モンスターカレンダー

« 2015年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

02 宿泊の最近のブログ記事

201310220708.jpg

201310220714.jpg

201310220717.jpg

201310220718.jpg

201310220720.jpg

201310220725.jpg

201310220726.jpg

201310220729.jpg

201310220734.jpg

201310220934.jpg

しっかりしたログハウスをリーズナブルに利用できて快適♪
平日だった事もあり利用者は私達だけで静かだったのも良かったです。
朝には白にゃんこが挨拶に来てくれましたが、チェックアウトの時には余所にパトロールに行ってしまったようで、最後の挨拶ができなかったのが残念。
また利用したいなぁ~。

東北

鰺ヶ沢キャンピングパーク(長平青少年旅行村)

 〒038-2712 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町長平町甲音羽山65

 0173-72-1571

201310220809.jpg

朝食はロングハチミツマーガリン(2人で1本)とホットコーヒー、そしてコスモス会フルーツハウスで買った1袋100円(1玉20円相当)のりんご・とき。
りんご、美味い!傷は見当たらないし新鮮だし。
あ~~~こんなんならもっといっぱい買っておけば良かった。

東北

鰺ヶ沢キャンピングパーク(長平青少年旅行村)

 〒038-2712 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町長平町甲音羽山65

 0173-72-1571

201310211749.jpg

201310212038.jpg

今日の夕食は、キムチ味のネギ豚鍋~。
肌寒いのでアツアツのお鍋が美味い。
キンキンに冷えた「冬の贈り物」がこれまた美味い。
デザートはあん入りずんだ餅をホットコーヒーと共に。
今回の旅行はやたら餅ばっか食べているなぁ。^^;

東北

鰺ヶ沢キャンピングパーク(長平青少年旅行村)

 〒038-2712 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町長平町甲音羽山65

 0173-72-1571

201310211642.jpg

201310211639.jpg

201310211634.jpg

201310211647.jpg

201310211648.jpg

201310211649.jpg

201310211652.jpg

201310211653.jpg

201310211654.jpg

201310211645.jpg

今日の宿泊地に到着~。
立派なログハウス群が目を惹きます。
今日はそのログハウスの1棟をお借りします。
太いログでがっちり作られたログハウス、玄関を入った所はリビングスペース、奥にキッチンがあります。
リビングの一角には小さいながらも液晶テレビ完備。テレビっ子の私たちには嬉しい装備です。
玄関を入って右側には別室のベッドルーム。オシャレなペンションの様な造りですね。
階段を上がるとロフトスペース。布団が何組かあり、2人以上の人数でも対応できるようです。
キッチンは家庭にあるような形で使いやすい。ガス台なので火力もバッチリ。
冷蔵庫や電子レンジ、調理器具、食器も完備で安心です。
調理器具や食器も完備しているので、本格的な料理を作りたい時も大丈夫そうですね。
トイレ・洗面所・お風呂もあって快適そのもの。
私たちが利用した平日・日曜日・祝日なら2名までは入村料込みで1棟6700円。(他に3・4・5・6名の料金設定があります)。
(休日前・特定日は2名までは入村料込みで1棟10000円。(他に3・4・5・6名の料金設定があります)
ログハウスは通年利用が可能で、冬期間(11月~4月)は暖房料として1棟1800円追加だそうです。
こちらのキャンプ場には、真っ白い捨て猫ちゃんが住み着いていて、こちらが猫好きアピールをしたら頭をゴッチンしてきて萌えまくり。
間違いなく元飼い猫だったのでしょうけど、心無い飼い主がこちらに捨てていってしまったよう。
こんなにかわいいのに。;;(写真写りは悪いけど、実物はめっちゃかわええ)
キャンプ場管理の人々やキャンプ場へのお客さんからもかわいがられているようで、毛は真っ白でツヤツヤだし、そんなにやせ細っていないし。
他の猫とけんかをしたのか、耳の裏にある傷跡だけが痛々しかったです。

東北

鰺ヶ沢キャンピングパーク(長平青少年旅行村)

 〒038-2712 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町長平町甲音羽山65

 0173-72-1571

201310210725.jpg

201310210734.jpg

201310210758.jpg

201310210759.jpg

201310210911.jpg

201310210910.jpg

山の中、緑の木々に囲まれた素敵な環境。
それでいて施設が整っているので、アウトドア初心者も私の様に軟弱者も心配なし。
露天風呂は気温が低くなると閉鎖してしまうので、いつか初秋にでもコテージに泊まって、今度こそ露天風呂三昧したいなぁ。
快適に過ごせて満足でした。^^

