モンスターカレンダー

« 2009年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009年9月アーカイブ

200909250608.jpg

無事敦賀港に到着~そのまま帰路へつきます。
高速上のSAでひと休み。
今日の今日から職場復帰です。げんなり。

近畿

北陸自動車道賤ヶ岳SA(上り線)

 〒529-0522 滋賀県長浜市余呉町坂口

 0749-86-3347

200909242043.jpg

200909242053.jpg

甘い系のお酒とかっぱえびせん柚子こしょう味。
んまい。

200909241814.jpg

夕食はおにぎりとサラダ、パンなどなど。
勿論ビールも欠かせません。

200909241535.jpg

200909241536.jpg

200909241544.jpg

新潟港到着。
甲板に出て見ていると、トラックの荷台部分をフェリーから下ろしている様が面白かった。

200909241325.jpg

200909241327.jpg

200909241326.jpg

200909241328.jpg

お昼ご飯は「秋田県産あきたこまち100%使用、安藤醸造元のあまだれ使用の鶏照焼き丼」と「秋田県産あきたこまち100%使用、安藤醸造元のあまだれ使用の秋田県産舞茸入り親子丼」。
どちらも美味しかった♪

200909241101.jpg

チョコレートとホットコーヒー。
ホッとひといき。

200909240951.jpg

200909241008.jpg

朝から飲めるのもフェリー旅の良さ。
先ほどマックスバリュで買ったお惣菜をつまみに、キューッと1本。

200909240901.jpg

200909240902.jpg

200909240903.jpg

200909240904.jpg

200909240907.jpg

晴れ渡る青空の下、定時出航です。
さようなら、東北。

200909240845.jpg

いつもと同じ1等和室。
何だかんだで落ち着く空間です。

200909240823.jpg

は~、いよいよ秋田から離れます。
寂しい~~。><

東北

秋田港フェリーターミナル

 〒011-0945 秋田県秋田市土崎港西1-13-13

 018-880-2600

200909240757.jpg

フェリーの中での食料確保。
フェリーターミナルから近いし、便利なお店です。

東北

マックスバリュ港北店

 〒011-0941 秋田県秋田市土崎港北7-2-20

 018-880-5711

200909240743.jpg

リッター@125円でした。

東北

コスモ石油シナネン石油株式会社東北支店セルヴィス秋田

 〒010-0962 秋田県秋田市八橋大畑1-3-46

 018-823-5065

200909240731.jpg

200909240732.jpg

熟睡できたので満足!
繁華街から離れているので、ご飯など食べに行く場所が限られてしまいますが。
次秋田に泊まる機会があれば、中食するつもりでココに泊まりたいかな~。

ホテルアルファイン秋田

ホテルアルファイン秋田

 〒010-0922 秋田県秋田市旭北栄町1-48

 018-866-3355

200909232147.jpg

200909231958.jpg

200909232011.jpg

200909232013.jpg

200909232019.jpg

200909232022.jpg

200909232023.jpg

200909232024.jpg

200909232033.jpg

200909232123.jpg

200909232125.jpg

200909232131.jpg

ホテルから徒歩圏内で2店ほど夕食候補を上げていましたが、1店は定休日でしたのでこちらへ。
お通しが350円は少し割高に感じるなぁ。
生中は420円。
本まぐろ中落ち刺身、450円。
いかの刺身は確か300円。
甘えびは390円だっけ。
アンコウの唐揚げ、420円。
雪舞酒、550円。
大判ほっけ、680円。
さんま骨せんべい、280円。
そして待ちに待った海鮮五目釜めし、880円。
全般的にはお安めかな~と思うのですが「このメニューは時間がかかります」と言われたメニュー以外が遅くなったり、カウンターで食べていて目に付いたのですが、カウンター内の店員さんの私語など態度があまり良くなかったのでリピは微妙。

東北

よいやよいや

 〒010-0951 秋田県秋田市山王3-5-32

 018-824-4180

200909231856.jpg

200909231857.jpg

200909231858.jpg

駐車場が心配でしたが、立駐でなく平面駐車場があったので良かった。
無事チェックイン。
ウィークリーマンション風なホテルです。

ホテルアルファイン秋田

ホテルアルファイン秋田

 〒010-0922 秋田県秋田市旭北栄町1-48

 018-866-3355

200909231702.jpg

今日のアルコールと朝食、そして2年前の東北旅行の際に買って美味しかったきりたんぽときりたんぽ用スープを買いました。

東北

ジャスコ御所野店

 〒010-1413 秋田県秋田市御所野地蔵田1-1-1

 018-889-6611

200909231512.jpg

200909231515.jpg

200909231516.jpg

玉川温泉から秋田市内に向かいかけた時に、お!ババヘラ発見!!
お風呂上がりにこのサッパリした口当たりはピッタリ。
200円なり。
それにしてもおばあちゃん、夕方にお迎えが来るまではずっとココにいらっしゃるのね~。
何だかちょっとかわいそうな気も...。
休業中の新鳩の湯のすぐ近くでした。

東北

新鳩の湯近く

 〒 秋田県仙北市田沢湖

 

200909231308.jpg

200909231316.jpg

200909231443.jpg

以前東北旅行をした際には、田沢湖から玉川温泉までの道が崖崩れで寸断されていて断念した玉川温泉。
やっと念願が叶いました。
玉川温泉の中でも一番新しいこの施設。
本家の玉川温泉も良いと思うのですが、落ち着いて浸かる事ができそうなこちらをセレクトしました。
青森ヒバやベイ松をふんだんに使った立派な浴室です。
希釈50%のぬるい気泡湯、あつい湯をはじめ、たる湯や寝湯、露天スペースには歩行浴や露天風呂などバラエティー豊かです。
最初は希釈50%のぬるい気泡湯や露天風呂などに恐々浸かっていましたが、慣れると100%がイイ感じ。
肌の弱い部分が若干ビリビリしましたが、何よりぬるい温度が気持ちイイです。
ツレも100%がいたく気に入った様子で、一度各々約束の時間に上がったのですが「あと1時間延長!」とお互いの気持ちが通じ合い^^;再び100%の湯船に体を沈めました。
上がり湯無しで上がった直後はさすがに肌がピリピリしましたが、完全に乾くと痒みも治まりました。
でも普通の方には上がり湯をオススメしますが...。^^;;;
次は2泊位して、ふやけるほど100%湯船に浸かりたいです。

