モンスターカレンダー

« 2011年1月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011年1月アーカイブ

201101312234.jpg

デザートはチョコまんをドリップコーヒーと共に。

ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ

ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ

 〒048-1592 北海道虻田郡ニセコ町東山温泉

 0136-44-3311

201101311842.jpg

201101311902.jpg

昼間のスキーですっかり乗り物酔い状態になり、夕食を食べる食欲無し。
と言うことでおつまみをつまみつつの晩酌が夕食代わり。

ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ

ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ

 〒048-1592 北海道虻田郡ニセコ町東山温泉

 0136-44-3311

201102011857.jpg

201101311639.jpg

201102011839.jpg

201102011841.jpg

こちらのホテルは旧ニセコ東山プリンスホテル本館と言われていた建物。
ニセコ東山プリンスホテル本館時代、末期を除いては「ニセコ東山温泉3号井」使用で、ニセコ東山プリンスホテル新館(現ヒルトンニセコビレッジ)の「ニセコ東山温泉2号井」とは泉質も違い別源泉でした。
ニセコ東山プリンスホテル本館時代末期に新館と同源泉を使用するようになり「3号井は枯れたか?」と思っていたのですが、今回宿泊する前に大規模リニューアル工事が行われた事もあり、3号井使用に僅かばかりの期待を込めて宿泊利用してみました。
結論から言うと、ヒルトンニセコビレッジと同源泉の2号井使用でした。;;
3号井はやっぱり枯れたのかな~?
内湯は洗い場も含め、こぢんまりサイズ。
黄色っぽい、かすかにゴム臭のするお湯が少しずつあふれています。
掛け流しと言う表示もあったので掛け流しなのかな~?但し飲泉は不可との表示がありました。
内湯を出て露天風呂までのアプローチには温かいお湯が絶えず流されていて、凍てつくこの季節には「気が利く~!」と思ったのですが、湯船に入るギリギリの所に湯が届いていなかったので、最後の最後に心臓が縮み上がる思いでした。
ヒルトンでも感じたように、見た目の黄色さほどお湯の触感などに個性は感じられませんでした。

ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ

ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ

 ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉

 〒048-1592 北海道虻田郡ニセコ町東山温泉

 0136-44-3311

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>北海道083

スキー

| コメント(0) | トラックバック(0)
201101311251.jpg

凄い吹雪ですがリフト券もあることだし出陣!
ホテルのロッカールーム前からバンザイチェアの乗り場まで滑り込み、バンザイチェアの降り場からニセコゴンドラ方面へ滑り降りると...。
なんと!強風でニセコゴンドラが止まってる~!
ニセコビレッジの下のコースだけ滑っていてもおもしろくないので、ニセコユナイテッドシャトルでアンヌプリまで移動。
アンヌプリはリフトが動いていたのでジャンボ1・2を乗り継ぎ、視界の効かない状態でおっかなびっくり半分意地で滑る。
ただあまりにも視界が効かないので、平衡感覚がおかしくなり車酔い状態で気分悪し。
結局15:00過ぎに上がり、ニセコユナイテッドシャトルでホテルに戻りました。

201101311128.jpg

せっかくお部屋を使わせてもらえるのだから、ドリップコーヒーを入れ、菓子パンの昼食を。
お腹ぽんぽこ~。

ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ

ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ

 〒048-1592 北海道虻田郡ニセコ町東山温泉

 0136-44-3311

201102011632.jpg

201101311040.jpg

201101311041.jpg

201101311042.jpg

201101311043.jpg

無事到着。チェックイン時間前だけど部屋が空いているとの事でアーリーチェックインさせてもらえラッキー♪
リニューアルして小ぎれいになった印象。エレベーターは1基のままだけど。
部屋はヒルトンと比べるとコンパクトだけど、寝るだけだしOKOK。

ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ

ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ

 〒048-1592 北海道虻田郡ニセコ町東山温泉

 0136-44-3311

201101310937.jpg

ヒルトン無料シャトルバス到着。
あら、マイクロバスなんだ~。まあ、乗車客は私達ともう1人だけだから問題なしだけどね。

北海道

JR倶知安駅

 〒044-0053 北海道虻田郡倶知安町北3条西4-3

 ヒルトンニセコビレッジ 0136-44-1111

JR倶知安駅 降車

| コメント(0) | トラックバック(0)
201101310921.jpg

201101310936.jpg

乗車中外の景色を眺めていると結構吹雪いていましたが、倶知安は晴れています。
暫しヒルトン無料シャトルバスを待つとしますか。

北海道

JR倶知安駅

 〒044-0053 北海道虻田郡倶知安町北3条西4-3

 0136-22-1310

JR小樽駅 乗車

| コメント(0) | トラックバック(0)
201101310747.jpg

201101310756.jpg

今日は殆ど雪が止んでいて晴れ間も見えます。
とは言え電車はやはり雪だらけ~。
乗車して10分ほど出発を待ちます。

北海道

JR小樽駅

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂2-22-15

 0134-22-0771

201101310740.jpg

201101310741.jpg

宿代はチェックイン時に前金での支払いなので、チェックアウトは別館のフロントに鍵を返すだけ。
立地が良いし居住性も悪くないので、小樽に泊まる事があればまた利用してもイイかな。

小樽グリーンホテル

小樽グリーンホテル・別館

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-3-1

 0134-33-0333

201101310711.jpg

201101310715.jpg

昨日長崎屋で買った惣菜パン・菓子パンをサクッと食べて...、いそいそと出発準備をします。

小樽グリーンホテル

小樽グリーンホテル・別館

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-3-1

 0134-33-0333

201101302205.jpg

栗饅頭をドリップコーヒーと共に。

小樽グリーンホテル

小樽グリーンホテル・別館

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-3-1

 0134-33-0333

やま彦 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201101302108.jpg

201101302120.jpg

201101302121.jpg

若鶏の半身揚げ(中)をガッツリ食べたけど、やっぱりラーメン食べたいな♪
と言う事で第一候補に上げていたラーメン屋に向かうも、何ともう閉店している!
資料ではまだ営業時間中なのに~、夕方前を通った時には開いていたのに~。;;
でもやっぱりラーメン食べたい欲は抑えられない!って事で、先ほど半身揚げを買いに行った時に見かけたラーメン屋さんに向かう事に。
昭和な雰囲気の店構えで渋い!
どのメニューもお値段抑えめで嬉しい限り。
注文した品が来るのをテレビを見ながら待っていたら、先客の所に運ばれていく炒飯が何とも美味しそう!
さてさて私達の所にもやって来ました。私は野菜塩ラーメン550円ナリ。
ツレは野菜味噌ラーメン550円ナリ。
どちらもアツアツハフハフ!素朴な味で結構美味しかったぁ~。

北海道

やま彦

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-16-15

 0134-22-0080

201101301932.jpg

「若鶏時代 なると本店」で買った若鶏の半身揚げ(中)を豪快に食らう!
サッポロクラシックをゴキュゴキュプハァ~!
ただまあ、かなりアブラギッシュ!
最後の方は味的に単調になり、ちょっと飽きちゃったかな。^^;

小樽グリーンホテル

小樽グリーンホテル・別館

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-3-1

 0134-33-0333

201101301925.jpg

201101301918.jpg

今日の夕食は小樽の名物?若鶏の半身揚げ!
と言う事で降りしきる雪の中、買いにやって参りました。
私が訪れた時はラッキーにも毎月15日・30日の「トリの日」。
何と半身揚げが200円引きになるラッキーデーでした。
ただ「トリの日」が故にか、買おうと予定していた大サイズ(通常950円)が無く中サイズ(通常900円)を1人1つ、計2つ持ち帰りでオーダー。
「トリの日」の200円引きは持ち帰りオンリーなのか、お店で食べても割り引かれるのかはわからなかったのですが、食べていると手がベタベタになるだろうし^^;ホテルも近い事もあり、持ち帰りにしました。
15分位待ったかな?やっと半身揚げを手にしホテルに戻ります。

北海道

若鶏時代 なると本店

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-16-13

 0134-32-3280

201101301711.jpg

201101301714.jpg

201101301740.jpg

201101301715.jpg

お値段の安さと利便性を考え、今回はこちらに宿泊。
お部屋の広さは十分。やはり少し古びてはいますが大きな問題は無し。
ウェルカムドリンク(数量限定)の山中牧場牛乳も無事いただけて、ゴクッと美味し!

