モンスターカレンダー

« 2007年7月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007年7月13日アーカイブ

200707132059.jpg

200707132100.jpg

甘めのお酒も飲みたいなっと。
氷結パイナポー。
腹一杯と言いつつ、まだ食うか!
食べた後は...完全に落ち。(-.-)Zzz・・・
だって昨夜は寝不足だったし。

伊豆の宿昭和館

伊豆の宿昭和館

 〒410-3302 静岡県伊豆市土肥306

 0558-98-0023

200707131932.jpg

200707131929.jpg

ごめんなさい。本当は持ち込み禁止みたいなんだけど...。m(_ _)m
ヤオハン購入品で夕食です。
アジのお造り。398円。安っ!
お刺身海鮮盛り。これまた398円。
ようはお刺身の切り落としですね。ボリュームたっぷりです。
安くても(゚Д゚)ウマー。
飲み物は金麦。
ご飯物は中巻。
イカ明太胡瓜中巻、ネギトロ風味鮪中巻、穴子胡瓜中巻。各々330円。
...美味しかったけどさすがに多すぎました。(^▽^;)

伊豆の宿昭和館

伊豆の宿昭和館

 〒410-3302 静岡県伊豆市土肥306

 0558-98-0023

200707131857.jpg

200707140833.jpg

こちらは平日の素泊まり料金がリーズナブルな事もあり、宿泊させてもらいました。
他にも宿泊のお客さんがいらっしゃるようですが「折角なら広い男湯に入られませんか?」とありがたいお言葉を頂き、一定時間貸し切りに。
扉に「貸し切り中」の札をかけ扉の外にスリッパを脱いでおけば、他のお客さんは入って来ないと言う事で、ゆっくり浸からせてもらいました。
ただ、土肥温泉は源泉温度が結構高いので、あっという間に逆上せちゃいますけどね。(^^;)
でも「激熱!」ではなかったので良かったです。
窓を開ければ浴室内に熱気もこもらず、外気が入って気持ちイイ~。
しっかり男湯を楽しませてもらいました♪
翌朝は前夜入らなかった女湯で朝湯を楽しみました。

伊豆の宿昭和館

伊豆の宿昭和館

 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉

 〒410-3302 静岡県伊豆市土肥306

 0558-98-0023

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>静岡010

200707131750.jpg

200707131751.jpg

200707131754.jpg

200707131752.jpg

200707131753.jpg

200707131755.jpg

200707131756.jpg

ふぅ~。今日の宿に到着です。
8畳の広い部屋。
平日限定・素泊まりで1人3000円+入湯税100円と言う格安料金なので、何だか恐縮です。
当初はもう1湯浸かってから到着の予定だったので、もっと遅くなるかもと素泊まりにしたのですが、この時間だったら2食付きにしておいても良かったかも。
洗面所、バス、トイレ、冷蔵庫も完備。
お部屋のお風呂は何と檜風呂です!
トイレもちゃんと個室。
今日はゆっくり眠れそう。(^^)
お茶とお茶菓子を持ってきて頂いたので、まずは一服。
う~ん。お茶が美味い。ホッと一息。
びわ羊羹もなかなか美味しかったです♪

伊豆の宿昭和館

伊豆の宿昭和館

 〒410-3302 静岡県伊豆市土肥306

 0558-98-0023

200707131542.jpg

200707131602.jpg

200707131604.jpg

ココは泊まろうかどうしようか最後まで悩んだ施設。
元は大沢里小学校だった校舎を改造して使われています。
自遊人の温泉パスポートを利用させて頂いたのですが、受付で丁寧にスタンプを押して頂いた後、ティッシュを適度な大きさに裂いてスタンプの所に挟んで頂き、パスポートを返して頂きました。
「温めなのでゆっくり浸かって行って下さい」とありがたいお言葉。
先客はおばあちゃんがお一人。
右側の小さい浴槽で静かに浸かられておられました。
程なくしておばあちゃんも上がられ、私一人の貸し切り状態。
気持ちいい温めのお湯は、いつまでも浸かっていられる、私にとっての適温湯です。
おばあちゃんが浸かっておられた右側の浴槽は60℃の熱湯が出る加温用のお湯蛇口があり、その間は源泉蛇口を止めて湯温を上げるようになっていました。
但し、おばあちゃんが出られた後に入ってみましたが、左の浴槽とほぼ同じ温度でしたが。
「源泉の蛇口は止めないように」との表記がうれしい♪
源泉蛇口には白い析出物がこびりついていました。
スベスベのお湯は細かい泡が付着してきて気持ちいい~~。
軽めの硫黄臭もあるような気がしました。
いやぁ~~。本当にゆっくり出来ました。

