モンスターカレンダー

« 2015年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

04 廃業の最近のブログ記事

1階浴室の入ったすぐの所にある浴槽が単純泉、
そこから階段を下りた地下浴槽「長寿の湯(女湯)」がナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉なのですが、まず感じるのが油臭!
だが、どのお湯から匂ってくるのかわからない...。
女湯のどちらかの浴槽から?それとも男湯からなのか...。
最初に油臭を感じた鼻が麻痺したのか、少なくとも、女湯のお湯自体からは匂いを感じられませんでした。
「長寿の湯」の方は、褐色と灰色の湯の華がモラモラと浮いていました。
底の穴から少しずつにじみ出るお湯をよく見ると、蜃気楼のようににじみ出る様が目で見て取れます。
浸かっているうちに、手のひらが油でコーティングされたように湯を弾いていたので、どちらかのお湯には、油臭の源となる成分があるような気がしました。
1階&地下の男女別浴室以外にも、2階の展望風呂「鶺鴒の湯」があり、KAKUKAKUが行ったときにはちょうど女湯タイムだったので入ってみましたが、ここは眺めがイイだけって感じでした。

 

東北

富士屋旅館(廃業)

 <長寿の湯>ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉

 <1階内湯、2階鶺鴒の湯>単純泉

 ※男湯不老の湯は未湯

 〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町下ノ町5

 

 

入湯料:500円

 

温泉>福島012

岳温泉の中でもお湯はピカイチ!という噂と、かなりお得な宿泊プランがあったので、1泊させてもらいました。
お部屋も、想像していたより立派だったので、ウレシイ驚き。
夕食の前に、まずはお風呂へGO!
内湯はかなり熱めで、湯を撹拌すると白い湯の華がボワーッと浮いてきて、みるみるうちに白濁に!
ただ、長くは浸かっていられない温度だったので、露天へ移動。
露天は内湯に比べると湯の華が少な目だが、内湯より幾分ぬるめで、KAKUKAKU好みの温度!
頬に冷たい風を受けながらの露天は、やっぱイイねぇ~。
結局夜2回、朝1回、浸かりました。(#^_^#)
料理も美味しかったし、給仕の人も感じが良く、宿泊して良かったです。
KAKUKAKUみたいなビンボー人の為にも、「ビックリコース」今後もずーっと続けて欲しいなぁ~。

 

東北

アークホテル(廃業)

 単純酸性泉

 〒964-0074 福島県二本松市岳温泉1-102

 

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>福島009

はっきり言って、ボロ...な山小屋風のお宿。
お風呂も1グループずつの貸し切りとなり、浴室には1人サイズのポリバスが2つ並んでいます。
左の浴槽は目にも鮮やかなバスクリン風呂、右の浴槽が鉱泉風呂。
着いたその晩は、鉱泉の湯の色は薄褐色でした。
入る順番も最後の方だったので、お湯も温い目。
翌朝は、鉱泉のタンクの中をかき混ぜて沸かしてくれたとの事で、赤褐色のお湯で湯の華もいーっぱい!!
熱々に沸かした赤いお湯に浸かって、眠い目もしゃきっと開きました!
夕食は天然の舞茸、川魚の焼物などおかずいっぱいで、もー満腹!
釣りを楽しみに来られている常連のお客さんからのお裾分け「岩魚のお刺身」がおいしかった!!
但し、お部屋は超山小屋ちっくなので、女性の方は引いちゃうカモ...。(^_^;

 

東北

飯豊鉱泉(廃業)

 含硫黄-ヒ素・銅・マグネシウム-ナトリウム塩化物・冷鉱泉

 〒969-4108 福島県喜多方市山都町一ノ木字川入乙4687

 

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>福島004

まずは、ざるそば(850円)を頂き(ツルツルと喉ごしのイイお蕎麦で美味しゅうございました)、
レジでお勘定を済ませつつ「お風呂」の鍵をお借りして、お風呂へGO!
小さな別棟のお風呂は小さいながらも明るくイイ感じ。貸し切りだしね♪
半端じゃない量のお湯が、ザバザバと溢れているー!
お湯は透明の筈なのだが、アワアワが凄くって白濁っぽく見えます。
モチロン、体にもミッチリと泡が付着して、超気持ちイイ~♪拭っても拭っても、アワアワ~♪
水面では泡がピチピチ弾けまくりー♪\(^O^)/
湯口から取ったお湯はすぐ飲むと程良い塩味。でもでもアラ不思議!
お湯を取って手のひらの上でクルクル混ぜると、炭酸っ気を感じられる酸っぱい味に変化するのだ!
温めのお湯なので逆上せず、いつまでも浸かっていられる~。ふわぁ~気持ち良かった~...。
また、絶対行きたいよーー!!

 

東北

古澤屋(廃業)

 強アルカリ泉

 〒969-4406 福島県耶麻郡西会津町野沢字道下乙112-5

 

 

無料

 

温泉>福島001



カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)