モンスターカレンダー

« 2009年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009年9月22日アーカイブ

200909222113.jpg

200909222150.jpg

風呂上がりには冷たいカクテルをキューーッといただき、甘い物を食べて眠りにつきました。

古遠部温泉

古遠部温泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

200909222038.jpg

200909230643.jpg

日帰り時間が終わり、やっと浸かる事ができました。
あるのはお湯だけ。
ふんだんに投入されるお湯が溢れまくっています。
褐色のお湯が流れゆく様を見るのは良いモノです。
トドになるマダムも多数。
宿泊者しか居ない時間帯にもかかわらず浴室は結構混んでいました。
炭酸っ気も感じられ、お湯の良さは納得。
ただ、宿泊しても混んでいると言うのはちょっと残念。
無論、日帰り可能時間はそれ以上なので利用する気になりませんでしたが。

古遠部温泉

古遠部温泉

 含石膏弱食塩泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>青森021

古遠部温泉 晩酌

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909221937.jpg

まだまだ日帰り客で賑わっているので、まずはグビッといただきつつ待ちます。

古遠部温泉

古遠部温泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

古遠部温泉 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909221701.jpg

200909221702.jpg

200909221703.jpg

200909221706.jpg

食事は一斉にいただくと言う事で、予約の段階から時間厳守と言われていました。
成る程。だから天ぷらは揚げたてを頂けるし、お魚も焼きたてをいただけると言う事ね。
ただその天ぷらなどを配る感じが、多客時だったせいかテキパキとはしているんだけど事務的で、給仕と言うより配給っぽくってちょっと...。

古遠部温泉

古遠部温泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

200909221618.jpg

200909221622.jpg

想像通り鄙びた温泉宿ですが、宿泊も満室で混雑していました。
お部屋も期待はしていませんでしたが...6900円と言うお値段からすると、かなりコンパクト。^^;
踏み込みもないし、戸の外はすぐ廊下で人通りも結構あるので落ち着きません。

古遠部温泉

古遠部温泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

200909221530.jpg

今日のお宿は1泊2食なので、ビールだけ調達しました。

東北

マックスバリュ新おおわに店

 〒038-0211 青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字前田27

 0172-48-5666

200909221438.jpg

200909221502.jpg

北東北温泉本持参で浸からせてもらいました。
ホテルだとカランなどもしっかりしているだろうと、体洗い目的で利用させてもらいました。
日帰りで利用できるのは大浴場「苹果の湯」と竹炭の湯「満天の風呂」の2つの浴場のようですが、私が訪れた時間帯は「苹果の湯」の受付は終了。
必然的に「満天の湯」利用となり、えらく混雑していました。
「満天の湯」は源泉に一番近い浴場で温泉成分が濃く残った温泉らしいのですが、同浴の子供が潜ったりその母親達が騒いだりで、落ち着いて浸かっていられなかったのが残念。
私には特徴らしい特徴も感じられなかったので(もしくは特徴を感じられる余裕がなかったので)、髪の毛と体を洗った後、早々に退散しました。

東北

ホテルアップルランド

 ナトリウム-塩化物泉

 〒036-0114 青森県平川市町居南田166-3

 0172-44-3711

 

入湯料:350円

 

温泉>青森020

200909221332.jpg

200909221342.jpg

200909221405.jpg

北東北温泉本持参で浸からせてもらいました。
キレイな施設なのでお湯はどうかな?と思いましたが、なかなかスゴイ。
内湯は他のお客さんがいらっしゃったので写真は撮れませんでしたが、床が千枚田状態で足の裏が痛いほど。
建物が新しくキレイなので、そのギャップに驚きました。
茶濁のお湯はアツアツでガツンときます。
内湯だけではすぐに逆上せてしまうので、露天へ移動。
露天のお湯は少しぬるめなので、内湯よりは長湯ができます。
力があるお湯なのでかなり疲れるお湯ではありますが、析出物を含めイイ温泉でした。

東北

白馬龍神温泉

 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

 〒036-8127 青森県弘前市小栗山字芹沢2-1

 0172-88-1250

 

入湯料:350円

 

温泉>青森019

200909221218.jpg

結構おもしろい商品が売っているスーパーでした。
りんごジュースやせんべい汁用のせんべいなど、持ち帰り用のモノを買いました。

東北

カブセンター神田店

 〒036-8061 青森県弘前市大字神田3-2-8

 0172-31-0201

200909221100.jpg

200909221148.jpg

そろそろ旅程も終わりに近づきつつあるので、お土産や持ち帰り用酒を買いました。
コーヒーが飲みたかったので、PB缶ボトルコーヒーをゴクリ。

東北

ジャスコ藤崎店

 〒038-3803 青森県南津軽郡藤崎町大字西豊田1-7-1

 0172-75-3300

200909220958.jpg

200909221036.jpg

200909221037.jpg

朝だから空いているかな~と思いきや、地元の方々で結構賑わっていました。
独特の雰囲気を醸し出していて、湯船の周りで垢すりする人あり、長い髪の毛を洗う人あり、縁に座り語り合うマダムあり。
薄黄色のお湯はアワアワが付着するステキなお湯です。
湯温はそんなに高くないのですが、この温泉の前に浸かったあすなろ温泉旅館での熱が体に籠もっていたのか逆上せてきたので、湯船の縁でブレイクを取りつつ浸かりました。

東北

不動の湯

 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒038-3635 青森県北津軽郡板柳町大字大俵字和田422-3

 0172-77-2155

 

入湯料:350円

 

温泉>青森018

200909220933.jpg

200909220935.jpg

や~、楽しませてもらいました。
1泊2食で6300円とお安いし、リピもありかな。

東北

あすなろ温泉旅館

 〒038-3671 青森県北津軽郡板柳町大字掛落林字前田140-1

 0172-73-2641

200909220802.jpg

ニッポンの朝食だねぇ~。
朝から元気にいただきます。

東北

あすなろ温泉旅館

 〒038-3671 青森県北津軽郡板柳町大字掛落林字前田140-1

 0172-73-2641

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)