モンスターカレンダー

« 2009年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009年9月19日アーカイブ

200909192300.jpg

夜中だけどデザート。
美味い。

東北

むつ矢立温泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字矢立山49-1

 0175-22-8211

200909191931.jpg

温泉はまだまだ日帰り客で混んでいそうなので今夜は諦め気分。
なのでグビーッと飲みます。

東北

むつ矢立温泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字矢立山49-1

 0175-22-8211

200909191806.jpg

夕食は結構同じ味系の煮物の小鉢が多かった。^^;
パッとしたメインが無いのがちょっと残念。

東北

むつ矢立温泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字矢立山49-1

 0175-22-8211

200909191743.jpg

200909191839.jpg

だいぶ暗くなってきましたが、無事チェックイン。
お部屋はまあこんなもんでしょ。

東北

むつ矢立温泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字矢立山49-1

 0175-22-8211

200909191714.jpg

今日のお宿は2食付きなのでアルコールだけ確保します。

東北

ユニバースむつ旭町店

 〒035-0076 青森県むつ市旭町4-20

 0175-28-3211

200909191517.jpg

200909191518.jpg

200909191519.jpg

200909191527.jpg

200909191630.jpg

200909191631.jpg

私が訪れた時には、冷抜の湯は男湯、古滝の湯は女湯、そして花染の湯が混浴となっていました。
薬師の湯は私が訪れた時は男湯だったか入湯不可だったかな?
まずは古滝の湯に。
湯船は2つに別れていて、加水量の違いでぬるめと熱めになっています。
白濁したお湯に脱衣室もそして浴室も人がいっぱい。
硫黄臭漂うお湯には白い湯の華が舞いじんわり染み入ります。
お客さん達の話を聞いていると関西から高速1000円を利用し来られたマダムあり、はたまた地元の方ありといろんな方が来られていました。
古滝の湯から出た後は地獄から極楽浜まで歩き、少し寂しい気分になりながら戻ります。
散策しているうちに体もだいぶ冷めてきたので、花染の湯に向かいました。
こちらは混浴ですが、幸い他の方がいらっしゃらなかったので良かったです。
湯船は3つに仕切られていますが、どこもほぼ同じ温度。
古滝の湯に比べると白濁度は低く、古滝の湯と比べてかなり熱かったので長湯ができませんでした。
あくまでも霊場であるので、神聖な雰囲気と何だか胸にくるものがありました。

東北

恐山

 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字宇曽利山3-2

 0175-22-3825

 

入山料:500円

 

温泉>青森008

恐山 見学

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909191514.jpg

200909191559.jpg

200909191601.jpg

200909191649.jpg

恐山の温泉に浸かりたくてやって参りました。
せっかく入山したので、じっくり見させてもらいます。
荒涼とした風景の中お供え物などを見ると、何か寂しい気持ちになりました。
見学し終わって出た所にある「霊場アイス」にはちょっと( ̄m ̄〃)ぷぷっとなりましたが。

東北

恐山

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字宇曽利山3-2

 0175-22-3825

200909191429.jpg

200909191427.jpg

200909191430.jpg

200909191433.jpg

200909191434.jpg

ソフトクリームタイム~♪
いや~のどかやねえ。
ヤギちゃんは重しのタイヤを引きずりつつ草をはんでいます。
ソフトクリームはミルクとストロベリー。(だったはず)
美味しかったけどちょい高めな300円。

東北

ミルク工房ボン・サーブ

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字内田42-606

 0175-28-2888

200909191215.jpg

200909191218.jpg

200909191257.jpg

私が訪れた時には他にどなたもおられず、貸し切り状態で浸かる事ができました。
浴室のど真ん中に大きな湯船がドーンとあります。
うたせ湯口からお湯が湯船に注がれていて、その量が豊富!
絶えずダバダバとお湯がこぼれていき気持ちがイイ。
湯船の底が緑色なので目に鮮やかですが、湯の色自体は薄黄色~ほぼ無色透明かと思われます。
スベスベした感触が何ともイイ感じです。
湯の温度はぬるめのようですが、私が訪れた時は結構暑い日だったので結構逆上せましたので、暫し窓を開け風を送り涼みました。
豊富な湯量、広い湯船を独占させてもらえて良かったです。

東北

姉戸川温泉

 単純泉

 〒039-2402 青森県上北郡東北町大字大浦字中久根下98

 0176-56-3529

 

入湯料:200円

 

温泉>青森007

谷地温泉 昼食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909191114.jpg

食堂で温玉そばをいただき、お腹が満たされました。

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

200909191006.jpg

200909191014.jpg

200909191015.jpg

200909191033.jpg

200909191040.jpg

200909191041.jpg

200909191042.jpg

200909191043.jpg

そのまま次の目的地に移動してもいいんだけど、「1泊3食」の昼食分をいただこうと。^^;
食堂は11:00からの営業なので、周辺を散策して時間を潰します。
それにしても、ピーカンなのでめっちゃ日差しがきつい!

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

200909191005.jpg

200909191024.jpg

空いている時期だったので混雑していてウンザリと言う事もなく、念願の霊泉にも浸かる事ができたので満足。
何たって安いのはいいですね。
空いている時期を見計らってまたリピートもありかな。

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

谷地温泉 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909190704.jpg

決して豪華な朝食ではありませんが、美味しくいただきました。

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)