モンスターカレンダー

« 2000年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2000年11月アーカイブ

ホテルの中の温泉と言うことでリッチなのかと期待して行ってみました。
ガウン、タオルが豊富にあり、冷たい飲料水が用意してあるのはいいのですが、施設の方は老朽化し始めていてちょっと...。
肝心のお湯の方は、無色透明。カルキ臭はカナリのモノ。
浴室内にも、小さな「温泉プール」がありますが、カルキ臭も手伝ってプールそのもの!
温泉と思わなければ何とかなりそうですが、温泉を期待していくと、がっくりかも。

※「ラ・ロイヤル・スパ」に名称変更。ジム、温泉プール(ジム内)は廃止。2005年に岩盤浴(別料金)新設。

 

奈良ロイヤルホテル

奈良ロイヤルホテル・奈良ロイヤルスポーツクラブ(旧施設)

 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒630-8001 奈良県奈良市法華寺町254

 0742-34-4310

 

入湯料:1725円

 

温泉>奈良005

待望の天然温泉が出た!と言う事でKAKUKAKUも行ってきました。
健康ランド系はお高いので、献血で貰った「サウナ券」で。(^^)
露天風呂と内湯の1つが温泉利用の浴槽です。
茶褐色で塩辛いお湯は、ポカポカ温まり湯冷めしにくいです。
但し残念なのが循環であること。これはまあしかたないでしょうね。
露天スペースで体を冷やしまた浸かり...を繰り返し、長湯しました。
いつも混んでいますが、温泉が出たと言うことでなお一層人気が高くなったようです。
今は無き「アーバンリゾートクラブ」のお湯よりは、ちょっとパンチが無かったかな?

 

近畿

天然温泉 あま湯ハウス(閉鎖)

 ナトリウム-塩化物強塩泉

 〒660-0807 兵庫県尼崎市長洲西通1-10-48

 

 

入湯料:1575円

 

温泉>兵庫016

併設された「レストラン 味彩」がまず目に入りまして...、ここで腹ごしらえをして(^^;)温泉へ向かいます。
まだ新しくきれいな施設です。
浴槽も大きく露天風呂もあります。
但し、女湯の露天は目隠しがきっちりとしてあり、眺望は望めませんが。
黄褐色のお湯はポカポカと温まり、飲むと塩辛い。
岳温泉から運んできたお湯を張った小さな浴槽もあるが、これは完全なオマケとして...。
別料金で酵素風呂などもあるらしいです。
循環なのでお湯自体は...なのですが、まあ、広くてキレイと言うことで一般ウケはするみたいで、かなり賑わっていました。

 

甲信越

ゆったりの郷

 ナトリウム塩化物泉

 〒949-3448 新潟県上越市吉川区長峰100

 025-548-3911

 

入湯料:600円

 

温泉>新潟022

海のすぐ側にあるこの施設は、海を眺められる露天風呂がウリです。
しかし、KAKUKAKUは夜行ったので、残念ながら何も見えませんでした。
内湯は薄い黄色っぽいお湯、露天風呂は薄黄茶色のお湯。
露天風呂の方は狭いので、みんな譲り合いながらも満員状態でした。
飲むと塩辛く、匂いは、栃窪温泉で感じたアンモニア臭を少し薄くしたような感じ。
今度は、サンセットスパを楽しみたいなぁ~。

 

甲信越

柿崎ハマナスふれあいセンター

 ナトリウム塩化物泉

 〒949-3255 新潟県上越市柿崎区上下浜244-1

 025-536-9911

 

入湯料:450円

 

温泉>新潟021

えらく立派なホテルだったのでちょっと躊躇。
でも、快く迎えて頂けたので良かった。
展望露天風呂からは、日本海を一望できます。
お湯は薄い緑色に見えるような、無色透明のような...。
但し、バリバリ循環なので、浴感などはあまりありません。
キレイな施設ですし、「温泉に浸かる」と言うより「キレイなお風呂に入る」と思えば、納得出来るような気がします。
湯温はちょっと熱かったです。

 

メトロポリタン松島

 ナトリウム-塩化物泉

 〒945-0855 新潟県柏崎市鯨波1828

 0257-24-5505

 

