モンスターカレンダー

« 2001年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2001年11月アーカイブ

帰路につく途中思い立って、SAで電話を入れ入浴できる事を確認した後、一端高速を下り目的の「この湯(油)」へ行ってみました。
給油をしてもらった後、お風呂をお借りします。
ステンレスの浴槽はからっぽでしたのでお湯を張らせてもらい、一番湯!?を頂きます。
ほぼ透明のお湯は、硫黄臭がしっかりあり、分析表はありませんがとても温泉らしいお湯です。
「月10万以上のボイラー代がかかるので、使い方を工夫して下さい」との表記が脱衣室の壁にありました。
大型トラックがバンバン給油しに来ていたのですが、運転手さん達、浸かりたかったのではなかったのかな...?
最終的には「混浴も仕方がない!」と覚悟を決めていたのですが、幸いにも他の人は入って来られませんでした。(^_^;

 

東海

JOMO中部宇佐見19号ステーション

 泉質不明

 〒509-6101 岐阜県瑞浪市土岐町1243

 0572-68-6151

 

無料*要給油

 

温泉>岐阜021

浴室、湯船は小さいです。
お湯はまったく温泉らしさを感じられませんでした。
完全循環、吸い込み口の勢い凄すぎです。
カルキ臭もかなりのモノでした。 。・゜゜・(>_<)・゜゜・。

 

南宮温泉

 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

 〒399-1501 長野県下伊那郡阿南町北條2288

 0260-22-2065

 

入湯料:500円

 

温泉>長野066

いかにもセンター系!という造りです。
広く、いろんな湯船がいっぱいあります。
ジャグジーあり、ジェットあり、露天にサウナ、箱蒸しまであるのですが...。
お湯の使い方がちょっと...。バリバリ循環で、露天からはチョーカルキ臭。(T.T)
1日中滞在してお風呂の「種類」を楽しむなど、目的によっては600円と言う値段はお得なのかもしれないですが、KAKUKAKUにとっては「高い」と感じました。
表の飲泉場の湯は、まあまあのお湯だったのに。その良さが浴室で生かされていなくて残念でした。

 

甲信越

かぐらの湯

 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

 〒399-1311 長野県飯田市南信濃和田456

 0260-34-1085

 

入湯料:600円

 

温泉>長野065

表に大きな喫茶店があり、そこでお金を払って入浴します。
温泉建物は別棟で、喫茶店の敷地の奥の方にあります。
お風呂はタイル張りのカワイイサイズです。
しっかり硫黄臭を感じられ、ツルツル感があります。
膜の様なプルプルとした湯の華はすごく大きく、ちょっと気持ちが悪い位。(イイ意味で(^_^;)
間欠泉みたく、時々思い出したように湯口からお湯が出てくるのでビックリしました。
しかし、間欠泉以外にも常時湯船底からはお湯が供給されていて、不思議な、謎の多い造りででした。
喫茶店からのコーヒーのイイ香りに誘われたのですが「禁煙」と書いてあったので、コーヒーは断念しました。(T.T)

 

甲信越

十字屋可否茶館昼神店(温泉は閉鎖)

 単純硫黄泉

 〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里503-189

 0265-43-2323

 

入湯料:500円(旧価格)

 

温泉>長野064

営業時間前(30分位前)に到着したので駐車場で開店を待っていると、管理されている方から「どうぞー」と声がかかり、早めに浸からせてもらうことができました。ありがたい!
決して広いお風呂ではないのですが、先客のおばさんと2人きりだったので、ノビノビと浸かれました。
木の湯船のみのシンプルな造りに好感が持てました。
モチロン掛け流し。
やや白っぽく濁ったお湯に見えたのは、気泡のせいなのか、肌にも泡付きがあり気持ちイイです。
飲むとやはり、炭酸っ気を感じられました。
窓からは山がキレイに見え、非常に安らぎ落ち着きます。
耳から入る音は、お湯が流れる音のみ...。ステキなお風呂でした。

 

甲信越

王滝の湯

 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉

 〒397-0201 長野県木曽郡王滝村溝口3967

 0264-48-2454

 

入湯料:500円

 

