モンスターカレンダー

« 2007年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2007年9月19日アーカイブ

民宿上の湯 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709200803.jpg

200709200820.jpg

200709200804.jpg

朝ご飯には温泉玉子付き!
お漬物にはやはりみずの実入り。
お茶もあるけど、コーヒーがあるのはウレシイ限り。
心配りが行き届いているなぁ~。

東北

民宿上の湯

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上48

 0183-47-5073

200709192024.jpg

200709192050.jpg

200709192058.jpg

部屋に戻って晩酌を。
先程マックスバリュにかほ店で買った、天寿酒造の天寿純米生酒。
口当たりが軽くクイクイッっといける。
デザートは「おつとめ品」で安かった、明治・ディッピーつぶつぶイチゴクリーム。
頭が痛くなりそうな甘さ...。
う~ん、ジャンキー。
あと、ロッテのリッチフルーツチョコレート贅沢ラズベリーBOX。
こちらはなかなかいける。

東北

民宿上の湯

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上48

 0183-47-5073

民宿上の湯 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709191916.jpg

200709191921.jpg

200709191952.jpg

夕食が出来たとのお声がけで1階の座敷へ。
お膳を見てビックリ。
すげーボリューム!値段が値段(1泊2食6300円+入湯税150円)だから全然期待していなかったのに。
お味噌汁も具だくさん。
サザエやゴマ豆腐・牛乳寒天?の先付けあり、刺身あり、天麩羅あり、マリネ、エビ・ホタテが入った煮物や焼肉も。
温かいモノは温かく、冷たいモノは冷たく...。
天麩羅などは私達がチェックインしてから準備してくれたのがわかる。(^^)
珍しかったのは、豆から軸が生えているようなモノ。
漬物とワサビ漬けに入っていました。
歯ごたえがコリコリしていて噛むとネバネバ感が出て美味しい!
(後日調べると、みずの実と言う山菜の「みず(ウワバミソウ)」のむかごの事らしい。)
メニュー全て味も良いし、濃さや塩加減も私達の舌に合う物だし、量も多いし。
ふぅ~~~(゚Д゚)ウマー!
お腹いっぱい!ごちそうさまでした。

東北

民宿上の湯

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上48

 0183-47-5073

200709191901.jpg

200709191845.jpg

200709200904.jpg

シンプル・イズ・ベスト!湯船1つだけ。
湯口からは絶えず軽く硫黄臭のするお湯が注がれています。
スノコを沈めてあるので吸い込み口があるかどうかなどハッキリとよくわかりませんでしたが、ザブーッと豪快にお湯が溢れるので恐らく掛け流しだと思います。
お湯も適温。
小安峡温泉は激熱とか循環とか言う評判が多いので、こちらはどういう風に管理しておられるのか興味があります。
もしかしたら、熱い湯が通る管をタンクの水で冷まして適温にしてから湯船に注いでいるのかな?
分析表を見る限り、秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上4が源泉地のようです。
その住所を元に調べてみると500m位離れた湯沢市皆瀬地熱利用農産加工所がある場所のようなので、そちらから引き湯されているのかしら。

東北

民宿上の湯

 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上48

 0183-47-5073

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>秋田016

200709191906.jpg

にかほから約90km強、何とか19:00までに到着。
遅くなってすみません~~~~。<(_ _)>

東北

民宿上の湯

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上48

 0183-47-5073

200709191635.jpg

今日のお宿は1泊2食付き!でも酒を仕入れねば。
ああ~この時間にまだココにいると言う事は18:00チェックイン予定は無理。
19:00までにはチェックインせんとまずいよなー。先を急がねば!

東北

マックスバリュにかほ店

 〒018-0402 秋田県にかほ市平沢字天ケ町82

 0184-32-3340

200709191538.jpg

200709191607.jpg

200709191605.jpg

200709191558.jpg

200709191606.jpg

200709191615.jpg

北東北温泉本持参でタダにして頂きました。(^_-)v
浴室に入ると掛け湯を...おっ!?アブラ臭が濃いぃ。これは期待できます。
まずは、露天へ。
黄色っぽいお湯はスベスベしてアブラ臭も感じられます。
ただ、掛け湯ほどのアブラ臭さはありませんでしたが。
しょっぱいお湯は体がすぐにあたたまります。
湯船から出て体を冷まそうかと思ったのですが私が訪れた日はピーカンに晴れただったので、じりじりと肌が焼けていくような感じで体が冷めません。
しかし、内湯の熱気ムンムンさよりはマシなので、殆どの時間を露天で過ごしました。
内湯の大浴槽と小浴槽は源泉が違ったらしいのですが、私はジャグジーをあまり好きではないので大浴槽のみ浸かりました。
こちらのお湯もスベスベの感触です。
最後には打たせ湯を腰に当ててみたりしました。
やっぱり、掛け湯のお湯が一番濃いような気がします。
あの掛け湯の湯船があればなぁ~~~。
お湯はイイし小ぎれいだし掃除も行き届いていたし、働いている人達の接遇も良かったので、気持ちよく利用できました。

