしらの特徴を感じる事はできませんでしたが、時々湯船の外のベンチで体を冷まし、お月見をしながらゆっくり利用させてもらいました。
私が浸かっている間は貸し切り状態でしたが、服を着終わった頃にちょうど団体さん達がドドッと乱入。
かなり姦しい中国系の団体さんだったので、かち合わなくて良かった~と胸を撫で下ろしました。

浅間温泉 静保庵ホテル小柳 蔵のある宿

静保庵小柳

 アルカリ性単純泉

 〒390-0303 長野県松本市浅間温泉3-13-1

 0263-46-0500

 

入湯料:1000円

 

温泉>長野106

201209211622.jpg

今晩は食べ物屋さんに食べに行く予定なので、買い出しはアルコールとおつまみ。
あとは持ち帰り用のワインも買いました。

甲信越

ツルヤなぎさ店

 〒390-0841 長野県松本市渚1-7-1

 0263-29-4611

201209211608.jpg

201209211609.jpg

店頭価格はリッター@146円。
エネオスカード会員価格はいくらだろー?給油機の所に表示がないなぁ~。同額なのかな~ととりあえず給油。
精算は事務所内なので精算してみたら...なんとリッター@141円!!
やっすぅ~~~~!!

甲信越

ENEOSサンリン松本エネルギー株式会社松本インターSS

 〒390-0852 長野県松本市島立2109-1

 0263-48-3546

201209211504.jpg

201209211409.jpg

201209211428.jpg

201209211431.jpg

201209211432.jpg

201209211435.jpg

201209211436.jpg

今まで散々高山市~松本市を行き来した事も、国道158号線を利用した事もあるのに、この温泉はなかなか利用する機会がありませんでしたが、今回自遊人の温泉パスポートを使ってやっと入浴させてもらいました。
まずは内湯に。
湯船から蕩々とお湯が溢れていて、イイ感じ。
湯口付近は湯溜まりがあり、そこから掛け湯用のお湯をすくい取る事もできてGood!
白色、灰白色の湯の華が、透明のお湯にモラモラ漂っています。
内湯のお湯は、源泉温度が高温の為、給湯用熱交換器→暖房用熱交換器経由の後、山の湧き水で加水しているとの事。その加水率は30~40%らしいです。
これが源泉100%だったらどんな肌触りになるんだろう~と少し興味が湧いてきました。
露天風呂には洗い場が無いので、体や髪の毛を洗うなら内湯で。
余談ですが、こちらのシャンプー・リンス・ボディソープが黒糖とハチミツを使ったモノで、髪の毛に甘~い匂いが。
美味しそうな匂いをさせながら一度服を着て、次は露天へ移動します。
男湯の方は眺めが良さそうですが、すぐ前に道路がある為、女湯はしっかり目隠しされていて、景観を楽しむと言う感じではありません。
お湯の感じは、何となく内湯より薄いような...。
露天風呂では熱交換器を経由せずに温度調節器により加水していて、内湯の溢れ湯を露天風呂の底面に注入している場合があるそうなので、そこらへんも関係しているのかな。
露天の底には小石が敷いてあるので、足ツボを刺激されて、不健康な私にとってはちょっと痛かったです。^^;

甲信越

坂巻温泉旅館

 ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

 〒390-1520 長野県松本市安曇4460

 0263-95-2453

 

入湯料:500円

 

温泉>長野105

201209211238.jpg

201209211316.jpg

201209211241.jpg

201209211246.jpg

201209211249.jpg

201209211251.jpg

白骨温泉には何度か訪れていますが、こちらは、自遊人温泉パスポートで今回初めて利用させて頂きます。
良い雰囲気の館内を進み、浴室へ。
うわ~!お風呂の雰囲気は更に良い!!
大きな窓が開け放たれ、まるで半露天。
窓の外の緑がすぐそこに感じられ、お湯に浸かりながら森林浴気分を楽しめます。
青白い湯に写る、窓の外の緑...。
そしてこちらのお風呂の素晴らしい所は、析出物で形作られた白い湯船。
原型がわからないほどに、析出物が新たな命を湯船に吹き込んでいます。
この波打つ曲線、美しすぎる白い色。色気を感じる湯船です。
外の緑を、素晴らしい湯船や建物を、そして青白いお湯を目で楽しみながらお湯に体を沈めて...はぁ~至福の時。
こういうお宿はやはり、宿泊してゆっくり楽しむのが良いのでしょうね。

