モンスターカレンダー

« 2007年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2007年9月アーカイブ

200709240509.jpg

今回の長い長い旅もこれで終わりです。
またいつか、北東北を旅したいなぁ~。

北陸

敦賀港フェリーターミナル

 〒914-0274 福井県敦賀市鞠山95-4

 0770-23-2222

200709240446.jpg

目覚めの1杯。
それにしてもやっぱり眠い...。

200709231659.jpg

行きに敦賀のコンビニで買ったカップラーメンをやっと食べました。^^;

200709231635.jpg

夕闇迫る中、新潟港を出港。

200709231602.jpg

200709231619.jpg

食前酒!?夕酒。
-196℃ まるごと凍結白桃。
夕食は、おにぎり 明太子。

200709231528.jpg

ほぼ定刻通り到着。
乗り降り結構あり。

200709231122.jpg

道の駅にしねで買ったカレー味南部煎餅のミミ。
パリサク(゚Д゚)ウマー。

200709231111.jpg

200709231112.jpg

200709231113.jpg

デッキに出て景色を撮影。
内陸側は鳥海山、外海側は飛島。
この船は昔、小樽便に使っていた名残があります。
それにしてもカンカン照り。

200709231034.jpg

200709231057.jpg

風呂上がりに冷え冷えを!
夏限定・沖縄フルーツチャンプルー。
マックスバリュで買ったおにぎりを昼食に。
たらこ、すじこ。

200709230940.jpg

200709231010.jpg

お風呂~~~。
サッパリ、スッキリ!

200709230902.jpg

200709230905.jpg

200709230906.jpg

秋田市ポートタワー・セリオンが日の光を浴びてペカーッ!
大音量の汽笛にまたドッキリ。
行きにも鳴ったんだから...学習能力の無い私。
さよ~~なら~~。
秋田も、東北も、さよ~~なら~~。

200709230841.jpg

200709230843.jpg

200709230846.jpg

200709230842.jpg

200709230850.jpg

乗船開始は8:35位だったか?
毎度おなじみ1等和室。
「構造物あり」の部屋だったので窓を開けてみると、やはり視界を遮るモノあり。
窓の外は人の行き来が出来る場所だったので、どうせ障子は閉めますけどね。
洗面台の間違った使い方。
これで準備万端!?

200709230821.jpg

200709230823.jpg

200709230824.jpg

200709230829.jpg

フェリーターミナルに到着。
行きの敦賀で帰りのチケットも受け取っているので、コレと言って手続きは無く...。
今から乗るフェリーあざれあを撮ってみたり待合所を撮ってみたり。
最終日にしてえらいピーカンです。
少々恨めしい。

東北

秋田港フェリーターミナル

 〒011-0945 秋田県秋田市土崎港西1-13-13

 018-880-2600

200709230759.jpg

フェリーの中で食べるおにぎりなどを買いに。
ココは24時間営業だし、フェリーに乗るお客さんにとっては便利かも。

東北

マックスバリュ港北店

 〒011-0941 秋田県秋田市土崎港北7-2-20

 018-880-5711

200709230745.jpg

1階のロビーには、宿泊客なら自由に使えるデスクトップパソコンが2台あるし、リラクゼーションコーナーに2台あったマッサージチェアは超気持ちよかったし、部屋は狭かったけどぐっすり眠れたし、何より安いのがイイっ!
駐車場など不便な部分はありますが満足度は高め。

※「ホテルパールシティ秋田 竿燈大通り」に名称変更。

ホテルパールシティ秋田 竿燈大通り(旧 アキタスカイホテル)

アキタスカイホテル

 〒010-0921 秋田県秋田市大町2-2-3

 018-862-0501

200709230710.jpg

このホテルの朝食バイキングは評判が良い様だが、残念ながら私達には時間がないっ。
昨日の朝食で残ったパンを今日回し。
湯沸かしポットで沸かしたお湯を使って、インスタントコーヒーをいれました。

※「ホテルパールシティ秋田 竿燈大通り」に名称変更。

ホテルパールシティ秋田 竿燈大通り(旧 アキタスカイホテル)

アキタスカイホテル

 〒010-0921 秋田県秋田市大町2-2-3

 018-862-0501

秋田乃瀧 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709222149.jpg

200709222039.jpg

200709222038.jpg

200709222042.jpg

200709222043.jpg

200709222052.jpg

200709222113.jpg

200709222124.jpg

200709222125.jpg

200709222134.jpg

200709222135.jpg

この旅行最後の晩餐はココ。
(フェリーの中での晩ご飯はあるけど)
何とか空席がありカウンターに滑り込み。
エビスビール中ジョッキ530円で乾杯!
まずは付きだし。なかなか美味しい。
クーポンを持って行ったのでサービスしてもらった、トンブリとろろ。
プチプチ(゚Д゚)ウマー。
本日のおすすめの中にあったシーザーサラダ。たしか480円だったっけ。
めちゃ(゚Д゚)ウマー!
ドレッシングに温泉卵が入っていてまったりした味わい。
かすべ唐揚げ480円。
これまた(゚Д゚)ウマー!
そして本日のメインがやってまいりました。
ウヒャ━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━ !!!!!
石焼桶鍋(焼沖すき)小2~3人前2300円。
この桶が小と言えども結構でかいんです。
カニ、イカ、エビ、ホタテ、アサリやムール貝...いろんな海鮮がギッチリ!
ガンガンに焼かれた石を沈めてあるのでアツアツ!!
(゚Д゚)ウマー!
(゚Д゚)ウマー!!
(゚Д゚)ウマー!!!
酒も進むよ。福禄寿酒造の生貯蔵酒。680円なり。
レンゲも巨大だから桶の大きさが分かり辛いですが、手前のタバコの箱で大きさを比較。
でかっ!!
石以外は食べました。
桶を一度引いてもらいそのお汁を使って、雑炊とうどんを1人前ずつオーダー。
はい♪雑炊だよ~。
はい♪うどんだよ~。
どっちもおだしがが染みて(゚Д゚)ウマー!
ごはんもうどんも1人前250円だったっけ。これは追加する価値あり。
お値段も安くてお料理が美味しくてお店のおねえさん達のやわらかな秋田弁を聞けて...。
このお店はかなり満足感がありました。

東北

秋田乃瀧

 〒010-0921 秋田県秋田市大町3-1-15

 018-824-1010

200709222005.jpg

ホテルの裏手にあるスーパーを覗いてみる。
いぶりがっこ、きりたんぽ、きりたんぽ用の比内地鶏スープ、稲庭うどん(かんざし)を家用に買う。

東北

スーパーランドヤマト大町店(閉鎖)

 〒010-0921 秋田県秋田市大町2-3-27

 

200709221834.jpg

200709221835.jpg

200709221836.jpg

ホテル裏手のニューシティ第2駐車場に車を停めて、てくてく歩いてホテルにチェックイン。
宿泊料の安さの割には結構キレイなロビー。
お部屋の方も、安いプランだから狭いけど改装されて清潔感があるし、必要なモノは揃っているし、何より温水便座!これ大事。
お風呂はどうせ使わないから狭さも問題なし。
お風呂とか洗面は古い設備っぽいけど。

※「ホテルパールシティ秋田 竿燈大通り」に名称変更。

ホテルパールシティ秋田 竿燈大通り(旧 アキタスカイホテル)

アキタスカイホテル

 〒010-0921 秋田県秋田市大町2-2-3

 018-862-0501

200709221612.jpg

看板よりも安い!めちゃ安い!
リッター@133円でした。ラッキー♪

東北

JOMOネット東北バリュー5八幡店

 〒010-0973 秋田県秋田市八橋本町6-2-16

 018-866-0761

200709221505.jpg

200709221525.jpg

秋田市内に入り大きめのジャスコを見つけたので入ってみる事に。
ココは結構、ちょっとしたお土産物が充実している!
(小さめのきりたんぽ鍋セットとか)
この後他のスーパーも覗いたのだが、ココが一番の品揃えのように感じた。
喉が渇いたので、飲むヨーグルト...って、もっと喉渇くって!!
お土産類と家用のお酒などを買いました。

東北

ジャスコ土崎港店

 〒011-0943 秋田県秋田市土崎港南2-3-41

 018-846-1221

200709221346.jpg

200709221419.jpg

200709221417.jpg

200709221416.jpg

200709221359.jpg

200709221423.jpg

200709221425.jpg

海鮮食うぞ!と勇ましくやって参りました。
2階の食堂、海鮮屋へ。
時間が時間だったので仕方がないけどほとんどのメニューが売り切れているって...。
1日10食限定海鮮定食1300円がないのは仕方がないにしても、お刺身定食や煮魚定食、焼魚定食の安い方はことごとくなし。
高い方の煮魚定食や刺身、高い丼などはあったみたいだけど...。
市場の上の食堂と言うことで、それなりに材料を手に入れられると踏んでいたのだが。
シーフードカレーって気分でもなかったので、海鮮丼1200円をオーダー。
美味しいんですよ。海鮮丼もザッパ汁も。
ただ、バリュー感がないのよね~~。
嬉しい驚きもないし。普通ー。
下の市場を冷やかしで見ていると「清運丸水産でのお買い上げ品ならココで食べられます」と言う軽食コーナーがあったので、清運丸水産で1個350円のウニをお買い上げ~。
パクパクパク...ウニだねぇ...と、ビローーーーン。
上げ底の昆布です。コリコリと全部食べましたが。
でもまあ350円の割には身もそれなりにあったし観光客っぽい事が出来たんで、それなりに満足。

東北

男鹿海鮮市場海鮮屋

 〒010-0511 秋田県男鹿市船川港船川字海岸通り2-9-10

 0185-22-0125

200709221315.jpg

200709221313.jpg

200709221310.jpg

200709221228.jpg

200709221233.jpg

200709221236.jpg

「日帰りは13:00かららしいしもしかしたら入れてもらえるかも。もしダメだとしても30分位待てば良いわけだし。」と、日帰り営業時間の30分以上前でしたが掃除がほぼ終わっていると言う事でOK!
薄緑色のお湯、一番風呂いただきま~~す♪
塩辛いお湯はほぼ適温、と言えどもすぐに逆上せてしまう私なので、他のお客さんがいない事をイイ事に窓を開けて涼をとります。
海風がビュービュー入ってきて涼し気持ちイイ~~。
顔が析出物でガビガビになったライオンの口からはお湯がジョボジョボ...。
と、いきなりドワーッと出てみたり。
間欠的にお湯の量が変わります。
混じりっけなしのピュアなお湯に満足しました。

東北

国民宿舎 男鹿

 ナトリウム-塩化物泉

 〒010-0687 秋田県男鹿市北浦湯本字中里21-19

 0185-33-3181

 

入湯料:300円

 

温泉>秋田023

200709221202.jpg

ココはかなり楽しみにしていた一湯。
駐車場に車を停めてお風呂道具を準備していると、館内から若女将さん?が出て来られる。
「今、女湯を掃除中なんです~。男湯は終わって入れるんですけど...。」
えーーーーっ!?
「混浴でもいいんで(爆)何とか...。」
「いえ...他の男性のお客さんが今浸かっておられますし...。」
撃沈。(;;)

雄山閣

雄山閣

 〒010-0687 秋田県男鹿市北浦湯本字草木原52

 0185-33-3121

200709221035.jpg

200709221037.jpg

200709221039.jpg

200709221041.jpg

200709221103.jpg

ココは結構楽しみにしていた一湯。お金を払い浴室へ。入浴時間は日帰りも宿泊も同じみたいです。
やった!誰もいらっしゃらなく貸し切り状態♪
浴室に入ると、ツーンとしたアンモニアっぽい臭いとアブラ臭が混じったような臭いが鼻をくすぐります。
湯船に浸かると満ちていたお湯がザブーッと豪快に溢れ、めちゃ気持ちイイ。
薄黄緑に色づいたお湯はジワリジワリと体に染みていく感じで、あっという間に逆上せてしまいました。
他にお客さんがいないので、窓を開けて風を入れて湯船のすぐ側でトドになって...。
極上の時が過ぎていきます。
シンプルな浴室に極上のお湯。
好みの温泉でした。

※2011年2月に閉館後、2011年9月に経営変更及びリニューアル。

東北

船沢温泉(旧施設)

 ナトリウム-塩化物強塩泉

 〒016-0179 秋田県能代市浅内字船沢73-125

 0185-54-4838

 

入湯料:400円

 

温泉>秋田022

200709220938.jpg

200709221005.jpg

200709220950.jpg

北東北温泉本持参であれば無料で浸からせてもらえると言う事で利用させてもらいました。
古いながらもキチンと掃除されていてキレイ。
お風呂の方はバリ塩素臭バリ循環なので、湯の質をどうこう言うモノではありません。
湯が熱めなので、あまり長湯は出来ません。
300円(当時)と言う安さながら(それをさらに無料で入らせてもらいましたが)シャンプーやボディーソープが完備!
銭湯としてはイイ施設だと思います。

※国民年金福祉施設から民間施設として経営変更、リニューアルし、2008年5月に「湯らくの宿のしろ」に名称変更。

湯らくの宿のしろ

国民年金健康保養センターのしろ(旧施設)

 単純泉

 〒016-0014 秋田県能代市落合亀谷地1-11

 0185-54-2121

 

入湯料:400円

 

温泉>秋田021

200709220918.jpg

もう少し空調がちゃんとしていて、暑さと湿気、カビ臭さ?が何とかなればなぁ。
能代のビジホの中では一番安かったみたいだから仕方ないのかなぁ。

ホテルエイト

ホテルエイト

 〒016-0862 秋田県能代市寿域長根54-1

 0185-55-1055

200709220756.jpg

200709220809.jpg

朝食はパン。
結局パンはショコラマロンだけ食べた。
昨日の晩疲れて寝転けてしまって食べ損ねたフルーツレアチーズパフェも食べたのでお腹いっぱいになって、ゴマとおさつのパンとりんごとぶどうの蒸しケーキは明日回し。

ホテルエイト

ホテルエイト

 〒016-0862 秋田県能代市寿域長根54-1

 0185-55-1055

200709212012.jpg

200709212015.jpg

200709212035.jpg

200709212102.jpg

マックスバリュで買ったお惣菜で夕食。
腹減りの勢いで買いすぎましたか!?
真アジのお造りとイナダのお造りは男鹿産って書いてあったっけ?
ビールは、昨日イオンスーパーセンターで買った銀河高原ビール。
暴れ食いはまだまだ続く。さっぱりカキフライ丼。
食べまくりました。
さらに晩酌~。カロリ。秋りんご。
季節限定の言葉に弱い女心さっ!

