モンスターカレンダー

« 2007年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2007年9月16日アーカイブ

200709161948.jpg

200709161946.jpg

200709161949.jpg

200709162013.jpg

200709170710.jpg

200709170709.jpg

200709170711.jpg

200709170713.jpg

200709170722.jpg

200709170726.jpg

夜のお掃除時間も終わりいよいよ温泉です。
狭い方の浴室が女湯。
(夜中に男女が入れ替わります)
薄暗い浴室は、ちょっと幻想的ですらあります。
暗くてよく分かりませんが、湯の色がそんなに濁っていないように見えました。
ガイドブックやネットで見る限り灰色~白に濁っているのですが、そんなに濁っていないお湯に白い湯の華がチラチラと舞っているように見えます。
掃除したてで新鮮だからなのか?と推測しました。
結構熱々のお湯で、少し浸かっているだけで体がピリピリしてきて長湯出来ませんので、湯船から出たり入ったりしてこの雰囲気を楽しみました。
さてさて、朝には男湯と女湯が入れ替わっていると言うことで、朝湯を楽しむことに。
おお。確かに広い。
昨晩入った時より、お湯の濁り度が濃いような気がしました。
窓も大きいし明るいので、ノビノビと浸かっていられます。
昨晩の狭い方の浴室の雰囲気も好きですが。
ご主人のこだわりが随所に見られ、雰囲気のある施設でした。

東北

滝峡荘

 含硫黄・鉄-アルミニウム-硫酸塩泉

 〒020-0585 岩手県岩手郡雫石町長山東葛根田国有林176

 長谷川さん 019-676-2175

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>岩手003

滝峡荘 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709161857.jpg

200709161919.jpg

200709161921.jpg

お風呂のお掃除が19:00から始まり大体1時間位かかるとの事だったので、お風呂は掃除後に頂く事に。
って訳で夕食です。
昼食が遅めだったので軽め...と言いつつ、結構な量。
野菜不足の感があったのでサラダに更にレタスをプラスして。
その上、カレー鍋焼きうどん。
焼き豚メンマは贅沢モルトのおつまみに。
お腹ポンポンで眠たくなってきちゃう。

東北

滝峡荘

 〒020-0585 岩手県岩手郡雫石町長山東葛根田国有林176

 長谷川さん 019-676-2175

200709161728.jpg

200709161730.jpg

200709161800.jpg

200709161801.jpg

さてはて、今日のお宿にやっと到着。
お部屋は6畳のこぢんまりサイズ。
他の部屋も2部屋うまっていてちょっと意外。
「貸切状態かな~?」と甘い考えを持っていたので。
常連さんも多そうで結構人気のお宿なんですね。
寝転がって見上げると神田川の世界...。
ほらね。
白熱電球です。

東北

滝峡荘

 〒020-0585 岩手県岩手郡雫石町長山東葛根田国有林176

 長谷川さん 019-676-2175

200709161654.jpg

200709161649.jpg

200709161648.jpg

200709161655.jpg

ココはかなり楽しみにしていたのだ~。
前を走っているマイクロバスも同じ方向に進んでいるな...と思っていたら目的地はココ。
結構広めの駐車場は車でいっぱい!
もっとこぢんまりと細々と(!)やっているイメージがあったのでビックリしました。
ダッシュで店内に入り「ダ...ダブルでっ!」と言うと「今日はシングルのみです」と。
えぇ~?多客時は制限があるんだー。(ノ_・、)
それに、売り切れの味も多く、季節限定のモノはほぼ全滅。
定番モノも売り切れている味があるぅ~。
結局私は抹茶。シングルで250円。
ツレはかぼちゃ。同じくシングルで250円。
なめらか&味濃いぃ(゚Д゚)ウマー!
あっと言う間に食べちゃった。
今度はダブルで食べてみたいモノだ。
いつ来る事が出来るか分からないけど...。

