モンスターカレンダー

« 2011年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2011年11月アーカイブ

201111210547.jpg

いつもなら車両甲板の開放は着岸前で、着岸した途端に車が出せる状態なのに、今回は時化だから徒歩客をあらかた降ろしてから車両甲板を開放すると。
...団体客の捌きが大変だから、車両甲板の開放遅らせて居るんじゃない?と邪推したくなる。
結局船から出られたのは、到着から約20分後。
始業に間に合うように帰らなきゃいけないのに、このタイムロスは辛かったです。

北陸

敦賀港フェリーターミナル

 〒914-0274 福井県敦賀市鞠山95-4

 0770-23-2222

201111210449.jpg

昨晩は佐渡島を抜けたあたりから、うねってうねって尋常じゃない揺れ。
酔わないように寝に徹しようと思ったら、ベッドのスプリングがへたってボコボコしていて、腰やら何やら痛くて安眠出来ない。
団体客のじじばば達は部屋のドアを開けっぱなしで騒ぐわ、部屋の外にしかトイレがないから、部屋からの人の出入りがある度に何処かでドアがバッターンと閉まる音が響くわ。
今まで良い印象を持っていた新日本海フェリーの印象が、一気にダウンした一晩でした。
って事で目覚ましの1杯。

201111201639.jpg

船が佐渡島を抜けてしまうと、揺れがハンパじゃなくなる模様。
なのでさっさと夕食~。
タレかつ丼、なかなか美味しかった。

201111201627.jpg

201111201631.jpg

201111201632.jpg

201111201634.jpg

天気が悪いのに、お見送りしてくれた係員さん達ありがとう。
新潟の街、さようなら。

201111201556.jpg

201111201553.jpg

団体客達優先の新日本海フェリーさん。
予約開始初日営業時間に合わせて予約しに行ったのに、新潟~敦賀の1等船室が満室と。
文句を言ってやっと部屋は取れましたが、いつも使っている1等和室ではなく、今回初体験のインサイド1等ツイン。
太平洋フェリーのツインと比べてベッド幅が狭い気がするし、部屋の中にトイレが付いていないし。
いつも取れる1等和室であれば、トイレが付いていなくても文句も出ないのですが。

201111201511.jpg

201111201518.jpg

201111201512.jpg

201111201514.jpg

前回のバタバタ到着と違い、今回は余裕を持って到着。
私達が乗るフェリーもまだ接岸していません。
乗船までまだ時間があるので、ターミナル近辺をうろついていたら「関西地方へ紅葉を見る旅」な団体客の観光バスが何台も(5台?6台?)停まっていてげんなり。
時間が迫りターミナル内に移動すると、大騒ぎする団体客だらけでもうウンザリ。
その上時化予告の貼り紙まで。;;

甲信越

新潟港フェリーターミナル

 〒950-0044 新潟県新潟市東区古湊町2-20

 025-273-2171

201111201245.jpg

フェリーの中で食べる用の夕食を購入。
新潟タレかつ丼なんてのがあったので1個買ってみました。

甲信越

イオン新潟店

 〒950-2002 新潟県新潟市西区青山2-5-1

 025-231-9111

201111201201.jpg

201111201209.jpg

201111201223.jpg

新潟と言えばやっぱりへぎそば!
今回もサクッと食べて帰りましょう。
ちょうど12:00頃お店に着いたところ、既に数組の順番待ち。
でも着席して出てきたら食べるのは早い私達です。^^;
へぎ2人前で1800円。
前回に食べたわたやさんよりはへぎそば独特のヌルツル感を感じられて美味しかった!
しかし、昔ながらの和辛子付きへぎそばではなく、わさび付きのへぎそばだったのが少し残念かな。

甲信越

越後十日町小嶋屋新潟店

 〒950-0962 新潟県新潟市中央区網川原1-21-8

 025-283-3104

201111201046.jpg

201111201054.jpg

201111201055.jpg

201111211928.jpg

201111201112.jpg

201111201113.jpg

201111201126.jpg

新潟で何か面白そうな施設はないかな~と思って見つけたココ。
観光バスも結構停まっていて、メジャーな観光施設なんですねぇ。
まずはせんべい作りが見学出来る、工場の棟に行ってみました。
タイミング良くちょうど説明を始められた所で、焼きたての素焼きせんべいもたべさせて貰えました。
素焼きのせんべいは素朴な味わいで美味しい!
料金を払えば、手焼きのせんべい体験などが出来るようですが、お子さまだらけだったのと時間の関係でパス。
おみやげ屋の棟へ移動してみます。
おみやげ屋には、アウトレットの徳用おせんべいが4袋で1000円!
他にもばかうけのいろんな味のモノが売っていたので、ココ新潟せんべい王国限定のモノの中で一番味が好みだった塩引鮭風味のばかうけ1袋400円も購入。
買い物の後は飲食コーナーで、狙っていたモノを食べます。
私はせんべいソフト400円!ソフトクリームとせんべいをサンドし、特製醤油をかけたオリジナルスウィーツだそうで、せんべいとソフトクリームが意外と合う!
ツレはせんべいソフト・チョコ&柿の種400円。柿の種をソフトクリームでサンドし、さらにその上にチョコレートソースと柿の種をかけた新感覚スウィーツとの事でしたが、ソフトクリームと柿の種はあまり融合しないと言うか何というか。各々主張し合う感じなので、混ざり合って美味しかったのはノーマルのせんべいソフトかな。
最後にはばかうけ稲荷で、今後もますます美味しいおせんべいに出会えるようお祈りをしました。

甲信越

新潟せんべい王国

 〒950-3134 新潟県新潟市北区新崎2661

 025-259-0161

201111201023.jpg

通常価格は@139円ですが、お店の会員カードを作って頂きリッター@134円で給油する事が出来ました。

甲信越

ENEOS株式会社ジェイ・クエストJ-Quest豊栄店

 〒950-3321 新潟県新潟市北区葛塚3077-1

 025-384-5975

201111200943.jpg

素泊まり1人3100円+消費税155円+入湯税150円=3405円。
テレビは2時間100円のコイン式。
暖房やお米など、借りたいモノや受けたいサービスがあれば料金が加算されていく仕組みで明瞭。
今回のようにお隣が居ないなど空いていればとても快適なので、またリピしたいかも。