温泉>長野063

やや褐色に濁ったお湯なのですが、残念ながら循環でした。
湯口からわずかに源泉が投入されているのですが(と言う事は半循環?)湯船の大きさからすれば微々たるもの。
源泉自体は素性も良さそうなのに...、残念でした。
露天は論外!内湯から外に出た途端、チョーカルキ臭。(T.T)
600円の割にはガッカリ湯だったので、しっかり洗髪までしてしまいました。

 

甲信越

うしげの湯(廃業)

 含鉄(Ⅱ)-二酸化炭素-カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩冷鉱泉

 〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3189-8

 

 

入湯料:600円

 

温泉>長野062

内湯湯船の回りは、析出物でクリーム色・褐色にコーティングされていてステキです♪
湯の表面にはカルシウム分の固まりなのでしょうか、白い膜が張っています。
そして、湯船の底にも、その白いパリパリが沈殿しています。
底から加熱された源泉が投入されるシステムなのか、モワッと熱い湯が上がっています。
湯口からはチョロチョロと非加熱源泉が注がれており、飲泉も可能。
飲むと炭酸+塩っ気を感じる事ができました。
外にはジャグジー露天もありますが、これは白湯かな?
内湯で感じた「温泉らしさ」を感じる事はできませんでした。
露天風呂の蓋はご主人考案!の電動式。これは一見の価値アリかも!?

 

甲信越

民営国民宿舎 清雲荘

 ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉

 〒399-6101 長野県木曽郡木曽町日義4878

 0264-24-2800

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>長野061

公共施設なので混んでいるだろうと覚悟して行ったのですが、意外にも人の気配ナシ。
大きな浴室、湯船を独占する事ができました。
黄色っぽいお湯が掛け流しでザブザブ。
少々スベスベ感があったかなぁ~?という感じの肌当たりでした。
露天はありませんが窓が広くとってあり、明るく快適です。
(当時)300円という値段にも好感が持てました。

 

トマトの国

 単純泉

 〒389-2702 長野県下水内郡栄村大字北信4413-1

 0269-87-3030

 

入湯料:500円

 

温泉>長野060

やや白っぽく濁った透明のお湯(日本語が変ですみませんm(__)m)は油臭がプンプンです!
ちょっとスベ感があります。
来客数の割には浴室が狭いので、満員ギューギューといった感じ。
後で増築したであろう露天は更に狭く更に満員だったが、内湯の湯温が熱いので、その満員の露天で粘ります。
外の風景はモロ工事現場なのだが...(^_^;、すだれがたらしてありその眺望もありません。
人気があり混雑していて、ちょっと落ち着かない感じの施設でした。

※火災により焼失しましたが、2005年4月に新しい施設がオープン。

 

甲信越

ゆくら妻有(旧施設)

 ナトリウム-塩化物泉

 〒949-8412 新潟県十日町市倉俣乙3267

 025-763-2944

 

入湯料:500円

 

温泉>新潟033

外観はかなり古めでしたが、意外にも(!)お風呂は改装済みでキレイです。
ボロ浴室を期待したのだが裏切られて、チョット残念。(!?)
タイル張りで清潔な浴室は、小さくカワイイサイズ。
男女別では無く、1グループずつの貸し切りになっていました。
お湯は透明で白っぽい湯の華が浮いています。
結構キツめの油臭を感じイイ感じ。感触はヌルツルしています。
湯船横には蛇口があり、湯(加熱源泉か?)と冷たい源泉が自由に足せるようになっていたので、少し足させてもらいました。(^^)

 

甲信越

幽谷荘

 ナトリウム-塩化物・炭酸水素泉

 〒949-6361 新潟県南魚沼市大沢1233

 025-783-2579

 

入湯料:500円

 

温泉>新潟032

浴室は意外と新しく広めでした。
薄黄色のお湯には、褐色の湯の華が浮いています。
ちょっとスベっとする感触もあります。
浴室には、増設したのか小さな露天もアリ。
こちらはカワイイサイズの湯船ですが、外気に当たる事ができて気持ちイイ。
お湯自体はちょっとパンチ不足の感もありましたが、露天は貸し切り状態だったので落ち着けました。
値段の割にはシャンプー、ボディーソープなど揃っているのでGOOD!