ぶなの森玉川温泉湯治館そよ風

ぶなの森玉川温泉湯治館そよ風

 酸性-含二酸化炭素・鉄(Ⅱ)・アルミニウム-塩化物泉

 〒014-1205 秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢2

 0187-58-3050

 

入湯料:600円

 

温泉>秋田024

200909231216.jpg

200909231144.jpg

200909231154.jpg

200909231159.jpg

道の駅で休憩~。
最初は秋田ふきソフトに激しく興味ありだったのですが(北海道の昆布ソフトで懲りないのか!私)北限の桃ソフトクリームが「ETCカード提示で今だけ200円」と言う文字に惹かれてそちらにチェンジ。
(通常価格は280円)
北限の桃たるやどんな味なのかは知らないけど、桃ソフトウマー。
で、旅行から帰って調べてみたら、デフォはワッフルコーンなのねぇ~。
できればワッフルコーンの北限の桃ソフトを食べたかったわぁ。

東北

道の駅かづの花輪ばやしの里あんとらあ

 〒018-5201 秋田県鹿角市花輪字新田町11-4

 0186-22-0555

200909231056.jpg

200909231137.jpg

喉が渇いたのでスーパーに立ち寄り。
カルピスソーダグレープを飲みました。

東北

いとく鹿角ショッピングセンター

 〒018-5201 秋田県鹿角市花輪字下タ町164-1

 0186-30-1166

200909230943.jpg

200909230903.jpg

200909230920.jpg

200909230942.jpg

200909230941.jpg

200909230930.jpg

200909230931.jpg

昔は第一浴場と第二浴場、各々別の源泉が注がれていたようですが、現在は同じお湯との事で少し残念。
まずは混浴である第二浴場に向かいます。
脱衣室は男女別で、女性の脱衣室から女性専用風呂...へ行けるようになっていたのですが、現在は使われていないのか掃除用具が置いてありました。^^;
楕円形の湯船には緑白濁色のお湯が満ちていて、湯船の縁は成分でコーティングされています。
硫黄臭が強いお湯は、熱くて長くは浸かっていられません。
蕩々と流れるお湯を目で楽しみつつ出たり入ったりを繰り返しましたが、逆上せはなかなか解消されず。
次は第一浴場に向かいます。
男女別の扉が何となく取って付けた感じでほほえましい。
後付けしたという壁で仕切られた男女別の浴室です。
第一浴場は第二浴場と比べ源泉からの距離があり、それが故に加水なしらしいです。
第一浴場のお湯の方が幾分濁り度、湯温共に低いような気がしました。
別源泉が味わえなかったのは残念でしたが、同じ源泉ながら微妙に違うお湯を味わえて面白かったです。

東北

なりや旅館(休業)

 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-16

 0172-45-2228

 

入湯料:300円

 

温泉>青森022

200909221623.jpg

お湯は素晴らしく過去に泊まった方々が絶賛されていたのは納得なのですが、私自身が宿泊リピするかは...微妙です。
満室でなければ印象は変わったかもしれませんが。

古遠部温泉

古遠部温泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

古遠部温泉 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909230705.jpg

200909230817.jpg

朝食も品数が多く、美味しくいただきました。
その後部屋で缶ボトルコーヒーをグビリ。

古遠部温泉

古遠部温泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

200909222113.jpg

200909222150.jpg

風呂上がりには冷たいカクテルをキューーッといただき、甘い物を食べて眠りにつきました。

古遠部温泉

古遠部温泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

200909222038.jpg

200909230643.jpg

日帰り時間が終わり、やっと浸かる事ができました。
あるのはお湯だけ。
ふんだんに投入されるお湯が溢れまくっています。
褐色のお湯が流れゆく様を見るのは良いモノです。
トドになるマダムも多数。
宿泊者しか居ない時間帯にもかかわらず浴室は結構混んでいました。
炭酸っ気も感じられ、お湯の良さは納得。
ただ、宿泊しても混んでいると言うのはちょっと残念。
無論、日帰り可能時間はそれ以上なので利用する気になりませんでしたが。

古遠部温泉

古遠部温泉

 含石膏弱食塩泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>青森021

古遠部温泉 晩酌

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909221937.jpg

まだまだ日帰り客で賑わっているので、まずはグビッといただきつつ待ちます。

古遠部温泉

古遠部温泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

古遠部温泉 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909221701.jpg

200909221702.jpg

200909221703.jpg

200909221706.jpg

食事は一斉にいただくと言う事で、予約の段階から時間厳守と言われていました。
成る程。だから天ぷらは揚げたてを頂けるし、お魚も焼きたてをいただけると言う事ね。
ただその天ぷらなどを配る感じが、多客時だったせいかテキパキとはしているんだけど事務的で、給仕と言うより配給っぽくってちょっと...。

古遠部温泉

古遠部温泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

200909221618.jpg

200909221622.jpg

想像通り鄙びた温泉宿ですが、宿泊も満室で混雑していました。
お部屋も期待はしていませんでしたが...6900円と言うお値段からすると、かなりコンパクト。^^;
踏み込みもないし、戸の外はすぐ廊下で人通りも結構あるので落ち着きません。

古遠部温泉

古遠部温泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

200909221530.jpg

今日のお宿は1泊2食なので、ビールだけ調達しました。

東北

マックスバリュ新おおわに店

 〒038-0211 青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字前田27

 0172-48-5666

200909221438.jpg

200909221502.jpg

北東北温泉本持参で浸からせてもらいました。
ホテルだとカランなどもしっかりしているだろうと、体洗い目的で利用させてもらいました。
日帰りで利用できるのは大浴場「苹果の湯」と竹炭の湯「満天の風呂」の2つの浴場のようですが、私が訪れた時間帯は「苹果の湯」の受付は終了。
必然的に「満天の湯」利用となり、えらく混雑していました。
「満天の湯」は源泉に一番近い浴場で温泉成分が濃く残った温泉らしいのですが、同浴の子供が潜ったりその母親達が騒いだりで、落ち着いて浸かっていられなかったのが残念。
私には特徴らしい特徴も感じられなかったので(もしくは特徴を感じられる余裕がなかったので)、髪の毛と体を洗った後、早々に退散しました。