ホテルエイト

ホテルエイト

 〒016-0862 秋田県能代市寿域長根54-1

 0185-55-1055

200709212000.jpg

200709212001.jpg

ヘロヘロぐったりやっと到着。
広さは問題ないんだけど、空調の能力がなさ過ぎで蒸し暑いのとカビ臭い?のはちょっと...。
何だか湿度がめちゃくちゃ高くて、じっとりしている感じ。

ホテルエイト

ホテルエイト

 〒016-0862 秋田県能代市寿域長根54-1

 0185-55-1055

200709211905.jpg

今日の夕食と酒、デザートを調達。
今日の宿は素泊まりで尚かつビジホだから、時間的に余裕かましてます。

東北

マックスバリュ能代長崎店

 〒016-0873 秋田県能代市字長崎41-1

 0185-89-2515

200709211727.jpg

200709211728.jpg

200709211805.jpg

200709211751.jpg

200709211810.jpg

玄関脇には巨大ななまはげ顔がドーンとあります。
悪りぃ子はいねぇがぁ~~!
北東北温泉本で無料入浴させてもらいます。
お客さんは絶えず数人。
まずは(と言うか結局ココしか浸かりませんでしたが)窓際の温泉浴槽へ。
緑色のお湯はアブラ臭を感じらます。
オフィシャルサイトには「男鹿半島唯一の硫黄泉(源泉掛け流し)です」と表記されていますが、実際の所は加水で温度を下げているとか?
折角の高台の施設なのに湯船に浸かっての眺望が全くないのが残念。
浴槽の縁に立って背伸びをすれば、何とか景色が見えますが...。
消毒をしているとかしていないとか?分析表をじっくり見なかったので真相はいかに!?
素性の良いお湯だと思うので何とか加水なしで冷まして、ほんまもんの掛け流し浴槽を作って欲しいなぁ。
あと、窓を大きくするなど何とか眺望を良くすれば、もっと人気が出そうな気がします。

東北

お宿楽一(廃業)

 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

 〒010-0531 秋田県男鹿市船川港台島字鵜ノ崎62-2

 

 

入湯料:400円

 

温泉>秋田020

200709211642.jpg

車にもご飯をあげないと...。
リッター@139円でした。

東北

昭和シェル石油株式会社佐孝石油飯島SS

 〒011-0917 秋田県秋田市飯島道東2-14-7

 018-845-1995

200709211450.jpg

200709211457.jpg

200709211500.jpg

さっき買ったぶどうウォーターをチュルチュルと飲み進めるうちに...あーお手洗いに行きたいっ!
そんな時に限って道中にコンビニが見つからず。
やばやば。危機一髪!
やっと見つかったコンビニにダーーーシュ!!
ありがたやありがたや...。(^人^ )
お陰で大惨事にならず済みました。
ありがたやついでに、つゆだくおでんのちくわとがんもとシャルドネマシュマロを買いました。

東北

ファミリーマート横手金沢中野店

 〒013-0814 秋田県横手市金沢中野字三貫堰115

 0182-56-6066

200709211321.jpg

200709211325.jpg

200709211329.jpg

あかん!お風呂に入ったから体の中から水分が抜けていくぅ~~。
ガ~リガ~リ~くーん♪
喉乾きまくり~。メイトー ぶどうウォーター1000ml 105円なり。
調子に乗って買っちゃいました。だって喉が渇いているんだもん。
一気に600ml位飲んじゃったかも。
ただ、コレが悲劇の第一歩...。

東北

ローソン花巻志戸平店

 〒025-0244 岩手県花巻市湯口字志戸平26-15-2

 0198-25-2717

200709211149.jpg

200709211206.jpg

200709211231.jpg

200709211228.jpg

200709211215.jpg

200709211216.jpg

200709211229.jpg

200709211300.jpg

200709211258.jpg

200709211242.jpg

立位浴で有名なココ。
今回、自遊人の温泉パスポートで入らせてもらいました。
自炊部、旅館部各々に入口がありますが、私達は旅館部の方から入りました。
温泉の場所の説明を受けた際、白糸の湯(アトミック風呂)と龍宮の湯の説明はなかったので、日帰りでは入れないのかな?
私が行った時にはちょうど河鹿の湯が掃除中だったので、まずは、日本一深いと言われる立ち湯の白猿の湯へ。
ココには目立つように「写真撮影禁止」「盗撮は犯罪(だったっけ)」「他の人から了承を受けても撮影禁止」と言った貼り紙がありました。
白猿の湯は吹き抜けになっており上の窓がちょうど廊下から開くようになっているのですが、ココにも「覗き禁止」と張り紙が。
階段を下りると中央に立ち湯があります。
ちょうど夫婦連れと入れ替わりで入浴。
神秘的と言うか何と言うか...。
上部から日の光が差し込み清澄とした雰囲気。
深さは1.25m。私は背が高いから問題ないですが背の低い女性はちょっとビックリする深さでしょう。
足元湧出のお湯は少し熱めなので長湯は出来ず。
お湯自体は優しいお湯です。
小判型の立ち湯浴槽の横に小さめの丸い浴槽があり、手を浸けるとめちゃぬるいので、冷ましがてら浸かっていました。
ただ、湯が供給されている様子を見受けられなかったし、少し汚れが目立ったかな。
(自宅に帰って調べてみると、小判型の浴槽から小さい丸い浴槽に流れる構造になっているらしい)
女性専用時間帯もあるようですので、混浴はイヤだという女性はこの時間を見計らって浸かられてはどうかと思います。
ただ、回数も少なく時間も短いようですが...。
さて次は、桂の湯に向かいます。
ココは、イマドキの観光旅館のようなお風呂。
アメニティも充実しているしシャワーの出も良いので、体や髪をしっかり洗うならココかも。
軽く濁ったお湯はやはり私にとっては少し熱め。
と言うか、私が行った日は気温が高くて特にそう感じたのかも。
露天もありりそこからの眺めは...、豪雨のせいで川の流れは泥色で当時は風情はありませんでした。
さて、桂の湯から上がり逆上せたのでひとやすみ。
神棚があり白猿様が祭られています。
もうそろそろお掃除終わったかな~と、河鹿の湯へ。
湯は溜まっているみたいですが掃除終了予定時間になっても宿の人が来られません。
湯治部に泊まっているお客さんが「入っちゃいなよ。大丈夫だよ。」と言ってくれましたが迷っている所へ宿の人到着。
脱衣室にゴザなどを敷かれて準備完了。
ココは今までのお風呂の中で一番簡素なイメージ。
シンプルであっさり、サッパリ。
私はココで体と髪を洗ったのですが水圧は低め。
桂の湯で洗っておけば良かったかも。
全体的にやさしいお湯だなぁと言う印象でした。

藤三旅館

藤三旅館

 単純泉

 〒025-0252 岩手県花巻市鉛中平75-1

 0198-25-2311

 

入湯料:700円

 

温泉>岩手009

200709211122.jpg

200709211031.jpg

200709211111.jpg

200709211112.jpg

200709211035.jpg

200709211109.jpg

200709211039.jpg

200709211040.jpg

200709211041.jpg

200709211045.jpg

200709211056.jpg

200709211102.jpg

いろんな意味で楽しみにしていたココ。
裏手にある立駐2階の機械式駐車場(の下)に車を停めてデパートへ向かいます。
目指すは6階大食堂!
スバラシイ!昭和の薫りがプンプン!!
内装もまさに昭和!
さて、入り口で買った名物メニューの食券を渡し暫し待ちます。
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
ソフトクリーム1つ何と140円。
割り箸で食べ進みます。
美しい巻きっぷり。職人技ですなぁ。
ゴチソウサマ。美味しかった!
所要時間5分。
もう1個食べろ!と言われれば食べられるかも。^^;
で、食欲に火が付いて焼肉ラーメン420円なり。
私がオーダーしたのですが焼肉じゃなくてゆで豚...?でちょっと苦手なお味でした。
で、ツレが注文したのは、チャーハン420円。
こちらもビミョーなお味でした。スープが超薄味。
他にも、にぎり寿司のセットが確か600円以内であったり、昔ながらの洋食メニューや中華、カレー、うどん、蕎麦など多国籍!!
高校生?のグループがご飯物&パフェをガッツリと食べていたり、おばあちゃん、おかあさん、そして孫娘が揃って懐かしのクリームソーダを飲んでいたり...、昭和の風景がそこにありました。

東北

マルカンデパート

 〒025-0087 岩手県花巻市上町6-2

 0198-24-1111

200709210944.jpg

200709210945.jpg

お湯良し!部屋も良し!
(部屋にトイレはなかったけど、そんなに気にならなかった。)
もしまたこの近くで宿泊するような事があればリピありかな。
お値段も良心的だし。

東北

夢の湯

 〒029-4504 岩手県胆沢郡金ヶ崎町永沢石持沢6-284

 0197-44-3420

夢の湯 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709210810.jpg

サンドイッチとインスタントコーヒーで朝食。
ココは沸騰ポットも完備!気が利くねぇ~。

東北

夢の湯

 〒029-4504 岩手県胆沢郡金ヶ崎町永沢石持沢6-284

 0197-44-3420

200709202258.jpg

200709202315.jpg

200709202317.jpg

風呂上がりの1本は-196℃ 和梨。
梨だねぇ~~~。
そしてもう真夜中だと言うのに甘い物を食べる私。
ああ、豚の元。
小降りのプリンを4種類。半分ずつ食べます。
左奥がミニ豆腐ババロワ、右奥がミニ杏仁豆腐、左前がミニレアチーズ、右前がミニミルクプリン。
味は...、うーーん。普通。極々普通。
盛岡のガトー風月(風月堂)の商品でした。

東北

夢の湯

 〒029-4504 岩手県胆沢郡金ヶ崎町永沢石持沢6-284

 0197-44-3420

200709202103.jpg

200709210711.jpg

200709202128.jpg

200709202123.jpg

200709210736.jpg

200709210712.jpg

200709210713.jpg

200709210730.jpg

200709210715.jpg

200709210716.jpg

200709210720.jpg

200709210732.jpg

200709210735.jpg

脱衣室には殺菌灯付きスリッパ入れ。
脱衣室から浴室に向かうとまず目にはいるのが大浴槽。
大きなサイズの浴槽なのに加水なし、加熱なし、循環なしはすごいです。
ドッヒャドッヒャお湯が溢れていて気持ちいいことこの上なし。
ただ、浴槽周りの床はお湯の成分が付いている事もあり非常に滑りやすいので要注意!
通り道には人工芝を置いてあるのでその上を歩いた方が安全です。
軽く濁ったお湯は適温でイイですが、私が浸かった時にはこの大浴槽ではあまり泡付きを感じませんでした。
さて次は、隣接した一角にある木造の小浴槽に浸かりましょう。
アワアワアワ~~~。
泡が付着してきます!
夜だったので暗くて良く見えませんが、大浴槽に浸かった時と手触りが違います。
肌にプチプチとあっという間に泡まみれ。
いやぁ~~気持ちイイ!!
その上、同じく宿泊している他のお客さん達は洗い場や大浴槽にいらっしゃったので、バッティングせずに小浴槽独占状態!
気が大きくなって浴槽周りでトドになり、溢れてくるお湯を楽しんだり...。
(^^;)
思いっきり楽しませてもらいました。
翌朝は朝湯でスッキリと目覚めます。
昨日は時間外で見られなかった「歩き湯」をまず覗いてみる事に。
ちらり。おーーーっ広い!
水着着用しなければならないと言う縛りが無ければ、裸でスイスイ泳げたら、どんなに気持ちがいいだろう...。
男女各々の入り口からこの歩き湯に合流する以上、混浴状態→裸じゃダメ ってのは分かりますが。
でも、誰も入ってないのに勿体ないなぁ~。
朝の大浴槽は相変わらず豪快にお湯が注がれています。
でも、私はやっぱり小浴槽がお気に入り。
ふわぁ~泡付き気持ちエエ~~。
あっという間にアワアワまみれ♪
鮮度抜群!活きがイイっ!水面がピチピチ跳ねています。
好きだな~~この小浴槽。
いつまでも浸かっていたくなりました。