 

しなの荘

 アルカリ性単純泉

 〒949-8205 新潟県中魚沼郡津南町大字上郷上田乙2163

 0257-65-2442

 

入湯料:500円

 

温泉>新潟031

以前日帰り入浴したくて訪れた事があったのですが、その時は運悪く(丁度宴会があり忙しかった模様)断られてしまいました。
今回は、念には念を入れてリベンジすべく、宿泊する事にしました。
夕食の準備に時間がかかりそうだったので、先客がお風呂から上がられるのを部屋で待ちます。
30分位すると「お風呂どうぞー」と声がかかったので、喜び勇んで浴室へ。
天井が高くレトロなタイル張りの浴室は、なかなかの雰囲気。
これが貸し切りで楽しめるのは、ウレシイ限り!
薄黄色のお湯はヌルつきがあり、油っぽいような硫黄っぽいような匂いがし、また灰色の湯の華も浮いています。
加熱されたお湯がどんどん投入されるので、湯船からザバザバと湯が溢れて気持ちイイ。
少し窓を開けると冷たい風...。外は静かで湯の流れる音のみが浴室に響きます。
翌朝、陽の光がまぶしい中での入浴もまた格別でした。

 

甲信越

つなん荘(休業)

 単純泉

 〒949-8202 新潟県中魚沼郡津南町大字芦ケ崎乙701

 0257-65-2367

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>新潟030

料金が高めなのでカナリ躊躇したのですが、後の日程上、割引料金になる時間まで待たず入湯しました。
ここは「お湯にかなりの自信アリ!」という感じだったので「さて、お手並み拝見!」と浴室へ。
内湯は、KAKUKAKUにとっては熱めの温度設定であった事と、源泉温度は低めという予備知識もあったので、まずは露天へ。
岩造りの露天風呂、そしてステンレス製1人用の浴槽がありステンレスバスは先客アリでしたので、岩風呂へ浸かります。
薄茶色のお湯は、おーーっ!!ヌルつきがしっかりある上に、泡が付いてくるー♪
スベスベして気持ちイイ...。う~ん。至福のひととき。
15分位経った頃、ステンレスバスのお客さんが出られたので、ダーッシュで浸かります。
足を浸した途端、低い温度(37℃位?)でちょっとびびります。が、浸かってみるとそうでもないです。
しかも泡付きが露天岩風呂より更にスゴイ!!泡まみれで幸せ~♪
その後、ステンレスバスに浸かろうというお客さんもいらっしゃらなかったので、40分位独占状態。
スバラシイ!!これぞ真の至福のひととき...。
ここは是非とも再訪したい。入湯料の高さも吹き飛ぶお湯でした。

※2002年4月に、ステンレス浴槽は、ヒノキ浴槽に変わったようです。
 2010年いっぱいで日帰り施設は閉館し、2011年1月1日より日帰り入湯は湯治館で受け入れをされるようです。

 

甲信越

寺宝温泉こだわりの湯(旧施設)

 単純泉

 〒940-2057 新潟県長岡市寺宝町82

 0258-28-4126

 

入湯料:600円

 

温泉>新潟029

いきなりボロめの施設で度肝を抜かれました。
狭い脱衣場にもメゲず、湯上がりおばちゃん達がおしゃべりに花を咲かせていました。
浴室の方は思ったより広く、手前に大きめの熱湯浴槽、奥まった所に温めの浴槽があります。
熱湯の方は少し混んでいたので、まずは温湯の方へ。
体を沈めるとお湯がザバーッと溢れ、洗い場の洗面器がプカプカ...。気持ちイイ~♪
薄黄色のお湯は少しヌルつきがあります。熱湯の方もほぼ同じ感触かな。
地元の方のおしゃべりを遠くで聞きながら、陽の光の中で入るお湯もなかなかでした。
プールみたいな混浴(?)露天にも入りたかったのですが季節外で終了。残念!