甲信越

浪花屋旅館

 〒959-2338 新潟県新発田市月岡温泉609-7

 0254-32-2010

浪花屋旅館 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111200857.jpg

朝食はブルーベリージャムを塗った食パンとホットコーヒー。
そしてお着き菓子として置いてあった月岡煎餅を頂きました。

甲信越

浪花屋旅館

 〒959-2338 新潟県新発田市月岡温泉609-7

 0254-32-2010

201111200832.jpg

201111200804.jpg

201111192113.jpg

月岡温泉は以前さかえ館を利用した事があり、掛け流しの気持ち良い湯を堪能したのですが、この浪花屋旅館も掛け流しで、さかえ館と違う源泉を使っていると言う事で利用してみました。
意外と大きい?浴槽に(男湯と見比べると珍しく女湯の方が広かった!)エメラルドグリーンのキレイなお湯が掛け流されています。
湯の表面には油膜のようなモノが見受けられ、硫黄臭がプーンと香ってたまらな~い!
以前さかえ館でも飲泉した事があるので味は想像できていましたが、改めて飲泉するとやっぱりにがーーーーい!!
良泉口に苦しです。
お湯がちょっと熱めなので、時々窓の隙間から冷気を浴びてクールダウン。
出たり入ったりを繰り返し、耐えきれなくなったらお部屋に戻ってグンニョリ。
こういうお湯は、日帰りより宿泊して短い入浴時間を何度か楽しむ...ってのがイイですね。
結局晩3回、朝1回入浴して、体が硫黄臭まみれになりました。
余談なのですが、こちらにチェックインする前に浸かった温泉が鉄分多めの温泉で、その成分がタオルにしっかり残っていたらしく、こちらのお湯を汲んだ洗面器にタオルを浸したところタオルが変色していき、白いタオルがアッと言う間にグレーに!
鉄分を酸化させる硫黄泉のパワーを実感しました。

甲信越

浪花屋旅館

 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉

 〒959-2338 新潟県新発田市月岡温泉609-7

 0254-32-2010

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>新潟011

201111191834.jpg

201111191908.jpg

一番搾りとれたてホップのお供に、スーパーで買ったお惣菜達。
氏家鯉店で鯉のあらいを買った時に多めに付けてもらった辛子酢味噌を置いておいたので、サラダにかけて頂きました。
お惣菜を食べ終わったら、今度は金麦&ドリトス。

甲信越

浪花屋旅館

 〒959-2338 新潟県新発田市月岡温泉609-7

 0254-32-2010

201111191739.jpg

201111191825.jpg

201111191712.jpg

寄り道をしているうちに、すっかり暗くなってしまいました。
今日は湯治素泊まりで安く泊まらせてもらいます。
お部屋は広々8畳間。
部屋を出てすぐの所に共用の流し台がありますが、この棟に泊まっているのは私達だけらしいので、実質私達用。
トイレも共同トイレですが、同じく今日は私達だけ用。
自炊宿泊なので暖房器具使用は別料金なのですが、気温が高かったのでそれも必要なしで経済的♪

甲信越

浪花屋旅館

 〒959-2338 新潟県新発田市月岡温泉609-7

 0254-32-2010

201111191344.jpg

201111211929.jpg

今日は素泊まりなので、夕食をこちらで確保!
お惣菜やおにぎり、ペットボトルのお茶、そして今まで見た事がない「濃い味の上善如水」を持ち帰り用に買いました。

甲信越

イオン新発田店

 〒957-0061 新潟県新発田市住吉町5-11-5

 0254-21-7500

201111191434.jpg

201111191411.jpg

201111191412.jpg

201111191405.jpg

201111191433.jpg

201111191432.jpg

前から食べたかった、新潟のソウルフード?イタリアン。
と言いつつ、ベーシックなイタリアンではなく、私は鶏そぼろイタリアン・420円が割引価格で380円、ツレはマーボ豆腐イタリアン420円が割引価格で380円。
味の濃いアン?タレ?の下に隠れている麺はほんのりソース味。
一口食べた時にはアン?タレ?の味しか感じないのですが、食べ進め噛み進めるうちに、ソースの味が台頭してきます。
かなりB級なグルメですが、嫌いじゃありません。
お互いのものを半分ずつ食べ合ったのですが、お互いが各々選んだ方が好みだと言う結論に。
商品を買うと来年の2月末まで使える割引券を貰えたので、食後はソフトクリーム♪
170円のソフトクリームが50円引きの120円。
私は抹茶いちごソフト、ツレは抹茶チョコソフトを食べました。

甲信越

みかづきイオン新発田店

 〒957-0061 新潟県新発田市住吉町5-11-5

 0254-23-5567

201111191256.jpg

201111191255.jpg

201111191252.jpg

201111191253.jpg

ちょっと小腹が減ったので、道の駅に立ち寄ってみました。
敷地内には別棟で温泉施設があり、そちらからこのちぐらの建物の表までお湯が引いてあって、足湯がありました。
ただ雨が降っていたし時間もそんなになかったので、足湯は利用しませんでした。
店内をブラブラ~っと見て回りましたが、結局は表にある玉こんにゃくが美味しそうなので頂きました。1本100円なり。

甲信越

道の駅関川

 〒959-3264 新潟県岩船郡関川村上関1252-1

 0254-64-3311

201111191207.jpg

201111191201.jpg

201111191154.jpg

201111191155.jpg

201111191142.jpg

もう少し鄙びた宿なのかなーと想像していたのですが、思ったより立派な建物の温泉です。
入湯料の500円を払おうとしたら、女将さん?らしき人が「今日は檜大浴場は使えませんが」「400円です」との事。
天然水わかし湯の檜大浴場が利用できなかったから100円引きだったのかな~?であればラッキー♪
もし利用できたとしても、檜大浴場はパスしようと思っていたから。
と言う事でいそいそと源泉を使った温泉浴場へ。
先客は1人だけ。人が多くなくて良かった~。
と言うのも浴室自体凄く小さく、洗い場はモチロン湯船もかなりカワイイサイズだったので。
お湯は温めで薄緑褐色。
鉄分が多めのようで、湯船周りや洗い場が茶色く染まっています。
炭酸泉ですが体に泡が付着するなどの泡感はあまりありません。
しかし、注がれている湯からなのか、炭酸臭っぽいものは感じました。
ぬるめにじっくり、浸かりっぱなしでも大丈夫なのは、温湯好きの私にとって好都合。
先客が出た後は、ひたすらボーっと浸かり続けました。

東北

三好荘

 含鉄・二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

 〒999-1522 山形県西置賜郡小国町大字小玉川715

 0238-64-2220

 