東北

夢の湯

 ナトリウム-塩化物泉

 〒029-4504 岩手県胆沢郡金ヶ崎町永沢石持沢6-284

 0197-44-3420

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>岩手008

夢の湯 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709201956.jpg

200709202011.jpg

200709202021.jpg

200709202043.jpg

お風呂はまだ日帰りのお客さんで混んでいるだろうと踏んで、夕食にする事に。
田沢湖で買ったチルド一番搾りと共に。
野菜はたっぷり食べなきゃね。
秋刀魚の南蛮漬けも美味しかった。
イオンスーパーセンターで見かけて思わず買ってしまった、あさ開の果食主義ブルーベリー。
ぶえ。(*_*)私は苦手だ。
勿体ないから飲んだけど。
純米&ブルーベリーのスパークリング、新感覚のお酒らしいです。

東北

夢の湯

 〒029-4504 岩手県胆沢郡金ヶ崎町永沢石持沢6-284

 0197-44-3420

200709201949.jpg

とっぷりと日も暮れて本日のお宿へやっと到着。
日帰りのお客さんが多いのは想定していたが泊まりのお客さんも結構多い。
宿泊客はそんなに多くないだろう~と勝手に思っていたのでビックリ!
その上、私達にあてがわれたお部屋も大きくて更にビックリ!
昔は休憩用の広間だったのを部屋にしたのかな~と言った雰囲気。
押入は後付けみたいだったし。
(● ̄▽ ̄●;)ゞ
キレイで広くて入湯税込みで素泊まり1人1泊3800円。
素晴らしい!

東北

夢の湯

 〒029-4504 岩手県胆沢郡金ヶ崎町永沢石持沢6-284

 0197-44-3420

200709201833.jpg

200709201901.jpg

今日は素泊まりなので夕食を買って行かなくては。
夕食とお酒、デザート、明日の朝食を買って、暑いし喉が渇いたなぁ~ガリガリ君でも食べようかと思いきや...選んだアイスはガリガリ君ちゃうし!
周りがチョコ、中がいちご味で、巨大と言うのにそそられた。
フタバ食品 特デカチョコバーいちご味。
定価60円!安い!
その上ココではもっと安くて40円!

東北

イオンスーパーセンター金ヶ崎店

 〒029-4502 岩手県胆沢郡金ケ崎町三ケ尻荒巻165

 0197-41-0800

200709201813.jpg

最初はエネオスで給油しようかと寄ったのだがそこは何とプリペイドカード専門店。
\(*`∧´)/
で、すぐ近くのココで給油。
リッター@135円でした。

東北

コスモ石油株式会社セルフピュア事業部セルフピュア北上南SS

 〒024-0056 岩手県北上市鬼柳町笊渕20-1

 0197-81-5720

200709201626.jpg

自遊人の温泉パスポートを利用し無料で入浴。
私達が初めて利用する事が分かると、受付のおじさまがお風呂のレイアウト図と各お風呂の入浴時間が明記されている紙をくれました。
その時、(当時)先日の豪雨で川が氾濫した為疝気の湯が埋まってしまい使えないと説明されました。残念。
まずは、混浴時間帯の大湯へ。
パパッと服を脱いで湯船に行くと、先客の男性が去っていかれ私達だけで貸切状態♪...と先に掛け湯をしたツレの「あちちちっ!」と言う悲鳴が。
私も掛け湯をしてみると確かに熱い。
「でも根性!」と10杯程掛け湯をし湯船へ足を...。
「あちちちちちちっっっ!!」
すねがヒリヒリ。真っ赤っか。浸かるのは無理でした。
(>_<、)
すぐ近くの滝の湯は男性専用時間帯だったので、少し離れた真湯へ。
川側からショートカットして行きたかったのですが無理そうだったので、一度石段を上がり湯治の建物の間を通り更に石段を下りて向かいます。
真湯は女性専用時間帯だったので、ノビノビと入浴。
軽く濁ったお湯は少し熱めですが先程の大湯に比べれば浸かれる温度です。
(^▽^;)
川向かいの女(目)の湯から丸見えですが、17:00までは真湯も女(目)の湯も女性専用時間だから大丈夫~と湯船から上がって川をボケーッと眺めていたら、おっさんが石段を下りて川際のちょうど真湯の真ん前にニュッと出現するではないか!
急いで湯船に浸かったけど。
女性専用時間でも無防備ではいられないのか。
(○`ε´○)
17:00少し前にそのおっさんが真湯の脱衣室に入ってきた気配がしたので、ササッと服を着て狭い橋を渡り、向かいの女(目)の湯へ。
こちらはもう混浴露天時間だからそれなりの覚悟はできています。
お!ココはぬるめで私好み~~。ゆっくり浸かっていられます。
薄く褐色に濁ったお湯とチャプチャプ戯れていると、続々と男性陣がなだれ込んで来ます。
そりゃそうだ。さっきまで女性専用時間帯だったんですから。
あまり広くない湯船がギッチリになったので女(目)の湯から上がる事に。
最後は、またまた石段を上がり湯治の建物の間を通りまたまた石段を下がって、滝の湯に向かいます。
こちらは女性専用時間帯。
先客の2人連れが楽しそうに話をしている所にお邪魔しま~す。
露天ではなくしっかり湯小屋と言った感じ。
透明のお湯に白い湯の華が舞っていました。
ただ少しお湯が疲れていたかな?
それともはしご湯で、私が疲れていたのかも。
(*゚.゚)ゞ

東北

元湯夏油

 <大湯・疝気の湯・真湯>ナトリウム・カルシウム・塩化物-硫酸塩泉

 <滝の湯>含硫黄・ナトリウム・カルシウム・塩化物泉

 <女(目)の湯>含二酸化炭素・カルシウム-塩化物泉

 <白猿の湯>ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉

 <小天狗の湯>ナトリウム・カルシウム・塩化物泉

 〒024-0322 岩手県北上市和賀町岩崎新田1-22

 (衛星電話) 090-5834-5151

 

入湯料:500円

 

温泉>岩手007

200709201501.jpg

200709201504.jpg

200709201508.jpg

200709201502.jpg

200709201520.jpg

200709201521.jpg

食事をした後ポンポコになったお腹をさすりつつ、いよいよお風呂をお借りする事に。
ドキドキ...。おお~~っ。
小振りでタイルがかわいらしい湯船。
早速浸かるとざんぶりこ~~~と豪快にお湯がこぼれ、手桶が転けています。
透明で熱いお湯からは強いアブラ臭が。
湯船の中の黒っぽい穴の所から?熱い湯が出ていてお尻が熱いです。
あっと言う間に逆上せてしまったので湯船から上がり、少しだけ窓を開けて体を冷まそうとしたのですが、体から熱気が抜けない~。
でめ金さんの壁画を見ながら冷ましたのですがもう限界~。
短い間だけしか浸かれなくてちょっと残念。
雰囲気はB級ですが(^▽^;)お湯は極上でした!

東北

でめ金食堂

 泉質不明

 〒029-5522 岩手県和賀郡西和賀町巣郷163-14

 0197-82-2830

 

無料*要食事

 

温泉>岩手006

でめ金食堂 昼食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709201522.jpg

200709201437.jpg

200709201446.jpg

200709201447.jpg

こちらの食堂は温泉ファンには有名処。
道中お腹が減ったのをグッと我慢して、やっと辿り着きました。
私達が入った時には、座敷の方でトラックの運ちゃんグループ?の方々が盛り上がっておられました。
私が頼んだのは親子丼・小ラーメンセット。800円。
小鉢はなぜか茄子のお浸し!?
ツレはカツ丼・小ラーメンセットをオーダー。850円。
やはり小鉢は茄子のお浸し!
関西ナイズされた私の舌には少し醤油辛く感じたかな。
お腹いっぱい~~~~~。

東北

でめ金食堂

 〒029-5522 岩手県和賀郡西和賀町巣郷163-14

 0197-82-2830

200709201301.jpg

200709201303.jpg

200709201305.jpg

200709201309.jpg

200709201310.jpg

200709201312.jpg

栗駒山荘とは目と鼻の先。
栗駒山荘のお湯は、ココ須川高原温泉側から引っ張っているらしいです。
目と鼻の先だけど、栗駒山荘は秋田県、ココ須川高原温泉は岩手県。
内湯の大浴場と別棟の大露天風呂は各々別料金らしいので、今回は大露天風呂に浸からせてもらう事にしました。
大露天風呂の受付&脱衣室の建物は簡素な小屋と行った感じ。
受付のお姉さんは愛想が良く気持ちいい接遇です。
広めの露天には青緑白濁のお湯が満ちていて、栗駒山荘よりも少し濃いような感じがしました。
見上げれば大日岩。スゴイ迫力。
ズンドコドヒャドヒャ豊富な源泉が注がれていいます♪
オシャレさを求めるなら栗駒山荘、質と迫力を求めるならこちら須川高原温泉かなぁ。

東北

須川高原温泉

 酸性・含鉄(Ⅱ)・硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉

 〒021-0101 岩手県一関市厳美町祭畤山国有林

 0191-23-9337

 

入湯料:1カ所500円(大露天風呂もしくは大浴場)

 

温泉>岩手005

200709201212.jpg

200709201235.jpg

200709201223.jpg

200709201243.jpg

人気の施設らしく、結構な数の車そして大勢のお客さんが見受けられました。
こちらの名物は、何と言っても露天からの眺めらしいです。
早速露天へGO!
横に広い湯船です。
生憎スキッと晴れていなかったので、あまりいい眺望ではありませんでしたが...。
お湯は、青みがかった乳白色です。
内湯にも露天とほぼ同じ大きさの浴槽がありガラス張りになっていたので、露天とほぼ同じ眺望を楽しめましたが、私の場合火照った体を冷ましたいので、ほとんどの時間を露天ですごしました。
お風呂から上がり休憩しようと考えましたがゆっくり休憩できそうな休憩所は有料みたいだったので、外へ出てベンチで休憩しました。

東北

栗駒山荘

 酸性・含鉄(Ⅱ)・硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉

 〒019-0803 秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字仁郷山国有林

 0182-47-5111

 

入湯料:600円

 

温泉>秋田019

200709201122.jpg

200709201148.jpg

200709201147.jpg

200709201126.jpg

200709201145.jpg

200709201146.jpg

200709201128.jpg

200709201130.jpg

200709201129.jpg

200709201136.jpg

200709201149.jpg

温泉パスポートで入らせて頂く事に。
田舎風の建物はいろいろと演出(?)されていて楽しい雰囲気です。
お風呂の方は、残念ながら加水あり循環との明記がされていました。
ただ、掛け湯からは良いお湯だと推測されます。
内湯と言えども露天への戸が開け放たれているので、熱気がこもっていなくて過ごしやすいです。
内湯から出てすぐの所の露天が一番適温かな?
そこから階段を少し下りた所にある露天・せせらぎの湯は、日なただったせいか頭が熱い~。
そして、更に階段が続いており川に下りる事ができ、夏期の天気がいい時には川をせき止めて湯船にする川湯が出来るらしいです。
全体的におとなしいお湯ですが、掛け湯からは良い硫黄の臭いがしていました。
熱い湯をゆっくり冷まして適温にした掛け流し浴槽があれば最高かな~。

東北

阿部旅館

 単純硫黄泉

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬字奥小安国有林34

 0183-47-5102

 

入湯料:400円

 