※中越地震で被災し休業されていましたが、2005年10月に新しい施設がオープン。

 

甲信越

桂温泉(旧施設)

 アルカリ性単純泉

 〒940-0802 新潟県長岡市桂町1527

 

 

入湯料:500円

 

温泉>新潟028

ここはちょっと期待はずれでした。(T.T)
内湯、プール、露天がそれぞれ別料金になっており(セット料金もありますが高め)KAKUKAKUは露天を選んだのですが、あの露天で500円はちょっと高いような...。
洗い場は2つだったと思います。(記憶曖昧)
一角に小さく仕切った湯船がありますが源泉槽かな?しかし、大きい湯船とあまり違いを感じませんでした。
湯の色は透明(微濁)で、底に茶色の成分が沈殿しています。
湯船の底、排湯口共に、思いっきり落ち葉が溜まっていてチョット...。(¨;)
一体何日おきに掃除をしているのでしょうか。
ちなみに男湯の方には、管理の方が入ってきて「落ち葉で詰まると、お湯が出なくなる」と言いつつ、落ち葉拾いをしていかれたとか。
...ぁぁ...バリ循環...。(^_^;

 

甲信越

ドリームタウン

 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉

 〒946-0304 新潟県魚沼市穴沢20

 025-796-3033

 

入湯料:露天のみ600円*別棟のヘルスセンター700円、温水プール600円、3施設共通で1000円

 

温泉>新潟027

食事&お風呂利用のお客さんも多いようで、KAKUKAKUが行った時も、丁度そのような会合を行われていたようです。
ただ幸い、そのお客さん達はまだお食事中。
お風呂には入っておられなかったので、女湯は貸し切り状態に♪
濃いコーヒー色のお湯は透明度が非常に低く、ビックリ!
お湯に沈めた自分の手を、ぐぐーっと上に上げていくと、湯面ギリギリで手の形が現れギョッとします。
こげ茶の湯の華アリ。ヌルヌル度も高くウレシイ。(^^)
小さな湯船なので、貸し切り状態で本当にヨカッタ...。
1人静かに、じっくりお湯を楽しみました。

 

甲信越

永久荘

 重曹泉

 〒940-2157 新潟県長岡市大積三島谷町135

 0258-46-2258

 

入湯料:400円

 

温泉>新潟026

新潟のラブホテル温泉です。
お湯に関してはあまり期待していなかったのですが、意外や意外!?ちゃんと「温泉らしい温泉」。
お湯の色はクリアな薄黄色で少しヌルつきを感じるお湯でした。
料金も、そんなに高くないのでGOOD!
結構人気の宿なのか、リピーターも多め!
宿泊チェックイン時間前になるといきなり車の流入が増え、部屋が埋まっていきます。
部屋も汚くないし(ま、お風呂は普通サイズでしたが)、結構イイかも!?

 

甲信越

峠の湯ホテルアン

 単純泉

 〒945-0211 新潟県柏崎市大字小黒須218-3

 0257-28-2386

 

休憩 2900円~

フリータイム 4300円~

シンデレラタイム 4800円~

宿泊 5800円~

*料金・時間設定が曜日によって違うので、公式サイトでご確認下さい

 

温泉>恋人達の温泉007

こちらは高級店(当時)ですが、モチロン献血で貰ったサウナ券で行って来ました。(^_^;
電車でのアクセスは良いが、車で行く事はオススメしないです。
フロントに「5000円ご利用で駐車場割引券進呈」と書いてあったぐらいですので。
施設の感じからして「プールの臭い」を覚悟していたのですが、女湯では意外にもあまり感じられませんでした。
お湯はかすかに黄色っぽくややスベッとするような感じでした。
内湯はジャグジー、ジェット、打たせ湯、寝湯などがあり、完全循環。
露天風呂(と言ってもベランダにすだれ囲いのみ)は少しオーバーフローしているので半循環かな?
他にも高温サウナ、そして女湯のみ塩サウナがあり、設備としてはまあまあ。
KAKUKAKUはサウナ券を使いタダでしたので良かったですが、1800円(当時)を払うのはどうかな。
でも深夜料金はプラス500円と高くなく、しかもカプセルホテルもあり(メンズサウナは入泉料込みで2700円、レディスサウナは入泉料込みで2900円)と、夜明かしにはイイと思うのですが繁華街(なんば)からちょっと離れているのがネックなのか、えらく空いていました。

 

近畿

スパディオ

 アルカリ性単純泉

 〒556-0022 大阪府大阪市浪速区桜川2-1-1

 06-6563-4126

 

