モンスターカレンダー

« 2011年7月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

中棚温泉 / 中棚荘

| コメント(0) | トラックバック(0)
201107161317.jpg

201107161225.jpg

201107161226.jpg

201107161314.jpg

201107161303.jpg

201107161231.jpg

201107161233.jpg

201107161311.jpg

ちょっとお高めの入湯料で普段はかなり敷居が高い温泉ですが、今回は温泉博士のクーポンで入らせてもらいました。
かわいらしい看板娘?息子?さん達に迎えられ、思わず顔がほころびます。
クーポン利用にもかかわらず接遇が良く、柔らかな印象を受けました。
お風呂までのアプローチはやや厳しめですが、途中に休憩場所もあります。
畳敷きの脱衣所から洗面スペース、そして内湯までは壁が無く、何だか不思議な雰囲気。
内湯の湯船は、10月から5月までは「初恋りんご風呂」と名付けられ、お湯に浮かべられたりんごの甘い香りが楽しめるようですが、私は夏に訪問したので残念ながら無し。
内湯は塩素入りで加熱有りなので浸からずに、体を洗った後にドアを開けて露天風呂に出ます。
露天風呂の湯船は2つに分かれていて手前が加熱されたお湯、奥には源泉そのままのお湯が投入されています。
(加熱湯船と源泉湯船の仕切りはきっちりとは分かれていないので、若干互いのお湯が行き来していますが)
私はぬる湯好きなので、迷わず奥の湯船へ。
冷たすぎる事もない適温のお湯は、ほぼ透明でスベスベして極々軽く硫黄臭も感じられます。
気泡が付着すると言う情報があったので楽しみにしていたのですが、私が浸かったときには気泡感はほぼありませんでした。
敢えて言うなら、高い位置からお湯を投入されているので、その周辺のお湯が白く空気が混じった感じにはなっていましたが。
男湯から更に高い位置にある女湯の露天風呂は、木々や竹に程良く囲まれて旅館のすぐ側にある団地の建物が見えにくい構造になっているので、山の中の旅館に来たような良い雰囲気です。
飲泉所は石の階段途中にある休憩場所にあり、かなり気泡が混じって白いお湯は、軽い硫黄臭を感じられる薄い卵味の飲みやすいお湯でした。

島崎藤村ゆかりの宿 中棚荘

中棚荘

 アルカリ性単純泉

 〒384-0802 長野県小諸市乙1210

 0267-22-1511

 

入湯料:1000円

 

温泉>長野103

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kakukaku.net/mt/mt-tb.cgi/2038

コメントする

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)