温泉>秋田018

200709201101.jpg

200709201029.jpg

200709201009.jpg

200709201011.jpg

200709201010.jpg

200709201012.jpg

200709201013.jpg

200709201054.jpg

200709201053.jpg

200709201032.jpg

200709201036.jpg

200709201046.jpg

200709201056.jpg

200709201003.jpg

ガス注意の文字を見つつ、ちょうど日帰り入浴営業開始時間に到着。
売店?お食事処?で自遊人の温泉パスポートにスタンプを押してもらい、タダで入らせてもらいました。
湯小屋は2カ所に分かれていて、まずは天狗の湯の方へ。
内湯・天狗の湯はまず入った所に1つ。こちらは少し熱めだったかな。
そして階段があり上段にも少し大きめの湯船が1つあります。
どちらも灰色っぽい白濁のお湯です。
さて、では混浴露天に出てみましょう。
男湯寄りの露天、女湯寄りの露天、どちらも黄白濁のお湯です。
温度が適温だったので比較的長湯が出来ました。
道路側からこちらが見えそうな気もしますが、そんなに通行量がなかったので気にしない!
さて次は、道向かいの大野天風呂の方へ行ってみる事に。
戸を開けるとストーブのある休憩スペース。
お風呂は、昔混浴だったらしいのですが、今はキッチリ男女の壁を設けてあります。
青白く濁ったお湯です。
湯船の底には石が敷いてあり足つぼ刺激しまくり。
女性露天風呂には、どろ風呂と名付けられた小さめの湯船があり、そちらのお湯は濾さずに注ぎ込んでいるらしいです。
底にはクリーミーな泥が沈殿していました。
腕に塗りつけてみましたが、後生掛温泉の泥湯ほど肌トゥルンにはなりませんでしたがツルツルしました。

東北

奥山旅館

 <天狗の湯>酸性-鉄(Ⅱ)-硫酸塩泉
<大野天風呂(新湯)>単純泉

 〒019-0404 秋田県湯沢市高松字泥湯沢25

 0183-79-3021

 

入湯料:500円

 

温泉>秋田017

200709200935.jpg

ご飯は美味しいし温泉はあるし、他にお客さんがいなかった事もあり静かで熟睡出来たし。
わざわざ外にまで出て送って下さいました。^^
またリピートしてもいいと思えるお宿でした。

東北

民宿上の湯

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上48

 0183-47-5073

民宿上の湯 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709200803.jpg

200709200820.jpg

200709200804.jpg

朝ご飯には温泉玉子付き!
お漬物にはやはりみずの実入り。
お茶もあるけど、コーヒーがあるのはウレシイ限り。
心配りが行き届いているなぁ~。

東北

民宿上の湯

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上48

 0183-47-5073

200709192024.jpg

200709192050.jpg

200709192058.jpg

部屋に戻って晩酌を。
先程マックスバリュにかほ店で買った、天寿酒造の天寿純米生酒。
口当たりが軽くクイクイッっといける。
デザートは「おつとめ品」で安かった、明治・ディッピーつぶつぶイチゴクリーム。
頭が痛くなりそうな甘さ...。
う~ん、ジャンキー。
あと、ロッテのリッチフルーツチョコレート贅沢ラズベリーBOX。
こちらはなかなかいける。

東北

民宿上の湯

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上48

 0183-47-5073

民宿上の湯 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709191916.jpg

200709191921.jpg

200709191952.jpg

夕食が出来たとのお声がけで1階の座敷へ。
お膳を見てビックリ。
すげーボリューム!値段が値段(1泊2食6300円+入湯税150円)だから全然期待していなかったのに。
お味噌汁も具だくさん。
サザエやゴマ豆腐・牛乳寒天?の先付けあり、刺身あり、天麩羅あり、マリネ、エビ・ホタテが入った煮物や焼肉も。
温かいモノは温かく、冷たいモノは冷たく...。
天麩羅などは私達がチェックインしてから準備してくれたのがわかる。(^^)
珍しかったのは、豆から軸が生えているようなモノ。
漬物とワサビ漬けに入っていました。
歯ごたえがコリコリしていて噛むとネバネバ感が出て美味しい!
(後日調べると、みずの実と言う山菜の「みず(ウワバミソウ)」のむかごの事らしい。)
メニュー全て味も良いし、濃さや塩加減も私達の舌に合う物だし、量も多いし。
ふぅ~~~(゚Д゚)ウマー!
お腹いっぱい!ごちそうさまでした。

東北

民宿上の湯

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上48

 0183-47-5073

200709191901.jpg

200709191845.jpg

200709200904.jpg

シンプル・イズ・ベスト!湯船1つだけ。
湯口からは絶えず軽く硫黄臭のするお湯が注がれています。
スノコを沈めてあるので吸い込み口があるかどうかなどハッキリとよくわかりませんでしたが、ザブーッと豪快にお湯が溢れるので恐らく掛け流しだと思います。
お湯も適温。
小安峡温泉は激熱とか循環とか言う評判が多いので、こちらはどういう風に管理しておられるのか興味があります。
もしかしたら、熱い湯が通る管をタンクの水で冷まして適温にしてから湯船に注いでいるのかな?
分析表を見る限り、秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上4が源泉地のようです。
その住所を元に調べてみると500m位離れた湯沢市皆瀬地熱利用農産加工所がある場所のようなので、そちらから引き湯されているのかしら。

東北

民宿上の湯

 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上48

 0183-47-5073

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>秋田016

200709191906.jpg

にかほから約90km強、何とか19:00までに到着。
遅くなってすみません~~~~。<(_ _)>

東北

民宿上の湯

 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬小湯ノ上48

 0183-47-5073

200709191635.jpg

今日のお宿は1泊2食付き!でも酒を仕入れねば。
ああ~この時間にまだココにいると言う事は18:00チェックイン予定は無理。
19:00までにはチェックインせんとまずいよなー。先を急がねば!

東北

マックスバリュにかほ店

 〒018-0402 秋田県にかほ市平沢字天ケ町82

 0184-32-3340

200709191538.jpg

200709191607.jpg

200709191605.jpg

200709191558.jpg

200709191606.jpg

200709191615.jpg

北東北温泉本持参でタダにして頂きました。(^_-)v
浴室に入ると掛け湯を...おっ!?アブラ臭が濃いぃ。これは期待できます。
まずは、露天へ。
黄色っぽいお湯はスベスベしてアブラ臭も感じられます。
ただ、掛け湯ほどのアブラ臭さはありませんでしたが。
しょっぱいお湯は体がすぐにあたたまります。
湯船から出て体を冷まそうかと思ったのですが私が訪れた日はピーカンに晴れただったので、じりじりと肌が焼けていくような感じで体が冷めません。
しかし、内湯の熱気ムンムンさよりはマシなので、殆どの時間を露天で過ごしました。
内湯の大浴槽と小浴槽は源泉が違ったらしいのですが、私はジャグジーをあまり好きではないので大浴槽のみ浸かりました。
こちらのお湯もスベスベの感触です。
最後には打たせ湯を腰に当ててみたりしました。
やっぱり、掛け湯のお湯が一番濃いような気がします。
あの掛け湯の湯船があればなぁ~~~。
お湯はイイし小ぎれいだし掃除も行き届いていたし、働いている人達の接遇も良かったので、気持ちよく利用できました。

東北

にかほ市温泉保養センターはまなす

 ナトリウム-塩化物強塩泉

 〒018-0311 秋田県にかほ市金浦字中谷地20-1

 0184-38-2246

 

入湯料:300円

 

温泉>秋田015

200709191456.jpg

残りガソリンも結構少な目。
秋田の南部の方は高値安定?
リッター@140円でした。

東北

コスモ石油協和石油株式会社セルフステーション本荘SS

 〒015-0011 秋田県由利本荘市石脇字田頭206-22

 0184-23-1012

200709191221.jpg

200709191240.jpg

200709191243.jpg

200709191241.jpg

200709191242.jpg

200709191254.jpg

マックスバリュの看板を見かけていたので、昼食を調達する為に立ち寄る事に。
お惣菜のコーナーを見ていたら、なかなかそそる弁当があったので確保。
ココのマックスバリュは店内の入口付近にテーブルと椅子のセットが置いてあり、飲食コーナーを設けてあるのだ!
折角なので、お弁当はココで頂く事にします。
まずは、鶏めし弁当。680円。
蓋を開けると、美味しそう♪
何と小さなお品書きまで付いていました。
 一、秋田県産 比内地鶏スープ入茶飯(あきたこまち)
 二、秋田県産 モロヘイヤ入りかき揚げ
 三、秋田県産 じゅんさい
 四、鶏もも煮カット
 五、鶏そぼろ
 六、玉子そぼろ
 七、おろし生姜
 八、味みつば
 九、昆布佃煮
 十、いぶりがっこ
そしてもう1つのお弁当は、鯛ちらし寿司弁当。同じく680円。
蓋を開けると、こちらも美味しそう♪
 一、秋田県 男鹿産 鯛酢漬
 二、秋田県産 酢飯(あきたこまち)
 三、秋田県産 細竹煮
 四、秋田県産 春菊のごま和え
 五、秋田県産 ふき煮
 六、秋田県産 人参煮
 七、おぼろ
 八、刻み昆布煮
 九、椎茸うま煮
 十、とんぶり
 十一、錦糸玉子
 十二、いぶりがっこ
ABS秋田放送のラジオ番組の企画らしく、マックスバリュの「あきた弁」海山ごくじょう対決!と言う事で、海のお弁当と山のお弁当共にハガキが封入されており、人気投票をしてどうこう...と言う企画みたいです。
(ごめんなさい。ハガキ捨てちゃったからよく分からないけど。)
少し高めのお弁当でしたが、観光客にとっては「秋田の味を体験したどー!」と言う気分になれて良かった。
どちらのお弁当も美味しかったけど、好みだったのは鶏めしの方かな?
食後は、かたまえ山森林公園キャンプ場で頂いた、ゆで栗を頂きました。

東北

マックスバリュ刈和野店

 〒019-2112 秋田県大仙市刈和野字沼田12-1

 0187-87-0660

200709191323.jpg

200709191403.jpg

200709191401.jpg

200709191334.jpg

200709191327.jpg

200709191331.jpg

こわくびホテルなんて名前だから温泉街があってその中に...と想像するも、いつまでたっても温泉街らしきモノが見えてこない。
事前にしっかりナビのポイント登録をした筈なのに。
田園風景の中を進み目的地付近に忽然!と現れました!
玄関脇には馬っ!
ロビーには貸衣装のドレス。
館内に響くはおっさんおばはんのカラオケの歌声。
超B級な雰囲気満載です。
こちらは、北東北温泉本で、タダ入浴させて頂きます。
随所に手抜きがありません!B級風味の...。
女湯は、入ってすぐの所にイルミ付きの怪しい湯(温泉ではない)、奥まで進み右に曲がると小さめの温泉浴槽があり、しょっぱい黄褐色の湯が満ちています。
床も色付いています。
浴槽脇の壁には写真の庭園。
笑っちゃうほどフェイクな感じ。
窓が少ないので熱気がこもって逆上せちゃうのはまいりました。
お湯の印象よりB級の雰囲気の方が鮮明に記憶に残りました。
(^▽^;)

こわくびホテル

こわくびホテル

 ナトリウム-塩化物泉

 〒019-2335 秋田県大仙市強首字上野台28-7

 0187-77-2211

 

入湯料:400円

 

温泉>秋田014

200709191012.jpg

200709191016.jpg

200709191018.jpg

200709191019.jpg

200709191020.jpg

200709191014.jpg

200709191032.jpg

200709191035.jpg

200709191034.jpg

200709191050.jpg

200709191049.jpg

日帰り営業時間が始まったばかりのせいか、比較的空いていてホッ。
受付でお金を払います。
受付のお姉さんは乳頭の中では一番客慣れていると言うか、愛想がイイと言うか。
気持ちのいい接遇は心をほぐしてくれます。
まずは中の湯へ。
女性用の脱衣室に向かう途中に男性達が入っている露天風呂が丸見え。
(この時既に、男性用露天と勘違いしていたのだ。)
混雑すると予測していた鶴の湯で貸切状態とは!
内湯に浸かるとザバザバお湯がこぼれます。と言う事は、前に誰かが浸かってそれなりの時間が経過している...と。
外に出ると女性専用の露天風呂が。
こぢんまりしていますが落ち着きます。
何より貸切状態だしね。うたせ湯もあります。
...で、最後の最後に奥の方にある表示を見つけてしまったのです。「混浴露天入口」と。
あ~!しくじった~~~!完全に見落としておりました。
ただもう待ち合わせの時間もあったし、混浴露天の見せ物的ポジションにも抵抗があったので、結局浸からず。
次は、少し手前に戻り白湯に浸かります。
中の湯と源泉が違うらしいのですが違いがあまり分からず。
次は黒湯。そして黒湯から行く事が出来る、女性専用露天へ。
黒湯は混雑していました。
と言うのも、露天利用のお客さんがごった返していたから。
故に黒湯に浸かっていても、あまり落ち着かなかったなぁ。
で、ドドーッと露天からお客さんが戻ってきていたので「もしかして、今がチャンス?」と思い、露天へ。
やったーーーーー!!誰もいないー!広いーー!!
思わず、泳ぎたくなる広さです。
ココは芋洗い状態を覚悟していたのに、まさか独占できるとは!
少し上がって体を冷ましてふと山の方に目をやると...あ!工事の人達が。
そう言えば、国有林の改良工事とかって看板があったなぁ。
でもまあ見てないでしょ!と気にせず入っていました。
(*゚.゚)ゞ
程なくして服を着たまんまのおばちゃん連中がどやどやと入ってきて、浸かっている私には何も言わず、バッシャバシャ撮り始めるし。
引き上げ時だと思い、女性専用露天を後にしました。
駐車場に戻ると大きな観光バスが...。
なるほど。さっきのおばちゃん連中はコレに乗ってきたのね。
でもまぁ本当に、混んでいなくてラッキー、ラッキー♪