東北

にかほ市温泉保養センターはまなす

 ナトリウム-塩化物強塩泉

 〒018-0311 秋田県にかほ市金浦字中谷地20-1

 0184-38-2246

 

入湯料:300円

 

温泉>秋田015

200709191456.jpg

残りガソリンも結構少な目。
秋田の南部の方は高値安定?
リッター@140円でした。

東北

コスモ石油協和石油株式会社セルフステーション本荘SS

 〒015-0011 秋田県由利本荘市石脇字田頭206-22

 0184-23-1012

200709191221.jpg

200709191240.jpg

200709191243.jpg

200709191241.jpg

200709191242.jpg

200709191254.jpg

マックスバリュの看板を見かけていたので、昼食を調達する為に立ち寄る事に。
お惣菜のコーナーを見ていたら、なかなかそそる弁当があったので確保。
ココのマックスバリュは店内の入口付近にテーブルと椅子のセットが置いてあり、飲食コーナーを設けてあるのだ!
折角なので、お弁当はココで頂く事にします。
まずは、鶏めし弁当。680円。
蓋を開けると、美味しそう♪
何と小さなお品書きまで付いていました。
 一、秋田県産 比内地鶏スープ入茶飯(あきたこまち)
 二、秋田県産 モロヘイヤ入りかき揚げ
 三、秋田県産 じゅんさい
 四、鶏もも煮カット
 五、鶏そぼろ
 六、玉子そぼろ
 七、おろし生姜
 八、味みつば
 九、昆布佃煮
 十、いぶりがっこ
そしてもう1つのお弁当は、鯛ちらし寿司弁当。同じく680円。
蓋を開けると、こちらも美味しそう♪
 一、秋田県 男鹿産 鯛酢漬
 二、秋田県産 酢飯(あきたこまち)
 三、秋田県産 細竹煮
 四、秋田県産 春菊のごま和え
 五、秋田県産 ふき煮
 六、秋田県産 人参煮
 七、おぼろ
 八、刻み昆布煮
 九、椎茸うま煮
 十、とんぶり
 十一、錦糸玉子
 十二、いぶりがっこ
ABS秋田放送のラジオ番組の企画らしく、マックスバリュの「あきた弁」海山ごくじょう対決!と言う事で、海のお弁当と山のお弁当共にハガキが封入されており、人気投票をしてどうこう...と言う企画みたいです。
(ごめんなさい。ハガキ捨てちゃったからよく分からないけど。)
少し高めのお弁当でしたが、観光客にとっては「秋田の味を体験したどー!」と言う気分になれて良かった。
どちらのお弁当も美味しかったけど、好みだったのは鶏めしの方かな?
食後は、かたまえ山森林公園キャンプ場で頂いた、ゆで栗を頂きました。

東北

マックスバリュ刈和野店

 〒019-2112 秋田県大仙市刈和野字沼田12-1

 0187-87-0660

200709191323.jpg

200709191403.jpg

200709191401.jpg

200709191334.jpg

200709191327.jpg

200709191331.jpg

こわくびホテルなんて名前だから温泉街があってその中に...と想像するも、いつまでたっても温泉街らしきモノが見えてこない。
事前にしっかりナビのポイント登録をした筈なのに。
田園風景の中を進み目的地付近に忽然!と現れました!
玄関脇には馬っ!
ロビーには貸衣装のドレス。
館内に響くはおっさんおばはんのカラオケの歌声。
超B級な雰囲気満載です。
こちらは、北東北温泉本で、タダ入浴させて頂きます。
随所に手抜きがありません!B級風味の...。
女湯は、入ってすぐの所にイルミ付きの怪しい湯(温泉ではない)、奥まで進み右に曲がると小さめの温泉浴槽があり、しょっぱい黄褐色の湯が満ちています。
床も色付いています。
浴槽脇の壁には写真の庭園。
笑っちゃうほどフェイクな感じ。
窓が少ないので熱気がこもって逆上せちゃうのはまいりました。
お湯の印象よりB級の雰囲気の方が鮮明に記憶に残りました。
(^▽^;)