東北

ホテルアップルランド

 ナトリウム-塩化物泉

 〒036-0114 青森県平川市町居南田166-3

 0172-44-3711

 

入湯料:350円

 

温泉>青森020

200909221332.jpg

200909221342.jpg

200909221405.jpg

北東北温泉本持参で浸からせてもらいました。
キレイな施設なのでお湯はどうかな?と思いましたが、なかなかスゴイ。
内湯は他のお客さんがいらっしゃったので写真は撮れませんでしたが、床が千枚田状態で足の裏が痛いほど。
建物が新しくキレイなので、そのギャップに驚きました。
茶濁のお湯はアツアツでガツンときます。
内湯だけではすぐに逆上せてしまうので、露天へ移動。
露天のお湯は少しぬるめなので、内湯よりは長湯ができます。
力があるお湯なのでかなり疲れるお湯ではありますが、析出物を含めイイ温泉でした。

東北

白馬龍神温泉

 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

 〒036-8127 青森県弘前市小栗山字芹沢2-1

 0172-88-1250

 

入湯料:350円

 

温泉>青森019

200909221218.jpg

結構おもしろい商品が売っているスーパーでした。
りんごジュースやせんべい汁用のせんべいなど、持ち帰り用のモノを買いました。

東北

カブセンター神田店

 〒036-8061 青森県弘前市大字神田3-2-8

 0172-31-0201

200909221100.jpg

200909221148.jpg

そろそろ旅程も終わりに近づきつつあるので、お土産や持ち帰り用酒を買いました。
コーヒーが飲みたかったので、PB缶ボトルコーヒーをゴクリ。

東北

ジャスコ藤崎店

 〒038-3803 青森県南津軽郡藤崎町大字西豊田1-7-1

 0172-75-3300

200909220958.jpg

200909221036.jpg

200909221037.jpg

朝だから空いているかな~と思いきや、地元の方々で結構賑わっていました。
独特の雰囲気を醸し出していて、湯船の周りで垢すりする人あり、長い髪の毛を洗う人あり、縁に座り語り合うマダムあり。
薄黄色のお湯はアワアワが付着するステキなお湯です。
湯温はそんなに高くないのですが、この温泉の前に浸かったあすなろ温泉旅館での熱が体に籠もっていたのか逆上せてきたので、湯船の縁でブレイクを取りつつ浸かりました。

東北

不動の湯

 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒038-3635 青森県北津軽郡板柳町大字大俵字和田422-3

 0172-77-2155

 

入湯料:350円

 

温泉>青森018

200909220933.jpg

200909220935.jpg

や~、楽しませてもらいました。
1泊2食で6300円とお安いし、リピもありかな。

東北

あすなろ温泉旅館

 〒038-3671 青森県北津軽郡板柳町大字掛落林字前田140-1

 0172-73-2641

200909220802.jpg

ニッポンの朝食だねぇ~。
朝から元気にいただきます。

東北

あすなろ温泉旅館

 〒038-3671 青森県北津軽郡板柳町大字掛落林字前田140-1

 0172-73-2641

200909212334.jpg

本日のデザートはバナナ最中。
津軽銘菓なんですね~知らなかったわ。

東北

あすなろ温泉旅館

 〒038-3671 青森県北津軽郡板柳町大字掛落林字前田140-1

 0172-73-2641

200909212256.jpg

200909212257.jpg

200909212309.jpg

こちらの温泉は日帰り用の浴室も評判が良いようなのですが、折角なので湯治部の浴室付き部屋を予約して宿泊しました。
こちらは源泉温度がかなり高いので、まずはチェックインと共に湯張り開始。
浴槽に湯が溜まると同時にお湯を止め、冷ましを開始。
途中居眠りした事もありますが、湯張りから約6時間後に浸かりました。
浴室の扉から客室にまで漏れてくるアブラ臭!
浴室内はクラクラするほどです。
キレイな鼈甲色のお湯はスベスベの肌触り。
大理石のリッチな浴槽からザブーンと溢れていくお湯を眺めていると、自然と笑みがこぼれます。
晩に浸かったお湯はそのままにして、翌朝には熱い源泉を足しながら掛け流しにして浸かり、アブラ臭を最後まで楽しみました。
宿泊客も日帰り用の浴室も利用できますが、部屋付きの風呂に大満足したので、結局利用しませんでした。

東北

あすなろ温泉旅館

 ナトリウム-塩化物泉

 〒038-3671 青森県北津軽郡板柳町大字掛落林字前田140-1

 0172-73-2641

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>青森017

200909212110.jpg

熱いお湯はなかなか適温まで冷めてくれない~と言う事で、発泡酒を飲みつつ待ちます。

東北

あすなろ温泉旅館

 〒038-3671 青森県北津軽郡板柳町大字掛落林字前田140-1

 0172-73-2641

200909211755.jpg

お~、おかずの種類も多いしご飯もお代わりできるしイイんじゃない?
お腹ポンポコリンになりました。

東北

あすなろ温泉旅館

 〒038-3671 青森県北津軽郡板柳町大字掛落林字前田140-1

 0172-73-2641

200909211641.jpg

200909211648.jpg

今日のお宿に到着~。
湯治部の浴室付き部屋です。
源泉がかなり熱いので、早速お湯を張り始めます。

東北

あすなろ温泉旅館

 〒038-3671 青森県北津軽郡板柳町大字掛落林字前田140-1

 0172-73-2641

200909211613.jpg

今日のお宿は2食付きなので、デザートとアルコールをお買い物。

東北

マックスバリュ板柳店

 〒038-3672 青森県北津軽郡板柳町大字灰沼字東265-1

 0172-79-2366

200909211553.jpg

リッター@122円でした。
看板より1円安。

東北

ゼネラルエクスプレス弘前城北SS

 〒036-8381 青森県弘前市大字独狐字島田31-2

 0172-95-3530

200909211451.jpg

200909211530.jpg

私が訪れた時はちょうど外壁塗り替え中でしたが、営業はしていました。
浴槽は2つに仕切られていて、小さい方が熱いお湯だったので、主に大きい方に浸かっていました。
泡付きがあるお湯で熱い方が泡付きが良いようですが、如何せん私には熱かったです。
温い方でもそれなりに感じる泡付きを楽しみつつ、暫しまったりと過ごしました。