東北

鶴の湯

 <白湯>含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素泉

 <黒湯>ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 <中の湯>含重曹・食塩硫化水素泉

 <滝の湯>含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素泉

 〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50

 0187-46-2139

 

入湯料:500円

 

温泉>秋田013

200709190802.jpg

200709190914.jpg

200709190915.jpg

200709190916.jpg

200709190917.jpg

200709190928.jpg

200709190929.jpg

チェックインした時とはうって変わって、ピーカン!
手前の小屋がゴミ置き場、奥の建物がサニタリー棟(水場、トイレ)。
水場、和式トイレ、洋式トイレ(身障者用トイレ)、全てキレイに掃除されていました。
管理棟の横には展望台が。
田沢湖がスッキリハッキリ!
滞在中の天気の悪さが嘘のようです。
でもまあ、天気が悪かったからこそ、しっかりしたバンガローには助けられました。
キッチリ管理されたイイ施設でした。
管理棟に鍵を返しに行った時「どうぞ」とゆで栗をもらいました。
最後まで気持ちよく心あたたかになりました。
ありがとう。では、また。

東北

かたまえ山森林公園キャンプ場

 〒014-0511 秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻117

 管理棟 0187-47-2007

200709190748.jpg

今日はチェックアウトの日なので手間がかからない朝食に。
さっさと道具を片づけなきゃいけないしね。

東北

かたまえ山森林公園キャンプ場

 〒014-0511 秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻117

 管理棟 0187-47-2007

200709182025.jpg

200709182114.jpg

キャンプと言えば焚き火。
高床式バンガローの下にブロックなどが置いてあり、焚き火が出来るようになっていた。
揺らめく炎を見ていると何だか落ち着きます。
で、本日のデザートはブルボンのちょこづつみ。
モチモチしておいしい~~っ。

東北

かたまえ山森林公園キャンプ場

 〒014-0511 秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻117

 管理棟 0187-47-2007

200709181834.jpg

200709181839.jpg

200709181848.jpg

200709181904.jpg

200709181923.jpg

きりたんぽ鍋の準備完了~。
その前にぐぐーっと冷たいモノを頂きましょう。
おつまみはチーズ入り笹かまぼこ。
ビールは、チルド一番搾り。
んま~~い!!!
さてさて、きりたんぽ鍋もできあがり♪
ソーセージは昨日の鍋材料の残り。
きりたんぽ鍋に入れるものではありませんが。
美味い~~!
きりたんぽって腹持ちいいのね。お腹いっぱい。
またもやビールが進みます。
日本で唯一のブナ天然酵母ビール・ぶなの森ビール。
癖がなく美味しいビール。
ちょっと高いけどね。

東北

かたまえ山森林公園キャンプ場

 〒014-0511 秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻117

 管理棟 0187-47-2007

田沢湖湖畔 撮影

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709181727.jpg

200709181730.jpg

夕日に染まり始める田沢湖と、えげつない(!)金ピカさのたつこ像。
オスカー像かっ!

200709181638.jpg

夕食の材料を買いにタカヤナギへ。
今日はきりたんぽ鍋。
きりたんぽは賞味期限が迫っていたのか半額になっていてラッキー。

東北

タカヤナギ田沢湖プラザ

 〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内浮世坂26-9

 0187-43-1000

200709181525.jpg

200709181612.jpg

200709181552.jpg

200709181553.jpg

200709181619.jpg

駒ケ岳観光ホテルとは違います。
こちらは奥まった少し分かり辛い場所にあります。
ガラス張りで明るい浴室。
ただ、ガラスが曇っているので景観はなし。
どんどん投入されるお湯が大きな浴槽に満ちています。
外では工事をしているのか?それとも湯の吹き出る音?でにぎやかだったので、あまり落ち着いて浸かれませんでしたが。
湯の華がどっさりと沈殿しているので、他のお客さんがいない時にかき混ぜて超白濁湯にして楽しみました。
もう少し風通しが良くて静かなら最高なんだろうなぁ~。
帰りには入口の脇にある地下水を頂く事に。
こちらのお宿の名物である十割蕎麦はこの水を使って打っておられるとか。
癖のない美味しいお水でした。

東北

駒ケ岳温泉

 含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉

 〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野80-68

 0187-46-2688

 

入湯料:400円

 

温泉>秋田012

200709181416.jpg

200709181418.jpg

200709181436.jpg

200709181419.jpg

200709181438.jpg

200709181440.jpg

200709181442.jpg

200709181448.jpg

200709181457.jpg

200709181459.jpg

事前情報では400円だと思っていたのが500円だったので、ちょっとビックリガッカリ。
まずは看板に従い、混浴露天風呂へ向かいます。
小屋に入ったらすぐ脱衣室がありそしてすぐ湯船。
私達はこれが混浴露天だと思いこんでいたのですが、自宅に戻って改めて調べると、この混浴内湯の奥の戸を開ければ混浴露天に繋がっていたとは。;;
でもまあ、お湯の質が変わる訳ではないだろうからイイけど。
出たり入ったりでマッタリしていると、途中、山歩きの中年グループが戸を開けてジロジロ見て行きやがりました。最悪。
それも謝りもせず去っていくし。
最近のおっさんおばはんはタチ悪いわ。
(○`ε´○)
次は、受付前の看板を混浴露天と逆方向、男女別内湯(&女性専用露天)に向かいます。
私はこっちの雰囲気の方が好み。
凛とした空気が漂っています。
女湯は、内湯から出られるようになっていて、そこが女性専用の露天風呂。
内湯と同じ位の大きさの湯船に白濁のお湯が静かに注がれています。
囲いがあるのですが引き戸の様になっているようで、開け閉め可能?
その囲い引き戸が開いていたので、外にはススキと古い民家風建物が見えます。
お風呂から上がって風景をぼんやり眺めゆったりしていると...、古民家風建物の前の道を歩く山歩きのおっさんと目が合ったような!?
うむ。安心出来ません。

東北

黒湯温泉

 単純硫化水素泉

 〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内2-1

 0187-46-2214

 

入湯料:500円

 

温泉>秋田011

200709181310.jpg

200709181314.jpg

200709181317.jpg

200709181318.jpg

200709181323.jpg

200709181330.jpg

200709181355.jpg

200709181340.jpg

200709181357.jpg

テクテク歩いて行くうちに見えてくる建物は雰囲気がありイイ感じ。
受付でおばあさんにお金を払って(ココは愛想があって良かった)まずは混浴の露天へ。
お湯は澄んでいて熱めです。
打たせ湯(瀧湯)の跡もありましたが、現在は使われていませんでした。
次は、混浴の石の湯へ。
あちぃ~。染みます。
私が行ったときはココも澄んだお湯でした。
さて次は、石の湯がある建物に入ってすぐ左にある女性専用の露天へ。
ココのお湯だけが他とちょっと違った雰囲気。
褐色に濁ったお湯で温度も適温でしたし他にお客さんもなく女性専用なのでノビノビと浸かりました。
最後は、別棟の湯小屋・唐子の湯へ。
こちらは、石の湯や混浴露天と同系統のお湯のような感じがしました。
ちょっぴりトドってみたり、独占状態ならではの楽しみ方を。
(^^)
駆け足で回ったので少し落ち着きませんでしたが、鄙びた感じが良かったです。

東北

孫六温泉

 ラジウム含単純硫化水素泉

 〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内先達沢国有林

 0187-46-2224

 

入湯料:500円

 

温泉>秋田010

200709181145.jpg

200709181226.jpg

200709181153.jpg

200709181209.jpg

200709181216.jpg

200709181221.jpg

200709181222.jpg

ココは北東北温泉本で無料入浴。
ずずずいと浴室に向かいまずは露天へ。
青緑白濁色のお湯が満ちています。
周りには目隠しの囲いがありますが、涼やかな風が通り抜けて気持ちイイ。
囲いの隙間からは緑の木々が見えます。
露天で体を冷まし終わり今度は内湯にも入ってみる事に。
露天寄り(左)の小さな湯船は、露天と同じ田沢湖高原温泉の白濁湯。
脱衣室寄り(右)の大きな湯船は、乳頭の湯温泉のお湯。
緑褐色のお湯は意外や意外にアブラ臭が感じられ鉄分たっぷりでヌルツル感もあります。
露天と内湯の小浴槽の田沢湖高原温泉はここら近辺ではそんなに珍しいお湯でもない感じなのですが、乳頭の湯温泉には個性を感じられ、私好みのお湯でした。

休暇村田沢湖高原

休暇村田沢湖高原

 <乳頭の湯>ナトリウム-炭酸水素塩泉

 <田沢湖高原温泉>単純硫黄泉

 〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖駒ケ岳2-1

 0187-46-2244

 

入湯料:500円

 

温泉>秋田009

200709181101.jpg

200709181106.jpg

200709181116.jpg

200709181111.jpg

200709181130.jpg

200709181102.jpg

200709181140.jpg

北東北温泉本で「平日なら無料」のこちらのお湯をお借りする事に。
受付のおじさん、ちょっと、かなり愛想悪し。何だかなぁ。
まずは内湯へ。
少し黄青(?)がかった白濁のお湯はほぼ適温です。
内湯から露天に出てみる事に。
露天には湯船が2つあり大きい方は黄色みが強いような感じがしました。
小さい方の露天は、かなりぬるくて長湯できます。
タダで入らせてもらったから文句は言うな!と言われるかもしれないけど、受付のおじさんのあの愛想の悪さはいただけない。
出る時に「ありがとうございました~」と声をかけたのに無視。
これじゃ仮に泊まったとしても、心から安らげない気がしました。
愛想にはお金がかからないのにね。

大釜温泉

大釜温泉

 酸性-含鉄(Ⅱ)-アルミニウム-硫酸塩泉

 〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖町田沢字先達沢国有林

 0187-46-2438

 

入湯料:500円

 

温泉>秋田008

200709180806.jpg

200709180843.jpg

朝食は、昨日の晩鍋に投入した白モツをば。
火にかけていたらちょっと獣臭さ(!)が気になったけど食べたらそうでもない。結構美味い!
おにぎりと共に...。
パンは少しヤバ目な雰囲気なので廃棄処分。(;;)
食後は甘めのカプチーノ。

東北

かたまえ山森林公園キャンプ場

 〒014-0511 秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻117

 管理棟 0187-47-2007

200709171748.jpg

200709171758.jpg

200709171815.jpg

200709171817.jpg

200709171818.jpg

200709171825.jpg

200709171948.jpg

200709171826.jpg

200709172053.jpg

銀マットを敷いて寝袋やコンロ、ミニテーブルを出し終わった所で夕食の準備に。
水場は外なので野菜を切ってザルに入れて、準備万端の状態で外へ。
ウインドブレーカーを羽織っていたから、今度はTシャツも張り付かず。
準備を終えて喉の渇きを癒すため、ゴールデンホップで乾杯!
んかぁ~~~っっ!美味いっ!!
今晩のお鍋は、野菜たっぷり。
白モツも入れるけど、メインは豚肉肩芋の子鍋用。
芋の子鍋じゃないけどね。
私達にとってキャンプの時の鍋には定番の具、油揚げも。
腹繋ぎにカレーパンを食べる。賞味期限もかなりヤバ目だし。
材料投入~~~!!
味の決め手は、和の鉄人・中村孝明監修(!)ヤマキの秋田比内地鶏だしみそ鍋つゆとS&B辣油(唐からし入)。
特に辣油は買っておいて良かったと思った一品。
一かけすると味が締まります。
ワシワシ食べて酒も進む!
2本目はアサヒ本生クリアブラック。
あとはおにぎりなども食べ、お腹パンパン。
食後のデザートはブルボンのアルフォートミニチョコレートキャラメルサレ。
う~~ん。塩キャラメルぅぅ~~~っっ!
しょっぱさがなかなかイイ感じ。