入湯料:500円(※私が利用した時は天然水わかし湯の檜大浴場が利用できなかったからなのか400円でした)

 

温泉>山形008

201111190929.jpg

お湯は良いし、他のお客さんが居なかったので静かだし、お布団も悪くはないし、ご飯もお腹いっぱい頂いたので概ねは満足なのですが、お掃除だけが...惜しい。
1泊2食で1人6500円でした。

東北

滝の湯旅館

 〒992-0775 山形県西置賜郡白鷹町黒鴨403

 0238-85-1135

滝の湯旅館 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111190806.jpg

鮭、温泉卵、帆立黄金?、納豆、味付け海苔、メンマ、漬物、みそ汁、ご飯。
そして梅干しは、昔ながらの遊びのない、ご飯が進みまくる梅干し。
前泊まった新庄温泉の梅干しも遊びのない梅干しだったし、山形の梅干しは、遊びのないしょっぱい梅干しが多いのかしら。
朝からガッツリ、頂きました。

東北

滝の湯旅館

 〒992-0775 山形県西置賜郡白鷹町黒鴨403

 0238-85-1135

201111181952.jpg

201111182001.jpg

201111182042.jpg

一番搾りとれたてホップと釜揚げしらす。
一番搾りとれたてホップと笹かまぼこ。
デザートは重ねDolceマロン&カスタードをホットコーヒーと共に。
クリーム、バニラカスタード、モンブラン風マロン、一番底にはカシスソース。
カスタードとカシスソースの酸味が混ざり合う感じが新感覚で結構いける。

東北

滝の湯旅館

 〒992-0775 山形県西置賜郡白鷹町黒鴨403

 0238-85-1135

滝の湯旅館 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111181806.jpg

201111181758.jpg

201111181759.jpg

201111181800.jpg

201111181801.jpg

201111181802.jpg

201111181803.jpg

201111181804.jpg

201111181805.jpg

201111181807.jpg

201111181808.jpg

さてさて、お楽しみの夕食です。
意外なほど品数豊富!
まずは鯉のうま煮。卵がブリブリたっぷりで美味しかったぁ~。
お刺身は鯉のあらいじゃなくて、ちょっと残念。
里芋やこんにゃく、鶏肉、にんじんなどがゴロゴロ入った煮物。
春雨の酢の物。
蕗はちょっと味が濃かった。
マカロニサラダ、かわいらしい量。
ほうれん草の白和え?すごく甘い。胡桃か何かで和えてあったのかな。
わらびも蕗と同様に味が濃いめ。
おみそ汁にご飯、漬物。
お腹が空いていたのでガツガツがっついて、小振りの炊飯器のご飯を平らげました。

東北

滝の湯旅館

 〒992-0775 山形県西置賜郡白鷹町黒鴨403

 0238-85-1135

201111181643.jpg

201111181621.jpg

201111181622.jpg

201111190734.jpg

こちらは鉱泉なので、ある程度加温する事が必要です。
こちらに宿泊する日の夕方前に携帯に連絡を頂いたのは、恐らくお風呂の沸かし時間の都合もあったからでしょう。
チェックインしてひといきついてから、いよいよお風呂へ。
私達が泊まった日は、宿泊客は私達だけだったので、男湯のみにお湯が張ってありました。
鉱泉ならではの風呂蓋を上げて手を浸けてみると、かなり熱めに加温されています。
浴槽右端にあるカランは源泉だと言う噂なので、暫し投入して湯温を下げてザブン。
軽く濁ったお湯は、ニュルニュルの感触!
スルスルヌルヌル...思わず肌を撫でてしまいます。
循環なのは残念だけど、沸かし湯だから仕方がありません。
夕食後もう一浴した時にはボイラーが止まっていたので、宿のお母さんに「ぬるかったら言ってくださいねー」とお声掛けいただきましたが、問題なし。
少し冷めてぬるくなっていたので、結構長く浸かっている事ができました。
「朝は何時頃入ります?」と尋ねられた際に「温湯好きなのでもう少しぬるめに沸かして下さい」とお願いして、翌朝は私達にとっての適温で浸かる事ができました。
何度浸かってもニュルニュルぶりには驚かされるお湯でした。

東北

滝の湯旅館

 ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉

 〒992-0775 山形県西置賜郡白鷹町黒鴨403

 0238-85-1135

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>山形007

201111181615.jpg

201111181644.jpg

201111181556.jpg

201111181557.jpg

201111181559.jpg

今日のお宿に到着。
少し前に携帯に連絡があり大体の距離を答えたので、宿のお母さんが出迎えてくれました。
本日の宿泊は私達だけみたいです。
「梅の間」にはこたつやエアコンなど暖房設備完備。
テレビは無料。
すぐ側には川が流れていて、部屋の中から水音が結構聞こえます。
ちょっとお掃除が...アレで、じゅうたん敷きの床に先客達の髪の毛が落ちているのがかなり気になりますが。^^;

東北

滝の湯旅館

 〒992-0775 山形県西置賜郡白鷹町黒鴨403

 0238-85-1135

201111181517.jpg

201111181518.jpg

201111181510.jpg

201111181436.jpg

201111181437.jpg

201111181438.jpg

平日の昼間だし空いているかな~と期待をするも、駐車場が結構埋まっている!
こりゃお風呂も混んでいるかなーと思いきや、浴室に入ると洗い場もチラホラ空いていて、思ったより混んでいなくてホッ!
C=(^◇^ ;
体を洗い終わると露天風呂が空いてきたのでGo!
お湯は緑褐色で塩分多め、後でグダっと来そうなお湯です。
飲泉許可が出ていないとの事でしたので飲みませんでしたが、かなり塩っからそう。
源泉そのまんまの掛け流しらしいのですが、湯の温度がちょうど良くてそれなりに長湯も可能。
...が浴槽横には、成分が濃いので3分以上は浸からないよう掲示してあります。
時々岩の上で火照った体を冷まし...柵の外に目をやると、冠雪したお山が見える!
広々した露天風呂なので、他にお客さんがいてもお互いに遠慮することなく浸かる事ができます。
内湯のお湯も同じ感じでしたが、外気に触れていない分少し熱く感じました。
300円でボディソープやシャンプー完備なので、気軽に立ち寄れてイイですね。

東北

百目鬼温泉

 ナトリウム-塩化物泉

 〒990-2361 山形県山形市百目鬼42-1

 023-645-9033

 