東北

ふれあいセンター

 ナトリウム-塩化物泉

 〒038-1141 青森県南津軽郡田舎館村大字川部字村元33-1

 0172-75-5211

 

入湯料:280円

 

温泉>青森016

200909211356.jpg

リッター@127円。
必要な分だけ給油しました。

東北

出光青森オイルサービス株式会社AOSセルフステーション三内

 〒038-0031 青森県青森市大字三内字玉作2-8

 017-781-0560

200909211347.jpg

200909211310.jpg

建物の外観から(゜ー゜)ニヤリと笑みがこぼれる雰囲気。
昭和の香り漂う感じです。
浴室は天井が高く体育館のような造り。
男湯と女湯は壁で仕切られていて、その壁からお湯がドボドボ投入されています。
少し違うかもしれませんが、何となく自分のイメージの中では、廃業した愛知のコーワレジャーランドを思い出させる造りです。
お湯は硫黄臭がありガッツリ温まる、黄緑白濁のお湯です。
外気が通らないので、浸かっているとすぐボーっとなってしまいます。
湯から上がってトド擬きになったりしましたが、グンニョリ疲れる、パワーたっぷりのお湯でした。
湯船や壁に付いた析出物が目を楽しませてくれました。

東北

三内ヘルスセンター

 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉

 〒038-0031 青森県青森市三内字沢部306-1

 017-766-0185

 

入湯料:350円

 

温泉>青森015

200909211304.jpg

このまま温泉に入ったら倒れそうなので、お腹を少しでも満たします。

東北

三内ヘルスセンター

 〒038-0031 青森県青森市三内字沢部306-1

 017-766-0185

200909211114.jpg

200909211128.jpg

200909211132.jpg

200909211143.jpg

お湯が良いという評判を見てお邪魔してみました。
空いているかな~と思いきや、結構混んでいて内湯は人でいっぱいでした。
薄く濁ったお湯がザンザン掛け流し。
床もお湯でヒタヒタです。
ただ混んでいたのと内湯の湯温が高かった事もあり、程なくして露天に移動。
露天のお湯の方が酸化が進んでいるのか、内湯より濁りが濃いような気がしました。
新しい源泉だけでなく内湯からのこぼれ湯も投入されているようなので、そのせいかもしれませんね。
内湯よりも幾分温かったのと外気に当たる事ができるのとで、ほとんどの時間を露天で過ごしました。

東北

みちのく深沢温泉

 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉

 〒030-0955 青森県青森市大字駒込字深沢650

 017-738-1464

 

入湯料:400円

 

温泉>青森014

200909201738.jpg

200909201740.jpg

別館チェックアウトと共に「こちらにも浸かっていいですか~?」「どうぞ~」と浸からせてもらいました。
浴室の真ん中にある湯船は強力ジェット付き。
天井が高く銭湯ならではの開放感があっていいですが、お湯は別館の方が状態が良いかなと思いました。
でも大きな湯船にふんだんに掛け流されるお湯はやはり気持ちの良いモノです。
激しいジェットでちょっとはカロリー消費できたかな?^^;
寝ぼけた頭がスッキリとしました。

東北

玉勝温泉

 単純泉

 〒039-2405 青森県上北郡東北町上北南1-31-1088

 0176-56-3007

 

# 玉勝温泉別館に宿泊にて入湯

 

温泉>青森013

200909210852.jpg

数組宿泊客もあったようですが、思いの外静かに過ごす事ができて良かった。
この近辺に泊まる機会がまたあれば、リピありかな。

東北

玉勝温泉別館

 〒039-2405 青森県上北郡東北町上北南1-31

 玉勝温泉 0176-56-3007

200909210742.jpg

蒸しパン、菓子パンの朝食。

東北

玉勝温泉別館

 〒039-2405 青森県上北郡東北町上北南1-31

 玉勝温泉 0176-56-3007

200909202140.jpg

つるこまんじゅうは見た目からして甘甘かと思いきやそうでもなく、パフパフして唾液が取られる感じ。

東北

玉勝温泉別館

 〒039-2405 青森県上北郡東北町上北南1-31

 玉勝温泉 0176-56-3007

200909202024.jpg

お風呂上がりには、秋限定カロリをキュッといただきます。
んまい。

東北

玉勝温泉別館

 〒039-2405 青森県上北郡東北町上北南1-31

 玉勝温泉 0176-56-3007

200909202014.jpg

200909202008.jpg

基本的には宿泊者しか浸かる事ができないと言うこちらのお風呂。
脱衣室からアーチ状のトンネルをくぐって浴室に進みます。
クラシックなタイル貼りの浴室は、銭湯のミニチュア版と言った感じでかわいらしい。
黄色がかった緑色のお湯は結構熱く、あまり浸かっていられないのが残念だがイイお湯です。
ツルツルした肌触りのお湯いつまでも浸かっていたいけど...浴室内に熱気が籠もりアッと言う間に逆上せて終了。
新鮮なお湯に浸かる事ができるのはd(>_・ )グッ!。

東北

玉勝温泉別館

 単純泉

 〒039-2405 青森県上北郡東北町上北南1-31

 玉勝温泉 0176-56-3007

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>青森013

200909201757.jpg

かなり空腹なので早々に夕食。
生さんま、生かつおの刺身とにぎり寿司。
美味い。

東北

玉勝温泉別館

 〒039-2405 青森県上北郡東北町上北南1-31

 玉勝温泉 0176-56-3007

200909201739.jpg

200909201743.jpg

今日のお宿に到着~。
車は道を挟んで向かいにある本館の駐車場に、宿泊受付は本館で行います。
お部屋はちょっとやさぐれていますが^^;1泊2500円なので文句なしです。