東北

かたまえ山森林公園キャンプ場

 〒014-0511 秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻117

 管理棟 0187-47-2007

200709171620.jpg

200709171633.jpg

「田沢湖の近く」とざっくりしたイメージで予約したココ。
結局田沢湖を半周しなければならず結構遠かった。^^;
(もう少し手前にもバンガロー付きのキャンプ場があった^^;;)
しかし、この豪雨で「本当に来るんだろうか」と待っていてくれた管理人さん達を見たら、ココを選んで正解と思った。
管理棟で2泊分のお金を払って鍵を受け取り、バンガローへGO!
高床式のバンガロー。
ドシャドシャ降りの中荷物を中へ運び込む。
車が横付け出来て助かったが、雨の降り方が尋常じゃない。
全身ずぶ濡れ。Tシャツが張り付いて気持ち悪い。
中はフローリングでまだ新しい。広さは6畳よりは広いような?
電灯はあるがコンセントはなし。

東北

かたまえ山森林公園キャンプ場

 〒014-0511 秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻117

 管理棟 0187-47-2007

200709171533.jpg

今日の晩の食材は朝に立ち寄ったロッキー雫石店でほとんど揃えたのだが、アルコール類はキャンプ場から比較的近いココで調達しようと立ち寄る。
店内をウロウロしていたら、豚の白ホルモンとやらがどっさりの量で安い。
普通は焼いて食べるんだろうけど今日の鍋は味噌ベースだから、よく煮れば味が染みこむ&臭みも取れると思い確保。
後は、チルドビールの賞味期限が近い分お安くなっていたので迷わずカゴへ。
その他日本酒と小枝秋味も入手。

東北

タカヤナギ田沢湖プラザ

 〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内浮世坂26-9

 0187-43-1000

200709171355.jpg

200709171418.jpg

200709171417.jpg

200709171400.jpg

200709171414.jpg

200709171426.jpg

200709171420.jpg

200709171427.jpg

200709171429.jpg

200709171430.jpg

200709171455.jpg

500円を払って、まず内湯の木風呂へ。
脱衣室に洗濯機まであるのは長期滞在客の事を考えてあるのでしょう。
しっとりとした雰囲気が良く、木風呂の名の通り木を多用した浴室です。
ほぼ透明(暗くてよくわからなかったけど)で極々軽く濁ったお湯には、白い湯の華がワシャワシャ。
出たり入ったり、置いてある「甲石」をボーッと眺め、逆上せた体を冷ましつつまた浸かり...。
次は、岩風呂に行ってみる事に。
こちらは、若いお姉ちゃんグループが占拠していたので写真は撮れず&落ち着かず。
どんどん加水しまくっているし!><
湯の華は木風呂と比べて大きく、白いベロンベロンとしたモノが流れ込んでいました。
最後に、混浴露天に行くだけ行ってみよう。
何せスゴイ雨。露天風呂に着くまでにベショベショグチョグチョ。
雰囲気はなかなかでそそるモノがありますが、加水率何%???と言いたくなる雨...。;;
傘さして浸かっても楽しめそうになかったので入浴は断念しました。
雨が降っていない時に露天リベンジをしたいものです。

東北

蟹場温泉

 単純硫化水素泉

 〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達

 0187-46-2021

 

入湯料:500円

 

温泉>秋田007

200709171214.jpg

200709171217.jpg

200709171254.jpg

200709171249.jpg

200709171256.jpg

国見温泉と言えば石塚旅館かなぁ~と思っていたのです。
源泉は石塚旅館にあって、石塚旅館から森山荘に引っ張って来ているのは重々承知なのですが。
ただこちらは、北東北温泉本を持って行けば100円引きになる訳で...。
で、100円の差額だったら石塚旅館にしようかと思って悩んでいたのですが、当時、石塚旅館も森山荘も入湯料が400円から500円に値上げしたばかりとの事でした。
で、森山荘は500円に値上げにも関わらず、北東北温泉本の使用期限が来るまでは旧料金の400円から100円引きの300円で浸かれる...との事。
...200円の差額に負けて森山荘に決定!
(^^;)
もっと鄙びた施設で空いているかと思いきや、雨の中にも関わらずお客さんがいっぱい!
受付でお金を払って浴室へ向かいます。
まずは内湯から。
アブラ臭漂うヌルツルのお湯の色はグリーンで、味は卵苦い。
底には白い湯の華がワシャワシャ溜まっています。
第一印象は「月岡っぽい」と感じました。
窓の外を見ると眼下にタープが張ってあり、お風呂らしきものが。
常連のおばさまに「あれが混浴の露天ですか?」と聞くと「あれはペット専用のお風呂なのよ~」との事。
さて、最後に雨にめげず露天風呂に向かいます。
12:30までは女性専用時間帯だったようですが、私が行った時間帯は混浴タイム。
お湯の色は内湯より濃い緑色のように感じました。

東北

森山荘

 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉

 〒020-0582 岩手県岩手郡雫石町橋場国見温泉

 090-3362-9139

 

入湯料:500円

 

温泉>岩手004

200709171111.jpg

今晩の食材は生鮮食料品が充実しているココで調達していく事に。
雨が降って肌寒いし焼肉ってな気分でもないし何より楽(^^;)なので、今晩はお鍋に決定!

東北

ロッキー雫石店

 〒020-0541 岩手県岩手郡雫石町千刈田95-1

 019-691-2011

200709171039.jpg

200709171041.jpg

今日・明日はあまり都市部に近づかないから今のうちに給油を。
リッター@135円でした。
でも、近くにあったJASSの方がもう少し安かった。くやしいぃ。

東北

コスモ石油セルフピュア盛岡インターSS

 〒020-0143 岩手県盛岡市上厨川字新田66-1

 019-648-1730

200709170951.jpg

結局盛岡まで出てきて、ようやく大型店舗発見。
荒天につき、今日のテント泊をバンガロー泊に変更するために情報収集を。
10:00にイオンモール専門店街が開店して本屋へGO。
キャンプ場ガイドみたいなのはこの季節だからなのか皆無。
少ない情報の中から、今日・明日泊まる予定だったキャンプ場からかなり離れたキャンプ場に適当な価格で利用できるバンガローがある事がわかり、早速予約。
あとは、今日・明日利用する筈だったキャンプ場にキャンセルの電話を...。(;;)
利用する筈だったキャンプ場にバンガローがあれば間違いなくテント泊からバンガロー泊にシフトしたのになぁ。残念。
でも、今日の寝床が確保できてホッとした。

東北

ジャスコ盛岡店

 〒020-0143 岩手県岩手郡雫石町長山東葛根田国有林176

 019-605-3700

200709170832.jpg

200709170833.jpg

こぢんまりしたお宿なので、お友達同士数人で泊まって楽しむってのはいいかも。
...と、ココにも「乱打板」が!
「元」國民宿舎(「元」がかなり薄くなっているけど)の看板も最後にしっかり写真に収めて出発。

東北

滝峡荘

 〒020-0585 岩手県岩手郡雫石町長山東葛根田国有林176

 長谷川さん 019-676-2175

滝峡荘 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709170745.jpg

200709170754.jpg

朝食はパン。
あと、昨晩食べ損ねたデザートの芋栗南瓜プリンを朝っぱらから。
(^^;)
美味いけど朝からヘビー。

東北

滝峡荘

 〒020-0585 岩手県岩手郡雫石町長山東葛根田国有林176

 長谷川さん 019-676-2175

200709161948.jpg

200709161946.jpg

200709161949.jpg

200709162013.jpg

200709170710.jpg

200709170709.jpg

200709170711.jpg

200709170713.jpg

200709170722.jpg

200709170726.jpg

夜のお掃除時間も終わりいよいよ温泉です。
狭い方の浴室が女湯。
(夜中に男女が入れ替わります)
薄暗い浴室は、ちょっと幻想的ですらあります。
暗くてよく分かりませんが、湯の色がそんなに濁っていないように見えました。
ガイドブックやネットで見る限り灰色~白に濁っているのですが、そんなに濁っていないお湯に白い湯の華がチラチラと舞っているように見えます。
掃除したてで新鮮だからなのか?と推測しました。
結構熱々のお湯で、少し浸かっているだけで体がピリピリしてきて長湯出来ませんので、湯船から出たり入ったりしてこの雰囲気を楽しみました。
さてさて、朝には男湯と女湯が入れ替わっていると言うことで、朝湯を楽しむことに。
おお。確かに広い。
昨晩入った時より、お湯の濁り度が濃いような気がしました。
窓も大きいし明るいので、ノビノビと浸かっていられます。
昨晩の狭い方の浴室の雰囲気も好きですが。
ご主人のこだわりが随所に見られ、雰囲気のある施設でした。

東北

滝峡荘

 含硫黄・鉄-アルミニウム-硫酸塩泉

 〒020-0585 岩手県岩手郡雫石町長山東葛根田国有林176

 長谷川さん 019-676-2175

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>岩手003

滝峡荘 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709161857.jpg

200709161919.jpg

200709161921.jpg

お風呂のお掃除が19:00から始まり大体1時間位かかるとの事だったので、お風呂は掃除後に頂く事に。
って訳で夕食です。
昼食が遅めだったので軽め...と言いつつ、結構な量。
野菜不足の感があったのでサラダに更にレタスをプラスして。
その上、カレー鍋焼きうどん。
焼き豚メンマは贅沢モルトのおつまみに。
お腹ポンポンで眠たくなってきちゃう。

東北

滝峡荘

 〒020-0585 岩手県岩手郡雫石町長山東葛根田国有林176

 長谷川さん 019-676-2175

200709161728.jpg

200709161730.jpg

200709161800.jpg

200709161801.jpg

さてはて、今日のお宿にやっと到着。
お部屋は6畳のこぢんまりサイズ。
他の部屋も2部屋うまっていてちょっと意外。
「貸切状態かな~?」と甘い考えを持っていたので。
常連さんも多そうで結構人気のお宿なんですね。
寝転がって見上げると神田川の世界...。
ほらね。
白熱電球です。

東北

滝峡荘

 〒020-0585 岩手県岩手郡雫石町長山東葛根田国有林176

 長谷川さん 019-676-2175

200709161654.jpg

200709161649.jpg

200709161648.jpg

200709161655.jpg

ココはかなり楽しみにしていたのだ~。
前を走っているマイクロバスも同じ方向に進んでいるな...と思っていたら目的地はココ。
結構広めの駐車場は車でいっぱい!
もっとこぢんまりと細々と(!)やっているイメージがあったのでビックリしました。
ダッシュで店内に入り「ダ...ダブルでっ!」と言うと「今日はシングルのみです」と。
えぇ~?多客時は制限があるんだー。(ノ_・、)
それに、売り切れの味も多く、季節限定のモノはほぼ全滅。
定番モノも売り切れている味があるぅ~。
結局私は抹茶。シングルで250円。
ツレはかぼちゃ。同じくシングルで250円。
なめらか&味濃いぃ(゚Д゚)ウマー!
あっと言う間に食べちゃった。
今度はダブルで食べてみたいモノだ。
いつ来る事が出来るか分からないけど...。

東北

松ぼっくり

 〒020-0585 岩手県岩手郡雫石町長山早坂70-48

 019-691-5030

200709161613.jpg

200709161615.jpg

ここら辺はガソリンお安め!
リッター@133円でした。

東北

昭和シェル石油有限会社万作石油店セルフ玉山SS

 〒028-4134 岩手県盛岡市玉山区下田字石羽根99-76

 019-683-3211

200709161530.jpg

200709161549.jpg

200709161550.jpg

今日は素泊まり=夕食の時間を気にしなくてもイイ!って事でちょいと遅めの昼食を。
早速レストランへ。
私は、盛岡じゃじゃ麺・緑麺(ほうれん草麺)500円ナリ。
普通の白い麺とほうれん草入りの緑の麺のどちらかを選べたので緑麺をセレクト。
味噌を絡ませて(゚Д゚)ウマー。
ツレは、ひっつみ定食750円。
モチモチしたひっつみが(゚Д゚)ウマー。
野菜タップリで(゚Д゚)ウマー。
ほうれん草豆腐の小鉢も付いていました。
食後は売店をウロウロ。
カレー味南部煎餅のミミ150円と、うぬぼれドライカルパス570円を入手。

