モンスターカレンダー

« 2015年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

・2007年04月静岡・愛知・三重旅行の最近のブログ記事

200704271803.jpg

200704271817.jpg

待ちに待った夕食です!
赤いのは鹿の刺身!おろしにんにくを載っけて...。ウマー。
小鉢は行者にんにくのヌタ。
管理人のおばさんのお知り合いが北海道から送ってくれたものらしいです。
おばさんオススメの食べ方、行者にんにくを鹿刺でくるんで食べると...、更にウマー。
こんにゃくとしいたけ、絹さや、にんじんの煮物も美味しい。
山菜の天麩羅は、とれたて山菜+行者にんにく。
山菜の種類を説明してくれたけど...忘れちゃった!
アマゴの塩焼き、じゃがいもなど具沢山のおみそ汁も美味しい!
ご飯もおみそ汁もお代わりしてガツガツ食べていると、お蕎麦まで出してくれました!
よう食うやっちゃな~とおもわれたのでしょうか。
(^▽^;)

※2009年7月に新しい「アルプス赤石温泉白樺荘」(静岡県静岡市葵区田代1110-5)がオープン。「アルプス赤石温泉白樺荘」が日帰り入浴施設でなく温泉宿泊施設となり、畑薙ロッジは閉鎖されたようです。

東海

畑薙ロッジ(閉鎖)

 〒428-0505 静岡県静岡市葵区田代1109-1

 

200704271625.jpg

200704271626.jpg

200704271627.jpg

夕ご飯まではまだ時間もありそうだし...と車でブブーッと行ってみました。
人工湖、畑薙湖。
風が強い!((´д`)) ぶるぶる・・・さむ~~と言う事で、早々に帰路につきました。

東海

畑薙第一ダム

 〒428-0505 静岡県静岡市葵区田代1109-1

 

200704271615.jpg

200704271644.jpg

200704271600.jpg

200704280921.jpg

200704271641.jpg

200704271642.jpg

200704271643.jpg

さて、今日のお宿に到着です。
ココは白樺荘から近い事、そして1泊2食5600円というリーズナブルさで決めました。
お部屋は唯一の2人部屋で二段ベッドです。
部屋の入口にはロッカーがあり、混雑時は相部屋になる可能性もあるのでしょう。
建物の外は眺めが良く、若い緑が目に眩しいです。

※2009年7月に新しい「アルプス赤石温泉白樺荘」(静岡県静岡市葵区田代1110-5)がオープン。「アルプス赤石温泉白樺荘」が日帰り入浴施設でなく温泉宿泊施設となり、畑薙ロッジは閉鎖されたようです。

東海

畑薙ロッジ(閉鎖)

 〒428-0505 静岡県静岡市葵区田代1109-1

 

200704271446.jpg

200704271445.jpg

200704271449.jpg

200704271451.jpg

200704271457.jpg

200704271456.jpg

200704271529.jpg

200704271531.jpg

200704271532.jpg

200704281031.jpg

200704281040.jpg

200704281041.jpg

入口で簡単な住所と人数を書いて入場するシステムです。
以前は住所・氏名を記入して入場していたようですが、個人情報保護の関係でしょうか。
後々はカードに住所・氏名を書いて箱に投入する形に変えるらしいのですが、現在は暫定的に簡単な住所・人数の記入になっています。
前々から来たいと思っていたココ。
連休を外し平日に訪問する計画にしたので、空いていて良かったです。
女湯は先客無しで貸し切り状態。
加熱されたお湯が左の浴槽にドンドコドンドコ大量投入。
体を沈めるとドバーッと溢れるお湯...。(^^)
ニュルニュルの感触が気持ちイイ♪硫黄の香りもたまりません。
左の浴槽から右の浴槽へ流れ込む構造になっているので、右の浴槽は少し温めのお湯です。
左で逆上せると右へ浸かり、それでも逆上せたら湯船から上がってボーッ。
贅沢な時間を過ごしました。
近くの畑薙ロッジ(閉鎖)に泊まって、翌朝にも朝湯を楽しみました。
ただ、開店前から待っている方多数。
開店と同時に入場~。
前日と同じように簡単な住所・人数を記入してお風呂場へ。
女湯は私を入れて4人ほど。
しかし、他の方は右側の温い方の浴槽に。結局左側の浴槽は私だけでゆっくり。
30分弱ですが朝湯を楽しみました。
道程は厳しいけれどお湯は最高!
古いけれど嫌な古さではなく、手入れされた古さを感じました。