東北

玉勝温泉別館

 〒039-2405 青森県上北郡東北町上北南1-31

 玉勝温泉 0176-56-3007

200909201648.jpg

200909201727.jpg

200909201654.jpg

200909201731.jpg

北東北温泉本持参で浸からせてもらいました。
2つの湯船に別れた内湯がありますが、体が熱を保っていて外気に当たりたい気分だったので露天へ向かいます。
露天も内湯と同じく澄んだ黄色いお湯が満ちています。
絶えずお湯が投入されているので、体を沈める度にザバーッと湯がこぼれて気持ちイイ。
ヌルツルとした感触もたまりません。
露天はほぼ独占状態でしたので、浸かっては上がり、冷ましては浸かりを繰り返しました。

温泉旅館水明

温泉旅館水明

 アルカリ性単純泉

 〒039-2401 青森県上北郡東北町大字上野字山添56-4

 0176-56-5083

 

入湯料:240円

 

温泉>青森012

200909201552.jpg

今日のお宿は素泊まりなので、夕食と明日の朝食などを買いました。

東北

ユニバース上北町店

 〒039-2406 青森県上北郡東北町旭北1-680-1

 0176-56-2225

200909201514.jpg

200909201540.jpg

200909201546.jpg

北東北温泉本持参で浸からせてもらいました。
私が訪れた時は浴室満員状態!
自分の身の置き場を確保するのに大変な状態でした。
澄んだ褐色のお湯に体を沈めると、スルッとした感触が気持ちイイ。
ただ、湯気と熱気が籠もりモウモウとしていたので、アッと言う間に逆上せてしまいます。
混んでいたので体を冷ますスペースを確保するにも四苦八苦だったので、あまり長くは滞在できませんでした。

東北

八甲ラヂウム温泉

 単純泉

 〒039-2401 青森県上北郡東北町大字上野字北谷地39-186

 0176-56-2364

 

入湯料:200円

 

温泉>青森011

200909201353.jpg

200909201401.jpg

沿道にある「菜の花ソフト」の看板に惹かれて立ち寄りました。
うっすら黄色いソフトクリームは「菜の花?」と菜の花感はあまり感じませんでしたが、普通に美味しいソフトクリームでした。

東北

トラベルプラザサンシャイン

 〒039-4114 青森県上北郡横浜町字大豆田127

 0175-78-2080

200909201306.jpg

リッター@130円と少し高め。

東北

ENEOS株式会社佐藤石油商会セルフ大畑バイパスSS

 〒039-4401 青森県むつ市大畑町松ノ木152-1

 0175-34-4145

200909201244.jpg

200909201206.jpg

200909201208.jpg

200909201247.jpg

北東北温泉本持参で浸からせてもらいました。
手前に洗い場、奥に湯船という造りです。
人が多いとせせこましそうですが、私が利用した時には途中で1人入って来られただけだったので問題なし。
緑白濁色のお湯が蕩々と流れて湯船を満たしています。
湯の華も舞うお湯は適温ですが、すぐにあたたまって逆上せ気味になったので、少し開いた窓の隙間から顔に外気を当てていました。
洗い場が壁で仕切られて独立性があるしシャワーの水圧も高かったので、体を洗うにもd(>_・ )グッ!
接遇も良く、気持ちよく利用する事ができました。

東北

ホテルニュー下風呂

 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉

 〒039-4501 青森県下北郡風間浦村大字下風呂字下風呂67-2

 0175-36-2021

 

入湯料:600円

 

温泉>青森010

海峡荘 昼食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909201110.jpg

200909201118.jpg

200909201119.jpg

200909201122.jpg

高いモノを食べるつもりはありませんでしたが、店頭での「焼きパフォーマンス」に惹かれ値段を聞くと500円という事だったので、まぐろのぶつ切りをいただきました。
結構行列があり、ありつけるまで少し時間がかかりました。
こってりと脂のりまくりで結構美味しかった。
大間のまぐろだったのかそれとも別のトコのまぐろだったのかは未確認。

東北

海峡荘

 〒039-4601 青森県下北郡大間町大字大間字大間平17-734

 0175-37-3691

大間崎 見学

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909201102.jpg

200909201104.jpg

200909201105.jpg

200909201106.jpg

200909201107.jpg

200909201108.jpg

やって参りました!
本州最北端へ。
ピカッと光るまぐろ。
何か力んでいる手。
と思ったら、まぐろの一本釣りのオブジェだったのね。

東北

大間崎

 〒039-4601 青森県下北郡大間町大字大間字大間平

 大間町役場 0175-37-2111

200909201024.jpg

200909201022.jpg

200909201023.jpg

烏賊様レース場がありましたが、お客さんもいないしその時間でも無いのかレースはありませんでした。
焼きイカをいただきながら海を眺めました。

東北

風間浦村活イカ備蓄センター

 〒039-4501 青森県下北郡風間浦村大字下風呂字下風呂127

 0175-36-2112

200909200842.jpg

建物の裏手には立派な足湯がありました。
コレを露天風呂にしてくれれば、風も通るし湯も程良く冷めるんじゃないかな。
料理の質を考えると、ん~満足感は少し低めかなぁ。

東北

むつ矢立温泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字矢立山49-1

 0175-22-8211

200909200805.jpg

200909200817.jpg

うむ。朝も簡素な食事です。
陶板焼きの中身はなにかな~?と思って開けたらベーコンエッグでした。^^;

東北

むつ矢立温泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字矢立山49-1

 0175-22-8211

200909200749.jpg

宿泊しての入湯なので、朝だと人が少ないかなと言う期待を持っていたのですが、なんのなんの朝からそれなりに先客がいらっしゃいました。
緑褐色に濁ったお湯はとりあえず熱い!
ドンドン溢れ出るお湯は塩分、鉄分が豊富に含まれているようです。
浸かろうと何度か試しましたがアッと言う間に逆上せてしまい、湯船の周りでトドになるのが関の山でした。
夜も朝も絶えず日帰り客がいらっしゃるのは人気の現れでしょうが、宿泊客と日帰り客の入湯時間が全く一緒ってのは少し悲しい。
数時間だけでも宿泊客だけが浸かる事ができる時間を設けてくれればいいなあと思いました。

