モンスターカレンダー

« 1999年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

1999年11月アーカイブ

タイムスリップしたような感覚を体験できる、レトロな銭湯です。
なにやら曰くありげな温泉地図などが掲げてあり、しばし見入りました。
お風呂の方は細長い浴槽に仕切をしてあるような造りで、手前から浅い→深い→熱い→あわあわの順にあります。
お湯の色は、透明っぽい黄色です。
お風呂上がりには脱衣場の端にある畳の間で、瓶入り牛乳を飲みながらゆっくりしました。

 

近畿

天王温泉(廃業)

 含土類重曹泉

 〒652-0013 兵庫県神戸市兵庫区上三条町5-7

 

 

入湯料:410円

 

温泉>兵庫010

山間に湧く町営の温泉は宿泊施設併設されており、結構立派な施設です。
お湯は褐色で鉄分が多い感じです。
内湯と露天が離れている構造なので、KAKUKAKUは露天のみ浸かってきました。
女湯なのに目隠しがついていないので、景観抜群!開放的な気分になります。
洗い場の右端に「温泉水」とかかれた蛇口があったので飲んでみると、ちょっと酸っぱく炭酸水のような口当たりでした。
この近辺を観光するなら泊まってみてもいいかな~と思えるきれいな施設でした。

 

鶴の湯温泉

鶴の湯温泉

 含食塩-重曹泉

 〒645-0028 和歌山県日高郡みなべ町熊瀬川47

 0739-75-2180

 

入湯料:600円

 

温泉>和歌山006

宿の廃業、そして、火災による全焼のため途絶えていた温泉を、1997年に日帰り施設として復活させた温泉です。
お湯はやや褐色で、お湯の噴き出し口や浴槽の縁に、茶色の析出物がコテコテに張り付いていました。
露天は無いのですが、大きな窓から見える坪庭のような庭の柿の木が、秋の田舎の雰囲気を醸し出していました。
併設の茶店に温泉水で炊いたご飯「黄金飯」があり、オススメ!
微妙な塩味ともっちりとおこわのような食感が、KAKUKAKUは気に入りました。
「黄金定食」は、黄金飯とおかず数品で780円。おかずの天ぷらもおいしかったです。
管理をされているおじちゃんが入院中とのことで、当面は、土・日・祝日のみの営業。
通常は、月曜日が定休日らしいのですが...。

 

近畿

黄金湯(休業)

 ナトリウム-炭酸水素塩泉

 〒646-1101 和歌山県田辺市鮎川940

 

 

入湯料:550円

 

温泉>和歌山005

ふっふっふ...。ついにこの館に足を踏み入れてしまいました...。
外観は...くたびれたホテル?建物の表にはワシとオウム。かなり怪しい雰囲気です。
この館のおやじさんに500円を払い「そっち」と指さされた方に向かおうとすると、背後から「シャワーは浴びん方がよい」とのおやじさんのお言葉。
自分でお風呂の電気をつけ、入浴します。
をぉ~!!!ヌルヌルヌルヌルヌルヌルだーーーー!!お湯もヌルヌル、床もヌルヌル!
とりあえず、(ヌルヌルヌルヌル)×10と言う感じ。
ただ、浴槽の底に砂があったのは、思わず苦笑してしまいましたが。
お風呂を出て、そこかしこに掲示してあるワシ関連の新聞記事などを見つつ、ロビーへ。
飲泉用の水タンクがあったので頂きながら、おやじさんに「野球選手にお湯を送っている(モチロン有料)」とか「タカを飼うというのは...」なんてお話を伺い、最後にはタカとオウムを鑑賞させてもらいました。
あなたも体験してみませんか?ヌルヌルヌルヌル湯と、ちょっと怪しいおやじさんワールドを...。

※現在は「女神の湯 アイリスパーク」(和歌山県田辺市中辺路町近露128-1)入湯料:650円(入湯税150円込)で同じお湯を楽しむことができます。

 

近畿

ホテルアイリスヒルズ(閉鎖)

 ナトリウム-炭酸水素塩泉

 〒646-1402 和歌山県田辺市中辺路町近露177

 

 

入湯料:500円

 

温泉>和歌山004

ホントは、「つぼ湯」に入りたかったのです...。
だけどだけど、日曜日と言うこともあって6グループ待ち!
時間も無かったので「公衆浴場」に浸かりました。
こぢんまりとしていますが、落ち着ける感じです。
お湯の色は、極薄くではありますが、白く濁っているように見えました。
白い湯の花が多量に浮いていて、硫黄の匂いもありました。

# ここで、皆様がKAKUKAKUと同じ失敗をしないように記しておきますが、湯の峰温泉の外湯はこの「公衆浴場」と「くすり湯」、そして「つぼ湯」があります。
入湯料はこの3カ所とも「公衆浴場」の入口で払います。
KAKUKAKUは「つぼ湯」がいっぱいだということでどうしよう...と思っていたところ、窓口のおじちゃんが「泉質は何処も一緒!くすり湯の方は成分が濃いし...」と「くすり湯」を奨めてくれました。
で「くすり湯」の入湯料300円(当時)を払って、その窓口の左側にあるドアから浴室に入りました。
服を脱いでかけ湯をして、そこで見たモノは...洗面器にデカデカと書いてある「公衆浴場」の文字。
そうです。間違ったのです。入口を。(T_T)
入湯料の方はお風呂から出た後おじちゃんに「え~!?こっちってくすり湯じゃなかったんですかぁ~?」とのたまい、差額は返してもらえましたが...。
「くすり湯」に入りたい人は、窓口の奥、右側に入口があります。
「くすり湯」の入湯料を払った人は、迷わずそちらへ入りましょうね!(^^;)