入湯料:700円

 

温泉>新潟020

アクセスが悪いと聞いていたのですが、丁度道路整備中で、比較的容易に行くことが出来ました。
ふかふかした毛並みの犬が、しっぽを振ってお出迎え。
小さな浴室には、硫黄臭が。お湯の色は白っぽい灰色で、白い湯の華舞っています。
小さくてキレイでもないけど、とても落ち着く雰囲気。
温めのお湯だったので、とても気持ちよかったです。
もう日が傾きかけていたのとご主人から案内されなかった事もあり、露天風呂は断念しましたが、内湯だけでも満足。
素朴な感じがウレシイ、鄙びの温泉施設でした。
尚、冬季は閉鎖。シーズン中も泊まりは受け付けていない模様です。

 

甲信越

鷹羽鉱泉

 硫化水素泉

 〒943-0623 新潟県上越市牧区宇津俣

 0255-33-6577

 

入湯料:500円

 

温泉>新潟019

駅から徒歩0分!津南駅の上!ここは、「駅舎の温泉」です。
浴室はキレイで明るく、シャンプーやボディソープも完備。
透明感のある薄褐色のお湯は、癖が無くやわらかな感じ。
すぐ裏がスキー場なので、シーズン中は混むカモ?
KAKUKAKUが行ったときは、日曜日にも関わらず、空いていましたけどね。
丁度紅葉の時期だったので、お風呂から楽しめるかな?と期待していたのですが、女湯の方はすりガラスにしてあり見えませんでした。(T.T)
(男湯からは、紅葉がキレイだったらしいですが...。)
循環だったけど気軽に温泉を楽しめて、イイ施設だと思います。

 

甲信越

リバーサイド津南

 単純泉

 〒949-8206 新潟県中魚沼郡津南町大字外丸丁1921-1

 0257-65-4733

 

入湯料:500円

 

温泉>新潟018

手前の植木屋旅館で入湯料を払い、徒歩2分程の「翠の湯」へ行くシステムなのですが、丁度、植木屋の受付で出会ったグループ客に、いや~な予感。
植木屋旅館の受付ではビールも売っていて、それを1人1本ずつ買っているではないか!!
「こりゃ、五月蠅くなるぞ...。」悪い予感はズバリ的中。
女湯に来た女性2人は、ずーーーっと大声で喋りっぱなし!!
挙げ句の果てには、男湯にいる連れの男性達に大声で話しかける...。
自分たちだけの貸し切り状態じゃないのだから、マナーは守ってくれよなっ!!(-.-#)
と言うわけで、かしましシスターズが出ていくまでは、落ち着いてお湯を楽しめませんでした。
彼女たちが出ていった後、自然の中で静かにお湯を楽しむ...。
...はぁ~、最初からこんな楽しみ方したかったのに。(T.T)
お湯は、ガイドブックなどで見る色と違いなぜか茶濁。
お湯が枯れて、源泉が変わったのかしら?
「かしまし」さえなければ、もっとゆったりとした気分で楽しめただろうになぁ...。残念。

 

甲信越

翠の湯(閉鎖)

 ナトリウム塩化物泉

 〒942-1406 新潟県十日町市松之山兎口

 

 

入湯料:400円

 

温泉>新潟017

カナリ、すごーーく鄙びた建物。通されたお部屋も凄かったです!
懐かしの「8トラカラオケセット」が部屋にある。これで歌えと言うのだろうか...。(^_^;
食事後、お風呂へGO!渡り廊下を通って、浴室の建物へ。
カナリボロ。脱衣室で服を脱ぎ浴室に行くと...、想像を絶する恐怖が。
季節も悪かったのかもしれないのですが、か・カメムシだらけ!
床もカメムシ、壁もカメムシ、洗面器を取ったらカメムシ、椅子を取ったらカメムシ...。浴室に充満する、カメムシ臭...。
長い時間をかけ、カメムシを駆除した後、お湯に浸かります。
茶色の濁ったお湯は、沸かし湯の溜め湯。
熱いときには、冷たい源泉をひねってうめます。
が、男性の浴槽とつながっているようなので、こっちをうめると男湯も温くなる!なので、うめるのもそこそこで止めておきました。
お湯の匂いを嗅ごうとするのだが、ツーンとするアンモニアの様な匂い。
カメムシの匂いなのか、お湯の匂いなのか...。たぶんお湯の匂いだと思うが、かわった匂いでした。
ゲロ鄙び好きの方は、ぜひ!!(けなしてるんだかほめているんだか...)