東北

むつ矢立温泉

 ナトリウム-塩化物強塩泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字矢立山49-1

 0175-22-8211

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>青森009

200909192300.jpg

夜中だけどデザート。
美味い。

東北

むつ矢立温泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字矢立山49-1

 0175-22-8211

200909191931.jpg

温泉はまだまだ日帰り客で混んでいそうなので今夜は諦め気分。
なのでグビーッと飲みます。

東北

むつ矢立温泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字矢立山49-1

 0175-22-8211

200909191806.jpg

夕食は結構同じ味系の煮物の小鉢が多かった。^^;
パッとしたメインが無いのがちょっと残念。

東北

むつ矢立温泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字矢立山49-1

 0175-22-8211

200909191743.jpg

200909191839.jpg

だいぶ暗くなってきましたが、無事チェックイン。
お部屋はまあこんなもんでしょ。

東北

むつ矢立温泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字矢立山49-1

 0175-22-8211

200909191714.jpg

今日のお宿は2食付きなのでアルコールだけ確保します。

東北

ユニバースむつ旭町店

 〒035-0076 青森県むつ市旭町4-20

 0175-28-3211

200909191517.jpg

200909191518.jpg

200909191519.jpg

200909191527.jpg

200909191630.jpg

200909191631.jpg

私が訪れた時には、冷抜の湯は男湯、古滝の湯は女湯、そして花染の湯が混浴となっていました。
薬師の湯は私が訪れた時は男湯だったか入湯不可だったかな?
まずは古滝の湯に。
湯船は2つに別れていて、加水量の違いでぬるめと熱めになっています。
白濁したお湯に脱衣室もそして浴室も人がいっぱい。
硫黄臭漂うお湯には白い湯の華が舞いじんわり染み入ります。
お客さん達の話を聞いていると関西から高速1000円を利用し来られたマダムあり、はたまた地元の方ありといろんな方が来られていました。
古滝の湯から出た後は地獄から極楽浜まで歩き、少し寂しい気分になりながら戻ります。
散策しているうちに体もだいぶ冷めてきたので、花染の湯に向かいました。
こちらは混浴ですが、幸い他の方がいらっしゃらなかったので良かったです。
湯船は3つに仕切られていますが、どこもほぼ同じ温度。
古滝の湯に比べると白濁度は低く、古滝の湯と比べてかなり熱かったので長湯ができませんでした。
あくまでも霊場であるので、神聖な雰囲気と何だか胸にくるものがありました。

東北

恐山

 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字宇曽利山3-2

 0175-22-3825

 

入山料:500円

 

温泉>青森008

恐山 見学

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909191514.jpg

200909191559.jpg

200909191601.jpg

200909191649.jpg

恐山の温泉に浸かりたくてやって参りました。
せっかく入山したので、じっくり見させてもらいます。
荒涼とした風景の中お供え物などを見ると、何か寂しい気持ちになりました。
見学し終わって出た所にある「霊場アイス」にはちょっと( ̄m ̄〃)ぷぷっとなりましたが。

東北

恐山

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字宇曽利山3-2

 0175-22-3825

200909191429.jpg

200909191427.jpg

200909191430.jpg

200909191433.jpg

200909191434.jpg

ソフトクリームタイム~♪
いや~のどかやねえ。
ヤギちゃんは重しのタイヤを引きずりつつ草をはんでいます。
ソフトクリームはミルクとストロベリー。(だったはず)
美味しかったけどちょい高めな300円。

東北

ミルク工房ボン・サーブ

 〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字内田42-606

 0175-28-2888

200909191215.jpg

200909191218.jpg

200909191257.jpg

私が訪れた時には他にどなたもおられず、貸し切り状態で浸かる事ができました。
浴室のど真ん中に大きな湯船がドーンとあります。
うたせ湯口からお湯が湯船に注がれていて、その量が豊富!
絶えずダバダバとお湯がこぼれていき気持ちがイイ。
湯船の底が緑色なので目に鮮やかですが、湯の色自体は薄黄色~ほぼ無色透明かと思われます。
スベスベした感触が何ともイイ感じです。
湯の温度はぬるめのようですが、私が訪れた時は結構暑い日だったので結構逆上せましたので、暫し窓を開け風を送り涼みました。
豊富な湯量、広い湯船を独占させてもらえて良かったです。

東北

姉戸川温泉

 単純泉

 〒039-2402 青森県上北郡東北町大字大浦字中久根下98

 0176-56-3529

 

入湯料:200円

 

温泉>青森007

谷地温泉 昼食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909191114.jpg

食堂で温玉そばをいただき、お腹が満たされました。

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

200909191006.jpg

200909191014.jpg

200909191015.jpg

200909191033.jpg

200909191040.jpg

200909191041.jpg

200909191042.jpg

200909191043.jpg

そのまま次の目的地に移動してもいいんだけど、「1泊3食」の昼食分をいただこうと。^^;
食堂は11:00からの営業なので、周辺を散策して時間を潰します。
それにしても、ピーカンなのでめっちゃ日差しがきつい!

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

200909191005.jpg

200909191024.jpg

空いている時期だったので混雑していてウンザリと言う事もなく、念願の霊泉にも浸かる事ができたので満足。
何たって安いのはいいですね。
空いている時期を見計らってまたリピートもありかな。

