モンスターカレンダー

« 2003年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2003年11月アーカイブ

濾過、循環なしで掛け流しにこだわっておられる温泉。
湯船からはザンザカお湯が溢れています。
しかし、源泉温度が低いと言う事は、沸かし湯で掛け流しなんて贅沢です!
お湯にはあまり特徴がないのですが、やっぱ掛け流しって気持ちイイ。
これはKAKUKAKUの好みの問題かと思うのですが、湯船のジャグジーみたいなヤツはいらないなぁと思いました。
できれば、しっとり落ち着いて浸かりたいです。
湯口には温泉成分が白く付着していました。

 

四国

貝温泉(廃業)

 泉質不明

 〒761-1613 香川県高松市塩江町上西甲127-1

 0136-23-3434

 

入湯料:320円

 

温泉>香川002

閉店30分前に到着したのですが、その日はお客さんが少なかったとの事で既に閉店作業中。;;
そこを無理言って、浸からせてもらいました。
掛け流しと噂の水風呂に浸かるような気温でなかったので、沸かしたお湯の方に浸かりました。
元々加熱湯船は循環らしいのですが、閉店作業中にお邪魔したので溜湯状態。
さすがにお湯もくたびれた感じ。
季節が良い時いい時間に、水風呂リベンジしたいです。

 

四国

脇町ヒビノ木温泉(廃業)

 泉質不明

 〒779-3604 徳島県美馬市脇町大字北庄153

 

 

入湯料:500円

 

温泉>徳島002

もしこちらに浸かられる事があるなら、朝食バイキングがおすすめ。
朝食バイキング料金1000円で、お風呂はタダになっちゃいます。
という事で、KAKUKAKUも朝食バイキング&温泉を楽しみました。
まずはお腹いっぱい食べて、次はジャングル温泉!
圧巻です。大きいの小さいの、いろんな湯船がいっぱい。
人も多いのですが、混雑もそんなに気にならない位広いです。
まずは露天に浸かってみましたが、お湯はちょい熱め。
その後いろんな湯船を彷徨ってみました。
温度がビミョーに違ったりでKAKUKAKUが一番気に入ったのは、女湯「鳴子」と名付けられた湯船。
小さくて深め、タイル貼りの湯船なのですが、ココだけ唯一硫黄臭を感じられました。
(日によって状態も変わるかとは思うのですが)
サウナ以外全部の湯船を制覇したのですが、結局「鳴子」で殆どの時間を費やしました。

 

ホテル奥道後

ホテル奥道後

 アルカリ性単純硫黄泉

 〒791-0122 愛媛県松山市末町267

 089-977-1111

 

入湯料:550円*グルメバイキング(入湯料込)朝食1000円 昼食1500円 夕食3000円

 

温泉>愛媛004

ココまで山越えの道を選んだので死ぬ程細い道あり、砂利というより石だらけの道有りで、命からがらパンクの恐怖におののきながら...やっとの事で辿り着きました。
入口でお金を払って中に入るとその受付のおじさんが「浴室の片方を改装中だから、男女時間制になってます」とお言葉。
時間表が貼ってあるので見ると、その時は女性の時間帯。
「んじゃ、先に入って来るね~」と浴室に向かおうとした所「今男性が入ってますからちょっと待ってね」とまたもおじさま。
ん?どうも、直前に男性客が数人いたから入れちゃったみたい...。
仕方なくツレを見送って、KAKUKAKUは休憩室へ。
ストーブのスイッチが入っていないから、冷え冷え~。
寒さに震えながら、かなり待ちました。
(後でツレに聞いた所、数人がなかなか出ようとしなかったみたい)
やっと男性達が出てきて、次は女性ターイム♪
...と、ツレの顔を見ると、ちょっと渋い顔。
「ん?」と思いつつ浴室へ。
ガラリと戸を開けると、...!(+_+)!(!_+)!(--;)!カルキ臭きっつー!!
お湯はヌルヌルしてたぶん素性はいいのでしょうが、いかんせんカルキ臭強すぎです。
まぁ、完全循環だから仕方ないのかなぁー。とほほ。

 

四国

ふもと友愛館

 低張性アルカリ性冷鉱泉

 〒791-1213 愛媛県上浮穴郡久万高原町直瀬甲518-2

 0892-31-0250

 

入湯料:300円

 

温泉>愛媛003

ミルキー色のお湯を写真で見る度に「浸かってみたい~」と思っていました。
結構細く曲がりくねった道をヒヤアセたらしながら、やっと辿り着きました。
駐車場は有料ばかりなので狼狽えていると、京屋発見!
「温泉に入るならこの奥の駐車場はタダ」「但し観光するなら(ロープウェイに乗るなら)駐車料金頂きますよ」との事。
無事駐車場に車を停め建物へ。
食堂を通り抜けて、浴室に向かいます。
おお!写真と違わぬミルキー色のお湯!但し、ブクブクしているから循環ですね。
何だかサラサラする様な粉っぽいような感触です。
源泉もたまに投入されているとの情報もあったのですが、KAKUKAKUが浸かった時には気付きませんでした。残念!