入湯料:300円

 

温泉>山形006

201111181341.jpg

今日の宿泊は食事付きなので、晩酌用の一番搾りとれたてホップとペットボトルのお茶、デザートなどを買いました。

東北

イオン山形南店

 〒990-2451 山形県山形市若宮3-7-8

 023-647-2221

201111181247.jpg

看板の表示額より給油機の価格は1円高かったので「看板は現金会員価格なのかー」とがっかりしたのですが、給油が終わりディスプレイのスロットが回ると、末等の1円引きに。
なるほど。結局は会員では無くても1円引きのリッター@134円で給油出来るのね~。ラッキー。

東北

キグナス河西建設株式会社セルフ徳内

 〒995-0033 山形県村山市楯岡新町3-3-7

 0237-53-5299

そば処鶴子 昼食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111181113.jpg

201111181117.jpg

201111181118.jpg

201111181126.jpg

201111181127.jpg

山形に突入したらばまず蕎麦を食べたい!と、事前に調べていたこちらへ。
入口に貼ってあった「新そば打ち始めました」の文字が嬉しい。
もりそばは、普通盛りの「どぢやま」、大盛りの「おどもり」、特盛りの「ごしょざん」があり、私は「おどもり」、ツレは「ごしょざん」を注文。
すぐにきくらげとお漬物、つゆを薄める為の大根汁とつゆ、薬味のネギなどが運ばれてきました。
蕎麦茶はセルフサービスですが、ポット近くに座っておられた先客に入れて頂きました。(^^ゞ
きくらげには辛子が乗っていて、少し醤油をかけて食します。
こういう食べ方は初めてですが、意外と美味しい。
お漬物も美味しくて、蕎麦を待つ間についついポリポリ。
他のお客さんは蕎麦以外に、限定20食のかき揚げや定番のにしんなどを頼んで食べておられました。
さて、いよいよ蕎麦が到着!
私の大盛りとツレの特盛り、器の大きさ自体が違うので、一体どれぐらいの量の差があるかはわかりませんが、私は大盛りで十分。
もう少し田舎っぽい蕎麦かなーと想像していたのですが、細めで上品な香りのお蕎麦。
大根の汁でつゆを薄めるってのは良いですね。
結構な量がありましたが、アッと言う間に平らげてしまいました。

東北

そば処鶴子

 〒999-4443 山形県尾花沢市大字鶴子445

 0237-28-3041

201111181004.jpg

201111181012.jpg

201111181013.jpg

201111161103.jpg

201111161104.jpg

外気温が低めでも、南向きの窓からは明るい日差しが入ってきて部屋の中はポカポカ。
今回も、ゆっくりまったり過ごさせてもらいました。
こういうお宿に慣れていない人が泊まったのか、昨晩は結構物音が大きかったですが。
最後にテトちゃんにご挨拶を~とカメラを向けたのですが、今回はお掃除をしているお母さんの行方が気になるようで、ジッとしてくれませんでした。^^;
またいつか「かえる」と心に決めて、宿を後にしました。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

201111172152.jpg

月餅とホットコーヒー、美味い。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

高東旅館 昼酌

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111171423.jpg

仙台のスーパーで買った燻り牛たんと先程買った山田商店のしそ巻きを酒の肴に、グビッ。
どちらのつまみも美味しい~。幸せ♪

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

山田商店 買い物

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111171408.jpg

川渡に泊まったならば、こちらのしそ巻きも外せない!
またも割引券を使わせてもらい、購入させてもらいました。

東北

山田商店

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉字川渡45-2

 0229-84-7128

鳴子ダム 撮影

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111171220.jpg

201111171222.jpg

201111171223.jpg

201111171228.jpg

201111171229.jpg

201111171230.jpg

201111171235.jpg

今日も何だか良い天気!
折角なので、何処か景観の良さそうな所へ行こうと鳴子ダムへ。
チラホラ紅葉が残っていて、鳴子峡の紅葉より若干キレイかも。
空の青、ダム湖の水の緑、紅葉の赤や黄色。
なかなか見応えのある風景でした。

東北

鳴子ダム

 〒989-6806 宮城県大崎市鳴子温泉字岩渕2-8

 0229-82-2341

201111171200.jpg

お風呂上がりに喉が渇いたので、すぐ近くのこちらで飲み物を購入。

東北

ウジエスーパー鳴子店

 〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷159-1

 0229-82-2366

201111171104.jpg

201111171106.jpg

201111171108.jpg

201111171109.jpg

201111171153.jpg

201111171134.jpg

201111220258.jpg

こちらにある薬湯(くすりゆ)が凄いと言う評判を見知っていたので、いつかは浸かりたいと思っていました。
ただ薬湯は1グループ毎の貸し切りになるので、できれば空いている時に行きたいなぁ~と。
私が訪れたのは平日の昼間、それもチェックアウト時間後だったので、先客は無くすぐに薬湯に浸かる事ができました。
地下へ続く階段を降りていくと、噂の薬湯があります。
扉を開け浴室に1歩入ると、鼻腔をくすぐるアブラ臭ともわっと濃い湯気が襲ってきます。
私が浸かった時には窓が開いていたにもかかわらず、窓の外が隣の外壁に阻まれている事もあり、湯気や熱気が抜けず漂っている感じでした。
湯気の正体は、浴槽横の洞穴の内部に熱い源泉が溜まっていて、そこからモワモワ~っと出てきたモノ。
浴槽のお湯自体は熱めでほぼ透明。
浴室に入った時に感じたアブラ臭は、不思議と湯自体からはあまり感じませんでした。
スベスベした肌触りで浸かり心地は気持ちイイのですが、逆上せてしまって長くは浸かっていられません。
上がって冷まして...と考えるも、熱気でサウナ状態になった浴室ではなかなか体が冷えず、短い時間でも長湯をした時の様に汗が噴き出てグンニョリするので、薬湯から上がって暫しブレイク。
幾分体の熱気が抜けてから、次に男女別浴室に向かいます。
薬湯とは別源泉らしいのですが、こちらも浴室に入るとアブラ臭。
お湯の雰囲気は薬湯と似た感じなのですが、こちらはお湯自体からアブラ臭を強く感じる事ができました。
浸かった感触はヌルスベとして、何とも気持ちが良いものです。
窓が大通りに面しているのでそんなに大きく窓を開ける事ができませんが、窓の隙間から冷たい空気を取り込む事ができるのがイイ。
こちらを訪れる皆様、薬湯を絶賛されていますが、私は意外とこの男女別浴室のお湯が気に入りました。
大満足でお湯から上がり失礼させて頂こうとしたところ、愛想の良い女将さんから「薬湯のスプレー」を頂いちゃいました♪
湯めぐりチケットのシール2枚と、少し安く浸からせて頂いたのに恐縮です。
自宅で使っていますが、スベスベ結構イイ感じ~。
遠く離れた鳴子を懐かしむ瞬間です。