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

谷地温泉 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909190704.jpg

決して豪華な朝食ではありませんが、美味しくいただきました。

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

200909182306.jpg

200909182325.jpg

お茶請けの味噌くるみ饅頭を熱いお茶で。
温泉に長々と浸かったせいか喉が渇いたので酎ハイをゴクリ。
んまい。

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

200909181904.jpg

200909182209.jpg

200909182210.jpg

200909182211.jpg

こちらは宿泊してじっくり浸かりたいと思い、楽しみにしていました。
昔は混浴と混浴うたせ湯、女性専用となっていたようですが、現在は混浴だった浴室が男性、打たせ湯は女性?、そして前から女性専用だった風呂は引き続き女性用となっているようです。
まず夕食後に一浴。
女性専用風呂にも上の湯(あつ湯)と 霊泉と言われる下の湯(ぬる湯)に別れていますが、霊泉は足元湧出であるという男性浴室から引っ張ってきているので、鮮度は男性浴室より落ちるよう。
残念だな~と思いつつ、女性専用浴室の霊泉ばかりに浸かった後上がりました。
晩酌後にもう一浴しようと再びお風呂へ。
今度は女湯も賑やか。
比較的近くからお越しの常連さんがいらっしゃいました。
と程なくして「あっちの湯がイイから行かない?」とお誘いが。
「男湯じゃないんですか?」と聞くと「大丈夫大丈夫、混浴だし向こうにいるのはウチのお父さんだし」と言うお墨付きをいただいたので堂々と(!)男湯へGO!
お~!男湯(混浴)の霊泉はやっぱりイイです。
湯船の一部分から、ぷくん...ぷくん...と泡と共に湧いてくる温泉。
ひんやりした霊泉ですが、その泡の近くにいるとそこからじんわり温まって火照って来るような感じです。
結局夜1回、朝1回各々1時間近く、混浴霊泉に浸かっていました。
日帰り入浴時間だと混雑しているでしょうし、混浴の方にはとてもじゃないけど落ち着いて浸かっていられないと思うので、宿泊したのは正解だったと思いました。
私が訪れた時には、うたせ湯は工事中で利用できませんでした。

谷地温泉

谷地温泉

 単純硫黄泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>青森006

谷地温泉 晩酌

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909182049.jpg

プハッと1本。

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

谷地温泉 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909181746.jpg

写真以外に自分で好きな量を取れる汁物もあり、お腹いっぱいになりました。
何たって1泊3食で5800円+入湯税150円とお安いので満足です。

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

200909181717.jpg

200909181722.jpg

さて、今日のお宿にチェックインです。
一番古い本館の部屋ですが両隣が空き室だったので静かで何より。
細長いお部屋です。

谷地温泉

谷地温泉

 〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1

 0176-74-1181

200909181654.jpg

200909181700.jpg

200909181701.jpg

酸ヶ湯から徒歩7分らしい。
高温の温泉蒸気が中を流れる木箱に腰をかけ、お尻から身体の深部まで暖める仕掛けです。
んで蒸かしてみました。^^;

東北

まんじゅうふかし

 〒030-0111 青森県青森市荒川南荒川

 酸ヶ湯温泉 017-738-6400

200909181549.jpg

200909181638.jpg

前々から憧れていたこちらの千人風呂。
別に男女別の浴場もあるようですが千人風呂とは別料金になってしまうようなので、千人風呂のみ入湯しました。
女性脱衣室から浴室の中程までは衝立があり、その衝立内にはかぶり湯、水道。
そして衝立が切れた奥には四分六分の湯、衝立の向こう側には熱の湯があります。
男性脱衣室側である左側奥には打たせ湯である湯滝がありますが、あまりにも男性陣の目が...でしたので利用していません。
四分六分の湯、熱の湯共に仕切板などは一切無い、看板のみでの男女別ゾーン分けされているのですが、混雑していてその場に居ざるを得ないと言うわけでなくその境界線ギリギリに張り付いている男性がいて「そこまでして見たいか!?」と気持ちが悪かったです。
そのゾーンに入らないように見回る人もまた男性で細かく注意をしていっているようでしたが、女性客にとってはその宿の男性も...。
白濁したお湯と浴室の雰囲気は素晴らしいモノなのですが、あまり落ち着いて浸かる事ができませんでした。

酸ヶ湯温泉

酸ヶ湯温泉

 酸性硫黄泉

 〒030-0111 青森県青森市大字荒川字南荒川山国有林酸ケ湯沢50

 017-738-6400

 

入湯料:600円

 

温泉>青森005

200909181423.jpg

今日のお宿は2食付きなのでお菓子やアルコール類などを買いました。

東北

ジャスコ藤崎店

 〒038-3803 青森県南津軽郡藤崎町大字西豊田1-7-1

 0172-75-3300

200909181347.jpg

200909181307.jpg

200909181316.jpg

民家に温泉の看板が掛かっていると言った感じで、玄関横に溢れる植物共々何だか笑みがこぼれる雰囲気の外観です。
お風呂はシンプルなタイル貼り。
お湯は透明ですが、鉄分を含んでいるのか湯面のライン付近は析出物で茶色く色づいています。
こちらの温泉の凄さはドバドバと投入されるお湯の炭酸量。
パイプから勢いよく投入されるお湯はジャグジーの如くの泡で、湯口付近に顔を近づけると炭酸っ気で鼻がツンとしました。
肌への泡付きはそれほどでもありませんでしたが、この迫力はスゴイ。
温度がそれなりにあったのとお湯のパワーでそうそう長湯はできませんでしたが、独占状態でゆったりと楽しませてもらいました。

東北

森田温泉

 含重曹弱食塩泉

 〒038-2816 青森県つがる市森田町森田月見野110-2

 0173-26-2211

 

入湯料:300円

 

温泉>青森004

200909181232.jpg

200909181233.jpg

リッター@122円でした。

東北

ゼネラルエクスプレス弘前城北SS

 〒036-8381 青森県弘前市大字独狐字島田31-2

 0172-95-3530

斉藤農園 おやつ

| コメント(0) | トラックバック(0)
200909181203.jpg

200909181154.jpg

嶽温泉のお土産物屋さんで焼いた嶽きみを横目で見つつ「200円かぁ~」と結局食べず仕舞い。
嶽温泉街から少し離れた国道沿いで嶽きみの直売所発見!
「ゆできみ150円」の文字を見て、速攻買いに走ります。
粒が揃ってキレイなとうもろこしは甘くて抜群に美味しい!
旅程の最後であれば買って帰りたい所ですがまだまだ旅が続くので、残念ながら買って帰る事はしませんでした。