東北

たけのこの里

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関東碇ヶ関山1-128

 0172-45-3131

201310210825.jpg

朝食は黒コッペとホットコーヒー。

東北

たけのこの里

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関東碇ヶ関山1-128

 0172-45-3131

201310201920.jpg

201310201953.jpg

201310201736.jpg

201310201717.jpg

201310202023.jpg

201310202119.jpg

温泉から帰ってきて、いよいよ夕食タイム!
まずは鹿角産あきたこまちを使った、かづの銘酒のおらどの酒。
お!うまいうまい。すいすい入ってきちゃう。昨日みたいに潰れない様に注意しつつ、クイクイっと。
酒の肴は、道の駅かづので買った「あぶり金目鯛切り落とし」。冷凍がちょうどイイ感じに解凍できました。
お~、脂がのってトロッとしていて濃厚。ウマイウマイ。これで190円は安いわ。
お次は、キムチ鍋の素で味付けしたネギいっぱい鍋?鉄板焼き?
ホルモンたっぷり!ただ煮詰まってくると味が濃くしょっぱくなるのが玉に瑕。
ハーブ入りの米っこ桃豚腸詰をよく焼いて、これまた酒の肴に。
カラフルなしょうゆ漬は、コリコリとした歯触りとしその実の香りが特徴的でした。
お腹ポンポコリンなのに、デザートに真っ赤でピッカピカのシナノスイート。香りも味も良し!
さらにホットコーヒーと共に、バター餅を頂きました。
まったり濃厚なバター餅、結構好きかも。(カロリーは怖いけど^^;)

東北

たけのこの里

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関東碇ヶ関山1-128

 0172-45-3131

201310201507.jpg

201310201822.jpg

201310201821.jpg

201310201825.jpg

201310210731.jpg

201310210732.jpg

201310210726.jpg

201310210727.jpg

201310210728.jpg

こちらには、交流センターにある内湯とは別に露天風呂があり、露天風呂はコテージ・キャンプ場宿泊利用者のみが利用と言う事で、ちょっとワクワクしていました。
しかしチェックイン時に「今の時期は気温が下がり露天風呂は閉鎖していますので、交流センターのお風呂を使って下さい」と言われ、少しショック。
ま、交流センターも露天風呂も同じ源泉だし、コテージ・キャンプ場宿泊利用者は無料で利用できるからいいのだけれど。
と言う事で、日帰り利用のお客さんが捌ける時間を見計らって、交流センターの内湯へ浸かりに行きます。
事前にネット等の写真を見る限り、茶褐色の濁ったお湯なのかな~と思っていたのですが、実際は褐色ではあるけれど濁りきってはいない薄濁褐色?
どちらかと言うと、浴槽の側面や底に付着した析出物の色がお湯に透けて見える感じです。
浸かった感じは強い個性は感じられないけれど、熱めでポカポカ温まるお湯。
私が浸かっている時は貸し切り状態だったので、ちょっと失礼して窓を細く開けて、外気を少し取り込みながら出たり浸かったりを繰り返しました。
翌朝明るくなってから、露天風呂の様子を覗きに行きました。
しかし外からは露天風呂の全容はわからず。
「気温が低い時期は開けていない」=「気温が高い時はやっている?」であれば、いつか露天風呂をやっている時期にコテージを宿泊利用して浸かってみたいなぁ。
「浸かってみたい」と考えるのはこちらも。旧久吉温泉源泉の湯船です。
底からプクプクお湯が湧いています。足元湧出だ!
私が訪れた時は雨が降り続けていた事もあり「加水しまくりだよな」と思い直し、暴走を食い止められたのですが。^^;
オレンジ色のモラモラは沈んでいるけれど...これ、キレイに掃除してお湯を張って、夜のうちに浸かりたいなぁ~。^^;;;
手を突っ込んでお湯の匂いをかいだら、鉄臭さをしっかり感じられたし。
今の久吉温泉より個性的な源泉だと感じ、それが利用されていないのは非常にもったいないと思いました。

東北

たけのこの里(交流センター)

 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関東碇ヶ関山1-128

 0172-45-3131

 

# 宿泊にて入湯

 

温泉>青森023

201310210723.jpg

201310201523.jpg

201310201512.jpg

201310201515.jpg

201310201518.jpg

201310201514.jpg

201310201520.jpg

201310201554.jpg

201310201555.jpg

201310201513.jpg

201310201522.jpg

201310201521.jpg

小雨の降る中、今日の宿泊地に到着!
まずは交流センターで手続きを済ませ鍵を受け取って、指定されたコテージへ。
想像したよりも大きい...ってここはもしかして8人用のコテージなんじゃないかな?
8人用を2人で使うとは何とも贅沢♪
木がふんだんに使われたコテージ内は、天井が高くてノビノビ~。
ロフトもあり、大人数の時にはロフトスペースでも寝られそうですが、ハシゴなので行き来がし辛いかな。
台所には電気コンロや冷蔵庫・電気ポット・電子レンジ・ホットプレート、なんと炊飯器まで!
ホットプレートは鍋をするにはちょっと浅いですが、食卓で調理しながら食べられるので、今日はこれを使わせてもらいましょう。
調理器具や食器も完備しているので、本格的な料理を作りたい時も大丈夫そうですね。
トイレ・洗面所・お風呂もバッチリ。
これで、平日・日曜日なら1棟5000円+大人1名につき1000円(小学生1名につき500円)って安いよね~。
(土曜日・特定日は1棟10000円+大人1名1000円、小学生1名500円)

東北

たけのこの里

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関東碇ヶ関山1-128

 0172-45-3131

200909221623.jpg

お湯は素晴らしく過去に泊まった方々が絶賛されていたのは納得なのですが、私自身が宿泊リピするかは...微妙です。
満室でなければ印象は変わったかもしれませんが。

古遠部温泉

古遠部温泉

 〒038-0101 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467

 0172-46-2533

12345

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)