東北

国民宿舎ホテルたきしま

 <薬湯>ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉

 <男子浴室、女子浴室、家族風呂>ナトリウム・炭酸水素塩・硫酸塩泉

 〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷28-1

 0229-83-3054

 

入湯料:500円

 

温泉>宮城002

高東旅館 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111171000.jpg

前に買った大福と昨日の残りの栗だんごを、ホットコーヒーと共に。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

高東旅館 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111161931.jpg

昨日買った大きめキャベツ半玉、今日買った鶏肉と油揚げを入れた鍋物。
野菜中心なのでヘルシー。
材料の旨味を吸った油揚げがなかなかGood♪

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

高東旅館 おやつ

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111161444.jpg

201111161445.jpg

ウジエスーパーで見かけて美味しそうだった、伊達な牛タンメンチカツ。
158円と高めだったけど買ってみました。
粗めに刻んだ牛タンは、目で確認出来る程の量で結構食べ応えがありました。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

201111161427.jpg

今日の夕食は自炊で鍋~。
材料を購入しました。

東北

ウジエスーパー鳴子店

 〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷159-1

 0229-82-2366

鳴子峡 撮影

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111161356.jpg

201111161345.jpg

201111161347.jpg

201111161348.jpg

201111161351.jpg

201111161352.jpg

もう紅葉のピークを過ぎているのはわかっていたのですが、折角の良い天気なので、鳴子峡まで足を伸ばしてみました。
広い絵で見ると色づきは盛りを越えた感じでしたが、狭い範囲で見るとなかなかキレイ。

201111161253.jpg

201111161255.jpg

201111161256.jpg

餅処深瀬で買った栗だんごを開封。
まるで煮こごりのような、かためのみたらし餡がたっぷり!
だんごと言いつつ、大きさは小振りの饅頭位の大きさです。
カプッとかぶりつくと、外の餅は柔らか~。
中の栗は甘さ控えめで、ホクホクした栗本来の味わいを楽しめます。
思ったほどみたらし餡がどぎつい味で無いので、パクパクっと2個食べられました。
でもさすがに3個は無理なので、各々1個ずつは冷めるのが勿体ないけど次に置いておく事にしました。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

餅処深瀬 買い物

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111161235.jpg

201111161240.jpg

鳴子周辺の名物である栗だんご。
特にこちらのお店の栗だんごが美味しそうだったので、今回立ち寄りました。
店内でも、お茶とお漬物と共に頂く事が出来るようなのですが、今回は6個入りの持ち帰り用735円を購入します
お店の奥でできたての温かいだんごを包んでくれたようで、受け取った時もほんのりあたたかい!
宿に帰って食べるのが楽しみです。

東北

餅処深瀬

 〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元24-2

 0229-83-2146

201111161230.jpg

201111161127.jpg

201111161136.jpg

201111161154.jpg

201111161155.jpg

201111161212.jpg

201111161214.jpg

201111161231.jpg

こちらは入湯料が300円とお安いのに、2つの源泉を楽しめる!
その上湯めぐりチケットを使えば、シールは何と1枚。200円換算で浸かる事ができます。
私達が訪れた時には、混浴浴室は宿泊しているおじいさんが使われているとの事で、「お先に芒硝泉の方どうぞ~」と女将さんにお声を掛けて頂きました。
私としては混浴もあまり気になりませんが、ゆっくり浸かっていらっしゃるおじいさんに悪いので、女将さんのお言葉通り、まずは男女別の芒硝泉へ。
小振りの浴槽には、蕩々と澄んだお湯が注がれています。
湯の表面には、油膜のようなモノも見受けられます。
温度は私的には熱めで、浸かっているとジワジワ来ますが、耐えられないと言う感じではありません。
湯の中をワッシャワッシャと舞っている茶色い湯の華を見ながら、スベスベした感触のお湯に1人静かに浸かる...。
何だか贅沢な気分です。
おじいさんが上がられたようなので、次は硫黄泉の混浴浴室に向かいます。
ガタピシと立て付けの悪い引き戸を開けると、これまた硫黄により風化した、迫力満点の浴室が。
大きめの浴槽からは、青みがかった灰白濁湯が静かに溢れています。
湯の温度はちょうど良く、ゆっくり浸かっていられる温度です。
体を沈めると、洗い場がひととき洪水状態。
硫黄臭のある灰白濁のお湯には、黒い湯の華がチラホラと見受けられます。
肌にしっとりとまとわりつくような、やさしい肌触りが何とも気持ちイイ。
かなりボロ...で迫力ある浴室ですが、析出物の育っている様などを見ながら、湯浴みを楽しませてもらいました。

東北

東川原湯旅館

 <混浴風呂、家族風呂>含硫黄-ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉

 <男子浴室、女子浴室>ナトリウム-カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉

 〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉河原湯42-1

 0229-83-3024

 

入湯料:300円

 

温泉>宮城002

201111161119.jpg

201111171014.jpg

鳴子温泉駅の構内にある鳴子観光・旅館案内センターに、湯めぐりチケットを買いに来ました。
湯めぐりチケット1枚につき6枚のシールが付いていて1200円。つまりはシール1枚分が200円。
施設によっては普通に入湯料を払うよりシール利用の方がお得なのと、湯めぐりチケットを複数人数で分け合って使う事が可能なので、今回購入する事にした次第。

東北

鳴子観光・旅館案内センター

 〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元2-1

 0229-83-3441

高東旅館 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111160950.jpg

朝ご飯はふんわり食パンにブルーベリージャムを載っけて。
飲み物はモチロン、ドリップのホットコーヒー。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

201111152145.jpg

いちご大福とホットコーヒー。
甘くてちょっと酸味があるいちご大福がウマー。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

高東旅館 晩酌

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111151903.jpg

お昼はドカーンと食べ過ぎたので、今夜は鯉をつまみながら一番搾りとれたてホップを頂きます。
あー、美味くて幸せ。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