入湯料:60分800円 90分1000円 フリー1800円*平日割引(5:00~20:00)1000円

 

温泉>大阪013

コンテナのあやしーい建物の戸を開けると、湯上がりのおっちゃん、おばちゃん達がくつろぎ中。
券を買って、管理の人らしき人に渡し浴室へ向かいます。
手前に洗い場、奥には細長い湯船が2つ並んでいて、まず右の湯船に手をつけると「そっちは冷たいよ!」と、おばちゃん。
確かに冷たい。こりゃ入れんな...と、左の湯船に。
こちらはちょい熱めの加熱したお湯が張ってありました。
湯の投入はなく「掛け流しじゃないのかぁ~」と、ちょっとがっかり。
程なくしてこれまた常連のおばちゃんが登場。
右の湯船にお湯を投入し始められます。...あら?勝手に入れてヨカッタのねぇ~。
「やっと入れるようになった」と、おばちゃん。
KAKUKAKUも浸かってみます。
左の湯船とほぼ同じ温度でお湯はかすかに黄色っぽく、油臭があるのがうれしいです。
誰もいなくなってお湯の蛇口をひねってみると、加熱したお湯が出てきました。
もう1つの源泉そのままらしき蛇口は、ひねっても何も出ません。止めてあったのかな?
右湯船の片隅をふと見ると、使い捨ての弁当箱を再利用して作った「只今消毒中」の看板(?)が。
定期的に消毒して使っている→お湯の入れ替えの頻度は...?
独特の雰囲気はおもしろいですが、湯遣いにちょっと疑問がわいた温泉でした。

 

中国

大中山温泉

 単純弱放射能泉

 〒709-0432 岡山県和気郡和気町大中山1798-1

 0869-92-0522

 

入湯料:500円

 

温泉>岡山007

玄関は「普通の鄙び宿」っぽいのですが、浴室付近は改装したのかキレイでウッディな造りになっています。
浴槽は木で造られており、窓も広く明るい浴室です。
あら?湯船にお湯が投入されていない。何かお湯も少ないし...。
がっくりしながらとりあえず浸かっていると、まるで洗い場のカランのような加熱湯&源泉の蛇口を発見!
♪ルルルーン♪と、早速お湯を投入するのですがなかなか湯が溜まりません?
よくよく見ると、湯船に開いている排湯口がかなり下の位置についていて、そこからお湯が出ていっています。
こんなに浅い湯船は初めてだよ~。(^_^;パッと見ぃは普通の深さがあるのに。
もっと排湯口の穴を上にしておけばヨカッタのにねぇ~。
まるで寝湯のような状態です。
お湯を飲むと卵味で、肌への感触は少々すべっとした感じでした。
小森と似たようなお湯ですが、こちらの方が空いているのでのびのびゆっくりと湯浴みを楽しみました。

 

中国

藤井旅館

 アルカリ性単純泉

 〒709-2661 岡山県加賀郡吉備中央町豊岡下1538-1

 0867-35-0539

 

入湯料:500円

 

温泉>岡山006

古めの建物の廊下をずずずいと進んで浴室へ進むと、脱衣室も浴室も人が溢れています。
左側の少し小さめの湯船にぬるめの湯、右には熱めの湯の湯船があり、左のぬるめの湯船はやや濁りちょっとよどんだ感じで、右の熱めの湯船はほぼ透明に近いお湯です。
どちらの湯船のお湯もややぬめりを感じられました。
常連さんが他のお客さんと話しているのを聞くところ、空いている時はもっと透明度が高いとの事。
と言う事は、KAKUKAKUが行った時には、鮮度が落ちていたのかぁ~。(T.T)
「ここ(小森温泉)がこの周辺では一番イイ」と支持を集めているお湯らしいのですが、洗い場をGET出来なかった人が湯船近くで体を洗ったり、狭い中湯船の縁に陣取る人がいたり、一定の場所をキープする人がいたりと、ちょっと落ち着かない雰囲気でした。
硫黄臭があり飲むと卵味で、たしかにイイ湯だとは思うのですが、心安らかに浸かることができなかったのは残念でした。
520円(当時)という値段も、ちょっと割高に感じました。

 