 

四国

温泉旅館京屋

 含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉

 〒793-0215 愛媛県西条市西之川甲106

 0897-59-0335

 

入湯料:300円

 

温泉>愛媛002

「えっ?どれ?どこ?」と悩んでしまうような、民家風建物。
玄関先はひっそりとしていましたが、お金を払い浴室に向かうと賑やかな声が。
脱衣室でおばちゃん、おばあちゃん達が、肌着姿で世間話に花を咲かせていました。
タイル貼りの湯船には赤褐色のお湯が!うぉ!鉄臭い~。
浸かってみるとかなり熱め。
「うわぁ~逆上せそう」と思っていると、ジモティーのおばちゃんが水を投入!
「ぁ...薄まる(T.T)」と思いきや、そのおばちゃんがゴクゴクと水を飲み始められました。
そうなのです。水と思っていたのは、加熱する前の源泉だったのです。(^_^)v
加熱湯と源泉を同時投入すれば、適温掛け流しの出来上がり♪
これって、飛騨古川温泉のたんぼの湯と似たようなお湯&設備じゃん!
はぁ~極楽極楽...。
源泉を飲んでみると鉄塩味がしました。
浴室でも、おばちゃん、おばあちゃん達はひたすら喋り続けておられ、これぞ地元密着系温泉!って感じでした。

 

四国

いがり温泉(休業)

 泉質不明

 〒793-0065 愛媛県西条市楢木228

 

 

入湯料:300円

 

温泉>愛媛001

夕方頃到着したのですが、かなりの混雑ぶりでした。
薄青緑グレー?に濁ったお湯からはかすかに硫黄臭がします。
掛け流しっぽいしイイお湯なのでしょうけど、お客さんの多さによってお湯がくたびれているような印象を受けました。
源泉そのまんまのちめたい湯船も人がいっぱい。
寒い日だったのでちめたさに負けたのと、あまりの混雑ぶりに源泉湯船に浸かるのは断念しました。
洗い場からあぶれた人々が湯船を取り囲み、出るのも大変。
もう少し混雑していない時間を見計らって再訪してみたいです。

 

四国

蘇鶴温泉

 単純硫黄泉

 〒781-2126 高知県吾川郡いの町大内1079

 088-892-1788

 

入湯料:420円

 

温泉>高知002

細い山道で「対向車は来ないだろうか...」と心配になりながら辿り着いたこの温泉。
まず、人のよさそうなおじさまから入り方のレクチャーを受けます。
「温く感じるかもしれないけど湯上がりは温まるし、もし温ければ加熱した源泉を入れて」「熱ければ、水じゃなくて源泉って書いてある方をひねって」「ここのお湯は飲めます」
ワクワク期待に胸を膨らませながら、浴室へ。
こぢんまりとした岩風呂に、ちょろちょろと加熱された源泉が注がれています。
ほぼ透明、軽く濁ったお湯からは硫黄臭。にっこり笑みがこぼれるお湯です。
「限りある資源を大切に使ってね」的な事が壁面に掲示されていたので、加熱源泉、源泉そのまんま共に少な目に出させてもらい、暫し掛け流し...。
冷たい源泉を口に含むと濃い卵味がしました。
窓からは渓流を眺められ、雰囲気もなかなか。
お客さんもKAKUKAKU以外はお一人だけだったので、静かにゆったりと過ごせました。
上がった後は、体も心もポカポカ。
「うちにはパンフレットがないから...」とおじさまから名刺を頂きました。
お湯を大切に使い、ベストな状態で提供されている姿勢に共感を覚えました。

 

四国

奥白髪温泉(廃業)

 単純硫黄泉

 〒781-3610 高知県長岡郡本山町下関1990

 

 

入湯料:500円

 

温泉>高知001

前から憧れていたお湯でした。
でも、露天利用だとケーブルカー料金を含めて1500円とカナリお高い...。
しかし背に腹は代えられない!
清水の舞台から飛び降り、ケーブルカーで降りて浸かってきました。(^_^;)
10:00、丁度チェックアウト時間頃行ったのですが土曜日と言う事もあり、駐車場には既に車がいっぱいでした。
まずはフロントでお金を払い、ケーブルカー乗車&入湯券を受け取った後ケーブル乗り場へ。
ドアを開けて様子を見ると「あー今丁度降りていった所だよ~中で待ってて」と声をかけられました。
風も強くむっちゃ寒い日でしたので、中に入りドアの前で待ちます。
待っているうちにケーブルカーの定員いっぱい位人が集まってきました。
やっとケーブルに乗り発車スイッチを押し(最前列に座ったもんで)出発進行!
ゆるゆると山を降り下のケーブル乗り場に着くと、湯上がりのお客さんが震えながら待っておられました。
あー、下は風から逃れられる待合室みたいなのは無いのね~。
いそいそと服を脱ぎ、ちゃぷんと浸かります。
うっひゃぁ~♪噂に違わぬアワアワだぁ~!
透明のお湯が気泡で白く見え、しかも少し卵臭があります。
しかし初冬のこの時期、温めの湯温はちと辛かったです。
アワアワにまみれながらじーっと浸かっていても、体は温まってくれません。
景色を見ようとちょっと腰を浮かしたら、お湯から出た肩が一気に冷えてきます。
いつまでもキリがないので、1時間位で上がりましたが、、ケーブルカーのタイミングに合わず、待ってる間にすっかり冷え冷え~。
ホテルにある内湯は沸かし湯になっていて冷えた体をあたためられるのでしょうが、源泉そのまんまを満喫した体を内湯に浸すのが勿体なくって、結局ちめたい体のままホテルを後にしました。
お湯は確かにむちゃイイのですが、もう少し安ければなぁ~。

 

ホテル祖谷温泉

ホテル祖谷温泉

 アルカリ性単純硫黄泉

 〒778-0165 徳島県三好市池田町松尾松本367-2

 0883-75-2311

 

入湯料:1500円(露天と内湯、ケーブルカー乗車料込み)

 

温泉>徳島001

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)