201111171539.jpg

201111171541.jpg

201111171546.jpg

201111180932.jpg

201111151815.jpg

201111171526.jpg

今回も3泊したので、ゆっくりと浸かりました。
初日と2日目はほぼ適温、3日目とチェックアウト日の4日目は熱めだったので、同浴のおばさまと「熱いわよねぇ~」と言いながら水を投入しながら入浴しました。
女湯のメイン浴槽は、今回滞在中は澄んだ湯色になる事はなく黄緑白濁色で、寝湯は1回だけ濁り少なめの黄緑色でした。
燦々と光が降り注ぐ中、浅めの寝湯でプカプカ浮かんでいるのが何とも気持ちが良くて、今回は女湯にしかない寝湯で過ごす事が比較的多かったです。
今回もまた、激熱の家族風呂にチャレンジしてみましたよ。
湯もみだけでは冷めないのがわかっているのですが、まずはかき混ぜ棒で湯をもみまくり、その後かなり水を投入し、手で温度を測りながら...。
やっと浸かれる温度かも!と感じた時に浸かってみましたが、やっぱり熱い!!
でも鮮度抜群なのか、今回の滞在中この家族風呂のお湯が澄んでいないのを見たことはありませんでした。
冷めた源泉で割れるようになっていれば最高なんだけどなー。

東北

高東旅館

 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>宮城004

201111161059.jpg

201111171422.jpg

201111171421.jpg

201111151728.jpg

今回も自炊棟で布団持ち込みの素泊まり3泊。
南向きの窓からの眺めは、相変わらず心安らぐ風景。
温泉も蕩々と湧いています。
やっとこさ荷物を運び込んで、お茶を頂きながらホッとひといき。

東北

高東旅館

 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉築沢23-1

 0229-84-7220

氏家鯉店 買い物

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111151628.jpg

201111151627.jpg

前回の旅でファンになった氏家鯉店。
今回も前日に電話で予約をし、「鯉湯治(鯉美人=こいびと)プラン」を2人前購入しました。
鯉のあらいと鯉のうま煮が1人前のセットになっていて500円。
(写真の鯉のあらいは2人前、うま煮は1人前)
2人で一緒に食べるので、鯉のあらいは1パックに詰めてもらいました。

東北

氏家鯉店

 〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉字鷲ノ巣96-1

 0229-83-2538

201111151453.jpg

一番搾りとれたてホップ、鍋用のタレ、その他インスタントの食料などを調達しました。

東北

ザ・ビッグ古川店

 〒989-6232 宮城県大崎市古川沢田字筒場浦15

 0229-27-1888

201111151422.jpg

たまごごはんでお腹いっぱいになった後、すぐお隣にある直売所をちょっと覗いてみました。
とは言えまだまだ旅も前半戦。家に買って帰る用のお野菜を買う訳にもいきません。
安くて新鮮な野菜がいっぱいで、本当ならガッツリ買っていきたいところなのですが...。
今日から3泊は自炊棟で素泊まりなので、夕食の材料として大きく身の詰まったキャベツを1玉買いました。120円なり。

東北

JA加美よつば農産物直売所

 〒981-4131 宮城県加美郡色麻町大字上新町158-2

 0229-29-9451

201111151344.jpg

201111151347.jpg

201111151346.jpg

201111151349.jpg

201111151357.jpg

お腹をペコペコに空かせてやって参りました。
こちらは、体によいえごまを鶏さんに食べさせてその鶏さんが産んだ新鮮な卵をたっぷり味わえるお店。
350円でごはんと卵はお代わり自由!
テーブルの上には、普通のお醤油、えごまを使って醸造した荏胡麻醤油、そしてたまごかけごはん専用醤油と計3種類のお醤油。
味付け海苔、かつおぶし、塩昆布、ネギや、胡瓜漬、大根漬、高菜漬が置いてあり、自由にトッピングして食べる事が出来ます。
最初はお醤油だけでシンプルに。
卵の味が濃くて美味しい~♪
甘めの荏胡麻醤油が結構好み!
2杯目はネギやかつおぶし、塩昆布を少し載っけて。これまたウマーーー!!
思わずお代わり...!
美味しくて食べ過ぎちゃいました。^^;
ウチの近所にあれば通い詰めちゃうかも。

東北

えごまたまごかけごはんの店

 〒981-4131 宮城県加美郡色麻町大字上新町158-2

 0229-65-4372

201111151232.jpg

201111161950.jpg

どこか工場見学ができる笹かまぼこ屋さんは無いか~とネットで調べ、やって来ました。
...が、こちらって団体客さん中心って感じで、観光バスでいらっしゃったお客さんだらけ。
製造ラインも一応見る事ができましたが、説明や「焼きたての笹かま試食」が無くて非常に残念。
団体客さんの間隙を縫って、1袋700円のアウトレット笹かまを2袋買いました。

東北

海の駅(武田の笹かまぼこ)

 〒985-0016 宮城県塩竈市港町2-15-31

 022-366-3355

201111151039.jpg

201111151044.jpg

201111151045.jpg

201111151046.jpg

201111151047.jpg

201111151125.jpg

201111151126.jpg

201111151140.jpg

201111151144.jpg

201111151150.jpg

201111151154.jpg

201111151155.jpg

201111151159.jpg

11月の頭に工場見学も再開され、ぜひとも立ち寄りたいと思っていたココ。
ただ、ドライバーさんが心おきなく飲める11月14日の月曜日は定休日と言う事で半分諦めていたのですが、ドライバーさんから許可が出たので、今回立ち寄る事にしました。
ガイドツアーは11:00からなので、まずはゲストホール近辺を拝見。
ゲストホールの後方に、東日本大震災を物語る品やパネルが展示されていました。
"「あと少し。」工場再開に向け、自分を奮い立たせながら、作業を続けた。"
思わずグッと来ちゃいました。
ガイドツアーが始まり、ラインの撮影はNGでしたが、津波到達線のプレートや工場内の幾つかの掲示物は撮影できました。
瓶ビールのラインは復旧工事中でまだ見られませんでしたが、缶ビールのラインは稼働していて、あれだけの被害を受けてよくぞ...とまたジワッと来たり。
さて、ジワッと来た後は、お待ちかねの試飲ターイム♪
まず1杯目は、お一人様1杯限りの一番搾りとれたてホップ生ビール。東北の皆様に感謝しつつ、頂きました。
2杯目は一番搾りスタウト。香ばしくて濃いぃ。
3杯目はハーフ&ハーフをお願いすると、今まで注いでくれたおじさまからお姉さんにバトンタッチ。
おじさま曰く「私ハーフ&ハーフ苦手なんです」ですって。^^
で、一番搾りと一番搾りスタウトのハーフ&ハーフ。
最後にはガイドのお姉さんがキリンチューハイ氷結アップルヌーヴォーの一口試飲カップを配ってくれました。
こちらもなかなか美味しかった♪
今回の震災で水が如何に貴重かという事を実感されたとの事で、お土産にはボルヴィック1本とガイドさん直筆メッセージ入りのしおりを頂きました。
私達としては商品を購入する事位しか応援方法が無いのですが、この度の旅行中には一番搾りとれたてホップ生ビールを飲もうと決めたのでした。

