モンスターカレンダー

« 2015年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

02 宿泊の最近のブログ記事

201411180909.jpg

系列施設湯めぐりの説明が(こちらから聞かないと)無かったのはちょっとマイナスポイントでしたが、部屋も整っていて(グループ客の部屋と近かった割に)うるさくもなく、快適に過ごせました。
温泉も良かったですが、系列の別施設の温泉も機会があれば利用してみたいなぁ。

蔵王温泉 ホテル ルーセントタカミヤ <タカミヤホテルグループ>

ホテルルーセントタカミヤ

 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉942

 023-694-9135

201411180743.jpg

201411180831.jpg

201411180832.jpg

お着き菓子の「ずんだ豆煎餅」をお腹に入れて(豆が大きくブリブリしててなかなか美味しかった)朝風呂に入った後朝ご飯。
シライシパンの豆パンロール。パッケージにも書いてある通り、お豆の甘さとマーガリンの塩味が絶妙でした。

蔵王温泉 ホテル ルーセントタカミヤ <タカミヤホテルグループ>

ホテルルーセントタカミヤ

 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉942

 023-694-9135

201411171858.jpg

201411171930.jpg

201411172147.jpg

201411172244.jpg

夕食はにぎり寿司(626円)とサラダ。サラダの味付けはドレッシングでなく、氏家鯉店の鯉のあらいに付いてくる酢味噌の残りを取っておいたもの。
サッポロ生ビール黒ラベル東北ホップ100%が進む進む!
お風呂上がりに甘いものが食べたくて、たいようパンのベタチョコを半分こ。
もうちょっと飲みたいわねと買ってあった小瓶の日本酒を。
出羽桜酒造の特別純米酒・一耕の300mlを半分こ。なかなかおいしい。
おつまみのオーザック・松茸の香り。松茸の人工的な香りがくどい!
デザートはバナナクレープとホットコーヒー。

蔵王温泉 ホテル ルーセントタカミヤ <タカミヤホテルグループ>

ホテルルーセントタカミヤ

 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉942

 023-694-9135

201411171645.jpg

201411180818.jpg

201411171809.jpg

201411171808.jpg

201411180815.jpg

201411180814.jpg

201411180753.jpg

201411180758.jpg

201411171813.jpg

201411171812.jpg

201411171811.jpg

201411180817.jpg

久しぶりの蔵王温泉、楽しみにしていました。
浴室は、お宿の規模(客室数)の割に小さいかな?
一番手前の大きめ内湯は、温泉ではなく白湯なのでパス。
内湯奥は小さい岩風呂。白濁の温泉が満ちています♪
岩が白く染まって良い雰囲気...。混んでいなければ落ち着ける湯船です。
ただ一番気に入ったのはやはり露天風呂かな。
青みがかった白濁湯が満ちている露天からの眺めはイマイチですが、外の空気に触れながら長湯が出来るのが良い!
夕・夜・朝いろんな表情を見せてくれる露天風呂。
湯温がぬるめなので、何回も長湯しました。
ただ何回も入りすぎたからなのか酸性のお湯に肌が負けてしまったようで、粉ふき芋状態になっちゃいましたが。^^;
内湯にはサウナもありましたが、利用せず。
団体客が多くその客層がよろしくなく...、浴室の桶・椅子の放置がひどかったのと(あまりにひどくて何度か片付けましたが)、脱衣室も荒れまくっていたのがちょっと...。
あと、同じタカミヤグループの施設の温泉を利用できる(湯めぐりが出来る)のにその説明をチェックイン時にされなかったのと、別施設利用可能時間が一般の外来入浴受付時間と一緒(チェックインからチェックアウトまでの間で実際利用できる時間が短い)ってのはちょっと残念。
各施設いろんな源泉を使われているようなので、その入り比べをしてみたくてタカミヤ系列のホテルを選んだので特に...ね。

蔵王温泉 ホテル ルーセントタカミヤ <タカミヤホテルグループ>

ホテルルーセントタカミヤ

 酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉942

 023-694-9135

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>山形001

201411171545.jpg

201411171546.jpg

201411171547.jpg

201411171549.jpg

201411171601.jpg

201411171606.jpg

201411171548.jpg

今日のお宿に到着。
本来は系列の別ホテルを予約していたのですが、そちらのホテルの温泉設備が故障したとか?でこちらのホテルに振替となった次第。
昨日かかってきた電話では「グレード(料金)はこちらの方が高いですが、元の料金のままで」との事でしたので良いのですが、こちらとあちらでは源泉が違うようなので、あちらの温泉も利用してみたかったなぁ。
お部屋は低床ベッド+お座敷スペース。コンパクトなバス・トイレ完備。

