モンスターカレンダー

« 2000年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2000年9月 2日アーカイブ

イイお湯にの~んびりと泊まりで浸かりたいなぁ...と思いネットで探したこのお宿。大正解でした!!
到着早々、まずは内湯へ。お!イイ感じ~♪
木造りのこぢんまりとした浴槽には、白濁したお湯が満ちています。
いざ浸かろうとすると...、ちょっと熱かったので泣く泣く加水。
じんわり染み入る感じがしました。
で、夕食後には、露天風呂「七福の湯」へ。石造りでひょうたん型の浴槽です。
どろ湯と言われるだけあって、内湯よりも更に濃いような感じがしました。
露天風呂を囲むように客室があるので、部屋から見えはしないかとドキドキものでしたが...。
こちらもちょっと熱めのお湯でした。
星空を見ながら浸かる濃い~いお湯、満喫しました!!(この後3回程入りました)

 

湯荘白樺

 単純酸性硫黄泉

 〒329-2922 栃木県那須塩原市湯本塩原14

 0287-32-2565

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>栃木003

鄙びた佇まいがたまらな~い!
浴室まで長くて暗~い階段が続いていて、不思議な雰囲気です。
浴室は木造りで、白濁したお湯が満ちています。
ココのお湯は、那須で有名な鹿の湯と行人の湯の混合泉だとのこと。
幸い先客のマダムと2人っきりだったので、そのマダムに勧められて「トド」してしまいました。
火照った体を木の床に横たえ、洗面器を枕がわりにして、ぽーっと過ごす時間...。
「あ~、極楽!」と思わず呟いてしまうほど。ホント、心安らぐひとときでした。

 

雲海閣

 酸性・含硫黄-カルシウム・硫酸塩・塩化物泉

 〒325-0301 栃木県那須郡那須町大字湯本33

 0287-76-2016

 

入湯料:400円

 

温泉>栃木002

ココは超有名ですよね。焼失してしまった宿の跡に残されている野天風呂です。
何といっても開放感がたまらない!ノビノビとした気分で浸かることができました。
浴槽が段々になっていて、1番上が透明、2番目がちょっと白濁、3番目がしっかり白濁しています。
1番上の浴槽の奥からお湯が湧き出ていて、硫黄の香りもたっぷり!!う~んイイ香り♪
お風呂の中で喫煙している人が多いのがちょっと気になりましたが...。
地権者の方が好意で解放されているお風呂なので、ゴミはきちんと持ち帰り、きれいに使用して、いつまでもこのお湯に浸かることが出来るようにしたいものです。

※2004年4月「おおるり山荘」オープンにつき、無料風呂は現存せず。

 

北関東

高雄温泉露天風呂(旧施設)

 含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉

 〒325-0301 栃木県那須郡那須町大字湯本212-486

 

 

無料(旧価格)

 

温泉>栃木001

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)