東北

道の駅にしね

 〒028-7111 岩手県八幡平市大更第2地割154-36

 0195-75-0070

200709161430.jpg

200709161510.jpg

今日のお宿は素泊まりなので夕食やデザート、飲み物、お酒を確保する為にココでお買い物。
ちょっと小腹が空いたので明太子のおにぎりを。

東北

マックスバリュ西根店

 〒028-7405 岩手県八幡平市平舘第25地割286

 0195-74-2100

200709161257.jpg

200709161228.jpg

200709161231.jpg

200709161232.jpg

200709161246.jpg

200709161247.jpg

200709161301.jpg

200709161309.jpg

200709161316.jpg

自遊人の温泉パスポートで利用させてもらいました。
事前連絡をした際の電話対応もとても気持ちのいいモノでしたが、実際のご対応も無料入浴にも関わらず気持ちのいいモノでウレシイ。
まずは館内のお風呂の方へ。
団体さんの観光バスが停まっていたので混んでいる事は覚悟していましたが、奇跡的にも内湯に人がいない!
(この後すぐに貸切状態解消となりましたが)
総ヒバ造りでしっとり落ち着ける内湯です。
白く濁ったお湯は酸っぱい~。
浸かっているとホコホコしてくるので、冷ましがてら館内併設露天風呂へ。
内湯から行けるので服を着て移動する必要はなし。
団体のおばちゃん方がワラワラワラ~と出現して嵐のように去っていきまた静寂。
眼下には野天風呂。そこには裸の男性が...。(*´ -`)
さて、服を着て建物から出て、今度は野天風呂へGO!
一番手前に女性用野天、その奥に男性用野天があります。
女性用野天は、湯がイマイチ少な目...で浸かり辛かったです。
館内のお湯と違いこちらは単純泉らしいです。
やや褐色がかった白い濁り湯で温度はちょうど良い。
途中、宿の男性が外から「お湯の温度はどうですかー?」と声をかけられ、湯の投入量を調整しておられました。
途中、ピタリと湯が止まった時もあったりしました。
で、浸かり終わってツレとの待ち合わせ場所に行くと「混浴野天に来るかと思っていたーすごく温かったよ」と一言。
やってもた!入り忘れてるし~~!!と混浴野天に。
あ、納得。館内併設露天風呂から見えていたのはココだったのね。
おぅ!ぬるま湯っつーか殆ど水っつーか、プールっつーか。
湯守のおじさんの手が、まだかかっていないのかもしれません。
なるほど。さっき館内併設露天店風呂で団体のおばちゃん達が「野天は水みたいだった」と言っていた意味がやっと分かりました。
女性用野天は適温だったので「水みたいじゃないじゃん!」と思っていたのですが、こっちの事を言っていたのね!
ぬるいから、体の熱を冷ますには最適!
チャプチャプと水遊びをしていると男性客が様子を見に来られましたが、湯に手を突っ込むと「冷たっ」と入浴するのを断念されるほどの湯の温度。
私は嫌いではないです。
でも、小雨まじりの中水のような湯に浸かっている私らは、他の人たちの目には奇異なモノに写ったでしょう。
さて、この温度だといつまでたってもキリがないので、そろそろ上がる事に。
湯煙?噴気がそこかしこから上がり、野趣溢れる景色でした。

東北

ふけの湯

 <熊の湯>単純温泉

 <岩の湯>単純酸性泉

 〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平字熊沢外8国有林3132林班ハ小班

 0186-31-2131

 

入湯料:500円

 

温泉>秋田006

200709161148.jpg

200709161145.jpg

200709161156.jpg

自遊人の温泉パスポートを利用させてもらってお邪魔させて頂きます。
ココは写真撮影禁止。
ま、撮れる程空いてはいませんと言うか、めちゃめちゃ混んでいます。
脱衣室もそして浴室も人がいっぱい。
さてさて、浴室に足を踏み入れまずは泥湯に...と思うも定員オーバーで浸かれそうもありませんので、隣の滝湯で肩や腰に湯を当てつつ、泥湯をチラ見して空くのを待ちます。
程なくして私1人分位のスペースが空いたので、早速滑り込み!
おー。ニュルニュルの黒っぽい泥が底に溜まっています。
腕やら足やらに塗りつけてニュルニュルニュル...。
ぬるいお湯なのでいつまでも浸かっていられますが、他のお風呂にも入ってみたいので出る事にします。
隣の滝湯で泥を落として...おおーっ!肌がテカツル。
本当にピカピカテカテカで驚いちゃいました。
次は箱蒸し風呂へ。
これはまあ予想通りの感じだったので、そう長居もせず。
続いてサウナ風呂。
自然の蒸気を利用しているとの事で入ってみました。
結構(;´д`)ゞ アチィー!!
掛け湯をして神経痛の湯へ。
硫黄臭がある白濁の湯はイイお湯なのですが、後生掛温泉ならではと言う感じではありませんでしたので、次は露天に行ってみる事に。
途中、気泡ブクブクの火山風呂があったが、別に気泡風呂に入る気はなかったので素通り。
露天は別に入らなくても良かったかな~と言う印象。
狭いし、浴槽から上がって体を冷ますスペースもないし、囲われて景観も通風も良くないし...。
私の一番のお気に入りはやはり泥湯かな~。
混んでいたとは言え天井が高いので、そんなに息苦しい雰囲気ではなくd(>_・ )グッ!
バラエティー豊かなお風呂の数々はスーパー銭湯や健康ランドの原点の様で、なかなか楽しかったです。

東北

後生掛温泉旅館

 酸性単純硫黄泉

 〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平字熊沢国有林内

 0186-31-2221

 

入湯料:400円

 

温泉>秋田005

200709161018.jpg

200709160929.jpg

200709160940.jpg

200709161017.jpg

200709161001.jpg

200709161016.jpg

200709161006.jpg

自遊人の温泉パスポートを利用させてもらってお邪魔させて頂きます。
まずは洞窟露天風呂に。
10:00~12:00(17:00~19:00も)は女性専用時間になるので、ツレにとっては立ち寄るタイミングが良かったかも。
青っぽい乳白色で硫黄臭があり、ちょいとぬるめの温度がイイ感じ。
他にも夫婦連れの方々などが浸かっておられましたが、そんなに混んでいなく良かったです。
常連の愛嬌があるおばあちゃんがいろいろ話しかけてくれたのですがカナリネイティブ岩手弁(?)でしたので、あまり分からなかったのが残念。
さて、女性専用時間になるのでボチボチ引き上げて、今度は男女別の内風呂へ。
内湯は、お客さんがいっぱいいらっしゃったので、写真は撮らず。
洞窟露天に比べると、白さが濃いようなお湯です。
湯の温度も少し高めなので、内湯のドアの外にある女性専用露天風呂へ。
男性の目が無い分、湯船から上がって体をゆっくり冷ます事が出来ます。
(^▽^;)
こぢんまりしていますが、そんなに混んでいないので問題なし。
さて最後に、混浴の露天風呂に行ってみます。
脱衣室は男女別。
ドアを開けるといきなり湯船が丸見えで、開けた途端、男性数人が女性脱衣所寄りに立ってこちらを見ていました!
(○`ε´○)
ま、めげずに浸かりましたけど。
ただまあ、わざわざ勇気を出して入る価値があるかと言われると、別に女性専用露天風呂でかまわないと言う感じ。
洞窟露天風呂はわざわざ入る価値はあると思いますが、こちらの露天風呂は、混浴でもめちゃくちゃ広い訳ではありませんしね。

東北

松楓荘

 単純硫黄泉

 〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木1-41

 0195-78-2245

 

入湯料:500円

 

温泉>岩手002

200709160911.jpg

概ね満足。
安いし、部屋は広いし、トイレ付きだし、温泉付きだし。
ただ、ドアの開閉音がうるさいのと、フロントのおっちゃんがビミョーに愛想がよろしくないのとが...。
このお値段なので、リピもありだけど。

東北

からまつ荘

 〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木第1地割500-5

 0195-78-2581

からまつ荘 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200709160744.jpg

元気に朝ご飯。
ヤクルト付き!!

東北

からまつ荘

 〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木第1地割500-5

 0195-78-2581

200709152302.jpg

200709152303.jpg

寝る前にデザートって...。
ぶたのもとぶたのもと。
((((;゜Д゜)))ガクブル
マックスバリュで買った、さつま芋とっとぷりん。
(゚Д゚)ウマー!
(゚Д゚)ウマー!!
(゚Д゚)ウマー!!!
卵の美味さと芋のまったり感がたまらん!

東北

からまつ荘

 〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木第1地割500-5

 0195-78-2581

200709152144.jpg

200709152138.jpg

見取り図を見る限り、男湯の大体半分ほどの大きさの筈。
混んでいないから良いですけどね。
かすかに硫黄臭があり白い湯の華がほんの少しだけあったような...、あまり明るくないからよく分かりませんでした。
熱気がこもっているし湯温も熱めなので長湯は無理でした。

 ・源泉名 八幡平温泉(マグマの湯)
 ・湧出地 岩手県岩手郡松尾村大字寄木松川国有林558林班八小班(もう一つの分析表には八ノト班と書いてある!?)
 ・成分に影響を与える項目 温泉温度が高いため営業時間で湯を張る時加水します。一晩かけて湯を張る時は、温泉だけを少しずつ出し加水はしません。

との事。
私の入った時はどういう状態だったんだろう。
松川地熱発電所の蒸気を熱変換して...の湯らしいのですが、よくわかりませんでした。

東北

からまつ荘

 単純硫化水素泉

 〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木第1地割500-5

 0195-78-2581

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>岩手001

200709151804.jpg

200709151807.jpg

200709151816.jpg

お腹減りまくりました!食堂で夕食です。
1泊2食5355円(+入湯税150円)の割には、結構なボリューム。
刺身あり、川魚あり、トンカツありとバラエティー豊か。
その上、600円相当の地酒の冷酒(300ml)付なのだ。
さすが、岩手酒類卸株式会社の保養宿泊施設。
ただ、予約サイトの説明を見て「1人1本」かと思っていたので、冷蔵庫から2人で2本取ろうとすると「1組で1本なんですよ~」と言われ、少し恥ずかしかった。
(*´ェ`*)
まずはあさ開の吟すずめという冷酒。
結構美味くすいすい進む。
で、630円(税込)の冷酒を追加。
今度は、酔仙酒造の酔仙特別純米生貯蔵。
いやぁ~~。すっかり酔っぱらっちゃいました。
゙ヨッパライヘ(~~*ヘ))...((ノ*~~)ノヨイヨイ

東北

からまつ荘

 〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木第1地割500-5

 0195-78-2581

200709151711.jpg

200709151719.jpg

200709151720.jpg

200709151721.jpg

雨が降ってきて、明日からの計画がどうなるかちょっと心配になりつつ、チェックイン。
広縁もあり結構広い。
洗面台もトイレも付いています。

東北

からまつ荘

 〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木第1地割500-5

 0195-78-2581

200709151537.jpg

今日のデザートなどをお買い物。
今日は夕食付きで冷酒も付いてくるプランだからアルコールはどうかなぁ~と思いつつも、発泡酒も入手。

東北

マックスバリュ花輪店

 〒018-5201 秋田県鹿角市花輪下花輪33-2

 0186-31-1230

200709151528.jpg

うむむ。ココはちょっとお高め。
リッター@141円でした。

東北

コスモ石油株式会社花輪マルヘイ花輪北SS

 〒018-5201 秋田県鹿角市花輪字小坂21-6

 0186-23-3666

200709151452.jpg

200709151420.jpg

200709151424.jpg

ココはかなり楽しみにしていました。
思ったより悪路でない林道を進むと、憧れの奥奥八九郎に到着!
他の方もいらっしゃいましたが、パッパと服を脱いで入らせてもらいました。
小振りのプラ味噌樽を再利用した湯桶で掛け湯をして...。
むはっ!!スゴイスゴイ!ブクブクブクブクの天然ジャグジーです。
析出物でガビガビ!炭酸臭がむはむは!下からは強烈なブクブク!
長く楽しみたいのはやまやまですが、何せすぐにあたたまるお湯です。
お湯から上がって体を冷ましたりしましたが、そう長くは浸かっていられず残念でした。

東北

奥奥八九郎野湯

 泉質不明

 〒 秋田県鹿角郡小坂町

 

 

無料

 

温泉>秋田004

200709151312.jpg

200709151319.jpg

先に素通りした時に、名前のインパクトと現在は使われていない?大きな建物が印象的だったココ。
北東北温泉本持参だと無料で入らせてもらえると言う事と温泉本に載っていた「炭酸を感じる赤湯」に惹かれ、訪れる事にしました。
右の大きな建物は老人ホームとして使われているとかいないとか...?人の気配を感じられませんでしたが。
別棟の羽州路の宿あいのりの方は、コンパクトながらもたくさんの人が訪れ賑わっています。
中は木を多く使った造りで、マメに掃除をされているようで気持ちイイです。
脱衣室は少し狭めかな~。
とりあえず赤湯へGO!
ラッキー♪誰も入っておられません。
おお!ゴボゴボっと炭酸と鉄分タップリのお湯が注がれています。
赤湯の浴槽は狭く2人入れば満杯といった感じ。
シュワシュワパチパチ、湯口からは炭酸の臭い。
その上私好みのぬるめの湯。う~ん、たまりません。
外には他に岩の大きな露天がありそちらは別源泉の単純泉の浴槽だったようですが、その日はカンカン照りだった事もあり、日差しの強い岩の露天に浸かる気がせずに未湯。
赤湯をたっぷり楽しんだ後最後に内湯の浴槽へ。
こちらも単純泉だと言う事で試しに浸かってみるも、たいした特徴は感じませんでした。
上がって脱衣所に貼ってある説明を読んでいると、あ!露天の岩風呂は単純泉の加水なしで内湯は単純泉の加水ありでした。
あ~折角だったら加水なしの方に浸かっておけば良かった...と後悔するも、再び浸かる気もせず。
でもまあ、赤湯で十分満足でした。