東北

松ぼっくり

 〒020-0585 岩手県岩手郡雫石町長山早坂70-48

 019-691-5030

200709161613.jpg

200709161615.jpg

ここら辺はガソリンお安め!
リッター@133円でした。

東北

昭和シェル石油有限会社万作石油店セルフ玉山SS

 〒028-4134 岩手県盛岡市玉山区下田字石羽根99-76

 019-683-3211

200709161530.jpg

200709161549.jpg

200709161550.jpg

今日は素泊まり=夕食の時間を気にしなくてもイイ!って事でちょいと遅めの昼食を。
早速レストランへ。
私は、盛岡じゃじゃ麺・緑麺(ほうれん草麺)500円ナリ。
普通の白い麺とほうれん草入りの緑の麺のどちらかを選べたので緑麺をセレクト。
味噌を絡ませて(゚Д゚)ウマー。
ツレは、ひっつみ定食750円。
モチモチしたひっつみが(゚Д゚)ウマー。
野菜タップリで(゚Д゚)ウマー。
ほうれん草豆腐の小鉢も付いていました。
食後は売店をウロウロ。
カレー味南部煎餅のミミ150円と、うぬぼれドライカルパス570円を入手。

東北

道の駅にしね

 〒028-7111 岩手県八幡平市大更第2地割154-36

 0195-75-0070

200709161430.jpg

200709161510.jpg

今日のお宿は素泊まりなので夕食やデザート、飲み物、お酒を確保する為にココでお買い物。
ちょっと小腹が空いたので明太子のおにぎりを。

東北

マックスバリュ西根店

 〒028-7405 岩手県八幡平市平舘第25地割286

 0195-74-2100

200709161257.jpg

200709161228.jpg

200709161231.jpg

200709161232.jpg

200709161246.jpg

200709161247.jpg

200709161301.jpg

200709161309.jpg

200709161316.jpg

自遊人の温泉パスポートで利用させてもらいました。
事前連絡をした際の電話対応もとても気持ちのいいモノでしたが、実際のご対応も無料入浴にも関わらず気持ちのいいモノでウレシイ。
まずは館内のお風呂の方へ。
団体さんの観光バスが停まっていたので混んでいる事は覚悟していましたが、奇跡的にも内湯に人がいない!
(この後すぐに貸切状態解消となりましたが)
総ヒバ造りでしっとり落ち着ける内湯です。
白く濁ったお湯は酸っぱい~。
浸かっているとホコホコしてくるので、冷ましがてら館内併設露天風呂へ。
内湯から行けるので服を着て移動する必要はなし。
団体のおばちゃん方がワラワラワラ~と出現して嵐のように去っていきまた静寂。
眼下には野天風呂。そこには裸の男性が...。(*´ -`)
さて、服を着て建物から出て、今度は野天風呂へGO!
一番手前に女性用野天、その奥に男性用野天があります。
女性用野天は、湯がイマイチ少な目...で浸かり辛かったです。
館内のお湯と違いこちらは単純泉らしいです。
やや褐色がかった白い濁り湯で温度はちょうど良い。
途中、宿の男性が外から「お湯の温度はどうですかー?」と声をかけられ、湯の投入量を調整しておられました。
途中、ピタリと湯が止まった時もあったりしました。
で、浸かり終わってツレとの待ち合わせ場所に行くと「混浴野天に来るかと思っていたーすごく温かったよ」と一言。
やってもた!入り忘れてるし~~!!と混浴野天に。
あ、納得。館内併設露天風呂から見えていたのはココだったのね。
おぅ!ぬるま湯っつーか殆ど水っつーか、プールっつーか。
湯守のおじさんの手が、まだかかっていないのかもしれません。
なるほど。さっき館内併設露天店風呂で団体のおばちゃん達が「野天は水みたいだった」と言っていた意味がやっと分かりました。
女性用野天は適温だったので「水みたいじゃないじゃん!」と思っていたのですが、こっちの事を言っていたのね!
ぬるいから、体の熱を冷ますには最適!
チャプチャプと水遊びをしていると男性客が様子を見に来られましたが、湯に手を突っ込むと「冷たっ」と入浴するのを断念されるほどの湯の温度。
私は嫌いではないです。
でも、小雨まじりの中水のような湯に浸かっている私らは、他の人たちの目には奇異なモノに写ったでしょう。
さて、この温度だといつまでたってもキリがないので、そろそろ上がる事に。
湯煙?噴気がそこかしこから上がり、野趣溢れる景色でした。

東北

ふけの湯

 <熊の湯>単純温泉

 <岩の湯>単純酸性泉

 〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平字熊沢外8国有林3132林班ハ小班

 0186-31-2131

 

入湯料:500円

 