小樽グリーンホテル

小樽グリーンホテル・別館

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-3-1

 0134-33-0333

201101301642.jpg

晩酌用の「サッポロクラシック」、滞在中の甘い物やおつまみ、明日用の菓子パンなどを買いました。

北海道

長崎屋小樽店

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂2-20-1

 0134-33-3810

JR余市駅 乗車

| コメント(0) | トラックバック(0)
201101301602.jpg

201101301608.jpg

うむむ。若干電車が遅れて待たされて寒いよぉ~。
まあ、この雪だから仕方ないけどね。

北海道

JR余市駅

 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町5-43

 0135-23-3631

201101301453.jpg

201101301455.jpg

201101301454.jpg

201101301502.jpg

201101301504.jpg

201101301534.jpg

201101301553.jpg

2010年4月・9月と訪れたココですが、運転手のツレは試飲ができず、かなりいじけておりました。
と言う事で、今回は電車で訪れ、心おきなく試飲をさせてもらおー!
春・秋からは想像できない白銀の世界!
冬季閉鎖の施設があるので見学のコースも春・秋とは若干違いました。
試飲の余市10年、鶴17年、アップルワインの美味しさは一緒でしたけどねっ!
アップルワインはやはり、オススメ通りに氷を浮かべて飲んだ方が美味しかった♪
また来たいなぁ。

北海道

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7-6

 0135-23-3131

柿崎商店 昼食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201101301559.jpg

201101301423.jpg

201101301424.jpg

201101301425.jpg

201101301429.jpg

201101301433.jpg

201101301418.jpg

秋に北海道を訪れた際ココの前を通りかかった時には、店の前にズラリと車が駐車されていて人気ぶりを実感しましたが、さすがにこの季節、そしてこの時間帯は並ぶ事も無くすんなりと入る事ができました。
昼食にしては遅めの時間だし夕食はガッツリメニューの予定なので、敢えて丼モノは外しました。
まずはサバ味噌煮250円が到着。
ホントはかすべの煮物が食べたかったんだけどなかったのでサバ味噌になった訳で。
しっかりしたお味だったのでさすがに白ご飯が欲しくなる。^^;
お次はいか飯400円。
小振りのカワイイいかだったので、ちょいとつまむには適量。
待ってました!ホッケ340円。
お値段の割には食べ応えあり!ウマー。
最後は焼きいか250円。
ちょいと生姜をのっけてウマウマ。別料金でマヨもありましたが醤油と生姜で満足。
「並んででも食べたいか?」と言われると...だけど、海鮮をお安く手軽に味わえるってのはイイですね。

北海道

柿崎商店

 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7-25

 0135-22-3354

JR余市駅 降車

| コメント(0) | トラックバック(0)
201101301603.jpg

201101301415.jpg

小樽からだと駅数は少ないが駅間が長い印象で、到着まで長く感じました。
こちらもやはりもっさり凄い雪です。

北海道

JR余市駅

 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町5-43

 0135-23-3631

JR小樽駅 乗車

| コメント(0) | トラックバック(0)
201101301337.jpg

201101301340.jpg

電車の前部はゴッテリ凄い雪。
こぢんまりしたワンマンカーです。

北海道

JR小樽駅

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂2-22-15

 0134-22-0771

201101301338.jpg

201101301326.jpg

小樽に到着~。すんごい雪です。
そう言えばJRの駅構内は○年前に出張で来た以来かも。
フェリーで上陸する時には駅前方面には立ち寄らないし。
とりあえず新千歳空港で買い物した荷物を、今日泊まるホテルに預けに行きます。

北海道

JR小樽駅

 〒047-0032 北海道小樽市稲穂2-22-15

 0134-22-0771

201101301154.jpg

201101301151.jpg

一日散歩きっぷを買い、ウロウロ旅を楽しみます。

北海道

JR新千歳空港駅

 〒066-0012 北海道千歳市美々

 0123-45-7001

201101301045.jpg

北海道到着!さて、じゃがポックルを買いまくりますっ!

北海道

新千歳空港ターミナル

 〒066-0012 北海道千歳市美々987-22

 0123-23-0111

201101300945.jpg

201101300950.jpg

いつもの如く、スカイタイムとコーヒーを。
そう言えば昔スカイタイムってキウイ味だったよねぇ。

201101300812.jpg

201101300849.jpg

伊丹便がヨカッタんだけど、おともdeマイル枠が空いていなくて関空便に。
ネムイ...。

近畿

関西空港ターミナル

 〒549-0011 大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1

 

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)