モンスターカレンダー

« 2002年3月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2002年3月25日アーカイブ

遅い時間にチェックインして利用したせいか、大浴場の湯船へお湯の供給がされていなかったのが残念でした。
湯船、床には、クリーム色、茶色の析出物が固まっています。
カランも温泉です。
褐色のお湯にまったりと浸かろうかと思いましたが、同浴のおねーちゃんグループがうるさくて、落ち着いて浸かっていられなかったのがとても残念。
部屋のお風呂も何と温泉!
翌朝には、お部屋で朝風呂しました。

 

大分キャセイホテル

大分キャセイホテル

 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒870-0877 大分県大分市大字賀来1261-1

 097-549-2890

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>大分010

町中にある、いかにも銭湯な温泉です。
ちょうど晩ご飯後の時間帯だったので、地元の人達で賑わっていました。
お湯はかすかに色が付いていました。
冷えた温泉浴槽が別に設けられていて、浴室の説明書きによると普通湯との交互浴が推奨されています。
熱い湯で逆上せ気味だったので早速実践!ちめたいけど気持ちイイ~。
何度か繰り返すうちに、体の中からしっかりあたたまってきました。

 

九州

錦温泉(旧施設)

 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒870-0024 大分県大分市錦町2-3-15

 097-532-0703

 

入湯料:300円(旧価格)

 

温泉>大分009

民宿に併設された公衆浴場。
100円(当時)という入湯料の安さも魅力です。
湯船の中央からはボコッボコッと間欠泉の如く、お湯が湧き出しています。
軽く濁った褐色のお湯は、ちょっと熱めです。
湯船が析出物により明るいクリーム色でコーティングされていたのが印象的なお風呂でした。

※2005年7月にリニューアルの際、男湯・女湯共に露天風呂が新たに追加。

 

九州

公衆浴場<民宿城山>(旧施設)

 マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉

 〒878-0203 大分県竹田市久住町大字仏原1066-2

 0974-77-2818

 

入湯料:100円(旧価格)

 

温泉>大分008

地元の方の為の浴場なのでまずは「木乃葉の湯」に行き、「下湯に浸かりたいのですが~」とお声をかけます。
「自動販売機でココ(木乃葉の湯)の入浴券を買って下さい。鍵をお渡しします。」とウレシイお言葉♪
「モチロン、ココ(木乃葉の湯)も浸かってイイですよ。あ、そうそう、扇風機はちゃんと回して浸かって下さいね。」と、場所を教えて頂き、待望の下湯へ。
(現在は、木乃葉の湯の自販機入浴券を買い鍵を借りるのは変わりないのですが、「下湯」の入浴券(300円)、「木乃葉の湯」の入浴券(300円)と各々分かれているようです)
ボロい佇まいに、笑みがこぼれるます。
服を脱いで浴室へ。
ちょっと階段を下りると、静かにお湯が満ちあふれた湯船が。
床も湯船も析出物で赤茶色にコーティングされて、うーんイイ!うれしさで胸がドキドキしていました。
極薄い褐色のお湯に体を沈めると、あっという間にアワアワまみれ。
湯面ではアワアワプチプチシュワシュワ~♪
泡付きが半端じゃありません。その上温めだから言う事無し。
いつまでもいつまでもいつまでも...×100回
とにかくこれ程「上がりたくない!」と思ったお湯はありません。
体に付く泡と湯面ではじける泡をぼーっと眺めながら、かなり長湯をしてしまいました。
でも、キリがないので、鍵を閉めて「木乃葉の湯」へ返却しに行きます。
「イイお湯でした!!!」
この感動をそのまんま取っておきたかったので、結局「木乃葉の湯」には浸かっていません。
またいつか、KAKUKAKUが行く事が出来る時まで、あのお湯にはいつまでもそのまんまの姿で、静かに待っていて欲しいなぁ~。
いつか必ず!絶対!再訪したい温泉です。(^-^)/

 

九州

下湯

 マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉

 〒878-0202 大分県竹田市久住町大字有氏4050-1(七里田温泉館木乃葉の湯)

 七里田温泉館木乃葉の湯 0974-77-2686

 

入湯料:300円

 

温泉>大分007

本当は「田ノ中の湯」に浸かりたかったのですが、場所を探し当てて行ってみるも、湯船はカラッポでした。
仕方がないので、途中で見つけた「河原湯」を使わせてもらう事に。
湯船はカワイイサイズですが、貸し切り状態なので気にならないです。
透明のお湯からは、軽くゴム臭がします。
お湯が熱く、長く浸かっていられなかったので早々に引き上げましたが、キレイに掃除されていたので、気持ちよく浸かる事が出来ました。
管理していらっしゃる方々に感謝です。

 

九州

河原湯共同浴場

 単純泉

 〒879-4912 大分県玖珠郡九重町大字湯坪

 

 

入湯料:200円

 

温泉>大分006

以前立ち寄った時は隣の「新清館」の露天に入ったので、共同浴場も体験したいと思い立ち寄りました。
どどーーんと大きな湯船には、目にも鮮やかなオレンジ色のお湯が満ちており、湯船は析出物でキレイにコーティングされています。
湯口付近はちょっと熱いのでだんだんと湯口から離れて浸かっていましたが、そう長湯は出来ませんでした。
露天はないけど、広々として気持ちイイお風呂でした。(^_^)

 

九州

筌ノ口温泉共同浴場

 ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉

 〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野1427

 九重町観光案内所 九重"夢"大吊橋内 0973-73-3800

 

入湯料:300円

 

温泉>大分004

無人の施設ですが料金箱の上には監視カメラらしきモノが...。
お金を払わない輩がいるのでしょうね。
意外とキレイな建物なので、ちょっとビックリ。
湯船が2つに仕切ってあり、寒い時には小さい湯船が加熱されるようです。
とにかく湯量がスゴイ!
ザバザバダバダバ溢れまくっていてウレシイ限り。
ほのかに硫黄臭がある、温く透明のお湯に浸かると細かい泡がビッチリと体に付着して、ホント気持ちイイ~♪
底には石が敷き詰めてあります。
昔、奴さんを留めたと名付けられたという奴留湯。
KAKUKAKUもしっかりと留められ、ゆっくり浸かってまったりしました。

 

九州

共同浴場

 単純硫黄泉

 〒869-2505 熊本県阿蘇郡小国町北里2248

 小国町商工観光課 0967-46-2111

 

入湯料:200円

 

温泉>熊本005

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)