羽州路の宿あいのり

羽州路の宿あいのり

 <相乗1号源泉>ナトリウム-塩化物泉

 <相乗2号源泉・相乗3号源泉・相乗4号源泉>単純泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山185

 0172-49-5005

 

入湯料:300円

 

温泉>青森001

200709151251.jpg

200709151250.jpg

地図を見ると憧れの古遠部温泉もすぐ近くにある~!
ただ、体には熱がこもって、すぐ次って訳にもいかない。
ちょっと休憩を入れようと立ち寄ったココ。
テーブルや椅子、ベンチなどがあり、公園として整備されている。
木陰になる場所で北東北温泉本をパラパラとめくっていると先程素通りしたあいのり温泉も掲載されており、何だかそそる文言が。
...北東北温泉本持参ならタダで入らせてもらえるし...。
今回は、古遠部温泉を諦めて、あいのり温泉に浸かる事に決めた。
古遠部温泉は、泊まりで是非利用してみたいしね。

東北

遠部ダム公園

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山

 

200709151159.jpg

200709151234.jpg

200709151235.jpg

建物の中はそうでもなかったのです、外観はちょっと廃墟チックな雰囲気。
(^▽^;)
先客はおばあさまとおばさま。
楽しそうに井戸端会議中でした。
床は千枚田状態。
歩くのも痛い位ボコボコで思わず笑みがこぼれます。
湯船の周りにはボコボコの床で痛くないようにぐるりと板を置いてあるのですが、その板も析出物に被われ床と一体化しつつあります。
お湯は黄褐色に濁りしょっぱいお湯は、体がすぐにあたたまります。
逆上せると湯船から上がり痛い床の造形を目で楽しみながら、体を冷ました。
地元の方に愛されているお湯のようで、女湯はひっきりなしにお客さんが来られていたので写真を撮る事は出来ませんでしたが、男湯は一瞬他のお客さんがいない時があったので、ツレに代わりに撮影してもらいました。
時々加熱の為の音(熱交換器?の音)がしていたのですが、逆上せやすい私としてはもう少し低い温度でもいいかなぁ~と感じました。

東北

アクトバード矢立

 含食塩-土類炭酸鉄泉

 〒017-0001 秋田県大館市長走字赤湯沢1

 0186-51-2334

 

入湯料:400円

 

温泉>秋田003

200709151036.jpg

200709151115.jpg

200709151120.jpg

想像していたより立派だなーと言う第一印象。
ふんわりと硫黄臭がする乳緑白色のお湯は、卵+少し酸味を感じるお味。
内湯はヒバ造りの浴槽でどっしりとした雰囲気です。
外気に当たりたい事もあり露天に出てみました。
但し、男女混浴ですが。
各々の内湯から出るとそこは小さめの露天風呂。
内湯よりも更に緑がかったお湯に見えました。
お客さんもそこそこおられ、もちろん男性客もそこそこおられたので、露天では浴槽から上がって体を冷ます...なんて事は出来ないので、再び内湯に戻りました。
お客さんはそれなりにいらっしゃったのですがそんなに騒がしくなかったので、まったりできて良かったです。

東北

日景温泉(休業)

 含ホウ酸・ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫黄泉

 〒017-0001 秋田県大館市長走37

 0186-51-2011

 

入湯料:400円

 

温泉>秋田002

200709151011.jpg

確かに秋田は、ガソリンが安い。
リッター@134円で、土曜日だからかボックスティッシュも1箱貰えました。

東北

JOMOネット東北大館北SS

 〒017-0012 秋田県大館市釈迦内字稲荷山下121-1

 0186-48-2700

200709150916.jpg

200709150945.jpg

200709150946.jpg

ホーマックのお隣にマックスバリュ。こりゃ便利。
お茶などちょこちょこ買い物。
喉が渇いたので今飲む用に選んだのは、サントリークールミントサイダー!95円ナリ。
クールミントガムの強烈なミントさは感じられないけど、爽やか後味がかなり好みな感じ。
ツレが選んだ、フルーツカルピス長野産赤ぶどう味88円ナリもちょこっと試し飲み。
ぶどうの皮をカジカジ噛んだ時みたいな後味。
小腹が空いたのでおにぎりを食べる。
どの具も98円ってのはお得よね!と、すじこと明太子をセレクトする辺りが小市民。

東北

マックスバリュ大館西店(ザ ビッグ大館西店に業態変更)

 〒017-0864 秋田県大館市根下戸新町18-83

 0186-49-1001

200709150741.jpg

200709150744.jpg

200709150750.jpg

200709150816.jpg

営業時間は8:00から。
表の写真を撮って車の中で待っていようかと思っていたら、お掃除中のおじさまに「どうぞ」とお声がけ頂き、早めに入る事が出来ました。
脱衣室も掃除機をかけておられる最中で...、ゴメンナサイ。
ササッと服を脱いで浴室へ。
暫し貸し切り状態で浸からせてもらいました。
湯船には黄緑がかったお湯が満ちています。
凄く温まるお湯なのでそうそう長湯は出来ません。
出たり入ったりを繰り返し。
もう少し寒い季節だとこの温まり感はありがたいものになると思われます。
飲んでみると強烈にしょっぱ苦~い!
力があるお湯に朝からヘロヘロ。
屋根が高く、明るい浴室だったので、清々しい気分になりました。

東北

さざなみ温泉

 ナトリウム-塩化物強塩泉

 〒018-4211 秋田県北秋田市川井字鳥屋沢36-4

 0186-78-4171

 

入湯料:350円

 

温泉>秋田001

200709150627.jpg

200709150628.jpg

200709150629.jpg

200709150630.jpg

200709150644.jpg

やっと開いているお店を見つけた。(^^;)
見た事がないパンを発見!捕獲。
私が選んだのは学生調理。116円ナリ。
たけや製パンは、秋田の地パン工場みたいですね。
(秋田県内のヤマザキパンはココが作っているとの情報は、旅から帰って調べて知りました。)
中身は、魚肉ソーセージフライとサラダとナポリタンスパゲティです。
ツレが選んだのはおいしいどック。同じく116円。
中身は、魚肉ソーセージフライとカレー風味のマカロニサラダ。
このボリュームでこの安さは、なかなかイイですね。
私が選んだ飲み物は、北海道日高クリームコーヒー。
北海道と言いつつ、作っているのは南日本酪農協同株式会社。宮崎かよっ!
超超甘甘~~!
私も、マキシム デザートカフェモカにしときゃぁ良かったかも。
以上の品を買う時にレジ前にそそるPOPが。
1杯ずつ挽きたてのコーヒー(たしかコロンビア?)126円の文字。
食べ飲み終わって、再び店内へ。で、お買い上げ。
カップや砂糖・ミルクの包装を見る限り、アートコーヒーのようです。
シャキっと目覚める旨さでした。

東北

ヤマザキデイリーストアー五城目店

 〒018-1724 秋田県南秋田郡五城目町東磯ノ目2-7-20

 018-852-5333

200709150532.jpg

200709150533.jpg

200709150547.jpg

いよいよ到着!
朝日がペカーッ!
15分程早着で初秋田上陸。

東北

秋田港フェリーターミナル

 〒011-0945 秋田県秋田市土崎港西1-13-13

 018-880-2600

200709142151.jpg

200709142144.jpg

200709142153.jpg

22:30着予定の所40分程早着だった模様。
夜なのでよく見えません...。
安物コンデジで夜景を撮るのは難しい。
っつか私の腕がないだけか。

200709141841.jpg

200709141907.jpg

200709141948.jpg

200709141952.jpg

レストランの夕食バイキングは1600円でお高い。
だからコンビニで弁当を買っておいたのだ。
私は手前のおにぎりランチ。390円ナリ。
ツレは奥のジューシーハンバーグ弁当。530円ナリ。
安上がりだねぇ。
食後にぷは~と晩酌。
その後退屈だったので船内をうろうろ。
自販機コーナーで、去年の北海道旅行の際に飲んだ北の職人のリニューアル版を見つけたので、また飲みました。

200709141700.jpg

コーヒーブレイクの後もウトウトトロトロ微睡んで...っちゅーか爆睡していると、船内放送で禄剛崎が見えると案内が。
船室の窓から撮ってみましたが、イマイチはっきり写っていませんなぁ。

200709141415.jpg

200709141430.jpg

昼酒を飲んだ後は微睡み...目が覚めて昼食。
ローソンで買っておいた和栗のサンドロール。
(゚Д゚)ウマー。
昼食の後は賤ヶ岳SAで買った揚げかま棒青のり味とコーヒーを。
揚げかま棒青のり味はカリカリコリコリして(゚Д゚)ウマー。

200709141048.jpg

風呂上がりにはぷは~っと。
トロ箱に保冷剤を入れて冷たく冷やしておいたので、旨さ格別!

200709141021.jpg

200709141022.jpg

200709141024.jpg

200709142031.jpg

200709142055.jpg

200709142056.jpg

女湯はおそらく一番乗り。
一番風呂っちゅーのはやはり気持ちのイイものです。
大きなお風呂を独り占め♪
あかしあ、はまなすと違う点は浴室にサウナが無い事。
ジャグジーの側にサウナがあり、水着を着用しないとサウナを利用できないのだ。

200709141002.jpg

200709141004.jpg

200709141003.jpg

いよいよ出航。昼便の良さは、お見送りを見られる事かな。
大音量の汽笛にドッキリ。
さよ~~なら~~。
お見送りしてくれた係員の方々も撤収~。

200709140932.jpg

200709141933.jpg

200709140933.jpg

200709140957.jpg

200709150534.jpg

200709142156.jpg

200709142157.jpg

200709142057.jpg

徒歩客は9:30から乗船開始。
毎度おなじみ1等和室。あかしあ、はまなすとそう変わりなく。
随所に年期入っている感はありますが...。
あかしあ、はまなすになく、フェリーしらかば、フェリーあざれあにあるのは、ジャグジー。
でもスッカラカン。夏の間だけは使用されているよう。
わざわざ水着に着替えて使う人がいるんだろうか。
卓球台もありマス。
カフェララウンジ。但し、営業時間は限られています。
海が眺められるプロムナード。
小樽便(あかしあ、はまなす)では2等のお客さんが陣取っていて、こんなに空いているのを見た事がありません。
インフォメーション前の階段は、ちょっとバブリー?
ただ、エレベーターが無いのよね~。
大荷物だったから困りましたが、係員の方が客室のフロアまで持って上がってくれました。
ありがとう。(^^)

200709140821.jpg

200709140836.jpg

200709140913.jpg

フェリーターミナルに到着。
平日出港だからなのか、えらく空いている。
乗船手続きもすんなり完了。帰り便のチケットも受け取る。
2階の待合室で時間つぶし。今から乗るフェリーしらかばをパチリ。
で、お約束の...「ばからし」。

北陸

敦賀港フェリーターミナル

 〒914-0274 福井県敦賀市鞠山95-4

 0770-23-2222

200709140752.jpg

200709140808.jpg

船の中の食料調達。
ついでに朝のコーヒーを。
マウントレーニア カフェラッテ プレミア 薫るエスプレッソ。
美味い。

北陸

ローソン敦賀舞崎店

 〒914-0053 福井県敦賀市舞崎町3-11-2

 0770-21-1911

200709140654.jpg

200709140701.jpg

お腹が空いたのでちょいと休憩。
朝食には、豚汁定食550円をチョイス。
漬け物は食べ放題!なので、思わず白ご飯を追加して食べちゃいました。
(*^^*)
売店で揚げかま棒青のり味を購入。350円なり。

近畿

北陸自動車道賤ヶ岳SA(下り線)

 〒529-0522 滋賀県長浜市余呉町坂口267-1

 0749-86-3348

200709140643.jpg

再び高速に乗って走行中、虹だ~!

200709140612.jpg

200709140613.jpg

ETC割引の為八日市ICで一度出る事に。
すぐまた高速に乗るのも何なのでガソリンスタンドを探す。
高速のSAはリッター@145円だしねぇ...。
このスタンドはリッター@137円で得した気分♪

近畿

エッソフジノ石油ファーストセルフ八日市SS

 〒527-0033 滋賀県東近江市東沖野1-7-5

 0748-24-2433

200709140530.jpg

200709140531.jpg

早朝に出発する...ってパターンは本当に久しぶり。
初めて菩提寺PAを利用してみました。
名物の信楽お狸さんです。
早朝でスナックコーナーも売店も開いていないので、トイレ休憩のみ。

近畿

名神高速道路菩提寺PA(上り線)

 〒520-3242 滋賀県湖南市菩提寺329

 0748-74-2528

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)