甲信越

小梨の湯笹屋

 含硫黄-カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉

 〒390-1520 長野県松本市安曇4182-1

 0263-93-2132

 

入湯料:600円

 

温泉>長野003

201209211133.jpg

前回利用した時に、内湯のアワアワっぷりに感動したこちら。
今回は、混浴露天風呂は完全パスして内湯のみに浸かろうとやって来ました。
日帰り受付で自遊人温泉パスポートに印を頂いて...。
随所に「コレより先はカメラ、カメラ付き携帯持ち込み・撮影禁止」の貼り紙があります。
入口だけでなく脱衣室や浴室の入口など何カ所にも貼り紙があったので、余程マナーの悪い人が多かったのでしょう。
何はともあれ、内湯へ直行!
んは~~♪源泉そのままのぬる湯、サイコー!
アワアワがみっちりと肌に付着してきて、フワフワ、シュワシュワ...。
混浴露天風呂はそれなりに混んでいたようですが、内湯はそれほど混んでいなかったので、まったり微睡みながら湯浴みを楽しみます。
何と言っても浸かりっぱなしでいられるこの湯温がたまりませんなぁ~♪
貧乏旅行ばかりの私達だけど、いつかは宿泊してこのお湯に浸かり続けてみたいなぁ~。

白骨の名湯 泡の湯

泡の湯旅館

 含硫黄-カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉

 〒390-1515 長野県松本市安曇白骨4181

 0263-93-2101

 

入湯料:800円

 

温泉>長野003

201209210916.jpg

201209210840.jpg

201209210842.jpg

201209210841.jpg

201209210846.jpg

201209210847.jpg

201209210848.jpg

201209210845.jpg

濁河温泉に訪れるのは...なんと14年ぶり!
前回は市営露天風呂(当時は町営露天風呂)利用でしたが、今回は自遊人の温泉パスポートでこちらを利用させて頂きました。
内湯の床はすのこ張りで、足触りがイイ~。
湯船も湯口も、灰褐色の析出物でこってりコーティングされています!
まずは内湯に...と掛け湯をした所、アチチッ!
湯もみをして浸かろうと試みましたが、私には熱くて無理でした。;;
水で埋めてまで浸かるのは勿体ないので、露天へ出てみます。
こちらは床に析出物が固まっていて色づいています。
露天風呂は外気に触れやすいからなのか、はたまた朝方の雨で薄まったのか、浸かれる湯温でホッ。
軽く濁った褐色のお湯は、鉄分を感じる事ができますが、トゲトゲせずマイルドな肌触りです。
湯口付近の壁に張り付いた析出物は、かなりトゲトゲで素晴らしい造形。
お湯から出て火照った体を冷ましながら暫し惚ける...。のんびり。
露天の壁の外には、源泉の滝が迫力満点の景観を作っていました。

御嶽山濁河温泉 ひゅって森の仲間

ひゅって森の仲間

 ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩泉・炭酸水素塩泉

 〒509-3111 岐阜県下呂市小坂町落合2376-1

 0576-62-3911

 

入湯料:500円

 

温泉>岐阜005

201209210716.jpg

201209210703.jpg

201209210717.jpg

201209210725.jpg

朝方から雨がしとしと降ってきて、肌寒くなってきました。
天気が悪い中、シルバー人材センターのおばちゃん達が早朝からお掃除に。働き者ですねぇ。
小腹が減ったけど、レストランが開くまではまだまだ。って事でカップラーメンをずるずる~っ。

東海

道の駅ひだ朝日村

 〒509-3325 岐阜県高山市朝日町万石150

 0577-55-3777

201209210112.jpg

201209210134.jpg

201209210140.jpg

『ここをキャンプ地とする!』
って事で、ぷはーっと1本。
ほろ酔い気分でとりあえず仮眠!

東海

道の駅ひだ朝日村

 〒509-3325 岐阜県高山市朝日町万石150

 0577-55-3777

201209210038.jpg

201209210039.jpg

gogo.gsで調べる限り、高山で24時間営業のガソリンスタンドはココだけ。
看板の価格表示もgogo.gsで調べた通り、リッター@149円と思ったら...!!
0:00から+2円ですと!?
リッター@151円だったら、ひるがの高原SAと同じじゃん!
ひるがの高原SAより高くなくて良かったけど、他に深夜営業するガソリンスタンドが無いから足元見ている感じで、イイ気はしなかったなぁ。

東海

コスモ石油株式会社山善商店ビッグキャップ高山SS

 〒506-0052 岐阜県高山市下岡本町2948-4

 0577-36-1120

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)