こわくびホテル

こわくびホテル

 ナトリウム-塩化物泉

 〒019-2335 秋田県大仙市強首字上野台28-7

 0187-77-2211

 

入湯料:400円

 

温泉>秋田014

200709191012.jpg

200709191016.jpg

200709191018.jpg

200709191019.jpg

200709191020.jpg

200709191014.jpg

200709191032.jpg

200709191035.jpg

200709191034.jpg

200709191050.jpg

200709191049.jpg

日帰り営業時間が始まったばかりのせいか、比較的空いていてホッ。
受付でお金を払います。
受付のお姉さんは乳頭の中では一番客慣れていると言うか、愛想がイイと言うか。
気持ちのいい接遇は心をほぐしてくれます。
まずは中の湯へ。
女性用の脱衣室に向かう途中に男性達が入っている露天風呂が丸見え。
(この時既に、男性用露天と勘違いしていたのだ。)
混雑すると予測していた鶴の湯で貸切状態とは!
内湯に浸かるとザバザバお湯がこぼれます。と言う事は、前に誰かが浸かってそれなりの時間が経過している...と。
外に出ると女性専用の露天風呂が。
こぢんまりしていますが落ち着きます。
何より貸切状態だしね。うたせ湯もあります。
...で、最後の最後に奥の方にある表示を見つけてしまったのです。「混浴露天入口」と。
あ~!しくじった~~~!完全に見落としておりました。
ただもう待ち合わせの時間もあったし、混浴露天の見せ物的ポジションにも抵抗があったので、結局浸からず。
次は、少し手前に戻り白湯に浸かります。
中の湯と源泉が違うらしいのですが違いがあまり分からず。
次は黒湯。そして黒湯から行く事が出来る、女性専用露天へ。
黒湯は混雑していました。
と言うのも、露天利用のお客さんがごった返していたから。
故に黒湯に浸かっていても、あまり落ち着かなかったなぁ。
で、ドドーッと露天からお客さんが戻ってきていたので「もしかして、今がチャンス?」と思い、露天へ。
やったーーーーー!!誰もいないー!広いーー!!
思わず、泳ぎたくなる広さです。
ココは芋洗い状態を覚悟していたのに、まさか独占できるとは!
少し上がって体を冷ましてふと山の方に目をやると...あ!工事の人達が。
そう言えば、国有林の改良工事とかって看板があったなぁ。
でもまあ見てないでしょ!と気にせず入っていました。
(*゚.゚)ゞ
程なくして服を着たまんまのおばちゃん連中がどやどやと入ってきて、浸かっている私には何も言わず、バッシャバシャ撮り始めるし。
引き上げ時だと思い、女性専用露天を後にしました。
駐車場に戻ると大きな観光バスが...。
なるほど。さっきのおばちゃん連中はコレに乗ってきたのね。
でもまぁ本当に、混んでいなくてラッキー、ラッキー♪

東北

鶴の湯

 <白湯>含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素泉

 <黒湯>ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 <中の湯>含重曹・食塩硫化水素泉

 <滝の湯>含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素泉

 〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50

 0187-46-2139

 

入湯料:500円

 

温泉>秋田013

200709190802.jpg

200709190914.jpg

200709190915.jpg

200709190916.jpg

200709190917.jpg

200709190928.jpg

200709190929.jpg

チェックインした時とはうって変わって、ピーカン!
手前の小屋がゴミ置き場、奥の建物がサニタリー棟(水場、トイレ)。
水場、和式トイレ、洋式トイレ(身障者用トイレ)、全てキレイに掃除されていました。
管理棟の横には展望台が。
田沢湖がスッキリハッキリ!
滞在中の天気の悪さが嘘のようです。
でもまあ、天気が悪かったからこそ、しっかりしたバンガローには助けられました。
キッチリ管理されたイイ施設でした。
管理棟に鍵を返しに行った時「どうぞ」とゆで栗をもらいました。
最後まで気持ちよく心あたたかになりました。
ありがとう。では、また。

東北

かたまえ山森林公園キャンプ場

 〒014-0511 秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻117

 管理棟 0187-47-2007

200709190748.jpg

今日はチェックアウトの日なので手間がかからない朝食に。
さっさと道具を片づけなきゃいけないしね。

東北

かたまえ山森林公園キャンプ場

 〒014-0511 秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻117

 管理棟 0187-47-2007

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)