モンスターカレンダー

« 2015年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

03 飲食(外食・名物)の最近のブログ記事

201503022017.jpg

201503021958.jpg

201503022016.jpg

201503022006.jpg

旅の〆にラーメン!
他店では必死に呼び込みをしているのに、えびそば一幻は北海道ラーメン道場の中で群を抜いた人気店で、唯一行列ができています。
列が短かったとは言え、並び始めからラーメン到着まで約20分。
昨年は「えびしおそのまま」だったので今回は「えびみそそのまま」をオーダー。麺は基本の極太麺で。780円なり。
えびの香りの立ち方は、えびみそよりもえびしおの方がガツン!と来るかな。
次回はやっぱりえびしおにしようっと。
...ってか北海道ラーメン道場の他店のラーメンを食べたくない訳じゃないのだが、新千歳空港店以外の店より新千歳空港の店が割高なのが気に入らないのよね~。
えびそば一幻は札幌の総本店と同価格でその上味が良いとくりゃ、そりゃ混むわな。
他店ももう少し値付けを考えれば良いのに。

北海道

えびそば一幻新千歳空港店

 〒066-0012 北海道千歳市美々987-22

 0123-45-6755

201503021413.jpg

201503021420.jpg

201503032214.jpg

堺町通りは日本人客・外国人客・修学旅行生入り交じり、毎度ながらの混雑ぶり。
うんざりしたので小休止、六花亭にやってまいりました。
2階のイートインでシュークリームのティラミス味(100円)と雪こんチーズ(160円)を購入し、ホットコーヒーを頂き一休み。
シュークリームはまぁ普通かな。
雪こんチーズは安定の美味しさだが、消費税増税のせいか昨年より10円値上がりしちゃったのね~。
2階から1階の売場をチェックし、修学旅行生がほぼ捌けたのを見計らってお買い物。
イオン小樽店では取り扱いのなかったコーヒービーンズ(80円)を10個買いました。

北海道

六花亭小樽運河店

 〒047-0027 北海道小樽市堺町7-22

 0134-24-6666

おたる魚亭 昼食

| コメント(0) | トラックバック(0)
201503021129.jpg

201503021130.jpg

201503021135.jpg

本当は他の店で昼食をとろうとしていたのですが、従業員の感じが悪かったのでパス。
表に看板があり、ランチメニューの生ちらしセット650円と安くて良さそうなメニューがあるこちらのお店にしました。
5分ぐらいで出てきました。お!650円の割にはボリュームもありイイじゃん!
ネタも色々載っているし、ご飯のお酢のきき具合もちょうど良い。
小鉢と味噌汁が付いてこの値段なら満足だよね~。
お会計を済ませ外に出て改めて表の看板を見たら...あ、デザートとコーヒーも付いていたの!?
...ちょっと悔しい。席を立つ時なりお会計の時なり言ってくれればいいのに。
うむ、この近辺のお店の従業員さんは、私達と相性悪いのかも。

北海道

おたる魚亭

 〒047-0024 北海道小樽市花園1-6-4

 0134-23-9878

201503011835.jpg

201503011833.jpg

201503011832.jpg

何度か小樽を訪れていて美園のアイス・ソフトクリームを食べた事がなかったので、今回初体験。
私はバニラ、ツレはチョコレートとのマーブルを注文。各280円です。
うむ。滑らかで美味しいけど280円はちょいと割高感があるかな。
ソフトクリームよりちょい高でパフェ類がありそちらはトッピングなども華やかだったので、パフェを選んだ方が良かったかも。

北海道

美園アイスクリームイオン小樽店

 〒047-0008 北海道小樽市築港11-6

 0134-21-6137

201503011804.jpg

201503011752.jpg

201503011754.jpg

本日の夕食もウイングベイ小樽のハイカラ横丁にあるラーメン店の中からセレクト。
他の地域にはなさそうなお店かな?とこちらを選びました。
私は小樽っ子らーめん税込700円を選択。
「懐かしい昭和の味、トッピングも昔風(鶏がらスープ)」だそうで、まさに懐かしいあっさりしたお味でした。
麺の感じは昨日の龍覚の方が好みかな。
ツレはつけ麺(醤油)を選択。同じく税込700円なり。
つけ麺は麺のサイズが選べて、何と値段はどれも一緒!って事で特盛(2玉)。^^;
つけ汁がかなりしっかり濃く、男性好みのお味でした。