 

近畿

公衆浴場

 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉

 〒647-1732 和歌山県田辺市本宮町湯峯

 0735-42-0074

 

入湯料:250円

 

温泉>和歌山003

都会の(なんたってアーバン!ですから)真ん中の工場地帯に湧く、俗に言う「健康ランド」系の温泉です。
お風呂の種類もいっぱい!1日ゆっくりと楽しめます!
内湯の1つと露天風呂に源泉が注がれています。
褐色のしょっぱいお湯で、KAKUKAKUは好き!
入湯料は2000円とちょっとお高いですが、1日中楽しめるのでそれもアリかな?
KAKUKAKUは献血をしたときに「日本サウナ協会」のサウナ券をもらったので、それを使って入らせてもらいました。

 

近畿

アーバンリゾートクラブ(廃業)

 ナトリウム-塩化物高温泉

 〒660-0821 兵庫県尼崎市梶ヶ島19-26

 

 

入湯料:2000円

 

温泉>兵庫009

迫力ある佇まいに、さすがのKAKUKAKUもちょっとびびってしまいました。
「いらっしゃ~い!」「いらっしゃ~い!」と会う人会う人に言われるのですが、いざ建物内に入って受付には誰もいない...。
奥でみんなご機嫌に盛り上がっておられたので「お風呂に入りたいのですがー!?」と叫んで、やっとじいちゃん登場!
「さっきまではココで飲んでたんだけど...」という言い訳(!)を聞きつつ、お風呂を頂きます。
建物内部も浴室も、外見に違わぬ迫力ぶり!
KAKUKAKUはOKだけど、うら若きねえちゃんはちょっと引くかもしれません。(笑)
ポリバスのちょっと大きいバージョンの浴槽には、やや黄褐色のお湯が満ちています。
この湯の一番の特徴は、ヌルヌルヌルヌル具合。
どこもかしこも、足の指の間までヌルヌルヌルヌルヌル...になります。
このヌルヌルヌルヌルヌルヌルヌルヌルヌル具合が気色ええ~...。凄味のあるお湯でした。

 

北陸

だるま温泉(廃業)

 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

 〒923-0344 石川県小松市林町ハ73-1

 

 

入湯料:350円

 

温泉>石川007

比較的街中にあるのですがわかりにくい場所で、ちょっと迷ってしまいました。
お湯はむぎ茶色よりも濃いブラックコーヒー色で、ヌルヌル感も濃く感じました。
内湯には小さめの浴槽が2つ。
私は、外気に当たることが出来る露天が気に入りました。
露天風呂は結構広い!こんな街中で露天が楽しめるとは...。
竹筒が2本あり、高い位置と低い位置からお湯がドボドボ出ていました。
男湯の方では、その高い位置からのドボドボを打たせ湯代わりに使っている人がいて、お湯が周りに飛び散りまくって他の人に迷惑をかけていたとか。
打たせ湯スペースを別に作って、囲うようにすればもっといいのにね。

 

北陸

兼六温泉

 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 〒920-0926 石川県金沢市暁町18-36

 076-221-2587

 

入湯料:420円

 

温泉>石川006

のどかな山里(と言っても市街地からそんなに距離は離れていませんが)にあるこぢんまりとした温泉です。
ほぼ透明に近い、多少ヌルつきがあるお湯です。
内湯はこぢんまりと...狭い...。
でも、露天風呂は広くのんびりできます。
目隠しの(女湯の宿命か!?)隙間から見える景色は、のどか~で良かったです。

 

北陸

曲水苑

 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

 〒920-1137 石川県金沢市七曲町ハ132-1

 076-235-1717

 

入湯料:500円

 

温泉>石川005

むぎ茶色で少しヌルつきのあるお湯です。
ぬるめの浴槽、熱めの超音波(ぶくぶく)2つ、温泉利用の打たせ湯、水風呂、そして、屋上には温泉露天!
目隠しに阻まれて見晴らしはいまいちでしたが、すかっと秋晴れの空の下、気持ちよかったです♪
スペースがゆったりと取ってあるので、のびのびと楽しみました。
お昼12:00以降は、家族風呂もあるようです。

 

北陸

金城温泉元湯

 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉

 〒920-0353 石川県金沢市赤土町ト100-2

 076-268-2601

 

入湯料:390円

 

温泉>石川004

ごく普通(?)のビジネスホテルに湧く温泉です。
むぎ茶色のお湯が浴槽に満ちています。
ヌルッとしたお湯の感触が、気持ちイイ~!
浴槽は3・4人入れる浴槽が階段式に3つつながっており、1番目は深めの浴槽、2番目はジェットの浴槽、3番目は幾分浅めの浴槽になっています。
1つ1つの浴槽が狭いのがちょっと残念です。
サウナもあり、ミストサウナもあった形跡はありますが、掃除用具入れになっていました...。(^^;)
KAKUKAKUは熱くなったら水風呂へ、冷めたら浴槽へ...の繰り返しで楽しみました。
銭湯としても営業していますので、地元の方が多数入浴されていました。
ホテル宿泊者は、何度入ってもタダ!
余談になりますが、2名で宿泊したのですがお部屋が何と和室。それも12畳+αのお部屋!
たまたま広い部屋が空いてからでしょうが、ラッキー♪
温泉気分が更に高まりました。

※2008年閉鎖の後、経営変更、リニューアルし、2012年12月19日に「安産の湯」としてオープン。

 

北陸

美川インターホテル(旧施設)

 ナトリウム-塩化物泉

 〒929-0204 石川県白山市平加町ワ6-2

 

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>石川003

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)