 

甲信越

鷺乃湯

 ナトリウム塩化物泉

 〒949-3222 新潟県上越市柿崎区栃窪834

 025-536-9597

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>新潟016

畳の茶の間の様な所の奥に浴室がありますが、ご主人は不在で、先客に案内されました。(^^;)
(ふむ、お金払ってないんだけど勝手に入っていいのかなぁ?)
右側が檜造りのお風呂。ただ、先客がいらっしゃったので、左側のお風呂に入ることにしました。
左側のお風呂は、ピンク色のユニットバス!!
床や壁は檜で被われているが浴槽はピンク。(^_^;
桶・椅子は木製。手作りっぽい雰囲気です。
お湯がスゴイ!!緑色に濁ったお湯は、ヌメヌメ凄すぎ!!ヌルヌルヌルヌルしまくり!!
営業時間も終わりに近づいてきたのでお風呂から出ると、茶の間にご主人がいらっしゃいましたので、遅ればせながらお金を払い礼を言い、温泉を後にしました。
お湯の質で言うと、カナリオススメの1湯です。

※経営者が変わられた際、「あばれ井戸の湯」に名称変更。現在は夏期間(4月?~11月中旬)の土曜、日曜、連休の月曜のみ営業。

 

甲信越

清乃湯

 ナトリウム-塩化物泉

 〒949-3222 新潟県上越市柿崎区栃窪

 0255-36-3339

 

入湯料:500円

 

温泉>新潟015

建設業?土木業?と兼業なのかトラックが止まっていたので、入り口を探すのに苦労しました。
旅館の玄関ではなく温泉専用の入り口から入り、浴室へ。
建てたばかりなのか、キレイな浴室です。
浴槽に入っているお湯は、紅茶色♪
湯口からはお湯が出ていないのでバルブを開けると、冷たい源泉が流れ込みます。
浴槽内のお湯は沸かしてあるようです。
湯口を布で被ってあり、濾過しているみたいだが、出てくる源泉も紅茶色。
飲むと塩辛いお湯です。
お客さんが少なかったのか、貸し切り状態で温湯を楽しみました。
あまり癖のないお湯かな!?

 

甲信越

関根旅館

 食塩泉

 〒950-1415 新潟県新潟市南区引越261

 025-373-5713

 

入湯料:500円

 

温泉>新潟014

「町中に...、こんなボロ(失礼)な温泉が?」とビックリしてしまいました。
古びた建物。じいちゃん、ばあちゃんばっかりの温泉。
もちろん、浴室も鄙びていてイイ感じ。
油臭が充満した浴室。
浴槽のお湯は、やや濁り気味で、結構ヌメりがあるツルツル湯。
飲んでみましたが、美味くないです!(でも飲む)
沸かし湯なのか、たま~に湯口から熱いお湯が出てきます。
ヌメヌメが気持ちよくて、ばあちゃんまみれになりつつ、長湯を楽しみました。
脱衣室でばあちゃんに話しかけられたのですが、早口&方言で聞き取り辛く、気の利いたリアクションが出来なかったのが残念。
たぶん「いいお湯だった?」と言われたのだと思ったので、「はい。とても!」と答えておきました。
休憩室では、じいちゃん、ばあちゃん達が楽しそうにくつろいでいる姿が。
タイムトリップしたかのような雰囲気でした。

 

甲信越

新津温泉

 含重曹食塩泉

 〒956-0864 新潟県新潟市秋葉区新津本町4-17-13

 0250-22-0842

 

入湯料:300円

 