東北

キリンビール仙台工場

 〒983-0001 宮城県仙台市宮城野区港2-2-1

 022-254-2992

201111150952.jpg

外廊下では同宿のおばさん連が一時うるさかったけど、まあ概ね静かで過ごしやすかったのでリピありかな。
何より駐車場が無料なのは嬉しいですね、

ホテル白萩

ホテル白萩

 〒980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町2-2-19

 022-265-3411

201111141831.jpg

201111141832.jpg

201111141809.jpg

201111141801.jpg

201111141813.jpg

201111141812.jpg

今日も牛たん食べちゃおう~♪
でもちょっと時間が早いし、改めてわざわざ出るのも面倒くさいし...。
で、ホテル白萩のレストランに。
なぜこちらのレストランをセレクトしたのかと言うと、宿泊者特典の割引カードを持っていくと食事は10%OFFな上に、グラスビールか烏龍茶(だったはず)を1杯頂けるから♪
ピルスナーグラスで出てきたビールで乾杯。
支配人さん一押しの牛たん焼御膳は1500円→10%OFFの1350円。
ご飯を大盛にしたので+105円(10%OFF前価格)。
牛たんは冷めるのが早かったのが少し残念でしたが、お味は普通に美味しかった。
テールスープ(中の肉はテール?って感じですが)はもちろん、とろろやデザートが付いていて、お得感を感じられました。

ホテル白萩

ホテル白萩

 〒980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町2-2-19

 022-265-3411

201111141535.jpg

おつまみと朝食用のパンなどを購入。
町中にスーパーがあるのは便利でイイですね。

東北

ダイエー仙台店

 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-3-6

 022-261-1251

JR作並駅 乗車

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111141417.jpg

帰りは空席が少なかったので、うろうろ~っと席を探して着席。

東北

JR作並駅

 〒989-3431 宮城県仙台市青葉区作並字相の沢

 

201111141129.jpg

201111141142.jpg

201111141215.jpg

201111141236.jpg

201111141239.jpg

201111141244.jpg

201111141255.jpg

201111141309.jpg

201111141312.jpg

201111141313.jpg

201111141315.jpg

201111211927.jpg

作並の駅からひたすら徒歩~~。
途中に紅葉がキレイだったので写真を撮ったりしましたが、それにしても遠い!
徒歩20分ほどでニッカウヰスキー!かと思いきや、入口から受付までの距離がありまだまだ!で駅から30分弱で到着。(途中写真を撮っていたからかもしれないけど、結構時間がかかりました)
ガイドツアーは12:30からスタートで時間はたっぷりあるので、ちょっと散策をしてみます。
ガイドツアーではキルン塔でピートを見せてもらったり、仕込棟の中を見せてもらったり、余市とは形が違うポットスチルの説明を受けたり...。
貯蔵庫の中には、工場竣工時の樽も置いてありました。
見学の後はお楽しみの試飲♪
見学者数通算800万人達成記念と言う事でシングルモルト宮城峡と、レギュラー的に試飲できる鶴17年、シングルモルト宮城峡10年、そしてアップルワインをハイボールで頂きました。
ただ、余市より量がかなり少な...ごにょごにょ。
試飲が終わった後は売店で、ニッカ宮城峡オリジナルウイスキー2800円と長期熟成梅原酒900円を購入。
さて、作並駅までの長い道のりがゲッソリですが、頑張って歩きましょう。

東北

ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所

 〒989-3433 宮城県仙台市青葉区ニッカ1

 022-395-2865

JR作並駅 降車

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111141405.jpg

仙台と比べ、気温も少し下がったような。
駅前には作並温泉の旅館の方がお客さんをお出迎え。
ついでにウチらも乗っけて欲しいものだ。

東北

JR作並駅

 〒989-3431 宮城県仙台市青葉区作並字相の沢

 

JR仙台駅 乗車

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111141040.jpg

作並に行く電車に乗車。
さすがに寒い土地柄だけあって、ドアはボタン開閉式です。

東北

JR仙台駅

 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1

 

市場食堂 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111141021.jpg

201111141009.jpg

市場の奥にあるお店なのでなかなか見つからず...2往復目にやっと見つけました。
最初から決めていた魚定食をオーダー。
メインの魚は焼き魚か煮魚の中から選べ、私は煮魚を選びました。
だって家では作らないから。^^;
野菜の小鉢は1人で1種。
「2人だから別のを選んでつつき合えばイイよー」と助言を頂いたので、小松菜とマカロニサラダを選びました。
後はご飯、みそ汁、たくわん付きで500円。
煮魚は身も大きく食べ応えがあり、味付けも良かった。
ただ、カウンターの椅子ペースの奥行きがかなり狭いので、ちょっと窮屈でした。

東北

市場食堂

 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4-3-1

 022-266-0129

201111132014.jpg

201111132112.jpg

イオンで買った金麦をポテチと共に。
その後は、餡しぼり手まりすあま(いちご味)をホットコーヒーと一緒に頂きました。

ホテル白萩

ホテル白萩

 〒980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町2-2-19

 022-265-3411

201111131910.jpg

201111131909.jpg

201111131852.jpg

201111131856.jpg

201111131855.jpg

201111131857.jpg

第1候補のお店に行ってみるも、何故かまだ開いていない...?今日休み?
ってな訳で、第2候補のこちらにお邪魔してみました。開いてて良かった♪
折角なのでガッツリ頂くために、牛たん焼き大盛定食1650円を注文。
香ばしい香りが漂って...テーブルに到着!ん?これ大盛?
...盛り付けで損している感じですね。^^;
お味はなかなかGood。
こがし麦飯も香ばしくて良し、テールスープも美味しかった。
他の店と比べるとお安めとは言え牛たんは結構イイ値段なので、日常的に食べられるものではありませんが...。