北海道

ラーメン処小樽坂

 〒047-0008 北海道小樽市築港11-5ウィングベイ小樽5番街2Fハイカラ横丁内

 0134-21-5558

201502281855.jpg

201502281846.jpg

連日スーパーの惣菜だと飽きてくるので、今日はウイングベイ小樽のハイカラ横丁にあるラーメン店の中から「くりやまラーメン龍覚」を選んでみました。
くりやまラーメンってなんぞや?と思ったら、栗山町にあるラーメン屋さんなのね。
(更に調べると製麺会社・たがみ製麺さんが直営するラーメン屋さんだった!)
塩らーめん税込630円をオーダーすると、中華鍋を振るう音と香ばしい香りが~♪
出てきたラーメンを食してみると、黄色っぽい麺がツルシコで美味い!
チャーシュー、玉子、炒めネギ、海苔、メンマ、そして麩がトッピングされています。
スープはちょっとしょっぱめのガツンとした味わいでした。

北海道

くりやまラーメン龍覚ウイングベイ小樽店

 〒047-0008 北海道小樽市築港11-5ウィングベイ小樽5番街2Fハイカラ横丁内

 0134-21-5533

201502261214.jpg

201502261213.jpg

201502261132.jpg

201502261136.jpg

201502261144.jpg

201502261145.jpg

201502261149.jpg

201502261154.jpg

ココ柿崎商店で食事をするのも4年ぶり。
ランチタイム前に入店できたので、並ばすすんなり着座できて良かった~。^^
今回はホッキ飯(550円)、ホッケ(380円)を各々1つずつ、焼いか(390円)は2人で1つ注文しました。
ホッキ飯はお値段の割にホッキがしっかり入っていてイイ。
ホッケは大ぶりドドーン。脂がのって美味い!
焼いかもウマーーいけど、4年前250円、今回390円と140円もUP!
ただ、漁果によって価格変動しているようなので、今回はたまたまいかの水揚げ量が少なかったのかな?
私達が店を出る頃には行列ができていて、相変わらずの人気ぶりを実感しました。

北海道

柿崎商店 海鮮工房

 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7-25

 0135-22-3354

201502251841.jpg

201502251810.jpg

201502251811.jpg

201502251817.jpg

201502251812.jpg

201502251813.jpg

201502251814.jpg

今まで何度か札幌でジンギスカンを食す機会がありましたが、有名どころのだるまさんには訪れた事がありませんでした。
当初は他の店に目星を付けていたのですがそこがちょうど定休日と言う事もあり、今回有名どころのだるまさんへお邪魔する事に。
ココ6.4店はホテルから近いし、生ビールはサッポロクラシックだし!中ジョッキで500円。
つきだしはお新香。200円ナリ。
成吉思汗(ジンギスカン)は1人前785円。
なかなか美味い。
上肉(ジンギスカン上)も頼んでみた。1人前1080円。
確かに並肉よりも上質なのだろうし美味しいのだが、量が少ないし満足感は低い。
野菜は初回分は無料なので、無料分のみ。
注文は2人で並×3、上×1、中ジョッキ×2。私達2人にすれば腹8分目でした。^^;