東北

斉藤農園

 〒036-1343 青森県弘前市百沢字裾野

 0172-83-2028

200909181126.jpg

200909181128.jpg

200909181145.jpg

北東北温泉本持参で浸からせてもらいました。
事前連絡を入れていなかったのでお小言をいただいてしまいましたが。
まずは浴室に向かいます。
ヒバ造りの浴室は小さな湯船が2つ。
両方ともの湯船に硫黄臭がある白濁のお湯が満ちこぼれています。
加水の具合が各々微妙に違ったのか、それとも源泉のブレンドの違いなのか、突き当たりの湯船の方はクリーム色っぽい白濁、左手の湯船の方は青白濁でした。
温泉成分のせいか木の床が滑りやすいので注意必要。
館内には芸能人のサインや縄文?オブジェの数々などちょっと下世話な感じがしましたが、こだわりの一つなんでしょうね。^^;

東北

縄文人の宿

 酸性-カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

 〒036-1345 青森県弘前市大字常盤野字湯の沢14

 0172-83-2123

 

入湯料:500円

 

温泉>青森003

200909180953.jpg

200909180956.jpg

小腹が空いた~と思ったところに「いか焼き村」の文字が目に入り立ち寄る事に。
早い時間だった事もあり表での炭火焼きのいかはありませんでしたが、中に焼いて置いてモノがありましたので購入。
サザエを茹でたモノもあったので買って、外のベンチで食べました。
ボリュームもあり、美味しかったぁ~♪

東北

道の駅ふかうらかそせいか焼き村

 〒038-2411 青森県西津軽郡深浦町大字風合瀬字上砂子川144-1

 0173-76-3660

200909180806.jpg

200909180909.jpg

200909180810.jpg

200909180812.jpg

200909180815.jpg

200909180850.jpg

200909180907.jpg

前々から憧れていましたが、やっと浸かる事ができました。
想像よりも近代的な建物で入湯料を支払うとリストバンドを付けられます。
お金を払わずに海辺の露天に浸かる人が多いのかもしれませんね。
まずは内湯で体を洗ってから露天に移動しろと言う事でしたので、まずは内湯へ。
ガラス張りで開放的...と言いたいところですが目線付近は目隠しの磨りガラスっぽくなっているので明るいながらも景観は望めません。
内湯のお湯は茶褐色で浸かり続けると疲れそうなお湯なので、服を着て露天へ向かいます。
私が訪れた時には他のお客さんがいらっしゃらなかったので、まずは混浴露天風呂へ。
すぐ側は海!近くの漁船?からは見えそうな気もしますが気にせず浸かります。
ひょうたん型の湯船には黄土色のお湯が満ちており、湯船の周りには析出物が固まっています。
私が浸かった時には言うほど熱くはありませんでしたが結構温まりました。
他のお客さんが来るまでは、逆上せたら湯船の外に出て冷まし...としていましたが、太陽の日差しがきつくて肌がジリジリ焼けてしまいます。
程なくして他の男性客もいらっしゃったので外で体を冷ます事もし辛くなり、アッと言う間に逆上せてしまいました。
湯口からお湯をとり口に含んでみましたが、しょっぱ苦くて、少しさび味もありました。
そんなこんなで女性専用露天風呂にはちょっと浸かっただけ。
混浴に抵抗のある女性でも安心して浸かる事ができそうでした。

不老ふ死温泉

不老ふ死温泉

 含鉄-ナトリウム・マグネシウム-塩化物強塩泉

 〒038-2327 青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15-1

 0173-74-3500

 

入湯料:600円

 

温泉>青森002

200909180638.jpg

200909180646.jpg

サークルKでホットコーヒーを買い、昨日買ったパンを食べました。

東北

サークルK三種八竜店

 〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字帆出32-2

 0185-85-4112

200909180543.jpg

やっと秋田に到着しました。
さあ、いよいよスタートです。

東北

秋田港フェリーターミナル

 〒011-0945 秋田県秋田市土崎港西1-13-13

 018-880-2600

200909180516.jpg

目覚めのコロッケパン。

200909172219.jpg

新潟停泊中。
遠くに街の灯りが見えます。

200909172006.jpg

トップバリュヌードルの夕食。

200909171925.jpg

秋味を飲み、おつまみをつまみます。
ほろ酔い気分。

200909171920.jpg

船内放送があり闇に向かいカメラを向けたけれど...。

200909171849.jpg

うろこ雲と茜色に染まる水平線。

200909171754.jpg

200909171755.jpg

200909171756.jpg

さ~て、サッパリしますか。
明るいウチのお風呂もなかなかですな。

200909171752.jpg

200909171753.jpg

段々と日が落ちてきます。
何ともノンビリした旅です。

200909171707.jpg

200909171708.jpg

船内放送があったので、カメラを出してパチリ。
半分酔っぱらっていたので放送をハッキリ聞いていなかったけど、禄剛岬かな?

200909171625.jpg

りんご酎ハイと、とろしめさば。
何ともスゴイ組み合わせです。^^;

200909171602.jpg

200909171609.jpg

お昼ご飯を食べていないので小腹が空いてきた~。
と言う事でお菓子を食べました。

200909171034.jpg

200909171041.jpg

200909171054.jpg

朝食は唐揚げ弁当とおにぎり。
さきいかをつまみながら、発泡酒でいい気分になりました。

200909171006.jpg

200909171010.jpg

200909171011.jpg

200909171012.jpg

200909171013.jpg

今日も係員の皆様がお見送りしてくれました。
いってきま~~す。

200909170920.jpg

200909170928.jpg

200909170929.jpg

毎度毎度毎度おなじみ1等和室。
値段と居住性を考えるといつもこの選択になります。

200909170907.jpg

200909170916.jpg

インターネット予約なので行き・帰りのチケットを引き替えて。
今日も良く晴れていますなあ。

北陸

敦賀港フェリーターミナル

 〒914-0274 福井県敦賀市鞠山95-4

 0770-23-2222

200909170743.jpg

リッター@126円でした。

近畿

エッソフジノ石油ファーストセルフ八日市SS

 〒527-0033 滋賀県東近江市東沖野1-7-5

 0748-24-2433

200909170653.jpg

フェリーの中での食料を買い込むために立ち寄ります。
朝早くても開いているのはイイですね。

近畿

マックスバリュ八日市店

 〒527-0057 滋賀県東近江市岡田町118

 0748-25-2835

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)