蔵王温泉 ホテル ルーセントタカミヤ <タカミヤホテルグループ>

ホテルルーセントタカミヤ

 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉942

 023-694-9135

201111190929.jpg

お湯は良いし、他のお客さんが居なかったので静かだし、お布団も悪くはないし、ご飯もお腹いっぱい頂いたので概ねは満足なのですが、お掃除だけが...惜しい。
1泊2食で1人6500円でした。

東北

滝の湯旅館

 〒992-0775 山形県西置賜郡白鷹町黒鴨403

 0238-85-1135

滝の湯旅館 朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111190806.jpg

鮭、温泉卵、帆立黄金?、納豆、味付け海苔、メンマ、漬物、みそ汁、ご飯。
そして梅干しは、昔ながらの遊びのない、ご飯が進みまくる梅干し。
前泊まった新庄温泉の梅干しも遊びのない梅干しだったし、山形の梅干しは、遊びのないしょっぱい梅干しが多いのかしら。
朝からガッツリ、頂きました。

東北

滝の湯旅館

 〒992-0775 山形県西置賜郡白鷹町黒鴨403

 0238-85-1135

201111181952.jpg

201111182001.jpg

201111182042.jpg

一番搾りとれたてホップと釜揚げしらす。
一番搾りとれたてホップと笹かまぼこ。
デザートは重ねDolceマロン&カスタードをホットコーヒーと共に。
クリーム、バニラカスタード、モンブラン風マロン、一番底にはカシスソース。
カスタードとカシスソースの酸味が混ざり合う感じが新感覚で結構いける。

東北

滝の湯旅館

 〒992-0775 山形県西置賜郡白鷹町黒鴨403

 0238-85-1135

滝の湯旅館 夕食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201111181806.jpg

201111181758.jpg

201111181759.jpg

201111181800.jpg

201111181801.jpg

201111181802.jpg

201111181803.jpg

201111181804.jpg

201111181805.jpg

201111181807.jpg

201111181808.jpg

さてさて、お楽しみの夕食です。
意外なほど品数豊富!
まずは鯉のうま煮。卵がブリブリたっぷりで美味しかったぁ~。
お刺身は鯉のあらいじゃなくて、ちょっと残念。
里芋やこんにゃく、鶏肉、にんじんなどがゴロゴロ入った煮物。
春雨の酢の物。
蕗はちょっと味が濃かった。
マカロニサラダ、かわいらしい量。
ほうれん草の白和え?すごく甘い。胡桃か何かで和えてあったのかな。
わらびも蕗と同様に味が濃いめ。
おみそ汁にご飯、漬物。
お腹が空いていたのでガツガツがっついて、小振りの炊飯器のご飯を平らげました。

東北

滝の湯旅館

 〒992-0775 山形県西置賜郡白鷹町黒鴨403

 0238-85-1135

201111181643.jpg

201111181621.jpg

201111181622.jpg

201111190734.jpg

こちらは鉱泉なので、ある程度加温する事が必要です。
こちらに宿泊する日の夕方前に携帯に連絡を頂いたのは、恐らくお風呂の沸かし時間の都合もあったからでしょう。
チェックインしてひといきついてから、いよいよお風呂へ。
私達が泊まった日は、宿泊客は私達だけだったので、男湯のみにお湯が張ってありました。
鉱泉ならではの風呂蓋を上げて手を浸けてみると、かなり熱めに加温されています。
浴槽右端にあるカランは源泉だと言う噂なので、暫し投入して湯温を下げてザブン。
軽く濁ったお湯は、ニュルニュルの感触!
スルスルヌルヌル...思わず肌を撫でてしまいます。
循環なのは残念だけど、沸かし湯だから仕方がありません。
夕食後もう一浴した時にはボイラーが止まっていたので、宿のお母さんに「ぬるかったら言ってくださいねー」とお声掛けいただきましたが、問題なし。
少し冷めてぬるくなっていたので、結構長く浸かっている事ができました。
「朝は何時頃入ります?」と尋ねられた際に「温湯好きなのでもう少しぬるめに沸かして下さい」とお願いして、翌朝は私達にとっての適温で浸かる事ができました。
何度浸かってもニュルニュルぶりには驚かされるお湯でした。

東北

滝の湯旅館

 ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉

 〒992-0775 山形県西置賜郡白鷹町黒鴨403

 0238-85-1135

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>山形007

123

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)