モンスターカレンダー

« 2011年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2011年11月16日アーカイブ

高東旅館 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111161931.jpg

昨日買った大きめキャベツ半玉、今日買った鶏肉と油揚げを入れた鍋物。
野菜中心なのでヘルシー。
材料の旨味を吸った油揚げがなかなかGood♪

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

高東旅館 おやつ

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111161444.jpg

201111161445.jpg

ウジエスーパーで見かけて美味しそうだった、伊達な牛タンメンチカツ。
158円と高めだったけど買ってみました。
粗めに刻んだ牛タンは、目で確認出来る程の量で結構食べ応えがありました。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

201111161427.jpg

今日の夕食は自炊で鍋~。
材料を購入しました。

東北

ウジエスーパー鳴子店

 〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷159-1

 0229-82-2366

鳴子峡 撮影

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111161356.jpg

201111161345.jpg

201111161347.jpg

201111161348.jpg

201111161351.jpg

201111161352.jpg

もう紅葉のピークを過ぎているのはわかっていたのですが、折角の良い天気なので、鳴子峡まで足を伸ばしてみました。
広い絵で見ると色づきは盛りを越えた感じでしたが、狭い範囲で見るとなかなかキレイ。

201111161253.jpg

201111161255.jpg

201111161256.jpg

餅処深瀬で買った栗だんごを開封。
まるで煮こごりのような、かためのみたらし餡がたっぷり!
だんごと言いつつ、大きさは小振りの饅頭位の大きさです。
カプッとかぶりつくと、外の餅は柔らか~。
中の栗は甘さ控えめで、ホクホクした栗本来の味わいを楽しめます。
思ったほどみたらし餡がどぎつい味で無いので、パクパクっと2個食べられました。
でもさすがに3個は無理なので、各々1個ずつは冷めるのが勿体ないけど次に置いておく事にしました。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

餅処深瀬 買い物

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111161235.jpg

201111161240.jpg

鳴子周辺の名物である栗だんご。
特にこちらのお店の栗だんごが美味しそうだったので、今回立ち寄りました。
店内でも、お茶とお漬物と共に頂く事が出来るようなのですが、今回は6個入りの持ち帰り用735円を購入します
お店の奥でできたての温かいだんごを包んでくれたようで、受け取った時もほんのりあたたかい!
宿に帰って食べるのが楽しみです。

東北

餅処深瀬

 〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元24-2

 0229-83-2146

201111161230.jpg

201111161127.jpg

201111161136.jpg

201111161154.jpg

201111161155.jpg

201111161212.jpg

201111161214.jpg

201111161231.jpg

こちらは入湯料が300円とお安いのに、2つの源泉を楽しめる!
その上湯めぐりチケットを使えば、シールは何と1枚。200円換算で浸かる事ができます。
私達が訪れた時には、混浴浴室は宿泊しているおじいさんが使われているとの事で、「お先に芒硝泉の方どうぞ~」と女将さんにお声を掛けて頂きました。
私としては混浴もあまり気になりませんが、ゆっくり浸かっていらっしゃるおじいさんに悪いので、女将さんのお言葉通り、まずは男女別の芒硝泉へ。
小振りの浴槽には、蕩々と澄んだお湯が注がれています。
湯の表面には、油膜のようなモノも見受けられます。
温度は私的には熱めで、浸かっているとジワジワ来ますが、耐えられないと言う感じではありません。
湯の中をワッシャワッシャと舞っている茶色い湯の華を見ながら、スベスベした感触のお湯に1人静かに浸かる...。
何だか贅沢な気分です。
おじいさんが上がられたようなので、次は硫黄泉の混浴浴室に向かいます。
ガタピシと立て付けの悪い引き戸を開けると、これまた硫黄により風化した、迫力満点の浴室が。
大きめの浴槽からは、青みがかった灰白濁湯が静かに溢れています。
湯の温度はちょうど良く、ゆっくり浸かっていられる温度です。
体を沈めると、洗い場がひととき洪水状態。
硫黄臭のある灰白濁のお湯には、黒い湯の華がチラホラと見受けられます。
肌にしっとりとまとわりつくような、やさしい肌触りが何とも気持ちイイ。
かなりボロ...で迫力ある浴室ですが、析出物の育っている様などを見ながら、湯浴みを楽しませてもらいました。

東北

東川原湯旅館

 <混浴風呂、家族風呂>含硫黄-ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉

 <男子浴室、女子浴室>ナトリウム-カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉

 〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉河原湯42-1

 0229-83-3024

 

入湯料:300円

 

温泉>宮城002

201111161119.jpg

201111171014.jpg

鳴子温泉駅の構内にある鳴子観光・旅館案内センターに、湯めぐりチケットを買いに来ました。
湯めぐりチケット1枚につき6枚のシールが付いていて1200円。つまりはシール1枚分が200円。
施設によっては普通に入湯料を払うよりシール利用の方がお得なのと、湯めぐりチケットを複数人数で分け合って使う事が可能なので、今回購入する事にした次第。

東北

鳴子観光・旅館案内センター

 〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元2-1

 0229-83-3441

高東旅館 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111160950.jpg

朝ご飯はふんわり食パンにブルーベリージャムを載っけて。
飲み物はモチロン、ドリップのホットコーヒー。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)