モンスターカレンダー

« 2015年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

04 廃業の最近のブログ記事

完全な湯治宿!ですが自炊するのがダルかったので(^^ゞ、仙台でお総菜を買い込んで行きました。
到着早々、まずは男女別内湯へ。
ん...?右は女湯と書いてあるのに、ガラス越しに見える背中は...、おっちゃん?
めげずに浴室へ。おじさん少しビビリ気味ですが、気にせず浸かります!
ヌルヌルの緑かがったお湯。おじさん途中で出ていったので、一人でゆっくり浸かりました。
夕食後、混浴風呂へ。
階段を下りていくと、右が女性脱衣室、左が男性脱衣室と分かれていますが、透明ガラス張りなので意味はなし。(^_^;
入口が別なだけで浴室は混浴。内湯の色はちょっと黄色がかって見えます。(照明のせいか?)
ヌルつきはかなりのもの。
露天は、右側浴槽が薄緑色、左側が濃い緑色。
内湯、露天を含めて、ヌルつきは同等に感じられた。まさにうなぎ湯!ヌルヌルニュルニュル!!
内湯2つ、露天2つの浴槽を、交代で掃除していき、湯を張り周りをロープでブロック(源泉100℃!)自然に冷まし、冷まし終わったら次の浴槽を同様にしていくようです。
内湯2つ、露天右側の「湯冷まし風景」は見られたが、露天左側は滞在中湯の入れ替えはなかったみたい。
翌朝、露天左側のお湯はかなり冷めていて「冷たい」と感じる程。
夜中、露天で見た、夜空を舞う雪は最高!硫黄臭もしっかりと感じられ、すばらしいお湯でした。
湯治宿に抵抗がない方なら、ぜひお泊まりの上、体験してもらいたいです。

 

東北

東蛇の湯(廃業)

 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸物泉

 〒989-6832 宮城県大崎市鳴子温泉星沼6-1

 

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>宮城001



カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)