温泉>新潟013

もっと鄙び系の施設を想像していたのですが、とってもキレイな施設でした。
女湯の方は、左側が源泉100%、右側が加水浴槽。
赤茶色のお湯が満ちています。
源泉浴槽は、源泉がダイレクトに流れ込んで来るので、想像を絶する熱さ。
まずは、加水浴槽で体を慣らして...源泉浴槽のお湯を湯もみした後、かぶり湯5杯。
この時点でも、かなり熱くて痛い。(T.T)ですが、勇気を振り絞って源泉にトライ!!
肩まで浸かるも、2.5秒で、飛び出しました。
熱っつーー!!あがった後は、膝下がヒリヒリ痛い。無茶は止めましょう。(^_^;
ツルっとした感じのお湯は、とても気持ちのイイものでした。(但し、加水浴槽(^^ゞ)

 

甲信越

赤湯

 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉

 〒959-4302 新潟県東蒲原郡阿賀町鹿瀬11540-1

 02549-2-2687

 

入湯料:300円

 

温泉>新潟012

素泊まり料金が安かったので、泊まりでお湯を楽しみました。
予約の時「お部屋はそんなにキレイではないですよ。本当に泊まるの?」的な事を言われてカナリビビッていたのですが、なんのなんの!こぎれいで狭くなく、快適なお部屋でした。
(部屋の中に洗面所までありました!)
お風呂はこぢんまりとしたサイズで混浴。
(あと、ミニサイズの家族風呂もありますが)
緑がかったお湯は油臭プンプンで、ヌルヌル♪
有名温泉地もバカに出来ませんね!!
飲泉もしましたが、超苦くて渋い!!
料金的にもお湯的にも、文句のない温泉でした。

 

甲信越

さかえ館

 含食塩硫化水素泉

 〒959-2334 新潟県新発田市月岡552-24

 0254-32-2424

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>新潟011

お寺の敷地内にある、珍しい温泉。
境内に車を停め浴場に向かうと、玄関前でいろいろと売っています。里芋、お花などなど...。
施設は簡素な作りです。ではでは早速浴室へ。
浴室には洗い場はなく、浴槽を囲むように体や髪の毛を洗う人々。結構混んでいます。
油の温度は温めで、いつまでも浸かっていられる透明湯。
岩で作られた湯口近くにいると、泡が付着してきます。
「地元の、その集落のお風呂」という感じで、地元の社交場になっているようです。当然、世間話にも花が咲く♪
そんな会話を聞くともなしに...、湯温の低さも手伝ってかなり長湯をしてしまいました。

 

甲信越

華報寺共同浴場

 単純泉

 〒959-1926 新潟県阿賀野市出湯794

 0250-62-7612

 

入湯料:200円

 

温泉>新潟010

親鸞聖人大立像がどどーーんとお手迎え!宗教法人が経営する温泉です。
カナリ怪しい雰囲気の建物。
「屋台村」を通り抜けて、浴室へいざ出陣。
強烈な匂いを発するお湯と聞いてきたのですが、脱衣室では、ん?「評判」程ではないです。
浴室に入ると...、ちょっと油臭が匂うかなぁ?
浴槽には、黒茶紫色(形容しがたい)のお湯が!!
入ってみると感じるのが、油臭+独特(形容しがたい)の匂い。
ヌメりアリ。匂いの方は鼻が麻痺しているのか、「肥料臭い」程ではありません。
でも、湯口から直接手で受けたお湯を嗅ぐと、カナリの匂い。
飲んでみると塩辛い。
ヨードチンキの原料になる位だから、体にイイお湯なのでしょう。
長時間浸かった後、露天がある外へ出てみます。
が、露天にはお湯ナシ。最近お湯が張られた形跡もナシ。
湯上がり後は、「屋台村」で買ったカレーうどん(450円ナリ)を大宴会場で食べる。
...不思議な雰囲気。怪しい雰囲気。
施設を出る時受付のおばちゃんに、「お友達にも紹介してね!!」と、リーフレットを渡される。
万人受けはしそうにないので、紹介するお友達選定も難しいと思うのだが...。(;^_^A
...と、体に付いた匂いがだんだん増幅されていくような。
体中が何だか「く・くさい...。」
でも、くんくん匂ってしまう自分が「何だかヘン!?」なKAKUKAKUでした。

 

甲信越

日本海西方の湯

 ナトリウム-塩化物強塩泉

 〒959-2708 新潟県胎内市中村浜上畑2-29

 0254-45-2550

 

入湯料:500円

 

温泉>新潟009

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)