伊豆・箱根

やまびこ荘

 含芒硝石膏泉

 〒410-3511 静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里150

 0558-58-7153

 

入湯料:500円

 

温泉>静岡009

200707131523.jpg

次の温泉に向かいつつ「今日のお酒を調達しなきゃ~な~」と思っていると見つけた!ヤオハン。
お酒だけ買うつもりがお刺身を見ていると、う~ん美味しそう♪
で、今日はお寿司屋さんで海鮮丼の夕食にしようと予定していたのを変更!
お酒と晩ご飯とデザートを買いました。

伊豆・箱根

ヤオハン松崎店

 〒410-3624 静岡県賀茂郡松崎町江奈303-1

 0558-42-1711

200707131314.jpg

200707131401.jpg

200707131402.jpg

200707131403.jpg

雰囲気がよいという評判は聞いていたのですが、入湯料1000円はちょっとな~と躊躇していたココ。
平日なら700円だと言う事で今回利用してみました。
(700円でもちょっと高いと感じてしまいますが)
ココはやっぱり名物の千人風呂に入っておかなきゃ!とGO!
女湯側からは千人風呂への扉に鍵が備えてあり、その鍵を持って千人風呂に行くシステムになっています。
千人風呂から女湯へ戻る扉は鍵がないと開かない仕組みであり、男性が女湯に侵入出来ないようになっている...という事です。
全体には暗めなのですが天井が高く、窓から差し込む光が神々しい雰囲気を作り出しています。
ブロンズの女性像達もイイ感じ。
お湯自体は無色でサラリとしています。
檜の浴槽は適温のお湯と温湯に分かれていて、この季節は温湯が気持ちイイ!
露天風呂も覗いてみましたが、やっぱり内湯の雰囲気の方がいいですね。
千人風呂にも満足したので女湯に戻る事に。
こちらも落ち着いた雰囲気でなかなかいいです。
千人風呂と比べると...ですが、十分広い。
これまた露天風呂もありますが、やはり内湯の方が好みです。
お湯の質自体は少し物足りない気もしますが、この雰囲気はイイですね。

伊豆・箱根

金谷旅館

 弱アルカリ性単純泉

 〒415-0011 静岡県下田市河内114-2

 0558-22-0325

 

入湯料:700円*土・日・祝1000円

 

温泉>静岡008

200707131243.jpg

200707131242.jpg

200707131241.jpg

200707131237.jpg

200707131222.jpg

200707131158.jpg

200707131201.jpg

200707131200.jpg

200707131230.jpg

200707131233.jpg

200707131234.jpg

200707131225.jpg

200707131227.jpg

200707131153.jpg

200707131221.jpg

200707131228.jpg

200707131155.jpg

自遊人の温泉パスポートを利用させてもらうので、事前に電話して予約しておきました。
パスポートに押印してもらいお風呂がある別棟の「猪の館」に移動します。
吊り橋を渡って小径を進み「猪の館」に到着。
こちらにも受付に女性の方がいらっしゃり(大女将さん??)お風呂まで案内して頂きました。
一番手前には女湯の内湯がありますがココは後で入る事にして...、まずは露天から。
男湯露天はトンネル風呂が有名らしいですが、女湯露天はこぢんまりとした落ち着ける半露天です。
ぬるめのお湯はややスベスベで掛け流し。
こげ茶色の湯の華もチラホラ。
簾の隙間から河津川の流れが見え、雨のせいか激しい流れでした。
大半の時間を露天で過ごしましたが、内湯にも入ってみたいと言う事でGO!
内湯だけど熱くなく、私にとっては適温なお湯でした。
また服を着て、今度はちょっと男湯にもお邪魔してみる事に。
露天風呂への扉を開けるといきなりトンネル風呂。
左右にもトンネルが分かれていて、個室風呂みたいになっています。
光の先には女湯露天と違い、開放的な露天風呂でした。
男湯内湯は女湯内湯より広め。
入湯料は1000円(当時)となかなかハードルが高いお宿ですが、今回温泉パスポートで気持ちイイお湯を無料で楽しませて頂き感謝感謝♪