東北

牛たん焼ヤマジョウ

 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-6-6多楽茶屋ビルB1

 022-268-2133

201111131802.jpg

201111131803.jpg

今日から2泊するホテルに到着。
こちらのホテルを選んだ理由は、駐車場が平面で、尚かつ駐車料金がかからない事。
明日は電車で移動するので、安心して車を停めておけます。
ホテルですが和室なので、何だか落ち着けます。
...がわざわざお部屋係の方々がお布団を敷きに来てくれて恐縮です。

ホテル白萩

ホテル白萩

 〒980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町2-2-19

 022-265-3411

201111131725.jpg

201111131727.jpg

201111131726.jpg

メール会員以外でもリッター@135円なのでまあまあ安いのですが、イオン多賀城店で買い物をすると割引券が貰え、リッター@132円に。
ペトラス併設のイオンではまず買い物をしてみて、割引券が貰えるチャンスを狙うのが吉!ですな。
まあ、決められた曜日にしかくれない店舗もあるけどね。

東北

メガペトロ株式会社ペトラス多賀城店

 〒985-0845 宮城県多賀城市町前4-127-2

 022-365-3387

201111131651.jpg

こちらのスーパーは海からも近く震災の影響をかなり受けたようですが、最近になって通常の営業時間に戻った模様。
仙台滞在中のビール(第3のビールですが^^;)、おつまみ、デザートの和菓子、お茶を買いました。

東北

イオン多賀城店

 〒983-0001 宮城県多賀城市町前4-1-1

 022-367-8811

201111131643.jpg

ドライバーと別々に下船と言うのは今回が初めてかも。
さて、仙台に到着です!

東北

仙台港フェリーターミナル

 〒983-0001 宮城県仙台市宮城野区港3-7-1

 022-259-0211

201111131540.jpg

昨晩の残りの小粒ういろう、柿だんごをホットコーヒーと共に。

201111131447.jpg

姉妹船とのすれ違いを見た後船内に戻ると、スタンド・マーメイドクラブではミニコンサートが始まっていました。
演者さんは昨晩のライブのボーカル・水谷直美さん。
歌声もモチロン良いですが、ピアノもお上手ですねぇ。

201111131439.jpg

201111131442.jpg

201111131443.jpg

201111131444.jpg

201111131445.jpg

201111131446.jpg

船内放送で姉妹船・いしかりとのすれ違いがあると案内があったのでデッキへ。
少し雲が多く、うねうねしています。
おー、いしかりが見えてきました。
両船が少しずつ調整し、近くに見えるように距離を詰めていきます。
高速船ではないので、結構じっくり見る事ができました。

201111131143.jpg

ホットコーヒーとシャルロットスティック・ミルクティー風味、そして昨晩食べようと思って余ったどて煮の昼食。
凄い組み合わせ...。^^;

201111122330.jpg

小粒のういろう、柿だんごをホットコーヒーと共に。

201111122123.jpg

201111131256.jpg

201111131257.jpg

201111131258.jpg

201111131309.jpg

更衣室は広々してオシャレ~。
色遣いや造りも船の中っぽくなくて、オンナノコにも受けそうな感じ。
サウナがミストではなく高温ドライサウナなのも評価高し!です。

201111122011.jpg

201111122002.jpg

201111122010.jpg

201111122012.jpg

201111122027.jpg

201111122037.jpg

出航前にシアターラウンジ・サザンクロスの側を通りかかった時に、リハーサルの演奏が漏れ聞こえていました。
ライブ開始の案内が船内放送でされた事もあり、折角なので聴きに行ってみました。
水谷直美&サウンド・リミテッドの皆さん。
オリジナルで誂えられたと言う船員風ユニフォームがカッコイイですね。
(トークでその話をされる前までは、太平洋フェリーから借りられたのだろうな~と思っていました。^^;)
プログラムは懐かしのポップスやグループサウンズなどだったので、私でも楽しめる内容でした。
年齢層お高めの観客が殆どでしたが、皆さんノリノリで聴いておられました。
中には踊り出すおじさまも居たり。^^;;;

201111121901.jpg

201111121918.jpg

201111121925.jpg

出航時間になった早々、お部屋で夕食。
ころころえびカツとこりこり砂肝でビールが進みます。

201111121757.jpg

201111121758.jpg

201111121815.jpg

201111121812.jpg

201111121818.jpg

201111121807.jpg

201111121806.jpg

201111121804.jpg

201111121803.jpg

出航までまだ時間があるし初めて乗る船なので、船内を散策してみる事にします。
新日本海フェリーと比べると、内装が何だかきらびやかな感じ。
名誉船長の柳原良平さんのイラストが飾られていました。
高速船で無いせいかどちらかというと年輩の人が多く見受けられ、パブリックスペースを占拠する若者達も少ない印象がありました。

201111121752.jpg

201111121744.jpg

201111121747.jpg

201111122319.jpg

201111121745.jpg

1等にはインサイドとアウトサイドの料金設定がありインサイドの方が安かったので、今回はインサイドの1等ツインを選択。
磨りガラスの明かり取り窓しかないので圧迫感があってイヤだな~と思っていたのですが、意外と気にならない!
新日本海フェリーの1等と違い小さいながらも冷蔵庫があるし、何たってトイレが部屋にあるのがイイ。
快適な船旅になれば良いなぁ~。

201111121733.jpg

201111121739.jpg

いよいよ初の太平洋フェリー!
インターネット予約をしていたので、まずは窓口でチケットを受け取ります。
もう船が到着していて既に乗船開始していたので、早速乗船する事に。

東海

名古屋港フェリーターミナル

 〒455-0847 愛知県名古屋市港区空見町40

 052-398-1023

201111121707.jpg

フェリーの中で食べる食料を調達。
値引き品もあってラッキー♪

東海

マックスバリュ稲永店

 〒455-0842 愛知県名古屋市港区稲永2-13-48

 052-382-6631

201111121602.jpg

201111121553.jpg

201111121554.jpg

フェリーに乗る前の腹ごしらえ。
とん汁定食が売り切れていたので、かつとじ定食にしました。
600円とお安い割には、かつもしっかりしてイイ感じ。
当初食べようと思っていたとん汁定食との差額が20円だから、結構お得だったかも。

近畿

新名神高速道路甲南PA(上り線)

 〒520-3314 滋賀県甲賀市甲南町杉谷2281

 0748-86-8188

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)