温泉>秋田006

200709161148.jpg

200709161145.jpg

200709161156.jpg

自遊人の温泉パスポートを利用させてもらってお邪魔させて頂きます。
ココは写真撮影禁止。
ま、撮れる程空いてはいませんと言うか、めちゃめちゃ混んでいます。
脱衣室もそして浴室も人がいっぱい。
さてさて、浴室に足を踏み入れまずは泥湯に...と思うも定員オーバーで浸かれそうもありませんので、隣の滝湯で肩や腰に湯を当てつつ、泥湯をチラ見して空くのを待ちます。
程なくして私1人分位のスペースが空いたので、早速滑り込み!
おー。ニュルニュルの黒っぽい泥が底に溜まっています。
腕やら足やらに塗りつけてニュルニュルニュル...。
ぬるいお湯なのでいつまでも浸かっていられますが、他のお風呂にも入ってみたいので出る事にします。
隣の滝湯で泥を落として...おおーっ!肌がテカツル。
本当にピカピカテカテカで驚いちゃいました。
次は箱蒸し風呂へ。
これはまあ予想通りの感じだったので、そう長居もせず。
続いてサウナ風呂。
自然の蒸気を利用しているとの事で入ってみました。
結構(;´д`)ゞ アチィー!!
掛け湯をして神経痛の湯へ。
硫黄臭がある白濁の湯はイイお湯なのですが、後生掛温泉ならではと言う感じではありませんでしたので、次は露天に行ってみる事に。
途中、気泡ブクブクの火山風呂があったが、別に気泡風呂に入る気はなかったので素通り。
露天は別に入らなくても良かったかな~と言う印象。
狭いし、浴槽から上がって体を冷ますスペースもないし、囲われて景観も通風も良くないし...。
私の一番のお気に入りはやはり泥湯かな~。
混んでいたとは言え天井が高いので、そんなに息苦しい雰囲気ではなくd(>_・ )グッ!
バラエティー豊かなお風呂の数々はスーパー銭湯や健康ランドの原点の様で、なかなか楽しかったです。

東北

後生掛温泉旅館

 酸性単純硫黄泉

 〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平字熊沢国有林内

 0186-31-2221

 

入湯料:400円

 

温泉>秋田005

200709161018.jpg

200709160929.jpg

200709160940.jpg

200709161017.jpg

200709161001.jpg

200709161016.jpg

200709161006.jpg

自遊人の温泉パスポートを利用させてもらってお邪魔させて頂きます。
まずは洞窟露天風呂に。
10:00~12:00(17:00~19:00も)は女性専用時間になるので、ツレにとっては立ち寄るタイミングが良かったかも。
青っぽい乳白色で硫黄臭があり、ちょいとぬるめの温度がイイ感じ。
他にも夫婦連れの方々などが浸かっておられましたが、そんなに混んでいなく良かったです。
常連の愛嬌があるおばあちゃんがいろいろ話しかけてくれたのですがカナリネイティブ岩手弁(?)でしたので、あまり分からなかったのが残念。
さて、女性専用時間になるのでボチボチ引き上げて、今度は男女別の内風呂へ。
内湯は、お客さんがいっぱいいらっしゃったので、写真は撮らず。
洞窟露天に比べると、白さが濃いようなお湯です。
湯の温度も少し高めなので、内湯のドアの外にある女性専用露天風呂へ。
男性の目が無い分、湯船から上がって体をゆっくり冷ます事が出来ます。
(^▽^;)
こぢんまりしていますが、そんなに混んでいないので問題なし。
さて最後に、混浴の露天風呂に行ってみます。
脱衣室は男女別。
ドアを開けるといきなり湯船が丸見えで、開けた途端、男性数人が女性脱衣所寄りに立ってこちらを見ていました!
(○`ε´○)
ま、めげずに浸かりましたけど。
ただまあ、わざわざ勇気を出して入る価値があるかと言われると、別に女性専用露天風呂でかまわないと言う感じ。
洞窟露天風呂はわざわざ入る価値はあると思いますが、こちらの露天風呂は、混浴でもめちゃくちゃ広い訳ではありませんしね。

東北

松楓荘

 単純硫黄泉

 〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木1-41

 0195-78-2245

 

入湯料:500円

 

温泉>岩手002

200709160911.jpg

概ね満足。
安いし、部屋は広いし、トイレ付きだし、温泉付きだし。
ただ、ドアの開閉音がうるさいのと、フロントのおっちゃんがビミョーに愛想がよろしくないのとが...。
このお値段なので、リピもありだけど。

東北

からまつ荘

 〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木第1地割500-5

 0195-78-2581

からまつ荘 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709160744.jpg

元気に朝ご飯。
ヤクルト付き!!

東北

からまつ荘

 〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木第1地割500-5

 0195-78-2581

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)