モンスターカレンダー

« 2002年3月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2002年3月23日アーカイブ

比較的お安い宿泊料金だったので、泊まってみました。
センター系の造りなのでお湯の方にはあまり期待が持てない感じなのですが、意外と結構イイお湯です。
湯口から、炭酸たっぷりのお湯がゴボゴボ!飲むと炭酸も感じます。
湯面では泡がプチプチ!
やや濁った緑褐色のお湯で、内湯の温泉湯船はちょっと熱めでした。
露天もありこちらは適温。温めなので、体を冷ますには最適です。
中庭には、バリケン(鴨)がいっぱい!
部屋の窓を開けたら寄ってきてくれましたが、餌がないのですぐ去っていきました。(;.;)

 

サンヨーフラワー温泉

サンヨーフラワー温泉(休業)

 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉

 〒889-4414 宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田3-135

 0984-42-2215

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>宮崎003

キレイに改装されてしまってかなり残念です。
濁った褐色のお湯には、褐色の湯の華がちらほら見えます。
しかし、温泉利用の湯船が1つなのは惜しいです!

※2006年10月に内湯の白湯入り檜風呂のお湯を自噴した炭酸泉をそのまま楽しめる高濃度炭酸泉「そのまんま源泉」に、白湯入り露天風呂のお湯をぬるめに加温した中濃度炭酸泉に変更。

 

九州

湯之元温泉(旧施設)

 含二酸化炭素・マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩冷鉱泉

 〒889-4414 宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田7535

 0984-42-3701

 

入湯料:300円

 

温泉>宮崎002

いくつかある湯船のうち、1つ分だけが温泉利用の湯船です。
赤褐色のお湯がザバザバで析出物もたっぷり。
飲むと炭酸っ気も感じられます。
だがしかし、温泉浴槽が1つだけっていうのが残念でした。
アワアワを人工的に作り出す「ミルキーバブロ」とか、ビリビリ「電気風呂」はいらなーーい!と叫びたくなっちゃいました。
家族風呂も比較的安く入れそうなので、そっちにすればヨカッタと後悔しました。

 

九州

血捨ノ木の里 東霧島温泉(休業)

 ナトリウム・カリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉

 〒889-4414 宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田7412-2

 0984-42-4106

 

入湯料:300円

 

温泉>宮崎001

露天風呂は男女入替で、KAKUKAKUが行った時はちょうど女性タイム!
...ですが、脱いであるスリッパの数が半端じゃなかったので断念しました。
内湯の方も人が多かったのですが、こちらの温泉で一番狙っていた手前のラムネ泉には誰も浸かっていないじゃな~い♪といそいそ浸かります。
豪快に湯がこぼれて頬もゆるみます。
軽く濁ったお湯には、フワフワと大きな湯の華!
温めでいつまでも浸かっていられるお湯は、KAKUKAKUにとって極楽でした。
途中で、手を浸けて「ぬるい」というお客さんもいらっしゃり、ラムネ泉はほぼ貸し切り状態。
殆どの時間をこちらの湯船で過ごし、最後に硫黄泉の方にも浸かりました。
白濁していて硫黄臭もありこちらもイイお湯ですが、ラムネ泉の方がやはり気に入りました。

 

湯之谷山荘

湯之谷山荘

 <硫黄泉>単純硫黄泉

 <ラムネ泉>炭酸泉

 〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂4970

 0995-78-2852

 

入湯料:500円

 

温泉>鹿児島016

まー!人が多い!まず驚きました。
何か俗化しちゃってるとゆーか、なんとゆーか...。
露天が混浴のせいか、内湯(女湯)は人がひしめきまくっていて息苦しいです。
露天は、内湯に比べて白濁も濃く青みがかっていい感じなのですが、女性の姿は皆無でした。
無論、KAKUKAKUはタオル巻きナシで入浴しましたが、何だかなー。浸かっていたら外からジロジロ見られるし。(*_*)
浸かっている人からもジロジロ見られるし。(*_*)
せせこましい雰囲気で、落ち着いて入っていられなくって残念でした。
皮膚病の方専用の浴室もあるみたいです。

 

九州

民営国民宿舎 霧島新燃荘

 単純硫黄泉

 〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3968

 0995-78-2255

 

入湯料:500円

 

温泉>鹿児島015

ぐるぐる探してやっとこさ見つけたこの湯。
受付には...人がいない...。(>_<)
でも、電話が置いてあり連絡先が書いてありましたので、まず電話を1本。
「入っておいて下さい。後で行きますー。」とお言葉を頂いたので、ワクワクドキドキ、浴室へ向かいます。
シンプルな造りの湯船には、黄色っぽい褐色のお湯が。
新しめの施設ながら、析出物の固まりができかけています。
貸し切り状態だったし、適温だったし、ゆーっくりまったり浸かりました。
大きなお風呂にゆーっくり浸かれるって贅沢ぅ~。

 

九州

中津川温泉(温泉は休業)

 マグネシウム・カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉

 〒899-6504 鹿児島県霧島市牧園町上中津川389-1

 0995-77-2725

 

入湯料:200円

 

温泉>鹿児島014

外来入浴は、男女別の内湯と混浴の打たせ湯のみとの事です。
どちらも改装されているので、雰囲気が無くて残念でした。
打たせ湯には跳ね返ったお湯で付いた析出物がトゲトゲに固まっていておもしろかったですが、塩浸温泉と似たようなお湯質だったので、感動も薄れちゃったのかなぁ。

 

九州

安楽本家塩湯温泉

 ナトリウム・カルシウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉

 〒899-6507 鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4152

 0995-77-2223

 

入湯料:200円

 

温泉>鹿児島013

福祉の里で入湯料を払い、裏の小屋へ。うーん、ボロくて何故かウレシイ。
浴室入り口から壁際の湯船までのスペースが、何故かひろびろとしています。
析出物で、湯船が黄土色や茶色に染まっています。
床もガビガビでイイ感じ♪
2つある湯船のうち、窓際の湯船のお湯の方が温いような気がしたので、そちらでじっくり浸かる事にしました。
軽く濁った褐色のお湯が気持ちイイぃ~。
何も考えず、ぼーっとお湯に浸かっているって、とても幸せで贅沢な事だなぁ。
地元のおばあちゃんが入ってこられたので、暫しお話。
遠くから来た事に驚いておられました。
鶴の湯で充分満足したので、福祉の里のお風呂には入っていません。
ちょっと勿体ない気もしましたけどね。

※2010年5月に塩浸温泉龍馬公園が開園し、男湯「龍馬の湯」女湯「お龍の湯」がオープン。

 

九州

鶴の湯(閉鎖)

 ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉

 〒899-6507 鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3606

 

 

入湯料:250円

 

温泉>鹿児島012

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)