※2009年7月に新しい「アルプス赤石温泉白樺荘」(静岡県静岡市葵区田代1110-5)がオープン。それに伴い入湯料が有料(500円)になり、お湯も掛け流しではなく塩素入り循環になったようです。

東海

白樺荘(閉鎖)

 単純硫黄泉

 〒428-0505 静岡県静岡市葵区田代1005

 

 

無料

 

温泉>静岡003

富士見峠 撮影

| コメント(0) | トラックバック(0)
200704271358.jpg

200704271354.jpg

200704271352.jpg

200704271353.jpg

200704271355.jpg

200704271356.jpg

200704271357.jpg

いや~静岡市街地からの道は厳しかった!
(私は運転していないけど)
眺望も良さそうなのでココで小休止です。
展望台があったので上ってみました。
風が強くて寒いっ!
入ってはいませんが、立派なトイレもあります。
平日なので閑散としています。

200704271232.jpg

お風呂上がりにパパッと昼食。
二日酔い気味なので、この量で十分です。

200704271143.jpg

200704271145.jpg

200704271146.jpg

200704271228.jpg

200704271230.jpg

200704271152.jpg

200704271153.jpg

200704271226.jpg

200704271229.jpg

200704271231.jpg

道路脇にある石が目印。
石の所の駐車場に車を置いてテコテコと長い階段を下りていくと渋い建物があります。
脱衣室では丁度、着衣途中のご婦人が3人。
ラッキー♪とりあえずは貸し切り状態です。
滔々と流れるお湯...、ステキです。
石けんは使用禁止。硬派な感じがイイですね。
手前に加熱したお湯が流れ込み、そのお湯が左奥に流れ、右奥に流れていく...という風になっているので、奥の2槽の浴槽の方が温めです。
軽く硫黄臭がして、白い湯の華も舞っています。
暫し貸し切り状態でお湯を楽しんでいると、ご婦人方3人が入って来られました。
「ココのお湯に浸かると、いくらでもお酒が飲める!」とパワフルな会話を聞くとも無しに聞きながら。
逆上せてきたら湯船から出て風呂椅子に座って冷まし、また浸かり...を繰り返しました。
パワフルなご婦人方は1日料金1000円で、浸かっては出て、歌って飲んで、また浸かり...と楽しんでおられるようでした。
帰りの長い上り階段がちょっと辛かったです。(^^;)

東海

龍泉荘

 単純硫黄泉

 〒420-0904 静岡県静岡市葵区平山136-2

 054-266-2461

 

入湯料:500円(1時間)*1000円(1日)

 

温泉>静岡002

200704271031.jpg

ココは安いと評判のガソリンスタンドだったので、事前にナビにポイント登録しておきました。
リッター@123円は、周辺のガソリンスタンドと比べるとやっぱり安い!
ただ、おつりがすべてカードにチャージされて、ちょっと狼狽えましたが。
ご近所にお住まいでリピートされる方は次の給油の時にそのカードにチャージされた分も使え、そのカードを持っていると看板価格より1円安くなるので、カードを持ち続けた方がお得。
私の様に余所者の場合は店内に精算機があるので、カードにチャージされたおつりもすぐに現金化出来ます。
但し、カードを返す事になるので次回またココで給油する事があっても、看板価格より1円引きにはならない...と言う仕組みです。

東海

中村石油静岡曲金SS

 〒422-8006 静岡県静岡市駿河区曲金3-4-6

 054-286-4564

200704270945.jpg

平日・日曜は1泊6000円、土曜・祝前日は1泊7500円。
サービスメニューの軽食とお酒飲み放題、そしてモーニングサービスの事を考えると、結構お得感がありました。

東海

どうしてもパルコ

 〒421-1211 静岡県静岡市葵区慈悲尾209-2

 054-278-3536

200704270832.jpg

朝4:00までにオーダーすればモーニングも無料で頂けると言う事で、昨晩予約しておきました。
サービス品だし内容は期待していなかったのですが、届いたモノを見てビックリ!
トーストは想像通りですがサラダの量がスゴイ!
旅をしていると野菜不足になりがちなのでうれしい誤算でした。
モーニングにはオレンジジュースとコーンスープ付き。
お部屋にはインスタントドリップコーヒーも1つずつ備えてありました。

東海

どうしてもパルコ

 〒421-1211 静岡県静岡市葵区慈悲尾209-2

 054-278-3536

<<前のページへ 12345

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)