北海道

だるま6.4店

 〒064-0806 北海道札幌市中央区南6条西4-2-4ススキノ野口ビル1F

 011-533-8929

201403051724.jpg

201403051730.jpg

201403051740.jpg

空港に着いて少し経った頃に私達の乗るスカイマークSKY178便のディレイが決定したので、かなり余裕気味に買い物や散策をしていたら、気づけばもう結構良い時間。
「とは言え15分遅れ出発だからラーメン食べる時間はあるわな」「でも搭乗手続きしておかなきゃ落ち着いて食べられないよ」と搭乗手続きを済ませた後に、麺厨房あじさいさんへ。
新千歳空港でラーメンと言えば北海道ラーメン道場なのだろうけど、北海道ラーメン道場のお店は全体的に少しお高め。
隣の人との距離が近くて落ち着かないし、えびそば一幻は昨年食べたし。
事前に調べていると、北海道ラーメン道場にも出店している麺厨房あじさいが1階の到着ロビーにもあるとの事。
おまけに北海道ラーメン道場のお店よりも少しお値段が安めなような気が...。
店の前まで来て「ココはもしかして、昔食べた事がある孝四郎ラーメンだったトコ?」
北海道ラーメン道場よりも余裕のあるレイアウトだし、...超空いている。^^;ってか私達だけだし。私達にとっては好都合だけど大丈夫かしら。^^;;;;;
こちらのお店は麺厨房あじさいと函館にあった老舗洋食屋・北一のコラボメニューが味わえるお店らしく、ラーメン以外に洋食メニューもありましたが、私もツレも初志貫徹!味彩塩拉麺(650円)を大盛(+100円)で。
水菜が散らされたラーメンは、チャーシューとメンマ、そして麩のトッピング!
澄んだスープはスッキリした中にも出汁が効いていて美味い。
麺はかためで好み♪
何よりゆっくりゆったり食べられるのは良いよね!
(食べ始めて少しすると「スカイマークSKY178便は、只今搭乗手続きを終了いたしました~」と放送が。搭乗手続きを後回しにしなくて良かった!ディレイしていても、搭乗手続きの締め切り時間は本来の発時間ベースなのね。)

北海道

麺厨房あじさい千歳空港店彩店

 〒066-0012 北海道千歳市美々987-22

 0123-45-8866

201403051345.jpg

201403051316.jpg

201403051317.jpg

201403051318.jpg

201403051319.jpg

201403051320.jpg

201403051321.jpg

201403051322.jpg

201403051327.jpg

201403051330.jpg

201403051346.jpg

小樽の街中に地ビールの醸造所があり、その醸造所見学ができる!と見知って楽しみにやって来ました。
ビアパブ店内の中央にある仕込釜はディスプレイかと思いきや、現在も稼働中との事。
なるほど。
ビアパブの中に仕込釜があると言うより、醸造所の中に飲み食べできる所があるって事なのね。
見学の中では麦芽を試食させてもらったり、ヒエヒエのラガールームの中に入り発酵タンクの中を覗かせてもらったりと、短いながらも充実した内容でした。
一番嬉しかったのは、発酵する前の麦汁の試飲があった事。
過去に試飲した事がある麦汁の中でも、麦の甘みを強く感じる麦汁でした。
小樽ビールの最大の特徴は、酵母を濾過せずにそのまま瓶詰めしている事。
だから小樽ビールの販売範囲は小樽から100km以内なのだそう。
へぇ~そうなんだと言うネタも聞かせて頂き、見学の後は...ビールはちょっとお高めなので見学だけにしておこうかと思っていたのですが、麦汁のおいしさに惹かれたのと季節限定のビールがあると言う事で、1杯いただきましょう!
季節のビール「バンベルガースペツィアル」の中サイズ・690円なり。
「やや深い茶褐色、スモークフレーバーとコクが特徴です」と言うだけあって、飲んだ途端まるでサラミの様なスモーキーな味わい!
口当たりは癖が少なく香りは個性的。
美味い美味い!気に入りました!
瓶詰めのビールは酵母が生きているが故に長距離の持ち運びを推奨されていませんが、折角だから買って帰りたいなぁ。
でもスーパーで買った方が少し安いかも!とこちらでは購入せず^^;駅前のスーパーを覗いて見る事にします。

北海道

小樽倉庫No.1小樽店

 〒047-0007 北海道小樽市港町5-4

 0134-21-2323

1234567891011

カテゴリ


このブログは1999年7月7日開設のサイト「KAKUKAKU温泉」(アーカイブ1) (アーカイブ2) をブログ化したモノです。
更新頻度は基本KAKUKAKUが旅に出た時"だけ"です。
(実際の更新作業は旅行が終わって自宅に戻ってからです)
掲載した情報・料金には変更等ございますので、ご自身で事前にお調べ頂いた後、出かけられる事をおすすめします。

・タオルは湯船に浸けない。
・ちゃんと掛け湯をしてから湯船に入る。
・洗い場の場所取りはしない。
(特に混んでいる時)
・大声で騒がない、叫ばない。
・お湯の中でバシャバシャしない。
・シャワーは他の人にかからないように。
・洗い場回りの石鹸、シャンプーの泡はキチンと流して、使った後の洗面器や椅子を片づけて。
・湯上がりの濡れた体は浴室内であらかじめ拭いてから脱衣室へ。

マナーを守って楽しく浸かろう♪
  Atom

掲示板

  掲示板

月別 アーカイブ

最近のコメント


gogo.gs

リンク


MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)