※2010年12月に経営変更及びリニューアルの際、「旬彩つりばし」に名称変更。

清流沿いに佇むお抹茶薫る湯宿 旬彩 つりばし

つりばし荘(旧施設)

 アルカリ性単純泉

 〒413-0501 静岡県賀茂郡河津町梨本433-2

 0558-35-0505

 

入湯料:1000円(旧価格)

 

温泉>静岡007

200707131115.jpg

沼津の市街地でガソリン価格チェックをしたら高速よりも高い。
フルサービスでリッター@143円、セルフでリッター@141円。(ノ_・、)
「どうせ高いんならもう少し減ってから入れよう」とココ湯ヶ島まで引っ張りました。
看板にはセルフでリッター@141円。沼津市内と同価格。
この先は高くなる一方だろうと給油する事に。
おお~~!?給油機を見ると何とリッター@139円ではないかいな!ラッキー♪
店員さんも愛想が良く、イイ感じのGSでした。

伊豆・箱根

ENEOS伊伝株式会社D.Dセルフ湯ヶ島店

 〒410-3205 静岡県伊豆市市山521-2

 0558-85-0307

むすび屋 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
200707130913.jpg

200707130959.jpg

200707130938.jpg

200707130940.jpg

今回の旅は、食べるものが楽しみだったのだ♪
まずは、ちょっと遠いけど無料の駐車場に車を入れて、テクテク歩いてお店へ。
先客は1組だけ。市場関係者らしくもう気持ちよく飲んでおられます。
朝から揚げ物や生ものはちょっと重かったので、気になった朝定食をオーダー。
メインはアジ・ムロから選べ、副菜は納豆・冷や奴・卵焼き・サラダ・しらすから1品選べます。
私はアジ、そしてしらすをチョイス。
しらすが思ったより多くて(゚Д゚)ウマー。
味噌汁も(゚Д゚)ウマー。
ツレはムロを。
しらすチョイスは私と同じ。
味見したムロも美味かった♪
出てくるまでにやたら時間がかかったけど780円の割には満足満足。
1500円以上飲食をすると、ぬまづみなとパーキングのサービス券をくれるみたいです。

東海

むすび屋

 〒410-0845 静岡県沼津市千本港町121

 055-963-5484

200707130835.jpg

何度も眠りを邪魔されて最悪。(-""-;)
ココは深夜休憩があるらしく、夜中も朝っぱらも上からも横からも、どっかんどっかんルームメイクの騒音が響いてくるのだ!
ガレージ式じゃないから多少の騒音は覚悟していたが、まさか真夜中や早朝にまで騒音でたたき起こされるとは...。
(横の部屋や下の部屋に寝ている人間がいるという気遣いがない音だから尚腹が立つ)
その上、冷房が全然効かないしその割には作動音がうるさいし。
いくら安くても、もう2度と泊まらない...。

東海

ジャンプ

 〒410-0001 静岡県沼津市足高368-30

 055-925-0909

ジャンプ 晩酌

| コメント(0) | トラックバック(0)
200707130131.jpg

ローソンで買ったアワーズで乾杯。
確かに泡ーず。

東海

ジャンプ

 〒410-0001 静岡県沼津市足高368-30

 055-925-0909

200707130123.jpg

噂には聞いていたが、沼津はラブホだらけでビックリ!
その中でも安さでココに決めました。だって寝るだけだから。
部屋はそう狭くない。

東海

ジャンプ

 〒410-0001 静岡県沼津市足高368-30

 055-925-0909

200707130101.jpg

今夜の酒調達~。ぁぁ。早く飲んで寝たい...

東海

ローソン東名沼津インター西店

 〒410-0011 静岡県沼津市岡宮1292-2

 055-924-5867

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)