中国

小森温泉

 アルカリ性単純泉

 〒709-2404 岡山県加賀郡吉備中央町小森245

 0867-34-0015

 

入湯料:550円

 

温泉>岡山005

「すみませーん」と玄関で声をかけると、宿の方は食事客の為の準備で大忙し中。
ちょうど他のお客さんが入浴中と言うことで30分ほど待ちました。
ここは浴室が1つしかなく、必然的に貸切になるようです。
先客が上がっていらっしゃり、いよいよKAKUKAKU達の番に。
「30~40分くらいでお願いしますね~。うち、お風呂1つしかないからね~」のお言葉に、納得しつつ浴室へ。
建物の雰囲気から想像するより、ずっと近代的なお風呂です。
(これは蛇足になりますが、脱衣室にあるトイレがハイテクでした)
貸し切るには勿体ないくらいの広さで、手前に幾分小さめの加熱浴槽、奧には大きめの源泉浴槽があります。
お湯の温度は35℃。ぬるめですがKAKUKAKUにとっては適温でかなり気持ちイイ~。
パツと見ぃは普通の四角い湯船なのだが、底は岩そのもの!
じわじわとお湯が湧いていて、時折ポコポコッと泡が出ています。
透明のお湯は、泡がみっちり付着してきてツルスベ。
窓も大きくとってあり明るくて良いです。
湯温のせいか、思わずうとうとしてきます。
これで時間を切られなかったら、1時間でも2時間でも浸かっていられるんだろうなぁ~。
加熱浴槽には結局浸からなかったので着替えをする時は流石に寒かったですが、程なくするとポカポカと体があたたまってきました。
今度は泊まってみたいなぁ~。

 

中国

郷緑館

 アルカリ性単純泉

 〒717-0412 岡山県真庭市本庄712

 0867-62-2261

 

入湯料:500円

 

温泉>岡山004

男女別の普通湯もあるのですがここはやっぱり「幕湯」でしょ!って事で、混浴もおかまいなしに名物「幕湯」に浸かります。
脱衣室に入った瞬間から浴室が丸見え!って事は...。(^_^;
でも、こんな事でメゲるKAKUKAKUではないっ!
湯船には先客6人ほどで全員男性ですが、めげずに湯船に滑り込みます。
んぁ~!泡が体に付着してくるぅ~。すべすべした感触もたまらない!
お湯も絶えず流れ込んできて気持ちイイです。
ちょっとぬるめの温度がKAKUKAKU好みでまた良し。
岩造りの湯船にかなり長時間使っていました。
幕湯のお客さんはみんな寡黙で、KAKUKAKUにとってはありがたい限り。
女湯からは姦しいお声が響いていましたが。(^_^;
後で入ってきた人がタオルをどぶどぶ浸けていたので、一気に気分が悪くなり退散しました。
イイ歳したおっちゃんなのにね。なんだかなぁと残念でした。

 

中国

真賀温泉館

 アルカリ性単純泉

 〒717-0416 岡山県真庭市仲間184

 0867-62-3636

 

入湯料:幕湯250円*男女別の普通湯150円 家族湯(60分)1000円~

 

温泉>岡山003

朝10:00頃に到着し、外来入浴の明記がどこにもなかったので宿の方に伺うと「今ならいいですよ」とお答えがあり、入湯する事にしました。
大々的に外来入浴を宣伝されていない所を見ると、原則としては外来入浴を受け入れておられないのかしら?
お金(当時500円)を払い浴室へ。
岩造りの湯船には透明のお湯が溢れており、思わず笑みがこぼれます。
少しトロっとした感じのお湯でちょいスベ、泡付きはなく、湯の華も見えません。
湯口が底にありお湯は出っぱなしのかけ流しで適温、とても気持ちイイ~。
有名な「鍵湯」は男湯の方らしですがお湯は一緒だと思いますので、ま、問題なし。
家族風呂もあり、しばらくの間賑やかな声が聞こえていました。
ご家族が出られた後で覗くと、かなりカワイイサイズの湯船でした。

 

奥津荘

奥津荘(旧施設)

 アルカリ性単純泉

 〒708-0503 岡山県苫田郡鏡野町奥津48

 0868-52-0021

 

入湯料:1000円

 

温泉>岡山002

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)